カテゴリー : BarnS

店休日のお知らせ


1/14(火)、15(水)、16(木)は、正月営業代休のため店休日とさせて頂きます。
ご来店をご予定だったお客様、どうかご了承くださいませ。
17(金)より通常営業致します。どうぞよろしくお願い致します。

pickandbarns
024-521-2188
pick82@opal.dti.ne.jp

お詫びとお知らせ

―当店にて、楽天カード/VISA記載のクレジットカードご利用のお客様へ―

いつもpickandbarnsをご利用くださり、ありがとうございます。この度、当店の不手際で「キャッシュレス・消費者還元事業」ご利用のお客様へのポイント還元が一部なされていないことがわかりました。

心よりお詫び申し上げます。

対象となります期間とクレジットカードは下記の通りです。
・令和元年10月11日~令和2年1月6日の期間、楽天カード/VISA記載のあるクレジットカードご利用のお客様

つきましては、弊社ポイントカード分にて5%還元をさせて頂きたく存じます。当店にて、楽天カード/VISA記載のクレジットカードをご利用のお客様、大変お手数をお掛け致しますが、ご利用の際の控えをお持ち頂き、ご来店をお願いしたく存じます。ご足労をお掛け致しますこと、重ねてお詫び申し上げます。ただいま、お一人お一人のお客様にご連絡をさせて頂いておりますが、このHP上で取り急ぎお詫びをさせて頂きますこと、どうかご容赦ください。今回は当方の勘違いで、お客様に多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。今後は、同じような間違いが無いよう社員一同注意し、業務に取り組んでまいります。

pickandbarns
024₋521-2188

今年もご贔屓頂きまして、ありがとうございます。



2019年、本日を持ちましてpickandbarnsの最終営業日が無事終わりました。県庁通り、大町に2店舗をひとつにまとめ引っ越すという一大イベントがあった年です。場所は変われど、皆様に愛されるお店となるべく、これからもスタッフ一同邁進していきたいと思います。

そして、2020年はピックアップとバーンズが移転して、はじめての初売りとなります。

初売りの目玉は、5000円、10000円、20000円の数量限定3種の福袋!(現金のみのお支払いをお願いします。お釣りのないよう、ご用意頂きますようお願い致します。)
恒例の除外品なし店内全品10%オフ(クレジット利用の場合は5%オフ)も開催。さらに一点物セール50%~30%オフコーナーを特設!
さらにさらに、毎年好評企画! 商品購入の方に先着で福島市の甘納豆専門店「うろこや」の福甘納豆をプレゼント。

来年もpickandbarnsをどうぞよろしくお願い致します。
スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております。

pickandbarns

営業日のお知らせ



大切な方への贈り物や、一年間頑張った自分へのご褒美にぴったりの品々をpickandbarnsにてご用意しました。12/24(火)もpickandbarnsは営業します。翌日、25(水)は振替休日とさせて頂きます。皆様のご来店をお待ちしております。

12/25(水)、12/30(月)~1/1(水)、1/7(火)、1/14(火)~1/16(木) 休業
初売りは、1/2(火)あさ9時から18時まで営業
1/3(金)~1/6(月)10時30分から19時30分まで営業

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

St.James – OUESSANT


St.James
OUESSANT

made in France
material : Cotton 100%
color : Ecru/Marine , Gris (Grey) , Choco (Brown)
Ecru (Natural) , Noir (BLACK)
size : T1 , T3 , T4 , T5 , T6 / Choco T1 , T3 ,T4 Thanks sold out
price : 10800yen + tax

本日ご紹介するのは、St.Jamesより『OUESSANT』を。今年、創業130周年を迎えたSt.James。日本に紹介され約40年、わたしたちのお店では92年頃から取扱いがスタートしました。はじまりは、オーナーの省吾さんが、原宿ビームスに並ぶ一枚のボーダーを見たこと。白地に鮮やかなブルーのラインが走る長袖カットソーに目を奪われ、奥様のために買い求めたのがきっかけでした。そのときの素材は、夏用の半袖と同じものだったといいます。わたしが高校時代「飯行こうか!」とお店の常連さんたちに声掛けられ、夜ご飯を食べに行ったときのこと。席につこうと、上着を脱いだら皆で大笑い。全員がSt.Jamesのボーダーだったなんてことも。 中華料理店の方も、笑ってましたね。シャネルも、ピカソもブリジット・バルドーも、ここのボーダーを着ていました。すべてのボーダーはSt.Jamesから始まったといっても、過言ではありません。

同ブランドの現CEOリュック・レセネカル氏のインタヴューを。- 素材は厚手の綿を使い、ボーダーシャツ1枚で11行程あります。縫製も地元の工場で行い、そこで働く約300人の工員は全員が地元のフランス人です。歴史が長いからか、「特別なノウハウは何か」とよく聞かれます。でも本当に何もありません。強いて言えば、「われわれ一人一人の手の中」。例えば、襟首のステッチは手縫いですが、職人でも完全にできるようになるまで18か月もかかるのです。- (FASHION HAN-BAI 2019.9より抜粋)

ほぼひとつの型で、これだけ多くの人に愛され認知されるブランドは、なかなか類を見ません。使い勝手の良い定番ボーダーECRU/MARINE に加え、無地が4色。サイズが揃っての入荷です。聞くところによると、無地は船長、ボーダーは船員用だなんて話もあるようです。ぜひ、わたしたちのお店にも欠かせない存在となったSt.Jamesの『OUESSANT』をお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Olde Homesteader – CREW NECK LONG SLEEVE / INTERLOCK


Olde Homesteader
CREW NECK LONG SLEEVE / INTERLOCK

made in Japan
material : Cotton 100%
size : 38(unisex size) , 40 , 42 , 44
price : 13000yen + tax



color : ECRU/RUSTIC BROWN
size : 38 , 40 , 42 , 44
price : 13000yen + tax





本日ご紹介するのは、Olde Homesteaderより『CREW NECK LONG SLEEVE』を。毎日使うものだからこそ、本当にいいと思えるものを選んでほしい。肌着としてはもちろんのこと、一枚でも着るに堪えうるカットソーと言えるのが、このOlde Homesteader手掛けるボーダーです。これまでは無地のみの取り扱いでしたが、今季から2色のボーダーが登場。ボーダーやドットは、柄物の起源と言われています。袖と腰回りのリブ使いは、ここんちの得意とするところ。けっしてきつすぎることはないけれど、絶妙なバランスで留まってくれるから、肌に触れる部分が少なく、ひっかかりもなし。まるで着ていないような、最高の心地よさ。しっかりと温かさもあるから、シャツやニットのインナーとしても、活躍してくれます。はじまりは細く、中心にいくほど自然な丸みを持たせた襟ぐりの始末など、職人の技術が光るものづくり。その病みつきになる質感を、ぜひお手に取ってご覧ください。もちろん、自分へのご褒美にもぴったりな一枚です。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

JOHANNA GULLICHSEN – Bags



JOHANNA GULLICHSEN
Economy Bag – Nereus

made in  Finland
material : Cotton 100%
color : Nereus Yellow
size : 横36cm×縦34cm×マチ9cm ストラップ64cm
price : 23000yen + tax



JOHANNA GULLICHSEN
Victor Bag – Doris

made in Finland
material : Cotton 100%
color : Black
size : 横24cm×縦27cm×マチ6cm ストラップ134cm(調節可)
price : 22000yen + tax



JOHANNA GLLICHSEN
Tetra Shoulder – Doris

made in Finland
material : Cotton 100%
color : Black
size : 47cm×48cm×24cm×マチ24cmストラップ110cm
price : 23000yen + tax

本日ご紹介するのは、JOHANNA GULLICHSENよりトートバッグのEconomy Bag、ショルダーのVictor BagとTetra Shoulderを。フィンランドを代表するテキスタイルメイカー/ヨハンナ・グリクセンは、独特なパターンとカラーバリエーションでヨーロッパではもちろん、ここ日本でも多くのひとに愛されるブランド。北欧テキスタイルの伝統を新たな視点で解釈し続け、単に流行し消費されるのではない「真に価値あるデザイン」を創造しています。(ブランドリリースより抜粋)


ヨハンナが作り出す魅力あるテキスタイル、その力がより発揮されるのは装いがシックになるいま秋冬シーズン。黒やグレージュの落ち着いたトーンのコート&アウターにヨハンナのバッグをプラスすれば、ぐっとコーディネイトが引き締まります。通りを歩く皆さんの姿が、より街を華やかにしてくれることでしょう。今回ご紹介したバッグには、内側に収納に便利なジップポケットが付いています。男女兼用でお使い頂けるモデルもご用意しました。ぜひ、JOHANNA GULLICHSENのバッグをお手に取ってご覧ください。贈り物にもぴったりの一品です。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

 

Fernand Leather – MICHIGANDER


Fernand Leather
MICHIGANDER

made in Michigan U.S.A
material : Horween Leather
color : Brown
size : 8E , 8 1/2H E Thanks sold out
price : 46000yen + tax



本日ご紹介するのは、Fernand Leatherより『MICHIGANDER』を。オーロラシューズ創立メンバーのひとりSteven Fernandの名を冠したレザーグッズメーカー。オーロラを辞めてから、ほぼ靴作りから離れていたフェルナンド氏。娘のために作りこんだバッグに目を奪われ、私たちのお店でも取り扱いが始まりました。それからほどなくして、靴の生産を再開。Middle English , West Indian などこれまでいろいろな型を扱ってきましたが、今季はブーツタイプの『MICHIGANDER』をご用意。少し大きめのサイズを選んで、ソックスで調整するのがおすすめ。革は、シカゴのホーウィン社クロムエクセルを採用。柔らかな履き心地をぜひ店頭にて味わってください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

STUFF




いまから遡ること30年、1990年にPICK-UPで売っていた『DULUTH PACK / ダルースパック』。無骨で分厚い2本のレザーストラップ、それを留めるゴツい真鍮バックル。そして、いままで見たこともないような、これまた分厚いキャンバス地のリュック本体と、ナイロンウェビングベルト。それは、『Child’s Pack / チャイルズパック』というアメリカ製のバックパック。オーナーの話によると、なにかの雑誌で見かけ、すぐ卸先へ足を運んだそう。そのとき、『Arrow Moccasin(現在は、残念ながら廃業)』と一緒に展示してあり、なんだこの靴は!という衝撃とともに『DULUTH PACK』を取り扱いはじめたのだとか。その卸先というのは、創業間もないネペンテス。いまでも続くご縁である。(買っとけば…。高校生当時、後輩が使ってるという理由だけでスルーした自分を呪いたい。)

同社の古いブランドリリースを以下に。‐ ダルースパックはフランス系カナダ人労働者Camille Poirierによってスタートしたバッグブランド。1838年、カナダのモントリオールで生まれた彼は、地元農場で働く傍ら、将来自分の店を持ちたいという夢を抱く。一方、1850年代以降のアメリカ・ミネソタ州ダルースでは銅の鉱脈が発見されたという噂が広まり、1860年代に鉄道が開通。一気に鉄鉱石発掘が盛り上がり、人口も急速に増加。1870年にカナダからダルースへ移り住んだCamilleも、自らの小さな靴屋をスタートさせる。町にある唯一の靴屋が彼の店であることも手伝い、順調にビジネスを広げ、1882年いよいよ自らの名を冠した”POIRIER PACK”を発表する。それは、バックル付きのバッグに、タンプライン/重い荷物を運ぶ際、疲れを和らげるため、頭(額)に紐をひっかけるストラップがつく仕様。これが、DULUTH PACKの原型となったモデルだ。(ブランドリリースより一部抜粋)

いまも現存するDULUTH PACK、革の厚みや細かな仕様は違えど、その無骨なものづくりは今も続いている。どうも日本は「ファッション=流行り」の構図がもてはやされ、片手で数えるほどの期間しか消費されない。自分たちの思う旬が過ぎたら、ポイ捨てのはい次。これは普段からオーナーがよくする話だが、アメリカンカントリーや北欧ヴィンテージに、フレンチモダン。住まいの流行ですら、目まぐるしく変わる。もっと腰を据えて、長い年月をかけて生き抜いてきたものづくりを、その土地からしか産まれない文化を味わえないものだろうか。服を扱うわれわれ個店の責任も、もちろん問われるわけだが。

もの自体から滲み出る、佇まいの美しさ。それだけを、端的に見抜き伝え引き継いでいきたい。少なくとも、いまのSOUTH2 WEST8のサンフォージャーシリーズには、その名残りがある。来店の際には、ぜひこのDULUTH PACKを手に取って頂きたい。字面の蘊蓄よりも、手で触ること。そして、袖通しをすることで判ることがあるから。

saKae

営業日のお知らせ


– 営業日のお知らせ –

あす10月22日(火・祝)、「即位礼正殿の儀が行われる日」はpickandbarnsは営業致します。
翌日の10月23日(水)は振替休業日とさせて頂きます。
ご来店をご予定のお客様、どうかご了承くださいませ。

10月22日(火・祝) 皆さまのご来店をお待ちしております。

pickandbarns