カテゴリー : Blog

2001年6月




テキスタイルメーカーでは、フィンランドのmarimekkoとJOHANNA GLLICHSEN、洋服ならセーターのANDERSEN ANDERSEN、そして建築と家具のArne JacobsenとHans J.Wegner 。凛とした佇まいで私たちを魅了する北欧が生んだ品々。いまから18年前、お客さんであり先輩である木工職人の中山さんとオランダ・デンマーク旅行へ行った。中山さんは、pickandbarnsの什器を手掛けた人だから、本人に会っていなくとも、その仕事は皆さん見たことがあるはず。それぞれ互いに行きたい場所を考え、決めたのは航空券と宿泊地のみ。それ以外は、すべて自由。二人の気に召すまま。

 
そのときわたしは、PICKオーナーから教わった雑誌『pen』に魅せられていた。それは、北欧の暮らしと灯りの特集が組まれたもの。照明デザイナーPoul Henningsen / ポールヘニングセンが都市計画まるごと手掛けた照明を、ぐるっと見て回りたかったのだ。当時インターネットはあるものの、現地の情報はほぼ皆無。行く先もオーロラやフィヨルド観光、城巡りばかりで、地元にどんなお店があるか? どんなレストランが流行っているのか? だなんて、調べもつかなかった。



おかげで、行先のひとつにと考えていた『デンマーク工芸博物館』は所蔵品修復で休館。しかし、カフェは営業しており、そのポスターが私の目を奪った。のちに分かることだが、そのポスターをデザインした人物こそ、ANDERSEN ANDERSENのアートディレクターPeter-Kjaer-Andersern(ピーター・ケアー・アンデルセン)だった。残念にも館内部へは入れなかったが、玄関に飾られた彼の代表作「アーティチョーク」は圧巻。中庭へ続く回廊も、まさに静謐がつくる空間でその厳かな雰囲気に声すら潜めたものだ。寝そべるように腰を落ち着けられるウッドチェアーは、いま見てもものづくりへの真摯な態度を感じる。

 
店の看板を照らす灯りの、なんとモダンなこと! レ・クリントのウィンドウにもうっとり。地元住民の憩いの場であり、のちのウォルトディズニーに多大な影響を与えたチボリ公園は、まさに玩具箱をひっくり返したような可愛らしい造作。



街を歩けば、住宅の足元には小窓。暗く長い冬を過ごすデンマークならではの明かり採り。少しの光でも室内に採り入れようとする工夫か。あまりカーテンなどはかけないようで、キャンドルや室内の灯りは通りを行き交う人々と共有しているようだ。

暮らしを彩るテキスタイルや器など、発色が良いものが多いのも頷ける。印象的な装いと言えば、モノトーンの着こなし。体のラインを美しく生かすシルエット。それをさらに引き立てる、ごく僅かな色の重なり。潔い。オランダでは、飾り窓を少し覗いたりも。当時、われわれもぶらり歩いただけだったが、2020年1月には観光ツアー禁止なのだそう。シンゲルの花市は、ガーデニングにも明るい中山提案での散策。目にうつるさまざまな球根の種類と、街の雑踏。すれ違う人々が抱える美しくも素朴な花材。そして、現地人と中山さんとの会話の盛り上がりったら。まったく日本語が通じないにも関わらず、笑いあっている。ゴールデンレトリバーは、国境を超える。2ヵ国10日間の旅、また行きたいとも思ったが、私たちが訪れたのは、彼らの日常。自分たちが暮らす福島の街にも、彼らが来たい景色はあるのだろうか? そう思ったら、よそに行って感激してるばかりでは仕方がない。いかに普段の暮らしの愉しみを、自らで作り上げるか? そのこと自体を見つめよう。いまのデンマーク・コペンハーゲンの街並みは、変化しているだろうか? 自分たちの暮らす福島は、どう変わってきたか。当時の写真を振り返り、工芸博物館のポスターを見て感慨に耽る。

saKae

STUFF




いまから遡ること30年、1990年にPICK-UPで売っていた『DULUTH PACK / ダルースパック』。無骨で分厚い2本のレザーストラップ、それを留めるゴツい真鍮バックル。そして、いままで見たこともないような、これまた分厚いキャンバス地のリュック本体と、ナイロンウェビングベルト。それは、『Child’s Pack / チャイルズパック』というアメリカ製のバックパック。オーナーの話によると、なにかの雑誌で見かけ、すぐ卸先へ足を運んだそう。そのとき、『Arrow Moccasin(現在は、残念ながら廃業)』と一緒に展示してあり、なんだこの靴は!という衝撃とともに『DULUTH PACK』を取り扱いはじめたのだとか。その卸先というのは、創業間もないネペンテス。いまでも続くご縁である。(買っとけば…。高校生当時、後輩が使ってるという理由だけでスルーした自分を呪いたい。)

同社の古いブランドリリースを以下に。‐ ダルースパックはフランス系カナダ人労働者Camille Poirierによってスタートしたバッグブランド。1838年、カナダのモントリオールで生まれた彼は、地元農場で働く傍ら、将来自分の店を持ちたいという夢を抱く。一方、1850年代以降のアメリカ・ミネソタ州ダルースでは銅の鉱脈が発見されたという噂が広まり、1860年代に鉄道が開通。一気に鉄鉱石発掘が盛り上がり、人口も急速に増加。1870年にカナダからダルースへ移り住んだCamilleも、自らの小さな靴屋をスタートさせる。町にある唯一の靴屋が彼の店であることも手伝い、順調にビジネスを広げ、1882年いよいよ自らの名を冠した”POIRIER PACK”を発表する。それは、バックル付きのバッグに、タンプライン/重い荷物を運ぶ際、疲れを和らげるため、頭(額)に紐をひっかけるストラップがつく仕様。これが、DULUTH PACKの原型となったモデルだ。(ブランドリリースより一部抜粋)

いまも現存するDULUTH PACK、革の厚みや細かな仕様は違えど、その無骨なものづくりは今も続いている。どうも日本は「ファッション=流行り」の構図がもてはやされ、片手で数えるほどの期間しか消費されない。自分たちの思う旬が過ぎたら、ポイ捨てのはい次。これは普段からオーナーがよくする話だが、アメリカンカントリーや北欧ヴィンテージに、フレンチモダン。住まいの流行ですら、目まぐるしく変わる。もっと腰を据えて、長い年月をかけて生き抜いてきたものづくりを、その土地からしか産まれない文化を味わえないものだろうか。服を扱うわれわれ個店の責任も、もちろん問われるわけだが。

もの自体から滲み出る、佇まいの美しさ。それだけを、端的に見抜き伝え引き継いでいきたい。少なくとも、いまのSOUTH2 WEST8のサンフォージャーシリーズには、その名残りがある。来店の際には、ぜひこのDULUTH PACKを手に取って頂きたい。字面の蘊蓄よりも、手で触ること。そして、袖通しをすることで判ることがあるから。

saKae

営業日のお知らせ


– 営業日のお知らせ –

あす10月22日(火・祝)、「即位礼正殿の儀が行われる日」はpickandbarnsは営業致します。
翌日の10月23日(水)は振替休業日とさせて頂きます。
ご来店をご予定のお客様、どうかご了承くださいませ。

10月22日(火・祝) 皆さまのご来店をお待ちしております。

pickandbarns

made in …


店頭は毎週、新作に次ぐ新作の登場、まさに入荷ラッシュです。アメリカ、日本、イギリス、フランス、スウェーデンにチェコ、様々な国から商品が届きます。ほぼすべてが東京のディーラーから届くものばかり。このブログで紹介する間もなく、皆さんのもとへとお買い上げ頂くものも。それぞれデザイナーやディレクターたちは、半年?いやそれ以上かけて思い描いたものを仕上げて、展示会の場でお披露目します。1週間、ないし2週間、決められた場所で洋服たちは吊るされ、我々は出張をし各会場を廻り店頭に並べる商品を選びます。ものづくりの中心にいる人たちとの会話は刺激的だし、会場に集まるバイヤーの着こなしも参考になります。

『アメリカ製の生地が使えるうちは、どんどんそれを使っていきたい。いまの日本の技術は素晴らしく、軽さや撥水に優れた生地がいくらでも開発出来るよね。では、昔ながらの生地はどうか? ハリスツイードにしても軽くなり、当時の面影はまったくないよ。これだけ世の中に服が溢れているんだもの、俺たちくらい昔馴染んだ生地を使ったっていいじゃない。天邪鬼だけどさ。そして、自分で選ぶという意味で、服と出逢ったときの衝撃ってデカいよね。いまの子たちが80年代が新鮮っていうのは、びっくりしちゃう。あの頃、80年代っていうのは「おかしな時代」っていう認識でさ。自分たちが40年代、50年代に憧れるように若い子たちは当時を知らない。80年代当時は良く思わなかったけれど、過ぎてしまえば結構面白い時代だったのかなと思うよ。その辺を、EGのフィルターを通して伝えることもあるかもね。(ENGINEERED GARMENTS 鈴木氏談)』

『NAVYに対して強い憧れがあるから、NAVYで作ったのにBLACKと言われると、イライラしてしまう笑 そして、道具から服へと移る瞬間が好きなんです。LAVENHAMと共同でものづくりをしたのは、それが理由かもしれません。他にも、白アタリしたような着ていくうちに出る使用感は好きですね。(COMOLI 小森氏談)』

『色味が独特ですか? シーズンごとに色を決めるわけですが、自分の好きな色を集めていって重ねてを繰り返していくうちに出来上がる感じ。明確にこれ!とは言い切れませんが、好きなものの集約なんだと思います。なかには、あ、これ前もやったっけというときもありますもの。そうですか、男性(PICK-UPさん)からしたら新鮮な色味なんですね。(unfil 小松氏)』

ほぼ、来シーズンの仕込みは終了。そして、今週もドン! と新作が入荷する予定です。皆さま、店頭でお逢いしましょう。

saKae

30年ひと昔



『店でストックしてたパンツが出てきた。』オーナーの手には、沢山のパンツやスカート。おそらくほぼ30年は経つであろう、リネンやコーデュロイの洋服たち。PICK-UPとBarnSふたつの店をひとつにする過程で出てきたデッドストック品。『BARRY BRICKEN』や『RUFF HEWN』は、当時の値札もそのまま付いている。そのとき高校生だった私は、おいそれと手が出なかったアイテム。記憶では、店内にはあるものの『青二才、触るべからず』的なオーラを放っていた代物。( 売場6坪の店にも、神聖なコーナーがあった!) 雑誌『FINE BOYS』だったか『Hot Dog PRESS』の隅っこに確かに載っていた注目の記事。全国紙に載る服が、目の前にあって手に取れる。そのこと自体に興奮した。いま、オーナーに聞けば『ラルフローレンのパンツをつくるファクトリーだというので、当時は仕入れて売ってたなあ。』とのこと。生地、織りネーム、ステッチ。made in U.S.Aならではのおおらかさが、そこかしこに見える。『BARRY BRICKEN』のリネン素材なんか、いまこの生地で作ったらいくらするのかという、しっとりと重みのあるぜいたくな質感。

ひとつ前のblogで紹介した『RICHFIELD』のパンツと重ねたのが上の写真である。ウエスト、ワタリは同じくらいだが、裾への絞り方が全然違う。プリーツ(タック)の取り方にも、インタックとアウトタックの二通りがあり、英国式とアメリカ式による区別だと先生(Google)は言う。ついで調べてみれば、プリーツ付きトラウザーズの原型は、1920年代のオックスフォード大学にまで遡る。当時、学生たちの間で大流行したゴルフ、そのウェアはニッカーボッカーが主流だった。ニッカーボッカーの着用を禁じた大学に対抗するように、その上から履いたオーバーパンツがプリーツ付きの起源だという。ウエストはジャストに、腰回りはゆとりを持たせたワタリと、よく考えられたシルエット。オックスフォードシューズ(レースアップブーツ着用が校則だった時代、それを切って短靴にして履いたという逸話。)にしろ、このプリーツ付きパンツの起源にしても、伝統的なものに対する10代ならではの当時の学生の反骨心、それは見事というしかない。

-A rolling stone gathers no moss.-(転がる石に苔は生えない)
英国式に、アメリカ式。ところ変われば、意味も変わる。バブルがはじけたその時、まわりの大人たちが履いていたのが2タックパンツだった。30年ひと昔、あれほど嫌っていたプリーツ入りパンツを、いま自分の手で売っているのだから、時代は廻るものである。積み上げた時間がつくる味わいと、それを打ち破る天邪鬼な反骨心。ジャストサイズの兆しも、そろそろか。

saKae

今シーズンのテーマや、いま気になること。

ちょっとゆったりシルエットに、シックな色や素材感を大事にした、落ち着きのあるスタイルが中心です。以前から、Rug、Basket、Iron worksなど、土地に根付いた生活雑貨に興味がありました。最近特にRugやBasketを目にする機会が増えたように思います。インドのカンタや、ベニワレン、メキシコのオトミ刺繍などが気になります。アメリカンキルトや、インディアンラグ、人間のルーツと言われるアフリカのものたち。生活に根付いたものには、力強さがあり現代のスピードで作り消費されるものにはない魅力があります。ずっとそばにあって、大事に出来て後世にも使い続けられるものだと思います。

そんな思いで、洋服や雑貨たちも選んでお客様に提案していきたいと思っています。これからのpickandbarnsに並ぶ秋冬物も、どうぞお楽しみに。

shogo

pickandbarns


8月末、宮下町で25年営業していたBarnSを無事クローズすることが出来ました。わたしたちの後は、book & cafe コトウ店主が、大事にあの建物を引き継いでくれます。着々と一階部分にカウンターと棚も増設。今月末のリニューアルオープンを目指しているそう。

そして、BarnSは先に大町にて移転オープンしていたPICK-UPと一緒になり、男女の区別なく、一人でも家族でも楽しめるお店『pickandbarns』としてあらたにスタートをきりました。世界中からその土地ならではの洋服と雑貨を集め、驚きと刺激のある空間づくりを、スタッフ皆で務めて参ります。吹く風も心地よく、それは秋の香りをまとう空気になってきました。店頭には、handvaerkをはじめSt.Jamesの新色やblurhms、alvana、COMOLIのカットソーが揃っています。圧巻は、久しぶりの取り扱いとなるCAMBERのCHILL BUSTER フーデッドパーカ。裏地はサーマル仕様で、これぞMade in U.S.Aな肉厚感たっぷりの一枚です。これからのpickandbarnsに、どうぞご期待ください。

saKae

お盆営業時間のお知らせ


お盆 営業時間のお知らせ

PICK-UP
8月10(土)、11(日)、12(月)
Open 10:30 – Close 19:30
お盆休みの振り替え休業日
8月13(火)、14(水)、15(木)

BarnS
8月10(土)、11(日)
お盆休みの振り替え休業日
8月12(月)-8月いっぱい休業

レディースの商品も、大町PICK-UPでご覧頂けます。一人でも、家族でも楽しめるpickandbarnsを、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

PICK-UP/BarnS

出張





2020年SPRING & SUMMER、来シーズンの展示会がはじまる。オーナー&スタッフ、それぞれに毎週渋谷原宿、青山方面を廻っている。注目は、ダークマドラス。今季、無地ものが店頭を席巻したこともあり、次の春夏は柄物が来そうだ。

50年代、戦勝国となったアメリカの景気はうなぎ登り。まさにゴールデンエイジ、景気に湧くアメリカ国民たちはこぞってリゾートへと繰り出した。そのとき、異国の地で織られたインディアンマドラスやバティック柄が目に留まる。洒落ものたちは、落ち着いた色合いと素朴な風合いにぞっこんとなった。彼等は我先にとこぞってダークマドラスにバティックやペイズリーを、ジャケットやショーツに取り入れ、柄物の一大ムーブメントを引き起こした。

自分自身、久しくチェック柄とは疎遠だった。その私がぐっと来てしまったのだから、元来のチェック好きには堪らない一枚となるだろう。それは、来春店頭にお目見えするEngineered Garmentsの19th BD SHIRTだ。そして、パンツ。色味はKhakiがダントツで新鮮。語源はペルシャ語の『khāk(ほこり)』にあるというKhaki。ウディ・アレンさながら、クタクタよれよれだが、その人自身に馴染むシャツとパンツ。これ以上の小慣れ感はない。もちろん、シャツの裾はパンツの中にinである。COMOLIの展示会中、訪れたバイヤーの中に際立って格好の良い男性がいた。足元はオールデン茶のローファー。ダークマドラスのチェックシャツにKhakiのトラウザーズの出で立ち。長い髪を脇に無造作に撫でつけている。歳は50前半というとこだろうか。小森さん曰く、ドレステリア時代の先輩だという。

買ったばかりのピッカピカ、大事なお気に入りはもちろん良いが、やはり自分が惹かれるのは洗い込まれ、着るその人の肌の一部となるような味のある服だ。人は歳を重ねるのだから、服もそうであって欲しい。来季のpickandbarnsに、乞うご期待を。いま仕込んでいるところですから。

saKae

F/style展


F/style展
8/2(金)-11(日)
BarnS
11:00-19:30
火曜定休

宮下町BarnSでの締め括りとなる『F/style展』、週末もたくさんのお客様で賑わいました。ありがとうございます。2(金)は新潟よりエフスタイルの星野さん、五十嵐さんが在店してくださり、直接ご来場の皆さまとお話しする愉しいひとときでした。展は、今度の日曜11日まで開催しております。BarnSすべてがエフスタイル。ほぼフルラインナップで、エフスタイルの生活を彩る道具たちをご覧頂ける一週間です。ぜひ、宮下町BarnSへ足をお運びください。

展開催に伴い、レディースアイテムはすべて大町PICK-UPにてご覧頂けます。夏物はもちろんのこと、メンズレディースともに、新作がぞくぞくと店内に揃ってきております。F/style展とあわせて、皆さまのご来店をお待ちしております。

pickandbarns