カテゴリー : Season Items

フクハナ 4(sat).May – 芝張り

IMG_0352
毎週日曜日のフクハナ。きょうは、Street Garden内の芝張り!

IMG_0358
古くなった芝や木の根、雑草取りを皆でします。

IMG_0361
あたらしくご参加くださった方の声、引き続き出席くださる方の笑顔。
それぞれが愉しく繋がって、朝の清々しい時間が流れていきます。

IMG_0362
けさのフクハナには、静岡から帰省中のお顔とも逢えました!
さぁ、いよいよ芝の張替えです。

IMG_0455
土を耕し、平らにならします。バランスをみて芝をおいて
「芝の目土」を敷き入れ、ホースで水をたっぷりと。

IMG_0389
皆さんのご協力で、Street Gardenの芝が張り替えられました。
あとは、根付き青々と茂るのを見守ります♪
ご参加くださった皆様、朝早くからありがとうございます。これから、しっかりと水やりをしていきます。

IMG_0382
花は市民の手で。
フクハナ、ありがとうございます!

フクハナ – 花は市民の手で。

IMG_0134
毎週日曜日、Street Garden 前に集まり「フクハナ」にご参加くださる市民のみなさん、いつもありがとうございます。明日、5/4(sun)もフクハナは開催します。時間のご都合が合う皆さま、ぜひ明日もフクハナしましょう♪
もちろん、それぞれにご予定があったり、ご体調のこともあります。無理なく出来るときに愉しく集まる、それがフクハナです。

花は市民の手で

明日は、Street Garden内の芝生を貼りたいと思っています。ご無理なく、お時間がございます方、ぜひ一緒に!多くの皆様のご参加をお待ちしております。

もちろん、フクハナあとのCoffee Breakと一緒に。

IMG_0130
PICK-UP前 集合
5/4(sun)8:30am 〜9:30am
芝生貼り & Coffee Break

「白樺の木」展

IMG_0334
「白樺の木」展
北海道の白樺からうまれる美しいカタチ
5/3(sat)・5/4(sun)
at BarnS

かご作家のユーリさんが、BarnSに在展されます。
今日のワークショップは、予約定員になりましたので締切とさせて頂きました。
午後からは、おはなし会を予定しています。お時間ございます方、ぜひに。

おはなし会 pm4:30~「ユーリの森の白樺かご」 参加費1500円

IMG_0312
ワークショップ終了後の1時から、ユーリさんが手掛けたかごをBarnS2Fにて展示、販売しております。ユーリさん&こころちゃんも在展しております。作家さん本人と、ゆっくりお話が出来る時間です。

IMG_0317
ユーリさんたちがいらっしゃるのは、きょうと明日の二日間。たくさんのてづくりかごをご覧頂ける機会です。ぜひ、BarnSに足をお運びください.
IMG_0344
3(sat)の白樺オーナメントづくり、ワークショップの様子。

IMG_0345
できあがりが、こちら。
4(sun)のワークショップのご予約は、まだ余裕があります。
ご希望の方は、BarnSまでご連絡ください。

皆様のご来店をお待ちしております。

BarnS
024-533-6553

James Mortimer / Long Sleeve Regular Collar Shirt – Comfort FIT

IMG_0286
James Mortimer
Long Sleeve Regular Collar Shirt-Comfort FIT

made in Ireland
material : Irish Linen 100%
color : Ivory , Dk Indigo all ! thanks sold out
size : 38 , 40
price : 19000yen + tax

IMG_0289
1894年、アイルランドはドネガル地方にカスタムシャツのメーカーとして設立します。全てのシャツの1枚1枚が「CRAFT」として作られることをモットーに、今では珍しくなってしまった「上質なシャツ」のDETAILを頑なに守り続けています。現在はコンピューターによるデザインを受け入れていますが、制作方法はあくまでクラシカルなもので100年の間、親子3代にわたってその技法が今でも引き継がれています。ジャーミンストリートに居を構える、有名シャツメーカーの生産を多く請け負っていることからも、その技術の高さが伺えます。(HPより抜粋)

IMG_0284
久しぶりの登場となる「James Mortimer」のシャツ。今回は、レギュラーカラーをセレクト。第一ボタンをあけたときの衿の開き具合が、丁度良いのです。光沢感あるリネン生地は、洗いざらしで着こなしていくのがおすすめ。リネンといっても、その風合いは様々。今回Mortimer が採用しているのは、Irish Linen(アイリッシュリネン)。フランスやベルギー産のフラックス(麻)からつくられたもので、そのハリとコシは手で触ると「良い品物」だと実感出来ます。

裾のガゼットは飾りではなく、きちんとしたものづくりの証拠。アイルランドのナショナルカラーであるグリーンが、裾に映えますね。

IMG_0283
写真は未洗いの状態です。私が5~6年前に購入したIvory色のリネンシャツは、もちろんいまでも現役。コシのある素材感は健在で、洗い込むほどに味わいが深くなっています。ほぼ着るときは、ノーアイロン!シワを楽しむのがリネンシャツの醍醐味。暑さが厳しくなるころには、腕まくりしてショーツを合わせたりと大活躍します。

シンプルなかたちだけに、素材の良し悪しがモノを言います。このJames Mortimer のリネンシャツ、ぜひとも店頭にてご覧ください。スタッフもイチオシの一枚です。ぜひに!

IMG_0290

SCOSHA / SB-2 ANKLET

IMG_0224
SCOSHA
SB-2 ANKLET

made in NYC
material : Cord/Silver
color : Turquoise/Pink , Red/Stone , Yellow/Natural
size : one size
price : 4800yen + tax

IMG_0269
ニューヨークにアトリエを構えるJewly Artist “SCOSHA WOOLRIDGE(スコーシャ・ウールリッジ)”が手掛けるアクセサリー、『SCOSHA』をご紹介します。オーストラリア出身で世界各地を飛び回り、ものづくりのインスピレーションを得た彼女。RRLやBand of Outsiderなどともコラボレーションを精力的に行っている。

今回、店頭に並ぶのはANKLET(アンクレット型)。これからは、ローファーやスニーカー、サンダルが足元を彩る季節。新しい気分を取り入れたいなら、こんなアンクレットがおすすめ。嬉しいのは、ブレスレットとしても使えること。蠟引きしたコード糸を使っているから、水濡れなんてなんのその!小さく光るシルバーが、重ね付けしたブレスに映えてくれます。

ニューヨークはブルックリンからご紹介する『SCOSHA(スコーシャ)』のアクセサリー、ぜひ店頭にてご覧ください。

IMG_0225

カンノトカトゥ -食べることは生きること-

IMG_0200
4/29(TUE)
12:00➫18:00
at BarnS

一日限りのレストラン

IMG_0198

野菜は減農薬、その土にあうものを適地適作を心がけています。
収穫されるものにイタリア野菜が多いのは、福島には魅力的なイタリア料理のお店が多いからでしょう。 土からの採れたてそのもの。味に個性があるので、楽しみながらお客様に野菜を好きになっていただける と嬉しく 思います。

一日限りのレストラン、ぜひみなさんのご来店をお待ちしています。

農家 菅野雄一
加藤 孝一

IMG_0180

menu

*クリームソースニョッキと今時期のお野菜(焼きたてパン付き) 500円
*春柑橘のクリームブリュレ(ささき牛乳と産みたて卵・爽やかな春の香り) 300円

IMG_0165
menu

*コーヒー 珈琲舎雅 花ブレンド
*ささき牛乳
*紅茶 桜ダージリン
*シュプリームディンブラ                                各200円

IMG_0188

本日限り、さぁオープンです!
男性ふたりが切り盛りする野菜のレストラン。
皆さま、ぜひに♪

Martin F.for Needles/Quick & Claverton belt

IMG_0139

Martin F. for needles
Quick Release Belt – Edge Stitch/Double

made in England
material : Bridle Leather & Brass
color : Brown
size : W32 , W34
price : 21000yen + tax

IMG_0137

IMG_0136

IMG_0161

Martin F. for Needles
Claverton Belt with Hook

made in England
material : Bridle Leather & Brass
color : Brown
size : W32 , W34
price : 18000yen  + tax

IMG_0142

 

’14 SPECIAL WEEK

IMG_0109 - コピー
いよいよ、はじまりますゴールデンウィーク♪
PICK-UP & BarnSでは、いろいろなイベントをご用意して
皆様のご来店をお待ちしております。

あすは、PICK-UP店頭にて『Locker Room Show』と題したスタッフ私物を販売!

懐かしのあのブランドや
こんなのあった⁉
これいつの‽
というアイテムが店頭に並びますよ。

スタッフそれぞれに、思い入れのある一着が並ぶ予定です。
「あ、これ知ってる!」なーんてお話しながら、ゴールデンウィークの
はじまりをPICK-UP & BarnSで一緒に過ごしましょう♪

画像は、スタッフ田中の私物。明日のLocker Room Showを前に、洗濯して干すの図。
もう少し、増えるかなぁ。オーナー & 藁谷氏の私物が、あす揃います。
数に限りがあります、楽しんでお手に取って頂ければ!

IMG_0105

4/26(SAT)➫5/6(tue)
Locker Room Show at PICK-UP
time  10:30〜18:00

週明けの27(日)は、フクハナも開催。
「花は市民の手で」をスローガンに、花で通りを美しくしましょう。
これまでに、street garden の2/3が皆様のご協力で美しく除草され、手入れが出来ました。
あと残すところ1/3です。皆さんのお力があれば、芝生貼りまで進めるかも!
皆さんのご参加とご協力が、フクハナの原動力です。

「花は市民の手で」
ぜひ、一緒に愉しい時間を過ごしましょう
美味しいcoffee break とともに♪

フクハナ
毎週日曜日あさ8:30より、PICK-UP前にて集合、活動開始です!

felco/Crew Neck Tee – Have a nice Tee !!

IMG_0043

felco
Crew Neck Tee

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Navy , Black , White
size : M , L
price : 3600yen + tax

IMG_0054

NYC発祥のカットソーメーカー、「felco(フェルコ)」。
ものづくりはMLBやNBAのお墨付き、 現在はLAに拠点を移し、生産を継続しています。

いまとなっては数少ない吊編み機を使用し、編みたてられる昔ながらの風合い。
これぞmade in U.S.A といえる、スラブ風の味わいが魅力のひとつと言えます。

今回ご紹介するのは、Crew Neck Teeシャツ。
定番のPocket Teeシャツより、柔らかな風合いが魅力の一枚。

IMG_0050

カラーリングは3色から。洗い込み、着込んだような風合いのNavy & Black。
ここまで、肌なじみの良い質感は、いまとなってはなかなか見つけるのが困難!

made in U.S.AのTeeシャツを店頭に並べることが出来ました。
インナーとしても使い勝手の良いWhiteも、外せません。

IMG_0036

一枚ずつパッケージングされた味わいのある雰囲気。
もうスタッフは、それぞれ購入しています。

今季、探しに探して店頭扱いが決まった「felco」のCrew Neck Tee
ぜひお店にて、ご覧になってください。

シャツのインナーで着たとき、ちらりとのぞくクタッとした襟ぐり。
ぜひぜひ!おすすめの一枚です。

saKae

IMG_0059

毎週 日曜日は、「花は市民の手で」を合言葉に、ストリートガーデンの手入れ&コーヒーブレイクを開催しています。
時間は、朝8:30から約一時間ほど。皆さん、心地よい日差しのもと、一緒に体を動かしませんか?
そのあとのコーヒーブレイクが、また最高なんです。

週末は、絵描きはとさんの催しがBarnSで行われます。 ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。

Engineered Garments / Western Shirt &USN Pant

IMG_0018

Engineered Garments
Western Shirt – Floral Patchwork

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Multi
size : S thanks sold out
price : 23000yen + tax

IMG_0014
アメリカ文化が生んだ3種類の洋服があります。
Tee シャツとジーンズ。そして、もうひとつが、このウエスタンシャツです。

IMG_0013

ウエスタンシャツの特徴でもある背中と肩周りの生地取り。
規則正しくパッチワークされた色とりどりのブロックフラワーに、
ランダムにカーブするよう配置したバックヨーク。

この辺!力の抜けたパッチワーク具合が、アメリカ生産たる所以。
この緩さ、なかなか日本じゃ、真似できない。

IMG_0008

裾部分のくりが深いのが、ウエスタンシャツの特徴。
パンツの中に、しっかりと裾を仕舞い込めるよう、機能とデザインが同居しています。

IMG_0028

また、万が一 裾や袖口が馬具に引っかかっても、怪我せず簡単に外れるよう、
スナップボタン仕様になっています。合理的なアメリカ人の発明と言えますね。

IMG_0005

半袖には、まだ早い?
いやいや暑い寒いと、季節が巡るのが福島市の気候。
少し肌寒いときは、カーディガンを羽織って、暑いときには半袖を。

そのとき、そのときの季節感を楽しめるのがこれから。
季節に合わせたワードローブ、揃えましょう。

半袖丈のウエスタンシャツ、おすすめです。

IMG_0024

Engineered Garments
USN Pant / Cotton Pima Poplin

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Red
size : 32
price : 23000yen + tax

IMG_0007
目を奪うほどの発色の良さ、アイビーテイストで履きたいのがこの「USN Pant」。
USNとは、United States Navy アメリカ合衆国海軍の略で、海軍将校が履いていた
パンツから由来されているのでしょう。

IMG_0010

素足でBass Weejunsを。ふくらはぎを添うようスラッと流れるシルエット。
このくらいロールアップすると、靴の始まりとパンツの終わりに綺麗なラインが出来て、
スマートに履きこなせます。

細身のシルエットに加え、コットン100%ながら軽くストレッチが入ったような伸縮性が
履きやすさの秘密。

ローファーや、キャンバスシューズは、まさに持ってこい!
春をはじめるなら、この一本から。

皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

IMG_0003

毎週 日曜日は、「花は市民の手で」を合言葉に、ストリートガーデンの手入れ&コーヒーブレイクを開催しています。
時間は、朝8:30から約一時間ほど。皆さん、心地よい日差しのもと、一緒に体を動かしませんか?
そのあとのコーヒーブレイクが、また最高なんです。

週末は、絵描きはとさんの催しがBarnSで行われます。
ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。