カテゴリー : Blog

展示会






先週の出張は、オーナーと廻る展示会。3~4年振りか。朝7:39発の新幹線に乗り込み、久々過ぎて緊張。足元に目をやるとキャンバススニーカー×生成ソックス。「それ、どこのソックスでしたっけ?」と聞けば、「これ、20年位前のやつ。JOSEPH ABBOUD(ジョセフアブード)の。」その昔、話に聞いたことはあるが、実物見たのははじめてだ。「いやー、僕中学ん時から店来てますけど、その頃なかったですよ!確か。だから、30年近く前だと思います。(おぼろげな記憶。)」、「そうか、知らないか。このソックスは良い。全然へたれない。やっぱりソックスは、インポートものに限るよ。」そうこうするうちに新幹線から乗換え、渋谷駅着。

「じゃ。」

拍子抜けしたが、オーナーがレディース担当で、私はメンズ。廻る展示会はそれぞれ別な上、時間もタイト。移動の1時間半で、しばらくぶりオーナーとの出張は別行動に。短すぎて、笑ってしまった。もうすでに姿は見えない。

初日は4件。充分な間隔を置いてのアポイントだったが、中身が濃すぎて間に合わない、全然余裕ってもんがない。朝イチは下北沢。途中、恵比寿に出来たJackman旗艦店も廻る。築50年のアパート。アメカジ好きの心くすぐる、隅々まで丁寧に手の入った、遊び心溢れる設え。週末営業のみだが、一見の価値オオアリ。Mr.JackmanことTさんの接客を存分に味わえるだろう。お近くの方はぜひに。つぎは中目黒、うちでこの春からスタートしたWORKERSだ。数少ない機屋が持つ織機、芯地や襟付けの繊細さ、ミルスペックに関しての細かい指示書など、まるで尽きない個人講義。ロンドンからのバイヤーの姿も見える。後ろ髪引かれつつ、渋谷へ。ポルトガルの希少な機屋が織るラグをベストに仕立てたメイカーの展示会。JUTTA NEUMANNと同門で修行を積んだ職人が手掛けるベルトと出逢う。今回は叶わなかったが、サンローランお抱えの工房がつくるスカーフは、いつか手に入れたい、紹介したい品物だ。まだ見ぬ服への期待に駆け廻り、気付けば時間は19:40。ああ。もう廻るには廻ったけれど駆け足過ぎにもほどがある。むん。地元ではなかなか見ることが出来ないドリス・ヴァン・ノッテンで目の保養をし、最後は道玄坂「麗郷」でひとり飲み。これにて初日終了。従姉妹宅に世話になる。ここでも、福島話と服話は尽きず夜は更け行く。

saKae

Brady – DARWEN / 展示会




Brady
DARWEN

made in England
material : Cotton / Leather / Brass
color : Light Blue
size : one size
price : 12800yen + tax

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp





2018AW展示会は大詰め。2日間の東京滞在初日、SCYEやCOMOLIにAURA、加えて業界注目の新ブランドKABELなど刺激的なスパイスばかり!その顔ぶれが手強く勢揃い。手に取る服も興奮さめやらぬ熱量を持ち、私に迫ってきます。回り切れなかった一件を翌日にまわし、久方ぶりとなる恵比寿の店へ。EGデザイナーも来日の際足運ぶことがあるそうで、それを店主に伝える。扉が開き「あ!Daikiさんのお友達来ましたよ、栄さん。」とゆきえさん。どこかでお見かけしたけれど、はて何方だろう?キョトンとしてれば、その方「あぁ、出張ですか? PICK-UPさん。」私のことをご存知の様子。聞けばいやいや!業界の大先輩、しかも取引先代表のブッチさん。展示会のときの出で立ちと打って変わって、全身EG! 酒の肴は、いまは無きアメカジの名店「プロペラ」創業秘話と、上野REDWING闘争など濃い濃い服の創世記ばなし。ネペンテス誕生前夜、EGデザイナーがスタッフとして店頭に立ち、カウンターにはネペ代表の若き清水さんと元GO LIKE-O武藤さん。「そんときの緊張感ハンパなかったね!バックドロップの開店前もヤバかった。Harleyでキメて、あいつら出勤すんだよ!おっかねぇッて笑」いま聞いても震えがくる臨場感。酒は進んで瓶ビール6本、ワイン2本いったとこでタイムアウト。終電滑り込み、滞在先の従姉妹宅へ千鳥足で向かう初日。先輩の語りに、震撼。ご馳走さまです!

saKae

RESOLUTE FAIR













RESOLUTE FAIR
3/3(sat)-11(sun)
PICK-UP 2F
open 10:30-close 19:30

先週末から開催中のRESOLUTE FAIR 。2日間のフィッティングデイは途切れることない人波に、熱気むんむんの大盛況。ご来場頂きました皆さま、ありがとうございます。持ってるから買うつもりじゃなく来店してみれば、2階へ登る人の気合におされ、ついつい2本目のRESOLUTEを買ってしまった方や、自分の分はさておき父の還暦祝いにフィッティングも兼ねてプレゼント選びをしてくださった孝行息子がいらっしゃいました。いらしてくださった全てのお客様に感謝のひと言です。切らしておりましたサイズも揃ってご用意させて頂きました。『710』『711』『712』レングスをじっくりお選び頂けるRESOLUTE FAIRは、3/11(sun)までPICK-UP 2Fにて開催中です。皆さまのご来店をスタッフ一同お待ちしております。

saKae

RESOLUTE FAIR いよいよ3/3(土)から!


RESOLUTE FAIR
3/3(sat)-3/11(mon)
10:30-19:30
PICK-UP 2F

デザイナー本人によるフィッティングデイは、3/3(sat)4(sun)の2日間。
林さんの在店時間が決まりました。
3/3(sat) 12:00-19:30
3/4(sun)10:30-16:00頃まで

直接作り手と顔と顔をあわせてジーンズ選びの相談が出来る貴重な機会です。
男性はもちろんのこと、女性にもぴったりフィットするジーンズを3型取り揃えました。
今回ご用意するモデルは、
『710(RESOLUTEの基本となる細身のストレート )』
『711(やや太めのストレート)』
『712(股上がやや浅く、膝から下がテーパードされているストレート)』

皆さまのご来店をスタッフ一同お待ちしております。

※車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

MWC – Military Watch “Broad Arrow”




MWC
Millitary Watch ” Broad Arrow”

made in Germany
color : Black , Khaki
size: ケース径33mm/ベルト18mm/3気圧(日常生活防水)
price : 9000yen + tax

本日ご紹介するのは、MWCより『Military Watch “Broad Arrow”』を。店頭で完売し、しばらく姿を消していたミリタリーウォッチ。供給元から「Broad Arrow(イギリス官有物を示す)」付のものがリリースされたとのニュースが!早速、私たちのお店にもBlackとKhakiカラーが揃いました。ぜひ、店頭にてお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

公式Instagram : https://www.instagram.com/pickandbarns1982/
Staff Instagram :https://www.instagram.com/sakae104/




RESOLUTE FAIR
3/3(sat)-11(mon)
PICK-UP 2F
open 10:30-close 19:30
デザイナー林芳亨によるフィッテイングデイ
3/3(sat)、3/4((sun)の2日間

いよいよ13日後に迫ったRESOLUTE FAIR、掲載画像は私が以前購入した710モデルです。履き込んでは洗いを繰り返し4年、自分のかたちにしっくりとくる一本に仕上がりました。次のFAIRでは何にしようかと、私も思案中です。デザイナー本人によるフィッテングが魅力のRESOLUTE FAIR、貴重な機会となります。ぜひ、店頭にてお逢いしましょう。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

RESOLUTE FAIR 3/3(sat)-11(mon)


RESOLUTE FAIR
3/3(sat)-11(mon)
PICK-UP 2F
open 10:30-close 19:30
デザイナー林芳亨によるフィッテイングデイ
3/3(sat)、3/4((sun)の2日間

ウエストとレングスが選べる”道具としてのジーンズ”『RESOLUTE(リゾルト)』。デニム業界に30年身を置き、数々の名品を輩出。ドゥニーム時代から、私たちを愉しませてくれるジーンズマイスターの林さん。そのデザイナー本人が来福し、お客様それぞれに見合ったサイジングを見てくださるフェアーを開催します。場所は、PICK-UP2階!フィッティングデイは、3/3(sat)、3/4(sun)の2日間です。この機会に、ぜひお気に入りのジーンズをお選びください。林さん来店時間は、こちらのblogにて決定次第お知らせ致します。皆さまのご来店をお待ちしております。※お車でご来店の際は、お近くのコインパーキングにお停めください。

saKae

COMOLI – 7Gニットカーディガン


COMOLI
7G ニットカーディガン

made in Japan
material : Wool 43% , Linen 40% , Silk 17%
color : Navy
size : 2 Thanks sold out
price : 36000yen + tax

本日ご紹介するのは、COMOLIより届いた「7Gニットカーディガン」を。店頭に並ぶ新作の中でも、際立つ存在感を放つCOMOLIのカーディガン。毛・麻・絹という天然素材をブレンドしたぬめりと独特の肌触りを持つ一枚。羽織れば重量感もしっかりと持たせてあり、それでいて肌離れが軽い。ぜひ、店頭でご覧頂きたいCOMOLIの7Gニットカーディガンです。皆さまのご来店をお待ちしております。




以前、このblogでもお知らせした「冬にわかれて」福島公演は満員御礼のなか、無事カーテンコールを迎えました。場作りから宣伝まで協力してくれた仲間たち、演者、来場してくださったお客様の熱意に支えられた公演です。関わってくださった全てのキャストに感謝申し上げます。ありがとうございました。

夢見心地な日曜朝、昼休憩に出るべく店のドアをあける。そこへ、通りを歩く見知った顔。驚きのまま彼を呼び止め、その足で近所の北京料理店へ。聞けば、「売り場の方たちと話したい事があって、ふと思い立って来ました。」とのこと。最近の気になるブランドや、服業界にまつわるセール話、インスピレーション源のひとつである旅の話。王芳とヒトトを梯子して、ゆっくりと語らうことが出来た。デザイナー自ら売り場に足を運んでくれるだなんて、我々にとっては勇気でしかない。ものに向き合うことに、大事な姿勢を見せてくれた。そのひとは小森啓二郎さん、COMOLIのデザイナーである。

地震のあと変わろうともがいた街に、こうして音楽家や服づくりするデザイナーが足を向けてくれる。それぞれが為すべきことをやり続ければ、ときに光はその輝きをわけてくれるようだ。心躍る服を用意して、皆さまのご来店をいつもお待ちしております。

saKae

UK ARMY SAS BELT-80’s DEADSTOCK / 「冬にわかれて」福島公演





UK ARMY SAS BELT
80’s DEAD STOCK

made in UK
material : Steel / Nylon Weaving
color : Black
size : one size 108cm
price : Thanks sold out

本日ご紹介するのは、英国軍特殊部隊に採用されるUK ARMY SAS BELTを。片手のみで着脱可能な独特のギミックと、その使い勝手の良さから店頭に並ぶなり即完売のSAS BELT。今回はOlive色に続き、Blackカラーが入荷しました。前回ご覧頂けなかった皆さまに、ぜひお手に取ってお試し頂きたい一本です。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp





冬にわかれて 福島公演
出演 寺尾紗穂 伊賀航 あだち麗三郎

2018.2/9(金)
開場 21:00/開演21:30
場所 OPTICAL YABUUCHI 1F/福島市大町9-21
チケット 4000円(1drinkオーダー願います)
お飲み物 食堂ヒトトが出店します。
※お車でお越しの際は、お近くのコインパーキングにお停めください。

-ご予約-
タイトルに「寺尾紗穂 冬にわかれて 福島公演」とし、
・ご希望の枚数
・お名前
・お電話番号
・メールアドレス
を記載の上、下記のアドレスまでご連絡ください。
こちらより確認mailが届きましたら予約完了となります。
tanakanet75@gmail.com
スタッフ 田中栄宛

スタッフ個人企画ながら、お店のホームページでご紹介させて頂く事をお許しください。
かねてより準備しておりました演奏会のお知らせをさせて頂きます。

シンガーソングライターの寺尾紗穂さん、文筆家としての顔をもつ彼女の演奏会を開きます。何度も福島に訪れ、LIVEを披露されているのでご存知の方も多いことでしょう。今回は、ベースに伊賀航さん、ドラムあだち麗三郎さんを迎えたバンド編成にて開催。会場は、福島市大町にある眼鏡店OPTICAL YABUUCHI1階をお借りしての特別バージョン。「冬にわかれて」三人編成にて東北で演奏会が開かれるのは、貴重な機会となります。稀代の歌い手とは言い古された言葉ではありますが、ぜひ彼女の歌声を会場にてお聴きください。きっと自らの仕事や、ひたむきに打ち込む物事を、あらためて気付かせてくれる時間となることでしょう。自身の弾くピアノに憑依したかのように乗る寺尾さんの歌声は、はるか昔からの語り部の声を聞くような感触。伊賀航さんは、細野晴臣さんや星野源さんをサポートする実力派のベーシスト。そしてあだち麗三郎さんは、今回わたしが一番聴きたいドラマー。その三人が紡ぎ出す音楽を、ぜひ2月9日ご一緒しましょう。皆さまのご予約をお待ちしております。

saKae

寺尾紗穂プロフィール
1981年11月7日生まれ。東京出身
大学時代に結成したバンドThousands Birdies’ Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)の主題歌を担当した他、 CM、エッセイの分野でも活躍中。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。2019年まで10年続けることを目標に取り組んでいる。2017年6月に最新アルバム「たよりないもののために」を発表。同曲のMVは写真家の大森克己が初監督作品として手掛け話題になった。

JOHN SMEDLEY / more than paradise




JOHN SMEDLEY
ASHMOUNTPULLOVER VN LS

made in England
material : Merino Wool
color : Silver
size : S
price : 31000yen +tax

SICILY PULLOVER CN LS
color : Hepburn Smoke
size : M(Italian Fit)
price : 30000yen + tax

ORTA PULLOVER RC LS
color : Black
size : M , L
price : 31000yen + tax

本日ご紹介するのは、英国生まれのニットメイカーJOHN SMEDLEYを。ダウンジャケットやコートのインナーに、皆さん何を合わせますか? 仕立ての良い上着を脱いだ途端、『ああがっかり!』だなんてことにならないための、お薦めがあります。それがJOHN SMEDLEYのセーター。選りすぐりのメリノウールを使い、代々受け継がれる織機と最先端のマシーンで編み立てられる一枚です。袖を通してみてこそ初めてわかる着心地。良いものを長く味わいたい方にVネック、クルーネック、タートルをご用意しました。ぜひ店頭にてお試しください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

公式Instagram : https://www.instagram.com/pickandbarns1982/
Staff Instagram :https://www.instagram.com/sakae104/


先日、土湯温泉で開催されたアラフドミュージックに足伸ばす。出演者に畠山美由紀さんw/小池龍平さんの名があり、友人が誘い出してくれた。アルコールも程よく入った客が浴衣姿、満面の笑みをたたえてお出迎え。わたしも仲間と音楽イベントに携わっているが、ここまで穏やかで温かな雰囲気は稀にみるもの。美由紀さんが昔の曲をやるという。友人と『Complain Too Much』か『more than paradise』かと沸く。途中泣いてしまうのではないかという美由紀さんのMCから、龍平さんの弾くイントロ。- あれは大学を卒業し、店に入りたての頃だった。Port of Notesというユニットがあって、「非常に良いから君も来い。なんなら手伝って!場所は『なまず亭』ね。」当時の先輩に誘われたのがきっかけ。あれからいくつものLIVEに行ったが、自分好みの声質を決めてくれたのは、彼女の声である。それから行けなかったLIVEがあった。確か黒磯で行われた同じくPort of Notesのもの。友人に自分の『more than paradise』12inchを託し、サインを頼んだ。友人は終演後にサイン入りの12inchを届けてくれた。嬉しかったが、なんだか自分の手に在るのは可笑しい気がして、そのまま彼にあげてしまった。-その曲をいまPort of Notesのメンバーだった美由紀さんが唄う。あれからの20年が彼女の声を通して、からだを巡った。アラフドミュージック、少し下の世代、福島で暮らす若いスタッフたちに感謝を。ありがとうございます。

翌日CDが2枚、手元に届く。山形文翔館で開催されたカルロス・アギーレ公演に行った2人からのものだった。それぞれ別の友人たちである。しかも、ご本人のサイン入り。一人は『いまサインを入れてもらうから、田中の持ってる新作とこれ交換してあげる。だから、今聴いてるCD汚さないでね。私のになるから。』と。もうひとりはLIVE前にCDを貸してあげた方だ。『田中さんのに、サインもらってきました。ケースボロボロだったから、恥ずかしかったです!笑 』と。2人ともLIVEに行けない私を想ってのこと。額を擦りつけて感謝を。つくづく人の優しさに震える月曜である。more than paradise.

saKae

アラフドミュージックhttp://arafudo.com/
カルロス・アギーレhttp://www.inpartmaint.com/site/21879/

ANDERSEN ANDERSEN – BOATSMAN






ANDERSEN ANDERSEN
BOATSMAN

made in Italy
material : Organic Cotton 12G
color : Royal Blue
size : XS , S , M Thanks sold out , L Thanks sold out
color : Raw Cotton(Natural)
size : XS , S
color : Petroleum(Blue Grey)
size : Thanks sold out

price : 28000yen + tax

本日ご紹介するのは、ANDERSEN ANDERSENから届いた『BOATSMAN』を。伝統的なものだけに留まらず、それを生み育む歴史背景をも語り継ぐべく誕生したセーラーセーター。トルコ産オーガニックコットンを採用し、紡績と編み立てはイタリアで。糸の撚り回転数を引き上げ、贅沢な光沢感を持つ雰囲気に仕上げました。さらさらと肌馴染みが良く、春先はもちろんのこと、真夏以外の通年、その着心地を愉しむことが出来る一枚です。ぜひ、ANDERSEN ANDERSENの『BOATSMAN』をお手に取ってご覧ください。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。
PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp
公式Instagram : https://www.instagram.com/pickandbarns1982/
Staff Instagram :https://www.instagram.com/sakae104/







(画像はEngineered Garments NYCスタッフより)

どこへも出掛けない三連休、気付けば麻婆豆腐と天津飯を毎食ずっと作っていた。スープをとってやるのだが、これでなかなか味が安定しない。ない腕奮うが、混戦模様。『不味くはないけど食べられる、これがお前のモットーだな。』と、よく近所の料理店親方に笑われていた。もう一度やろう。途中、せっかくの休みなのだからと50年続く餃子の店つやこへ足伸ばす。酷い雨降りだが、客足は勢い増すばかり。赤いものがやけに気になるなと思っていたら、それもそのはず。Engineered Garments から届いた2018AWのLOOK BOOKを昼に見たせいだ。実際のコレクションを観るのは二月初めとなりそうだが、そのイメージがもうすでに頭を浸食している。いま店頭には、ぞくぞくと18SSの新作が登場しています。この週末のお出掛けは、ぜひPICK & BarnSへ。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae