カテゴリー : BarnS

St.James – OUESSANT


St.James
OUESSANT

made in France
material : Cotton 100%
color : Ecru/Marine , Gris (Grey) , Choco (Brown)
Ecru (Natural) , Noir (BLACK)
size : T1 , T3 , T4 , T5 , T6 / Choco T1 , T3 ,T4 Thanks sold out
price : 10800yen + tax

本日ご紹介するのは、St.Jamesより『OUESSANT』を。今年、創業130周年を迎えたSt.James。日本に紹介され約40年、わたしたちのお店では92年頃から取扱いがスタートしました。はじまりは、オーナーの省吾さんが、原宿ビームスに並ぶ一枚のボーダーを見たこと。白地に鮮やかなブルーのラインが走る長袖カットソーに目を奪われ、奥様のために買い求めたのがきっかけでした。そのときの素材は、夏用の半袖と同じものだったといいます。わたしが高校時代「飯行こうか!」とお店の常連さんたちに声掛けられ、夜ご飯を食べに行ったときのこと。席につこうと、上着を脱いだら皆で大笑い。全員がSt.Jamesのボーダーだったなんてことも。 中華料理店の方も、笑ってましたね。シャネルも、ピカソもブリジット・バルドーも、ここのボーダーを着ていました。すべてのボーダーはSt.Jamesから始まったといっても、過言ではありません。

同ブランドの現CEOリュック・レセネカル氏のインタヴューを。- 素材は厚手の綿を使い、ボーダーシャツ1枚で11行程あります。縫製も地元の工場で行い、そこで働く約300人の工員は全員が地元のフランス人です。歴史が長いからか、「特別なノウハウは何か」とよく聞かれます。でも本当に何もありません。強いて言えば、「われわれ一人一人の手の中」。例えば、襟首のステッチは手縫いですが、職人でも完全にできるようになるまで18か月もかかるのです。- (FASHION HAN-BAI 2019.9より抜粋)

ほぼひとつの型で、これだけ多くの人に愛され認知されるブランドは、なかなか類を見ません。使い勝手の良い定番ボーダーECRU/MARINE に加え、無地が4色。サイズが揃っての入荷です。聞くところによると、無地は船長、ボーダーは船員用だなんて話もあるようです。ぜひ、わたしたちのお店にも欠かせない存在となったSt.Jamesの『OUESSANT』をお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Olde Homesteader – CREW NECK LONG SLEEVE / INTERLOCK


Olde Homesteader
CREW NECK LONG SLEEVE / INTERLOCK

made in Japan
material : Cotton 100%
size : 38 Thanks sold out , 40 Thanks sold out , 42 , 44 Thanks sold out
price : 13000yen + tax



color : ECRU/RUSTIC BROWN
size : 38 Thanks sold out , 40 Thanks sold out , 42 , 44 Thanks sold out 
price : 13000yen + tax





本日ご紹介するのは、Olde Homesteaderより『CREW NECK LONG SLEEVE』を。毎日使うものだからこそ、本当にいいと思えるものを選んでほしい。肌着としてはもちろんのこと、一枚でも着るに堪えうるカットソーと言えるのが、このOlde Homesteader手掛けるボーダーです。これまでは無地のみの取り扱いでしたが、今季から2色のボーダーが登場。ボーダーやドットは、柄物の起源と言われています。袖と腰回りのリブ使いは、ここんちの得意とするところ。けっしてきつすぎることはないけれど、絶妙なバランスで留まってくれるから、肌に触れる部分が少なく、ひっかかりもなし。まるで着ていないような、最高の心地よさ。しっかりと温かさもあるから、シャツやニットのインナーとしても、活躍してくれます。はじまりは細く、中心にいくほど自然な丸みを持たせた襟ぐりの始末など、職人の技術が光るものづくり。その病みつきになる質感を、ぜひお手に取ってご覧ください。もちろん、自分へのご褒美にもぴったりな一枚です。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

JOHANNA GULLICHSEN – Bags



JOHANNA GULLICHSEN
Economy Bag – Nereus

made in  Finland
material : Cotton 100%
color : Nereus Yellow
size : 横36cm×縦34cm×マチ9cm ストラップ64cm
price : 23000yen + tax



JOHANNA GULLICHSEN
Victor Bag – Doris

made in Finland
material : Cotton 100%
color : Black
size : 横24cm×縦27cm×マチ6cm ストラップ134cm(調節可)
price : 22000yen + tax



JOHANNA GLLICHSEN
Tetra Shoulder – Doris

made in Finland
material : Cotton 100%
color : Black
size : 47cm×48cm×24cm×マチ24cmストラップ110cm
price : 23000yen + tax

本日ご紹介するのは、JOHANNA GULLICHSENよりトートバッグのEconomy Bag、ショルダーのVictor BagとTetra Shoulderを。フィンランドを代表するテキスタイルメイカー/ヨハンナ・グリクセンは、独特なパターンとカラーバリエーションでヨーロッパではもちろん、ここ日本でも多くのひとに愛されるブランド。北欧テキスタイルの伝統を新たな視点で解釈し続け、単に流行し消費されるのではない「真に価値あるデザイン」を創造しています。(ブランドリリースより抜粋)


ヨハンナが作り出す魅力あるテキスタイル、その力がより発揮されるのは装いがシックになるいま秋冬シーズン。黒やグレージュの落ち着いたトーンのコート&アウターにヨハンナのバッグをプラスすれば、ぐっとコーディネイトが引き締まります。通りを歩く皆さんの姿が、より街を華やかにしてくれることでしょう。今回ご紹介したバッグには、内側に収納に便利なジップポケットが付いています。男女兼用でお使い頂けるモデルもご用意しました。ぜひ、JOHANNA GULLICHSENのバッグをお手に取ってご覧ください。贈り物にもぴったりの一品です。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

 

Fernand Leather – MICHIGANDER


Fernand Leather
MICHIGANDER

made in Michigan U.S.A
material : Horween Leather
color : Brown
size : 8E , 8 1/2H E Thanks sold out
price : 46000yen + tax



本日ご紹介するのは、Fernand Leatherより『MICHIGANDER』を。オーロラシューズ創立メンバーのひとりSteven Fernandの名を冠したレザーグッズメーカー。オーロラを辞めてから、ほぼ靴作りから離れていたフェルナンド氏。娘のために作りこんだバッグに目を奪われ、私たちのお店でも取り扱いが始まりました。それからほどなくして、靴の生産を再開。Middle English , West Indian などこれまでいろいろな型を扱ってきましたが、今季はブーツタイプの『MICHIGANDER』をご用意。少し大きめのサイズを選んで、ソックスで調整するのがおすすめ。革は、シカゴのホーウィン社クロムエクセルを採用。柔らかな履き心地をぜひ店頭にて味わってください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

STUFF




いまから遡ること30年、1990年にPICK-UPで売っていた『DULUTH PACK / ダルースパック』。無骨で分厚い2本のレザーストラップ、それを留めるゴツい真鍮バックル。そして、いままで見たこともないような、これまた分厚いキャンバス地のリュック本体と、ナイロンウェビングベルト。それは、『Child’s Pack / チャイルズパック』というアメリカ製のバックパック。オーナーの話によると、なにかの雑誌で見かけ、すぐ卸先へ足を運んだそう。そのとき、『Arrow Moccasin(現在は、残念ながら廃業)』と一緒に展示してあり、なんだこの靴は!という衝撃とともに『DULUTH PACK』を取り扱いはじめたのだとか。その卸先というのは、創業間もないネペンテス。いまでも続くご縁である。(買っとけば…。高校生当時、後輩が使ってるという理由だけでスルーした自分を呪いたい。)

同社の古いブランドリリースを以下に。‐ ダルースパックはフランス系カナダ人労働者Camille Poirierによってスタートしたバッグブランド。1838年、カナダのモントリオールで生まれた彼は、地元農場で働く傍ら、将来自分の店を持ちたいという夢を抱く。一方、1850年代以降のアメリカ・ミネソタ州ダルースでは銅の鉱脈が発見されたという噂が広まり、1860年代に鉄道が開通。一気に鉄鉱石発掘が盛り上がり、人口も急速に増加。1870年にカナダからダルースへ移り住んだCamilleも、自らの小さな靴屋をスタートさせる。町にある唯一の靴屋が彼の店であることも手伝い、順調にビジネスを広げ、1882年いよいよ自らの名を冠した”POIRIER PACK”を発表する。それは、バックル付きのバッグに、タンプライン/重い荷物を運ぶ際、疲れを和らげるため、頭(額)に紐をひっかけるストラップがつく仕様。これが、DULUTH PACKの原型となったモデルだ。(ブランドリリースより一部抜粋)

いまも現存するDULUTH PACK、革の厚みや細かな仕様は違えど、その無骨なものづくりは今も続いている。どうも日本は「ファッション=流行り」の構図がもてはやされ、片手で数えるほどの期間しか消費されない。自分たちの思う旬が過ぎたら、ポイ捨てのはい次。これは普段からオーナーがよくする話だが、アメリカンカントリーや北欧ヴィンテージに、フレンチモダン。住まいの流行ですら、目まぐるしく変わる。もっと腰を据えて、長い年月をかけて生き抜いてきたものづくりを、その土地からしか産まれない文化を味わえないものだろうか。服を扱うわれわれ個店の責任も、もちろん問われるわけだが。

もの自体から滲み出る、佇まいの美しさ。それだけを、端的に見抜き伝え引き継いでいきたい。少なくとも、いまのSOUTH2 WEST8のサンフォージャーシリーズには、その名残りがある。来店の際には、ぜひこのDULUTH PACKを手に取って頂きたい。字面の蘊蓄よりも、手で触ること。そして、袖通しをすることで判ることがあるから。

saKae

営業日のお知らせ


– 営業日のお知らせ –

あす10月22日(火・祝)、「即位礼正殿の儀が行われる日」はpickandbarnsは営業致します。
翌日の10月23日(水)は振替休業日とさせて頂きます。
ご来店をご予定のお客様、どうかご了承くださいませ。

10月22日(火・祝) 皆さまのご来店をお待ちしております。

pickandbarns

marimekko / Fabric Bag – Puketti & kuusikossa


marimekko
Fabric Bag – Puketti

made in Estonia
material : Cotton 100%
color : Dk Blue / Red / White
size : 43.5cm×42.5cm×マチ0.3cm 持ち手上がり23cm
price : 4500yen + tax


marimekko
Fabric Bag –  Kuusikossa

made in Estonia
material : Cotton 100%
color : White / Black
size : 43.5cm×42.5cm×マチ0.3cm 持ち手上がり23cm
price : 4500yen + tax


本日ご紹介するのは、マリメッコより『Fabric Bag – Puketti』を。Puketti /プケッティ は、花束のこと。デザイナーは、Annika Rimara(アンニカ・リマラ)で、彼女は同社を象徴するボーダー柄を作った人物としても有名です。手持ちの洋服に、ひとつ柄を取り入れるだけで、装いが華やかになったり、ぐっと引き締まったりするからBagの持つ魅力って絶大。もうひと柄は、kuusikossa /クーシコッサという森の中をモチーフとしたもの。抑えたトーンで活き活きと生い茂る木々をデザインした彼女Maija Louekari(マイヤ・ロウエカリ)は、2003年マリメッコとヘルシンキ芸術大学が開催したコンペで作品を発表。そのコンペを勝ち取って、彼女のデザイナーとしてのキャリアがスタートしたそうです。お出かけが楽しくなるお供に、ぜひmarimekkoのファブリックバッグをどうぞ。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

LAVENHAM – LOUND

LAVENHAM
LOUND

made in England
material : Polyester 100%
color : LAMP BLACK
size : 36 Thanks sold out , 38 , 40
price : 43000yen + tax



dahl’ia
Pants

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Indigo
size : 0 Thanks sold out , 1
price : 19000yen + tax


本日ご紹介するのは、LAVENHAMより『LOUND』を。スタイリッシュに着こなすのに、一押しのカラーなのがこのLAMP BLACK。一枚羽織るだけで、サマになる長めの着丈にいま注目の少しだけルーズフィットへと仕上げたシルエット。首元の程よいあき具合も組み合わせを考えるのが楽しみなカタチ。これから長く愛用するなら、英国生まれのLAVENHAMがpickandbarnsのおすすめです。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにて、ご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

SOUTH2 WEST8 / SMOKEY SHIRT – IKAT PATTERN



SOUTH2 WEST8
SMOKEY SHIRT / IKAT PATTERN

made in INDIA
material : Cotton 100%
color : Black
size : M
price : 14000yen + tax



モデル身長172cm 、サイズM

ENGINEERED GARMENTS
OVER VEST – Cotton HB Twill

made in NYC
material : Cotton 100% / ACRYLIC 100%
color : Black
size : S
price : 35000yen + tax



本日ご紹介するのは、SOUTH2 WEST8より『SMOKEY SHIRT』を。IKAT PATTERN(インド絣)、インドマドラスを使った
羽織り。粗野な質感はそのままに、モノトーンで組み合わせれば、抑制の効いた大人の着こなしに。着込んで洗って、擦り切れたくらいが◎ ENGINEERED GARMENTSのOVER VESTとの相性も抜群に良し。組み合わせの妙とは、まさにこのこと。

ぜひ、店頭でお手に取ってSOUTH2 WEST8の『SMOKEY SHIRT』、ENGINEERED GARMENTSの『OVER VEST』をご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かメールにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

10/12(SAT)の営業について


本日10/12(SAT)は、台風の影響のため16時までの営業とさせて頂きます。
ご来店をご予定のお客様、どうかご了承くださいませ。
各地、台風の被害が少ないことを祈っております。

pickandbarns