カテゴリー : Blog

見えない五本指の靴下

IMG_5955
見えない五本指の靴下

made in Japan
material : Cotton 40% / Acryl 40% / Polyester 15% / Polyurethane 5%
color : Silver , Mustard , Dk Navy
size : 22cm-28cm
price : 1800yen + tax

IMG_5939
本日ご紹介するのは、『五本指に見えない靴下』です。展示会での話を聞いたときは「いったいどんな仕組みだろう?」と思ったものです。特殊編機「ホールガーメント」により、無縫製で立体的に編み立てています。通常の五本指に比べ非常に履きやすく、これまでにない履き心地を実現。それぞれの指を包み込むことにより蒸れも感じず、しっかりと汗を吸収し快適に過ごすことが出来ます。もちろん、冷え取り効果も抜群です。

IMG_5936
糸はドイツ生まれのアクリルファイバー、ドラロン綿を採用。ドッグボーン形状という特殊断面により毛細管現象を促し、綿などの天然繊維を凌ぐ吸汗性と防臭効果を兼ね備えた糸だそうです。女性から男性まで快適に履きまわせるフィット感が、おすすめの理由。(ブランドリリースより一部抜粋)

ぜひ、店頭にてお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かメールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_5901
new balance にこなれたFATIGUE PANTS 肩にかけるは、Engineered GarmentsのShoulder Pouch。創業当時からご贔屓くださる35年来のお客さまの着こなし、それは格好良い大人の後ろ姿。馴染んだポーチに洗いざらしのTシャツを見れば服以外の話も弾み、食事や音楽へと話は尽きません。時折かかるCDなどもお借りしています。

IMG_5973
お店でかかるCDといえば、最近のヘビロテは寺尾沙穂さんの新譜『たよりないもののために』。憑依したような歌声はもちろんのこと、その鍵盤の響きとバンドサウンドによるグルーヴ感が何とも言えずたまりません。文筆家でもある彼女が紡ぐ言葉のひと織りひと織り、アルバムを彩る大森克己さんによるジャケット、どれをとってもいま聴いて欲しい一枚です。金延幸子さんの1972年発売『み空』や、吉田美奈子さんの『扉の冬』はいつ聴いても傑作ですが、この寺尾さんの新譜もそうなる予感。

音楽を教えてくれたのは、近所に在るジャズバー『AS SOON AS』。数年前に寺尾さんのピアノソロLIVEがあった場所。来月7月1日には、福島出身のサックスプレイヤー加藤雄一郎さんと、古川麦さんによるツーマンLIVEがあります。古川さんはSSWの優河さんとの共演や、現在進行形シティポップを体現するceroでのサポート活動など目を見張る注目の人物。服はPICK-UPオーナーに、音楽はASで教えて貰ったわたし。格好良い大人の後ろ姿が、いまもこの町にあります。

いつでもいらしてください、皆さまのご来店をお待ちしております。

藤川孝之 絵・コラージュ・素描展 なつのひらすみ2017/ 青木隼人ギター演奏会 夜と朝に

IMG

藤川孝之 絵・コラージュ・素描展
なつのひらすみ2017
2017年7/26(水)-30(日)
11:00-19:30
◎絵の展示と販売/BarnS
◎デッサンと演奏会/books & cafe コトウ

かねてより進めていた展の準備が整いました。BarnSで2度目となる藤川孝之さんの個展です。会期中の週末には、青木隼人さんによるギター演奏会「夜と朝に」を行います。

青木隼人ギター演奏会 
夜と朝に
7/29(土) 開場 夜19時/開演19時30分
7/30(日) 開場 朝9時/開演9時30分
出演 : 青木隼人(ギター)、藤川孝之(ライブドローイング)
会場 : books & cafe コトウ
会費 : 2500円(飲み物付き)

IMG_0002

普段の暮らしのなかで『絵を買い、ともに暮らすこと』その喜びを教えてくれたのは、新潟エフスタイルの二人でした。それから出逢う、藤川孝之さんと青木隼人さんの痕跡。鎌倉の喫茶ミンカで静かに鳴り響き、FOR座RESTで出逢った奥津さんたちが営む吉祥寺ヒトトではコラージュが、三軒茶屋troisの友人が連れ出してくれた人形町ともすけでも、その姿がありました。出掛け先の至る所で光る二人の作品。

前回の展より4年の時を経て、またこうして個展と演奏の機会を持つことが叶います。暮らしの中に花があるように、壁に絵を、窓にコラージュを。朝焼けの日差しに燃え立ち、午後の光に揺らぐまるで命あるかのように佇む藤川さんの原画。今回、その作品たちを購入することが出来ます。もちろん、原画のみならずポストカードなどもご用意致します。

ぜひ、皆さまのご来店をお待ちしております。フジカワデッサン、青木隼人ギター演奏会「夜と昼に」、どちらもお電話とメールにてご予約を承ります。

フジカワデッサン
大切な何かをその場で描画します。

会場 : books & cafe コトウ
時間 : 会期中の11時/13時/14時/15時/16時
*事前にお電話にてご予約をお願い致します。
BarnS 024-533-6553/mail : pick82@opal.dti.ne.jp
デッサン基本料金 : 3500円
〇動物や画像、写真はご遠慮ください。
〇人数が増えた場合や大きい画用紙に描く場合、割り増しがあります。
〇デッサンには40分ほど時間がかかります。
〇デッサンの時間に、ある程度じっとしていられるようお願いします。
〇描画が困難と判断した場合、お断りする場合があります。

そして、今回ご用意させて頂いた展のチラシは美しく清々しい仕上がり。ぜひともお手に取ってご覧頂きたいお報せです。皆さまのご予約とご来店をお待ちしております。

saKae

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Repair / JUTTA NEUMANN

IMG_5685
修理依頼をしていた2足のJUTTA NEUMANNのサンダル。一足は自分の私物。購入したのはFOR座REST開催はじめの頃、10年ほど前にさかのぼります。修理前の元はといえば、付属のビルケンソール裏はつるつる。おまけに右足ストラップレザーはちぎれた状態。かなり履き込みましたからね、頑張ってくれました私のJUTTA。

修理依頼が立て込んでいるとはいうものの、預けた期間は1か月ほど。すり減ったビルケンソールを剥がし、バックストラップをカット調整して挟み込む。そして、その上に新しいビルケンソールを貼る作業。ピン打ち位置も寸分違わず、ばっちり仕上げてもらいました。JUTTA独特の弓なりに描く土踏まずのカーブも健在です。

jutta right
-修理前-
こちらはお客様からお預かりした、もう一足のJUTTA。

IMG_5696
-修理後-
少しだけ目減りしたレザーソールを補強、その上にビルケンソールを貼り足す修理です。また、足甲をストレッチして革を伸ばす内容のものでした。

IMG_5688
ストレッチ前は、親指がほどんど入らない状態だったのが、この通り!足甲部分にはゆとりが出来、親指もしっかりホールドした状態にまで仕上がりました。これには、お客様も歓喜。買ったは良いものの、ほぼ履いていなかったJUTTA でしたが、今年は出番が多くなりそうです。

「一生モノのお買い物」とは良く言いますが、それは手入れをしたり壊れたときに修繕する職人がいてこそ。近所の靴職人がその仕事を辞めてから、なかなか相談に乗ってくれる人が見つかりませんでした。修理が出来ることと、その出来栄えについて納得できるかというのは、また別の話。修理をご依頼くださる方に、また気持ちよく使える仕上がりを目指して、職人たちはその手を奮うのです。

大事に履きたい一足が、また手元に戻ってきました。長く愛せる相棒となる服と革小物。これからもPICK & BarnSにて取り扱っていきたいと思います。来週末の16(金)からは、待ちに待ったMOCEAN FAIRも開催の予定です。詳しくは、こちらのblogやinstagramにてお知らせします。ひさびさのJUTTA 今年の夏も活躍させます!

saKae

PICK-UP : 024-531-6355
instagram : https://www.instagram.com/pickandbarns1982/

STOCK SALE

IMG_55431
STOCK SALE

5/26(金) ~
at PICK-UP

5/30(火)にPICK-UPは、35回目の誕生日を迎えます。これもひとえに普段より御贔屓くださる地元のお客様をはじめ、県内外から応援くださる皆さまのお陰です。ありがとうございます。PICK-UPでは日頃のご愛顧に心より感謝し、あす5/26(金)よりSTOCK SALEを開催します。数シーズン前のアイテムや、最後の一点となる商品をスペシャルプライスにてご提供します。

IMG_5533

IMG_5535

IMG_5531
OLDDERBY KNITWEAR
V-neck Cardigan
size : M , L
15000yen ⇀10500yen+tax 30% Off
スタッフ162cm 着用サイズL

本日ご紹介したのは一部商品です。スニーカーやショーツなど、これから活躍するアイテムをはじめ、今すぐ着れるジャケット類も数量限定ではありますが、ご用意しました。ぜひ、お手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。STOCK SALE商品につきましては、メンバーズカードのポイント押印なしとさせて頂きます。どうかご了承ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Fratelli VANNI / Ghurka Sandal

IMG_5485
Fratelli VANNI
Ghurka Sandal

made in Italy
material : Vacchetta Leather
color : Navy
size : 39 Thanks sold out , 40 , 41 Thanks sold out , 42
price : 24000yen + tax

IMG_5488
強い日差しと木陰のコントラストも美しい日曜の福島市、最高気温は32℃を越えています。本日ご紹介するのは、1969年イタリア生まれのレザーファクトリーFratelli VANNI からGhurka Sandalを。

IMG_5491
「グルカ」はネパール山岳民族の大意、服好きには英国に雇われた傭兵としてのイメージが強いですね。服のディテイルをミリタリー由来とするものも多く、グルカショーツやこのサンダルもこれに当たります。今回ご紹介するグルカサンダルは、素朴でありながら肌馴染みの良いバケッタレザーを採用。履き込むうちに足に自然にフィットしていく風合いが愉しめます。脱ぎ履きの容易なつくりも、夏には嬉しい仕様。

IMG_5489
クッション性の高さと、見た目の軽やかさを生む波型のリップルソール。踝を出して、軽快に履きまわせるレザーサンダルの登場です。

ぜひ、店頭にてイタリアから届いたFratelli VANNIのグルカサンダルをお試しください。デニムにはもちろんのこと、すっきりとしたショーツにも夏の気配を覗かせてくれるはずです。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mial : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_5498
PICK-UP脇に設置していたバードハウス。シジュウカラの雛たちは、どうやら今朝がた巣立っていったようです。早速、次のシジュウカラの営巣のためにけやきの木からバードハウスを取り外します。

IMG_5507
シジュウカラが作ったベッドの高さは、約8cm。何度も行き来してこれだけのものを作るのですから、親の愛は強し。巣立ちに立ち会えなかった寂しさに、スタッフそれぞれが鳥たちの声を懐かしんでいると、どこからともなく微かな鳴き声。

IMG_5478
店脇の5~6cmの隙間、鉄板の間から鳴くのは、シジュウカラの雛でした。遠くから見れば、親がくちばしに餌をくわえ雛に与えています。「ちょっと、バードハウス撤去が早すぎたかね。」とスタッフ間で苦笑い。しばらくすると、無事ちいさな羽をばたつかせ何処へともなく消えていきました。営巣から巣立ちまで一ヵ月ほどのバードウォッチング、2017年も無事終了です。

また、来春。

saKae

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2017 ACT.17 東北特別公演

IMG_5443

店ではときどきラジオ、大体はCDを流す。お客様から紹介して貰うのを含め、それは色々なものを聴く。出先で購入したものだとCarlos AguirreやQuique Sinesi、フランスのSylvain Chauveau なんかもそう。鳴るか鳴らぬかの繊細なのがほとんどで、それらは専ら自宅で聴くことが多い。

2010年の東京出張、ちょっとした空き時間に入った改装前のタワレコ。Nujabes追悼!コーナーに驚愕。目を凝らすとそこには「twilight/haruka nakamura」の文字。Marcyさんが店を始める前に勧めてくれた「The Final View」を愛聴していた私は立ち尽くしてしまう。- Nujabesが亡くなっていた – そのショックが大きく、CDも取らずその場を後にした。それからPLAYTIME CAFE 徹さんの紹介で、AOKI.hayatoさんの演奏会をBarnSで2度開くことになった。『いまAOKI.さん、ピアノのharukaさんと一緒に演奏しているんだけれど、それも凄く良いよ。』泊まり出張でいつも世話になる友人家族にお勧めを聞けば、『青山のあそこがいい。きっと好きそうだ。』そして、たどり着いたHADEN BOOKSで流れるのは、haruka nakamura。

あちこちで聞く彼の名前。そんな中はじめて手にした彼のCDは、2014年発売「音楽のある風景」。発売後すぐに渋谷BEAMS RECORDで手にし、これまで幾度となく再生した。その演奏が、目と鼻の先で「東北特別公演」として開催される。ひとつの出逢いが、たくさんの巡り合わせを伴い経て、目の前に現れることがある。その機会をぜひ、自身の目で耳でとらえてください。6月11日、福島に、東北に暮らす皆さんに立ち会って頂きたい福島銀行本店12階 大展望ラウンジ。チケットは食堂ヒトト、OPTICAL YABUUCHI、そしてPICK-UPでも取扱っています。

haruka nakamura
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE
TOUR 2017
ACT.17 東北特別公演
音楽のある風景
日時2017年6月11日[日]
開場17:00開演18:00会場福島銀行本店12階 大展望ラウンジ
福島県福島市万世町2-5[地図]
料金5,000円(税込)

[座席自由]出演haruka nakamura PIANO ENSEMBLE PIANO ENSEMBLE:haruka nakamura(pf)ARAKI Shin(sax&flute)akira uchida(sax)rie nemoto(violin)isao saito(drums)照明:chikuni音響:福岡功訓(Flysound)お問い合せ024-522-2659(OPTICAL YABUUCHI)

<チケットの取り扱い>
福島市内の3店舗(全店舗 火曜日定休)
・OPTICAL YABUUCHI(10:00~19:00)
・PICK-UP(10:30~19:30)
・食堂ヒトト(12:00~17:00)

本公演では静寂を大切にした音楽の意向、また緊張状態が長時間続く内容を考慮し、大変申し訳ありませんが小学生未満のお子様のご来場はご遠慮いただいております。ご理解、ご協力の程お願い致します。チケットご購入後のお客様都合による変更・キャンセルはできません。

オーガニックベースの奥津典子さんの言葉と、音源のリンクを貼ります。
催し|マクロビオティック・オーガニックベース
http://www.organic-base.com/topic/haruka/

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE
「音楽のある風景」
https://youtu.be/N7TkK2joi4I

皆さま、ぜひに。

saKae

Goodwear Slim-Fit /7.2oz Basic Series

IMG_5399
Goodwear Slim Fit T-Shirt
7.2oz Basic Series

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : 8 color
size : M , L
price : 5500yen + tax

IMG_5393
二日間の店休日が明け、お店には久しぶりとなるカットソーがお目見えしました。本日ご紹介するのは、アメリカンコットンをふんだんに使用したmade in The U.S.A 『Goodwear』のTシャツを。

IMG_5394
1990年代初頭セレクトショップに登場するや否や、たちまちアメリカを代表するカットソーブランドとなったGoodwear社。その創業は1983年とまだ若く、火付け役が日本というのも服好きには懐かしい話。腕時計はTIMEXサファリ、抱えるトートバッグはL.L Bean、足元のRED WINGは誇らしく、羽織るシャツはもちろんPrentissのシャンブレーだった、あの頃。

IMG_5408
その頃中学生だった私には何も手に入れる術はなく、仙台のセレクトショップでそのタフな質感に感動。「これがアメリカもんなんだ。」と興奮し、数年後やっとで買ったのを覚えています。(そのときのBeamsは藤崎の通り一本向こう側にありました。駅前にオクトパスアーミーがあって、路面店だったSHIPSはそれはそれは格好良かった!)それから4~5年経ち、PICK-UPでもGoodwearの取り扱いがはじまることとなります。

IMG_5406
今季店頭に並ぶのは、ゴワゴワとしたアメリカンコットンの風合いそのままに、シルエットをわたしたちの体形にフィットさせたSlim Fit Series。チューブタイプの丸銅だから、生地のうねりも出て味わい深い一枚に仕上がっていきます。左より、NAVY , KHAKI , L.GREY , ORANGE , PINK , OFF , YELLOW。ほかにも、夏には欠かせない大定番のWHITEもご用意。

IMG_5392
懐かしいと思える30代オーバーの皆さんはもちろん、はじめてこのブランドと出逢う20代の方にもぜひ愉しんで頂きたいカットソーです。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

FullSizeRender1 IMG_5379
IMG_5386 FullSizeRender
スタッフそれぞれが羽を伸ばす店休日、私は東北へ。念願だった杉村惇美術館と大講堂の美しさに息をのみ、その後「しおがまさま」へお詣り。すし哲は、格別の美味しさでした。〆は仙台在住のお客様から教えて貰った黄金の文横リレー。源氏、また行かねば。

saKae

お知らせ

IMG_5375
ゴールデンウィーク期間中ご来店頂きました皆さま、ありがとうございます。珈琲は果実であることを気付かせ、フレッシュで薫り高い珈琲を2日間提供頂いたRIVER BEACH COFFE。私たちも時間を経て変わりゆく味わいをじっくり堪能させてもらいました。PICK 2階で開催された「株式会社 鳥」社鳥、鳥さんによるワークショップ『肩チュンbirdをつくろう!』は、福島市の鳥であるシジュウカラのオブジェを染め上げながら、完成と同時に鳥の生態まで勉強出来るという素晴らしいパッケージ。ワークショップ後、鳥さんとの記念撮影でお店の外は子供から大人まで大賑わい。通りを行きかう車のドライバーの目も釘付けでした。BarnS 2階にオープンした『books & cafe コトウ』は、福島市ではじめてとなる古書店。夜までの営業時間も手伝い、やわらかな光に包まれ、連日賑わいをみせていました。

もちろん、PICK & BarnSへも多くの皆さまにお立ち寄り頂き、近況報告も交えつつサンダルやスニーカーをご覧頂きました。お気に入りの一足をお買い上げのお客様、ありがとうございます。用意した数量がなくなり、間に合わなかったノベルティーは、休み明けにスタッフ皆で制作してお渡ししたいと思います。

あすより2日間、PICK & BarnSは休業とさせて頂きます。ご来店を予定なさっておられたお客様、どうかご了承ください。 10(水)より通常営業致します。 スタッフ一同リフレッシュして、皆さまのご来店をお待ちしております。

PICK-UP & BarnS
5/8(月)-9(火)店休日
5/10(水)より通常営業

saKae

COMOLI ボーダーカットソー / RIVER BEACH COFFEE / books & cafe コトウ

IMG_5334
COMOLI
ボーダーカットソー

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Black/Ecru
size : 1 Thanks sold out , 2 Thanks sold out
price : 16000yen + tax

IMG_5335
本日ご紹介するのは、COMOLIから届いたカットソーです。着こなしを引き締める太ピッチのボーダーは、BLACK×ECRUカラー。

IMG_5339
空気をはらむような軽い着心地で評判のCOMOLIですが、今日ご紹介するカットソーはひと味違います。生地目がしっかりと詰まった重量ある風合いで、これまでと雰囲気を異にするもの。ただそこはCOMOLI、生地のハリ感で立体的なシルエットをつくり、まとわりつく重さを感じません。体のラインをうまくぼかし、シルエットの妙を愉しめるのがCOMOLIの醍醐味。ハリのあるボーダーカットソー、その仕上がりをぜひ店頭でご覧ください。細身も極太のボトムスも受け入れてくれる懐の広いカットソーだと思います。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_5346
4/29(sat)-30(sun)PICK-UP2F
RIVER BEACH COFFEE
open 11:00 – close 18:00

IMG_5361
東京 & 京都からセレクトしたライトロースト(浅煎り)コーヒーを、丁寧にサーブするRIVER BEACH COFFEE店主。珈琲の香り立ち込める階段は、皆を幸せにする手招き。

近年、ライトローストへの関心は高まるばかり。以前抱いていた『浅煎りは、胃もたれして苦手。』というイメージはひょっとしたら間違ったステレオタイプかもしれません。もとはと言えば、珈琲も果実。果物を頬張るように口の中に広がるフレッシュな刺激と後から広がる甘味。その虜になってしまえば、浅煎りも深煎りも同等に愉しめるはずです。2日間の限定営業となるRIVER BEACH COFFEE をぜひご堪能ください。

IMG_5329
きょう4/29(土)BarnS2Fにあたらしいお店が誕生しました。友人でもある小島雄次が立つ古書店「books & cafe コトウ」。去年の秋から新潟へ旅し自分の想いを深め、きょうこの日彼はお店をオープンしました。LIFEKUのホームページには、彼のお店に対する信条が語られています。

-LIFEKU WEBより抜粋-
福島市に本のある場所をつくりたい。という思いが『コトウ』の原点です。現在、福島市には個人の古本屋さんはありません。店主がセレクトした本が並ぶ古本屋さん、そこで、まったりとお茶もできる、そんな場所を、この街で実現したいと思っています。『コトウ』は、本の量は少ないですが、その分、ひとつひとつの本棚をじっくり見て楽しんでいただけると思います。カフェスペースは、昼は光が溢れる明るい空間に、夜は暖かい光のなか静かな空間に、1日を通して、気持ち良い時間を過ごしていただけると思います。本を買いに、コーヒーを飲みに、仕事帰りに軽く一杯、それぞれに楽しんでいただければ幸いです。

IMG_5325
大好きな街の、大好きなお店の2階で、『コトウ』をオープンできることを、感謝し、とてもワクワクしています。ご来店いただく皆様の日常をより楽しく、心落ち着ける場所かつ好奇心くすぐる場所にしていけるよう、日々、営業して参ります。ご来店お待ちしております! - 店主 小島雄次-

あたらしい明かりが、この町にも少しずつ灯っています。普段はお店に立つ私たちも、どこかでは客となる身。福島市には刺激を受ける専門店が数多くあります。暮らす町かたち作るのは、そこに暮らす人たち。ゴールデンウィーク期間中、ぜひ福島市のお店をぐるり巡ってみてください。その町を愛する店主が、皆さんを大切にもてなしてくれるはずです。わたしたちのお店PICK & BarnSでも、皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

「肩チュンbirdをつくろう!」ワークショップのお知らせ。

4/29(土)~5/7(日)のGW期間中、PICK-UP で行われるワークショップをご紹介します。

『肩チュン
birdをつくろう!』

肩にも留まる野鳥のマグネットをつくります。モチーフは福島市の鳥、シジュウカラ。オスやメス、ヒナの模様の違いなど色をぬりながら、シジュウカラの生態を講師である社鳥がレクチャーします。

WS画像1
・5月3日(水)、4日(木)
・講師 株式会社 鳥 社鳥(しゃちょう)
WS所要時間 45-60
WS時間割 <11時> <13時> <15時> <17時>の全4
・参加人数 各回7名 予約→空きがあれば当日受け付け
・参加費 1500円(一羽)
・持ち物 なし ※絵の具を使用します。汚れても良い格好でお越しください。
・場所 PICK-UP  2階

※ご予約は、お電話かmailにて受付いたします。
PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

3WS画像
鳥ならなんでも。
なんでも鳥に。

株式会社 鳥 は、鳥に興味を持つ人が増えてほしい! という思いから2010年に設立された会社です。
『鳥ならなんでも、なんでも鳥に。』をモットーに、 鳥に繋がることなら何でも請け負い、何でも鳥に結びつけて提案しています。 例えば、玩具・雑貨などの製品デザインやワークショップ、イベント、展覧会など。 体験してもらうことで少しでも鳥に興味を持ってもらえたら幸いです。

株式会社 鳥 社鳥

IMG_6557
『とりいれよう。暮らしに鳥を。こころに鳥を』がキャッチコピー。鳥に興味を持つ人が増えてほしい!という思いから2010年に設立。鳥とものづくりを組み合わせたワークショップを中心に、鳥の普及活動にとり組んでいます。ワークショップを楽しんでいただける事務所「アとりエ」も近々オープン予定です。(東京、JR中央線国立駅北口徒歩10分)最新情報は株式会社 鳥のFBページを御覧ください。
https://www.facebook.com/tori.co.jp/

私たちスタッフも、時間を取って是非つくりたい『肩チュンbirdをつくろう!』ワークショップ。皆さまのご予約を絶賛お待ちしております。

PICK-UP