カテゴリー : Blog

BarnSの店内を照らし続けるランプたち。

IMG_0693IMG_0694IMG_0695IMG_0699IMG_0700IMG_0701IMG_0703IMG_0704IMG_0706IMG_0710IMG_0711IMG_0712IMG_0713IMG_0716

中には30年近く経っているものも。

今まで、アンティークのブームも何度かありました。

アメリカン、フレンチ、北欧、アジアン、そして日本の骨董など。

最近は、ジャンクを使った物が目立ちます。

時代を越えても使い続けられるものは、やはり本物だからこそ。

洋服もそうありたい。

DAZZLING LIGHT.

金曜日 6時も過ぎて、お店の営業時間も終盤に差し掛かるころ「田中さん、居ますか?」の声。ちょうど店の裏で、いつものようにblogを更新しているところだった私。ん?と思い、呼ばれるままに店頭へ出ました。そこにはとても懐かしく嬉しい顔が !

そう、彼女は13年ほど前、PICK-UP & BarnSでともに仕事したスタッフだったのです。PICK-UPで働いたのは、確か半年ほど。その頃はオーナーと男性スタッフがBarnSを、わたしと彼女でPICK-UPを切り盛りする体制。男性3人のなかで臆することなく、バリバリ仕事をこなし、接客に愉しそうな笑顔を見せていた彼女。その後、都内のセレクトショップへ勤務し、いま現在も服屋として働いています。

一緒に働いたのは、ごくごく短い間でした。しっかり目標と野心を持って、仕事に臨んでいた姿を覚えています。そして、なによりも嬉しいことは、互いに いまもこうして服屋としていること。

どんな仕事もそうであるように、服屋の仕事も「腰掛け」ぐらいの気持ちでは成り立ちません。PICK-UP & BarnSで働いているスタッフは、客時代を経て、いまは皆さんに服の提案をする側になりました。学生にとっては何をどう着こなすか学べるところ、働く社会人にとっては好きな服を見ながらホッと一息つけるような居場所になるよう、お店に立っています。ただひたすらに、トラディッショナルに服を伝え続ける。服とひとに出逢える店である、それがお店の存在理由であり、町の文化だと思っています。決してこの町からなくなってはならない店だとも思っています。

久しぶりの再会となった彼女の顔を見て、昔を思い出してしんみりしたり、笑顔になったり。また嬉しかったのが、服屋の後輩と一緒にPICK-UPに来てくれたこと。「ここが私にとって、服屋の原点だよ。」と話してくれました。PICK-UPで働くスタッフ、ご来店くださるお客様にとって、これからもそうありたいと思います。めぐる灯台の光。先を目指す者にとっては行く先を照らすlight & line、還るものにとっては見つめ直す原点。

服とひとに出逢いに、どうぞお店にいらしてください。
顔と顔を付きあわせて、服を間にお話しましょ。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

aaa

The Man with the old bag.

IMG_4635
本日ご紹介するのは、「Brady(ブレディ)」のバッグ7年物です。持ち主は、高校生の頃からよく、お店に通ってくれるお客様のもの。4mmほどのしっかりとした厚みのあるBridle Leather、最初はストラップをバックルに通すのも一苦労のゴツさでした。使い込んで毎日手にしていると、ここまでしなやかに馴染んでいくのですね。

IMG_4633
学生時代、ケルアックの本一冊だけを携え、NYC旅行に出掛けた彼。当時治安の悪かったNewark、空港で2時間 ただただ煙草を吹かし、立ち尽くしたそうです。ようやくバスに乗り込む決心をして、向かった先はマンハッタン。たどり着いたホテルでチェックインを済ませ、ビール片手に見上げるエンパイアステートビル。旅の途中、訪れた博物館で見た民族衣装「IKAT MADRAS」が、目に焼き付いて離れないと言います。ちょうど同じ時期に、EG鈴木さんがblogでIKAT MADRASについて触れていました。鈴木さんと同じものを目にした彼の心持は、いかばかりだったか。大学を卒業し、「いよいよ服屋になります」と話をしてからはや数年。いまは、KAPITALに籍を置く彼。

IMG_4631
ボタンダウンシャツの着心地
パンツの着丈
革靴の合わせ方

「扉を開けると、そこにはたくさん洋服が並んでいました。学生だったあの頃、欲しいものすべてを買うことは出来なかったけれど、自分自身のなかにある洋服選びの基本は、PICK-UPから学んだものでした。洋服のいろは、トラディッションとは何かを教えてくれたのは、PICK-UP。僕のルーツは、PICK-UPにあります。」と話す、良い歳になった男の顔が、そこにありました。

IMG_4722
直接、言葉を交わす。顔と顔を付きあわせて話すこと、それだけが持つちからがあります。地元のお客様、県外から足を運んでいただく方たち、沢山の皆さまに支えられて、お店をオープンしています。

ありがとうございます。

明日もPICK-UP&BarnSは、扉を開けて、皆さまのご来店をお待ちしております。よいものとの出逢い「洋服と、皆さん」。その間に私たちはいつでも立っていたいと思います。

いらっしゃいませ、ようこそ!

saKae

きり絵ワークショップ無事終了。

チャンキー松本のチョキンポー!

バーンズ二階がキッズルームになって、親子できり絵や紙芝居で楽しんでもらいました。

IMG_0331IMG_0334IMG_0337IMG_0342

 

チャンキー松本のチョキンポ~!

来る10月13日(月)、
姉妹店BarnSにて、 切り絵師チャンキー松本さんのワークショップを開催します!!

ハサミでチョキチョキ、あっという間に人や動物の顔にしてしまう、チャンキーさん♪
そんな楽しいチャンキーさんの切絵ショー&切り絵にチャレンジしてみませんか?

さらに!絵本の読み聞かせもしてくれますよ~。

皆さまの参加、心よりお待ちしてます!!

※予約制になりますので、気になる方は、
PICK-UP(024-531-6355)、BarnS(024-533-6553)までお問合せ下さい。
おてんきや7

◎会 場:BarnS 2階 福島市宮下町18-30
◎日 時:10月13日(月祝)①10:00~ ②11:15~
◎予 約:ご希望の時間と人数をお電話にてご連絡下さい。
PICK UP 024-531-6355 or BarnS 024-533-6553

◎参加費:親子1組(2名)1,500円 「やまき食堂」お菓子orドリンク付き
※3名以上の場合は、追加料金がお一人毎500円かかります。
その際「お菓子or飲み物」は別料金となります。

サプライズで謎の「毛芝居」もあるかも?どうぞお楽しみに!!

明日28日(日)もフクハナやります。

IMG_0250

4月から数えて明日で19回目のフクハナ開催。

毎週の手入れ作業のおかげで、ストリートガーデンも綺麗に保たれています。

皆さんのおかげ、継続のおかげだと思っています。

もっと参加者も多くなるようお友達を誘って、福島を綺麗にしましょう。

明日もピックアップ前8時半集合です。

9時半からは楽しいカフェタイムもあります。

フクハナプロジェクト

News !!!

unnamed[1] barns
9月23日(火)は、PICK-UP & BarnSともに営業致します。今週は休みなく営業致しますので、どうぞ秋の新作をご覧に、PICK-UP & BarnSへ足を運んでください。両店ともに秋の新作が目白押しとなっています。皆さまのご来店をお待ちしております。

PICK-UP & BarnS

RESOLUTE – TRUNK SHOW LAST 2DAYS!!

IMG_3172
RESOLUTE TRUNK SHOW LAST 2DAYS
date : 9/20(sat)-21(sun)
time : 11:00-19:30
※デザイナー林氏のフィッティングは、終了しました。ご了承ください。

9/13(sat)-14(sun)の2日間、RESOLUTEデザイナー林氏とスーさんによるフィッティングにご来店頂きました皆さま、ありがとうございます。大盛況のうちに、作り手によるフィッティングのイベントを終了致しました。福島はもちろんのこと、郡山市、新潟、仙台、山形など近県はもとより、東京からのお客様もいらっしゃいました。林さんとスーさんの二人のフィッティングを、皆さま存分にお愉しみ頂けたことと思います。

レングスを揃えたTRUNK SHOW at BarnSも、今日と明日の2日間を残すのみとなりました。私たちPICK-UP&BarnSのスタッフもRESOLUTEのお二人から、バッチリとデニムについてのフィッティングのしかた、その技を盗みました!自分に見合ったレングスサイズを存分に選べる機会は、今日と明日!履きこまれたデニムのサンプルも、ご用意しております。

ぜひ、この機会にBarnSへお越しください。
あなたにピッタリと合ったサイズのデニム、お見立てします。

IMG_3162
では、先週末のRESOLUTE TRUNK SHOWのようすをお知らせします。普段履くデニムより、ウエストもレングスも見事にワンサイズ下となるお客様が続出。イギリスのトラウザーズのように、スマートにすっきりとしたシルエットを愉しみたいなら、フィッティングは林さんとスーさんにおまかせ。

「あたらしいの買うなら、持ってないのにしたらええ!」の言葉通り、お客様たちはあたらしいサイジングに挑戦していきます。「ボタンが留めづらい?ボタンの裏に右親指の腹を当て込んで下にはめてみて。ボタンホールは上にひっぱりあげる!ほらビシッと、はまっていくでしょ。」「腰回りはピタッとしなきゃ、そしたらポケットに手を入れてぐいぐい伸ばすんや。」「ほら、だんだんとあなたのサイズになってきた。」お客様ひとりひとりのサイズを見極め、的確に芯のある言葉でわかりやすく、デニムの履き方を伝えていきます。

IMG_3167
ひざ下から、裾にかけてのシルエットも大切。靴にかからず、デニムの何処もたるんでいない長さ。オックスフォードのシューズに合わせるときの、バランスをじっくりとロールアップをしながら説明します。「デニムはお尻で履くもの!」鏡の前に立ったお客様を、正面、後ろ、横と、いろいろな角度から見つめて、フィッティングを仕上げていきます。腿周りや腰に窮屈さを感じるお客様には、用意した椅子に腰かけてもらいながら、洗い方への質問に答えます。いろいろと話し込んでいるうちに、「ほら、立ってみて。ウエスト余裕出てきたでしょう!」とほほ笑んで、サイズの最終確認。

IMG_3208
リクエストのあるお客様には、サインだってツーショットの写真撮影だって、快く対応。作り手自ら、履く人ひとりひとりにデニムの履き方を伝えていくスタイル。「どこに行っても、言うことは一緒。伝えることはおんなじや。」

ときには、自分の携帯を取り出し画像を見せてくれます。「60年代のLEVI’Sの広告、これ見てみ。シャツはベルトなしでデニムにインしとるやろ。丈だって、ほら。これ、まんまRESOLUTEやね!」

IMG_3200
女性にだって、伝えることは一緒。じっくりと熱を持ちながら、素朴な質問にも真摯に答えてくださる林さん。お客様だって、真剣。デニムへの考え方が一変したと、口々におっしゃいます。女性が、裾をおおきめにロールアップして履く姿も、サマになってます!素適です、可愛い!
o0480064013071742528[1]
林さんの色に対する愉しみかたの話も、面白かったですよ。「定番のかたちなら、色で遊ぼか。カーキに合わせるならベージュを持ってこよ!カーキのブレザーなんか作ったらええんちゃう?レンガ色のカーディガンにはサックスのシャツが良えやろ。」と、洋服に対する遊び、色への挑戦の言葉がとめどなく溢れてきます。

一年に一度、また来年もきっと福島にいらしてくれることでしょう。「RESOLUTE TRUNK SHOW at BarnS」は今日と明日の2日間。皆さまのご来店を、お待ちしております。

PICK-UP & BarnS

RESOLUTE TRUNK SHOW at BarnS

???????????????????????????????

RESOLUTE TRUNK SHOW at BarnS
date : 9/13(SAT)〜21(SUN)
time :  11:00~19:30
place : BarnS

※デザイナー林氏の在展日は、13日(SAT)と14日(SUN)の2日間です。
14日(SUN)は、夕方までの在展となります。宜しくお願い致します。

PICK-UPで2013年春より取扱いがスタートし、東北のデニム好きをうならせ、虜にしたジーンズ「RESOLUTE(リゾルト)」。そのデザイナー林氏が、再び福島市にいらっしゃいます。つくり手自ら、お客様ひとりひとりのフィッティングをそれぞれに見てくれる、絶好の機会です。期間中は、20本以上の履きこまれ馴染んだジーンズが、店頭に揃います。あたらしいジーンズが時間を経て履きこまれ、味わい深く育つ様子をお愉しみください。皆さまのご来店を、スタッフ一同お待ちしております。

PICK-UP & BarnS

-「RESOLUTE」とは-
Made in Japanといえば、車やアニメだけではない。欧米一流ブランドにも評価されているのが、ジャパン・デニムだ。林芳亮(はやしよしあき)は、20年以上も理想のデニムを追いかけ、頑ななこだわりで職人たちを牽引してきたという稀有なデニム・デザイナーである。その林が満を持して、日本屈指のデニム職人たちと創り上げたブランドが『RESOLUTE/リゾルト』だ。その意味は『毅然たる』『意思の固い』『断固とした』。20年目にして見えてきたというデニムの理想が、今、不屈の意志で実現される。

店休日のお知らせ

IMG_7178
SUMMER VACATION : PICK-UP & BarnS
date : 8/18(tue)-21(thu), 3days!

8月18(火)から21(木)の3日間、PICK-UP & BarnSは店休日とさせて頂きます。
8月22日(金)より、通常営業とさせて頂きます。

店休日明けには、秋の新作が店頭に並ぶ予定です。
・「Engineered Garments」
19th BD Shirt / Oversize Plaid
Bedford Jacket / Cavalry Twill
M41 Jacket / Nyco Reversed Sateen
Suffolk Jacket / Heavy Brushed HB & 8W Corduroy
E-1 Pant / Poplin
Carry / All Tote w/Strap – Nyco Reversed Sateen

スタッフもリフレッシュ!
店休日明けのPICK-UP & BarnSにご期待ください!

PICK-UP & BarnS