カテゴリー : PICK-UP

BUSINESS TRIP

IMG_7092
火・水曜の2日間、久しぶりの仕入れへと出掛けておりました。いつもの町に比べ、寒い寒いとは言ってもそこは東京。ジャケットとレザーのベストがあれば、すべて事足りる暖かさでした。さて、本題。なにを見に行ったかと言いますと、お店でも大好評のうちに完売となったセーラーセーター「ANDERSEN ANDERSEN」の展示会。2015年秋冬シーズンのアイテムです。その日は展示会初日、わたしを迎え入れる代理店のみんなが色もそれぞれ、思い思いのセーラーセーターを着て、お相手してくれます。

なかでも目立ったのが、女性バイヤー。わたし自身、自分用にオーダーしていたものの「色合わせ」に困惑、購入出来ず仕舞だったOff White 色。そのOff Whiteを、彼女は実に恰好良く着こなしていたのです。

IMG_7096
ほどよく履き込んだゆとりあるジーンズに、ジャストサイズのタートル。裾から見えるシャツのラインまで、ほんとうに見ていてお見事!100点です。横から見たシルエットなんて、うっとりしちゃうほど。気張りすぎない、普段から愉しんで洋服を愛用してるひとの着方だなぁーと思いました。都内を歩いていても、多くの皆さんが「ARAN(白)色」のセーターを愉しんでいる様子。今年のトレンドが、ARANのセーターと言っても、彼女のように馴染んだ着こなしを見ることは、そうそうありません。自分のことを良く知っているから出来る、着こなし。素敵です。
IMG_7107
「ANDERSEN ANDERSEN」のセーターが、なぜデザイナー出身のデンマークではなく、イタリアでつくられるのか?素朴な疑問を、長くお世話になる代理店 加藤代表に尋ねました。「ほんとうは、デザイナー自身 デンマークで作りたいんだよ。でもね、それを支える生産背景が自国にないんだ。うまい編み手との出逢いを求めて、ヨーロッパ中を探したそうですよ。探しに探した挙句、見つけ出したのがイタリア。ではなぜ、イタリアなのか。それは、モード発祥の地であるから。モードの世界でものづくりする職人が、その地には残っていた。彼らが手掛けるセーターと、デザイナーの思い描くセーラーセーターが一致したんだよ。イタリアのものづくりに敬意を払いつつ、いつか自国デンマークでの復活も願っているみたいだけれどね。」

来シーズンも、ますます店頭に並ぶのが愉しみな「ANDERSEN ANDERSEN」のセーラーセーター。来週の半ばまでなら、好みの色とサイズを選ぶことが出来ます。ぜひ、店頭にて何色を着ようか?話し合いましょう!

IMG_7065
出張前、日頃からお世話になるデザイナーや代理店の何人かへ、「都内でお薦めのお店ある?」と質問していました。「PICK-UPさん(田中)が、好きそうなのは、ここじゃないかな?」情報、そのなかで意見の一致するお店が5軒ほどありました。時間は二日間たっぷりある、どこへでも行こうじゃないか!と勢い込んで訪ねたのは、中目黒。「青の洞窟」と名付けられたイルミネーションに、遭遇です。どうりで、人通りが多いわけだ。かき分けかき分け、歩く歩く、あるく。その古着店の名前は以前にも、お客さんから聞いていた名店「6(ロク)」。詳しい中身は、ここでは割愛。お近くで未踏の方は、ぜひ足を運んでみてください。そこにあったのは、お店でもディスプレイとして使っている古いアメリカの学校のペナントや、ソックス成形の型、犬のハンガーまで!値付けの有無はありましたが、見ている方向が一緒だったというのが、素直に嬉しく。スタッフの皆さんのお話も、含蓄深く納得の名店っぷり!

IMG_7076

ほくほくの笑顔で次に向かうは、最近話題の神楽坂にある「La Kagu」。出版社 新潮社の元倉庫を改築してあらわれた建物が、どーん!駆け足で、階段を登りたくなる佇まい。なにより、洋服の見せ方が面白い。文庫を象ったPOP脇に、アウトドア&クラシックとセレクトされた洋服たちが並びます。THE NORTH FACE からJACK PURSSEL 、今回はじめて見た着た10cまでそのセレクトは縦横無尽!バイヤーのセンスと新潮社の思惑に、ニヤリとしちゃう。各ジャンルの達人が、10冊のお勧めを選書するコーナーがありました。そのなかには、LIFEKUとも繋がりを持ってくださる「小林エリカ」さんの名前も。その後も、出張の際はいつも必ず立ち寄る洋服店3軒へと、ハシゴのハシゴ。廻った総軒数12軒!ヘトヘトと興奮で、その日の宿へと向かいます。立ち寄ったどの店も、キラキラと輝いて、訪れるひとをお迎えする素晴らしいお店でした。わたしたちのお店もそうあるべきだし、働くひとが愉しそうにしているのは、絶対 ひとに伝播します。12月の幸せな気持ち、ぜひ味わい尽くして、みんなで愉しみましょう!

きょうのお話は、ここまで!何の脈絡もない話ですが、いつもお付き合いくださる皆様に感謝!
佳き「もの」、良き「 ひと」、よき「お店」すべての出逢いに Thank you so much !

saKae

Barbour People

本日は、私たちが暮らす町 福島市の「Barbour People」をご紹介します。
トップバッターは、PICK-UPスタッフから!

IMG_6908
彼の着込んだBarbour は、購入してから3~4年ほどのBEDALE JK カラーはSage。絶賛売出し中の
or slow 「107 IVY FIT JEANS」のホワイトデニムをあわせて。足元のnew blance まで、パンツにクッションを作らず、流れるようなシルエットが生まれています。トラディッショナル専攻、中に合わせるタートルは Navy をセレクト。王道を行く、実に彼らしいスマートな着こなしだと思います。

IMG_6925
Barbour BEDALE JK / Sage

IMG_6911
そして、私のは「INTERNATIONAL JK」のSand Beige。購入したのは、かれこれ10年ほど前だと思うのですが、ここ数年は全然着用せずじまい。思い切って洗ってみました。(Barbourを洗濯するのは、ご法度!でも、私物だから、良いでしょ?)洗濯前後では、着丈が5cmほど縮みました。乾燥機もがっちりかけたし。(あくまで自己責任ですよ。)Clarks同様、なかなかSand Beigeを、上手く綺麗に汚していくのって難しい。やはりここでも出番の or slow ホワイトで、小奇麗さを注入しましょう。ちょっとは、McQeenっぽくなったかな。

IMG_6893
Barbour INTERNATIONAL JK / Sand Beige

IMG_6698
毎週日曜日あさ8:30から開催するフクハナ。http://lifeku.jp/fukuhana/index.html
はじめの頃から参加くださるおふたりは、揃いのBarbourで登場 !
彼女たちは、Barbour Boys サイズを愛用してくださっています。
あわせるのは、お二人とも細身のデニム。「Street Garden」を彩るリース作りに、揃いのBarbourで励むを見ると、「こんな花屋さんがいたら、素適!」と思わせてくれます。作業着として如何なく、その力を発揮するBarbour 。しかも女性が颯爽と着こなしているのは、とても凛として恰好良いですね。

IMG_5799
「ようやくBarbourが似合ってきた。」そんな話を耳にします。そうですね、歳とともに味わい深くなるBarbourは、きっと大人にこそしっくり馴染むもの。おっと、お若い方たち!焦ることはありません。欲しいときに手を伸ばして着込めば ほら、だんだん味わい深くなります。時を経て 馴染んできた頃合い、きっとあなたもBarbourも、良い顔になっているはずだから。

saKae

FALKE – WALKIE

IMG_6878
FALKE
WALKIE

brand from Germany
made in Slovak Republic
material : Wool 63% , Nylon 35% , Polyurethane 2%
color : Oatmeal , Green , Red , Charcoal , Yellow , Lt.Grey
size : 37-38 , 42-43
price : 2200yen + tax

IMG_6886
昨夜の雨、かなり冷え込みましたね。季節が進んでいくと、次第にこれが雪になってゆくのだから、12月はもうすぐそこです。本日ご紹介するのは、ドイツ生まれのソックスメーカー「FALKE」から定番のWALKIEを。

IMG_6890
革のブーツや長靴に足を通すとき、寒さで足がひんやりと底冷えしたことはありませんか?ダウンだって、インナーだって暖かいものは揃っているのに、肝心の足元が寒さに凍えている。このFALKEのウールソックスをはじめて履いたとき、暖かさにとっても感動しました。

IMG_6892
「R」は、文字通り右のこと。足の形にソックスを成型しているから、履くその人の足にしっかりとフィットして暖かさを保ってくれます。

IMG_6875
今回、PICK-UP & BarnSでは沢山のカラーバリエーションを揃えました。サイズによっては欠けてしまった色もありますが、どうぞ足元を好みの色で輝かせてください。皆様のご来店をお待ちしております。

IMG_6881

saKae

通信販売も承ります。
お電話かメールにてお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355

BarnS
024-533-6553

pick82@opal.dti.ne.jp

SETTLER – Coincase

IMG_6868
SETTLER
Coincase

brand from England
made in China
material : Cowhide Leather
color : Black , Brown
size : Close 7.5cm×8cm/Open 13.5cm×8cm
price : 11000yen + tax

IMG_6871
-SETTLER-

Whitehouse Cox社のでフュージョンブランドとして誕生した「SETTLER(セトラー)」。その「セトラー」ワンワールドコレクションで使用されている革は、十分な厚みをもった、イタリア産の成牛の一枚革です。自然の草木や種子でフルベジタブルタンニングし、革の表面を起毛させたヌバック仕上げをしており、最後にオイルを染み込ませたその革は、人工的な要素は一切使用せず、環境に配慮した製法でつくられています。とてもしっとりした手触りが特徴的です。この革は使い込むうちに毛羽立ちがなくなり、光沢感ある革に変化してきます。使えば使うほど手に馴染み、色濃く変色していきます。コットンライニングやリサイクルブラスなど、パーツに使用している素材全てが環境に優しいものであることを示す「ワンワールドマーク」が目印です。(代理店WEBより抜粋)

IMG_6867

IMG_6857
こちらは、スタッフ私物の3年間愛用しているBROWNです。コイン室は2部屋。掌側(てのひら)の大きい部屋には小銭を、手前の部屋にはお札を畳んで収納することが出来ます。パンツや上着のポケットがスマートにまとまりますね。
IMG_6861
「旅先のコインを財布にいれておくんだ。そうすると、ご縁があってね そのコインがまた、その国へとその人を連れ戻してくれるんだよ。」そんな話をお客様から聞きました。早速、わたしも旅先で貰ったコインをしのばせましたとも!
IMG_6850
毎日使うもの、日日愛着が湧いて味が滲み出てくる革小物。
ぜひ、店頭にて「SETTLER」のCoincaseをご覧ください。
皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
mailかお電話にてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

Style

IMG_6816
Le Tricoteur
TRADITIONAL WOOL GUERNSEY SWEATER

made in Guernsey Island
material : Wool 100%
color : CHERRY
size : 38 , 40
price : 19800yen + tax

IMG_6818
Le Tricotuer フィッシャーマンセーターの着こなし、今日はトラディッショナルと遊び、その2パターンをご紹介します。「伝統的な形であれば、色の遊びが出来ますわ。」RESOLUTEデザイナーの林さんが良く言っております。もともとこの赤は、MA-1やFILSONのレスキューオレンジみたいなもの。海が荒れてオオシケのときに、着るのが赤。視認性を高めるためのものだそうです。漁の安全を願い、毎年一枚この「CHERRY」に願掛けして買うのが、フィッシャーマンの恒例だそう。

はじめてこの「CHERRY」を見たのが、PICK-UP。20年前の高校時代です。ほぼ何も買えなかったあの時代、恰好良くお客様が着ていたのを、鮮烈に覚えています。セーターの赤には、色の良し悪しがあります。Le Tricotuer のは、群を抜いて良い赤なんです!

IMG_6822
LEVI’S VINTAGE CLOTHING
type 1955

made in U.S.A
material : Cotton 100%/Cone mills Fabric
color : Regit
size : W30 , W32 , W33 , W34
price : 28500yen + tax

そして、鮮烈な発色のフィッシャーマンセーターに、LEVI’S VINTAGE CLOTHING の「type1955」を。ほどよくゆったりしたシルエットが、ジャストサイズのセーターによく合うのです。サイジングの強弱、重ね着が楽しめるのはこれから!がっちりセーターの着こなしを愉しみましょう。

IMG_4990
Le Tricoteur × ILIANN LOEB
TR-4188

brand from Guensey Island
made in Japan
material : Wool 100%
color : Navy
size : F(one size) 着丈78cm , 身幅58cm , 裄丈74.5cm
price : 19800yen + tax

そして、こちらが遊びの一枚。ニットを軸にあたらしいアプローチに挑戦するドメスティックブランド「ILIANN LOEB(イリアンローブ)」と同社がタッグを組んで生まれた、チュニックタイプのセーターです。

IMG_6833

ポケットがついた着丈の長いカタチ。レディース用に日本でつくられたセーターなのですが、小柄な私には丁度良いかんじでした。トラディッショナルは、Kelly Green とCharcoal & Navyを愛用しています。今回は遊びにチャレンジ。
IMG_6831

着丈がヒップ下位置にくるので、女性はタイツなどに合わせてみるのが素敵じゃないかな?と思う次第です。

IMG_6828

服飾冒険家なわたしは、裾の揺れを愉しんで着ております。ベーシックを理解ったうえで、遊んでみるのもこれまた一興。全然浸透はしませんが、日日あたらしい服の着方にトライしております。

IMG_4964
このセーター、通常のガンジーセーターとウールの混合率を変えているようなので、着心地はより緩やかチクチク感はほとんどありません。女性の皆様には、ぜひ遊びある着方を楽しんで頂きたい「ILIANN LOEB×Le Tricotuer」の一枚。BarnSのお薦めです!トラディッショナルは、PICK-UPにて。遊び心はBarnSで。ぜひ、「Le Tricotuer」から発表された2スタイルのフィッシャーマンセーターを店頭にてお愉しみください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
mailかお電話にてお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355

BarnS
024-533-6355

pick82@opal.dti.ne.jp

Whitehouse Cox – Holiday Line / S9692

IMG_6534
Whitehouse Cox
Holiday Line S-9692

made in England
material : Bridle Leather
color : Marine Yellow , Navy/Orange , Havana/Orange
size : 11.5cm × 6.5cm
price : 16000yen

IMG_6533

IMG_6528

IMG_6527

IMG_6524

IMG_6539

saKae

通信販売も承ります。
mailかお電話にてお問合せください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@oapl.dti.ne.jp

Whitehouse Cox – Holiday Line / S-2622

IMG_6479
Whitehouse Cox
Holiday Line S-2622

made in England
material : ARCTICHTECK 15% , Polyester 85%
color : Navy/Orange , Havana/Orange , Black/Red , Marine/Yellow
size : 10cm × 19cm ジッパー開口時、10cmほど開きます。
price : 44000yen + tax

IMG_6504

IMG_6500

IMG_6490

saKae

通信販売も承ります。
お電話かメールにてお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@o@opal.dti.ne.jp

Whitehouse Cox – Holiday Line / S-7660

IMG_6545
Whitehouse Cox
Holiday Line  S-7660

made in England
material : Bridle Leather
color : Navy/Orange , Black/Red , Havana/Orange
size : 9.5cm / 14.0cm
price : 35000yen + tax

IMG_6543

IMG_6509

saKae

通信販売も承ります。
お電話かメールにてお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@o@opal.dti.ne.jp

CANADA GOOSE – WINDSOR VEST

IMG_6403
CANADA GOOSE
WINDSOR VEST

made in CANADA
material : ARCTICTECH/COTTON 15% , POLYESTER 85%
color : BLACK
size : S , M
price : 36000yen + tax

IMG_6412
CANADA GOOSE のSIMPLE IS THE BEST !を体現するダウンベスト、「WINDSOR VEST」を本日ご紹介させて頂きます。MADE IN CANADA を貫き、そのモデル名にはカナダの街の名が付くシリーズ、このWINDSOR VESTは日本仕様でスマートにモダナイズされたベストです。ベストを着用したとき、気になるのが肩部分の入り込み。あまり肩部分の張り出しが大きいと、お奉行様のようになってしまうから、気をつけたいところ。WINDSOR VESTなら、肩部分がグッとスマートに中部分に切れ込んでいくから、すっきりと着こなせます。
IMG_6381
ダブルジッパーとスナップボタンによる風防は、しっかりと体内の温かさを逃がしません。このあたりは、シェラデザインのマウンテンパーカから引き継がれる、アメリカンなつくり。

IMG_6398
ハンドウォーマーと、物を入れるポケットを別室にするなど、使い勝手を重視したつくりが、多くの人に支持される理由なのでしょう。
IMG_6376

IMG_6005
「今季はタートルが着たい!」という声をお客様から、よくお声かけ頂きます。大人しくなりがちなタートル、こなれた雰囲気で着こなす方法があります。それは、インナーにシャツを持ってくるということ。ボタンダウンでも、レギュラー&ラウンドカラーでも衿をキリッと立ててみましょう。タートルの中からちょっと覗かせるイメージ。こうすることで、タートルをきちんと折り返さなくても「グシュグシュ」とした自然な雰囲気が作り込めるから、お薦めなんです。首回りが敏感な方も、これなら少しはチクチクを解消出来るかも。

ぜひ、店頭にてCANADA GOOSE 「WINDSOR VEST」をご覧ください。これ以上ないシンプルな形を味わってください。
皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。 お電話かメールにて、お問い合わせください。

PICK-UP 024-531-6355 pick82@opal.dti.ne.jp

EBBETS FIELD FLANNELS – WOOL 1TONE NYC BASEBALL CAP

IMG_6335

EBBETS FIELD FLANNELS
WOOL 1TONE NYC BASE BALL CAP

made in U.S.A
material : Wool 100%
color : Lt.Grey , Burgundy , Royal , Navy , Black
size : one size
price : 7500yen + tax

IMG_6358

IMG_6340

IMG_6343

IMG_6351

IMG_6361
Lt.Grey
IMG_6346
Royal
IMG_6345
Burgundy
IMG_6348
Black
IMG_6341
EBBETS FIELD FLANNELS のベースボールキャップが、PICK-UPに入荷しました。その名に冠する「FLANNELS(フランネルズ)」の名に恥じぬ、心地よい肌触りのキャップたち。フェルトの刺繍もボディーと同配色にするなど、遊びが効いています。コットンタイプをいくつも持ってるよ!の皆様、これからはシーズン イン。キャップもウール素材へ衣替え。Dodgers , Phillies , Yankees , Devil Rays にグレーは、どこのチーム? ニューヨークにメジャーリーガーが大集結したようで、楽しいカラーリングのキャップ。ぜひ、店頭にてご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話かメールにて、お問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp