カテゴリー : PICK-UP

Enjoy this Summer !!

IMG000
『Enjoy this Summer !!』
PICK-UPでは7月25日(金)から、
夏物2点以上ご購入の方は10%Off とさせて頂きます!
目印は、
プライスタグ裏についた青のシール。
まだまだ暑い夏は、これから。

夏の使える洋服が、明日から2点以上お買い上げで、10%Offでお求め頂けます。
PICK-UPから、普段よりご贔屓くださる皆さまへの暑中見舞いです。

ぜひ、この機会にお店にご来店ください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

PICK-UP
『Enjoy this Summer !!』
夏物2点以上お買い上げで10%Off
7/25(金)10:30 〜
対象商品:プライスタグ裏に青いシールが貼られています。

Engineered Garments – 19th BD Shirt / Floral Printed Chambray

IMG_230
Engineered Garments
19th BD Shirt / Floral Printed

made in NYC
matetrial : Cotton 100%
color : Chambray
size : S thanks sold out
price : 27000yen + tax

IMG_2273
目に飛び込む、鮮やかなボタニカル柄が特徴の19th BD Shirtが入荷しました。花柄やドットなど、昔からある柄物がより身近になったのには、Engineered Garmentsの影響って少なからずあると思います。シャツとタイを同素材で作り上げふたつを同時にあわせてみたり、『柄物でも少し離れて見ると無地のように見えるものを、“準無地”って呼んで(NEPENTHES WEBより鈴木大器氏談)』柄×柄の組み合わせを提案したりと、つねにどう洋服で遊べるかを愉しんでいる、追求している。

いつもの自分を、あたらしい何かに生まれ変わらせてくれる要素、期待をはらんだ服づくりをしているのが、Engineered Garmentsだと思います。手をひいて、どこかに連れてってくれるような感覚。

IMG_2275
ハーフプラケットに重なり合うラウンドした前合わせ、一番下のボタンを排除することで左右に広がりが生まれます。インナーに合わせたTシャツが、ちらりと覗く裾脇の大きいスリットも、EG 19th BD Shirtの特徴。

IMG_2276
綺麗にラウンドする衿のロールはBDシャツの命、これも仕立て屋の技のひとつ。

IMG_2298
洗いをかけていくうちに、糊もとれてふっくらとした仕上がりになるのも、愉しみな一枚です。
ぜひ、店頭にてご覧ください。

通信販売も可能です。詳しくはスタッフまでお電話かメールにてお問い合わせ下さい。
PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

皆さまからの逸品をご紹介する「一着持ち寄り」企画から、加藤君のTo & Co Assemble のスニーカーをご紹介します。

IMG_1314
ご購入頂いたのは、いまから13〜14年前の2000年前後だったそう。それまでは、スニーカーといえばハイテクものを多く選んでいた加藤君。レザー使いで、スマートなルックスに惹かれてご購入くださいました。「ハイテクじゃないスニーカーの入口」と、話してくれています。Tricker’sのGillie Shoesを彷彿とさせるのに、スニーカー!というのが驚き。私も同じモデルの黒を履いていました。

ちょっと、ギリー(Gillie)の語源を調べてみると、スコットランドの古語から由来されるもので「従者、召使い」という説明がありました。ケルトやゲール文化に根差した舞踏用の靴として発展していったそうです。

新しものには目がないミーハーなセレクトは、昔から健在だったのだ!と加藤君のお持ち下さった一足を見て、実感しました。そして、普段の彼の行動力にも納得です(笑)

思い出の一足をお持ちくださいました加藤君、ありがとうございます!

saKae

Engineered Garments Banded Collar Shirt – Chambray

IMG_2281
Engineered Garments
Banded Collar Shirt

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Chambray
size : S , M thanks sold out
price : 23000yen + tax

IMG_2258
いよいよ、入荷がはじまりました!2014FW 先陣を切るのは、もちろん「Engineered Garmetns」。
本日ご紹介するのは、お店ではじめての取扱いとなる新型Banded Collar Shirt !

IMG_2260
関東地方の梅雨明けのニュースが飛び込んできました。こちら、東北 福島は、来週頃に梅雨明けの声を聞けそうですね。暑い日差しは、これからですが、新作の入荷はやはり気持ちがあがるもの。そして、新型となればなおのことですね。両胸に配置されたフラップ付のポケット、チンストラップがアクセントになる襟元、補強のためあちこちに施されたカンヌキ。着込むほどにその人に馴染むシャンブレー生地は、EGでも人気の素材のひとつ。

IMG_2261
シーズンを通じて長く愛用できるのが、このシャンブレー素材の特徴。着始めのコシのある風合いから、糊がとれて柔らかさが出るまでの過程を楽しめます。衿のないのも、暑い季節には嬉しい仕様ですね。

IMG_2263
バンドカラーの後ろに配されたボタンホールは、付け衿の名残か、他に用途があるのか?この辺、空想出来るのもEGならではです。そして、プルオーバーシャツの一番の楽しみは、生地の揺れと 落ち感。途中までボタンで留めて、あとは被るかたちなんです。胸の下あたりから、生地が流れるように下に落ちていく。そのプルオーバーならではのシルエットは、夏のショーツスタイルにもピッタリ。

IMG_2266
Jungmaven
Crew Neck Tee Shirt

made in U.S.A
material : Viscose Hemp 60% , Organic Cotton 40%
color : Navy , White
size : XS , S
price : 4800yen + tax

IMG_2268
90年代前半に突如あらわれたアメリカのブランド「MANASTASH(マナスタッシュ)」。自然回帰を謳い、環境に配慮したアイテムを販売していました。特にヘンプ素材に特化したものづくりで、Tシャツやバッグなどを目にした方も多いと思います。そのブランドを立ち上げたのが、Robert Jungmannその人。彼の名前をブランドに冠した「Jungmaven(ユング・メイヴン)」が掲げるのは、「Everyone in a Hemp Shirt by 2020.」2020年までに、すべての人にヘンプウェアを普及する!との言葉のもと、製作されたTシャツやパーカなどの洋服たち。ハンドメイドで染め上げられるタイダイTeeや、マーブル染の柄の美しさは、圧巻の一言。

そして、何より驚かされるのが、しなやかなその着心地。Viscose Hemp × Organic Cotton の肌にまとわりつかない柔らかな素材感は、一度着たらヤミツキになります。Viscose Hempとは、一度ヘンプを溶かして再生糸として再現。それをOrganic Cotton と撚り合わせ、絹のような肌触りをもつ生地として創り上げたものだそう。短い繊維でも、ビスコースによって再生出来るから、無駄も少ないというわけ。一枚でも、シャツのインナーとしてもお薦めしたいTシャツ。

着丈も、若干長く設定されています。腕まくりしたり、裾の流れに遊びを持たせて着こなすのを愉しめる一枚です。ぜひ、店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

IMG_2253

通信販売も可能です。どうぞお気軽にスタッフまで、お電話やメールにてお問い合わせ下さい。
PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

80’S College Sweatshirts

コットンスウェットパーカのご紹介です。

今から25,6年前、アメリカはボストンにある、HARVARDのCoopで買ったスウェットパーカが、

実に着やすくてこんな感じのものをずーっと探していました。

そんなパーカを思い起こさせるCommono Reproductsのスウェットパーカが入荷しました。

お店を始めたころのスウェットと言えば、HanesやPannillなどの薄手で、素材はコットン×アクリルが主流の時代。

この素材のいいところは、着ていて肩がこらない、とにかく軽い、ラグランスリーブで程良いフィット感が良かった。

そんな80’sを思わせるようなスウェットパーカが、このCommono ReproductsのWorkersです。

ぜひ、この着心地を体感して下さい。

これからの季節、海や山にキャンプに出かける人もいると思います。

私は、海でのキャンプで、朝目が覚めてスウェットにくるまり、コーヒーを飲みながらぼーっとしている時間が好きでした。

この薄手のコットン裏パイル素材が心地いいんです。オススメです。

Mens size  c1(m)

color    navy,H .gray,

price     9180yen

IMG_9884 IMG_9885 IMG_9881 IMG_9883

同じ素材でスウェットパンツも入荷しています。

NewBalanceやキャンバススニーカーに合わせて履けば、歩く姿は颯爽としていて、注目度アップ間違いなし。

スウェットパンツのポイントは、裾が細くスッキリしていること。

たぽっとしたタイプは、トレーニングウエアそのままで、ご注意を。

IMG_9886 IMG_9888

Sweatpants

color   H. gray

size   Mens c1(m),c2(l)

price   9720yen

 

LOUSY RIGHT / Printed Tee Shirt

IMG_2106
LOUSY RIGHT
Printed Tee Shirt

made in U.S.A
material : cotton 100%
color : Burgundy , Navy
size : M
price : 6500yen + tax

IMG_2080
サンフランシスコに拠点を置くグラフィックデザイナーErick Butler が手掛ける
「LOUSY RIGHT(ラウジー・ライト)」。
少量のプロダクトに最新の注意を払い、ごくわずかなスタッフで作られているそうです。

IMG_2104
それは、スエットだったりショートパンツ、今日ご紹介するTシャツだったりと、普段の暮らしに密着したものを、彼独自の目線で制作しています。vimeoでも、SFPD(SAN FRANCISCO POLICE DEPARTMENT : サンフランシスコ市警)のキャップを被って、Ericはブランドのコンセプトを話していました。http://vimeo.com/12042923

IMG_2094
グラフィックも恰好良い、ほど良く気の抜けたサンフランシスコ育ちのTシャツ、
ぜひ店頭でご覧ください。

通信販売も承っております。
詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

PICK-UP pick82@opal.dti.ne.jp 024‐531‐6355

saKae

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、いまから8年ほど前にご購入頂いた羽田くん「HAVERSACK」のシャツ!

IMG_1299
羽田くんが初めてPICK-UPにてご購入頂いたBLACK CHAMBRAY のシャツ。フレンチワークを得意とする「HAVERSACK」からの一枚で、お馴染みのラウンドカラーとも一味違うレギュラーカラーを採用。

IMG_1300
鉄道作業員が仕事で毎日着込んだような、味のあるシャンブレーに素材のタフさが窺えます。衿付近チンストラップの留めボタンが紛失してしまってからも、羽田くんは大事に愛用してくれていました。ワークシャツの名に恥じぬ、ガシガシ着こまれたシャツをお持ち下さった羽田くん、ありがとうございます。

これからも、がっちり着込んでくださいね。

MWC – Infantry Watch 再入荷のお知らせ

IMG_2051
MWC
Infantry Watch

brand from U.S.A
made in Germany
material : スチール合金製、強化プラスチック、MIYOTA製クオーツ
color : Black , Olive
size : ケース径33mm、ベルト18mm
price : 7800yen + tax

IMG_2040
長らく店頭から姿を消していたMWCのInfantry Watchが、再入荷しました。小ぶりなフェイスが、男性はもとより女性にもおすすめ。

IMG_2038
これまでは、Blackのみのお取り扱いでしたが、今回は「Olive」も揃いました。替えベルトも、入荷しております。

IMG_2056
NATO Nylon Straps

made in China
material : Nylon
color : Tricolor , Red , Khaki , Grey
size : 幅18mm、ベルトバックルを含む28.5cm
price : 2800yen + tax

IMG_2062
ぜひ、店頭にてMWC Infantry Watchをご覧ください。
通信販売も承っております。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

PICK-UP
pick82@opal.dti.ne.jp
024‐531‐6355

saKae

ご無沙汰をしておりました、「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、寛人クンのRED WING 8875 !

IMG_1316
ご購入頂いたのは、3年ほど前の2011年。ご来店頂くお客様のなかでも、とってもフレッシュな好青年の寛人クン。履き始めて3年目のブーツからは、大切に扱ってくれる様子が見て取れます。新しい洋服がお店に入荷すると、仕事あがりの疲れた体でも、びゅーんと飛んで来てくれる彼のイチオシは、「Engineered Garments」。新鮮な洋服には目がなく、どんどんトライしてくれます。ワントーンの着こなしを愉しんだり、クラシックなRED WINGのワークブーツも履きこなす姿は、スタッフそれぞれが昔の自分自身を思い出させるほど、輝いています。家族へのプレゼントも選んで頂くことがあり、彼の優しさもなんだか真っ直ぐで、凄くいいんです。

馴染み始めたRED WINGが、履きこまれさらに味わい深くなる頃には、きっと彼もいい男になっているんじゃないかな。思いのこもったRED WINGをお持ち頂き、ありがとう寛人クン。皆さまから愛着のある逸品をお持ち頂く「一着持ち寄り」企画、このページでご紹介するのはあと5人となりました。思い思いの一着をお持ち下さった皆様、本当にありがとうございます。そして、ご覧くださる皆様にも感謝です。あと5人、どうぞお愉しみに!

or slow – FRENCH WORK PANT

IMG_1919
or slow
FRENCH WORK PANT

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Ecru(Natural) , Blue
size : 0 , 1 , 2
price : 14800 yen + tax

IMG_1901
お待たせしました!店頭にて、しばらくストック切れをしておりました
or slow「FRENCH WORK PANT」が再入荷しました。

IMG_1897
シーズンを通して、気持ちよく履きまわせるCotton 100% 素材が魅力の一本。生地の風合いも、シャツほど薄くなく、ジャケットまで堅苦しくない、絶妙なさじ加減。いつものウエスト位置よりすこし落として、腰あたりで合わせるのが、おすすめ。

IMG_1896
そして、ロールアップしてスニーカーを合わせたときの、シルエットに注目。腰回りが引き締まって、腿の後ろ側にゆとりが出来ます。さらに、膝から下にかけては真っ直ぐ落ちていくかんじ。そこにロールアップを加えたら◎。このロールアップしたときの、ふっくらとした生地感が、なかなかほかには出せないのです。

IMG_1907
普段、ショーツはちょっと苦手という方
ウエストや足が細く、ゆとりのあるシルエットのパンツがしっくり来ない方
とにかく、洋服の表情を明るくしたい方
あたらしいものに挑戦したいというあなた!

このパンツ必見です。

IMG_1913
色は、2色ご用意出来ました。店頭でも人気で、再入荷まで2か月ほどかかりました!皆様、お待たせ致しました。風通しのよい、これからの季節にも大活躍のパンツです。足元に持ってくるのはキャンバススニーカーも良し、BIRKENSTOCKの黒のストラップなども最適でしょう。

IMG_1894
ぜひ、店頭にて使える一本をお試しください。
サイズ、色が揃うのはいま!お店でお話出来ることを、愉しみにお待ちしております。

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

saKae

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、丹野くんの「HOGGS」コーデュロイ素材のCOVERALL !

IMG_1278
これまた、懐かしい!の一言が出てしまった丹野くんの一枚。購入して頂いたのは、いまから20年前の90’s。「HOGGS」は、ネペンテスのプライベートブランドで、主にネルシャツなどを得意としていました。当時の風合いそのまま、なんと綺麗な状態で着ていてくれたのか!と、その状態を見て嬉しくなりました。

インポートものがメインだった当時としても、ネペンテスのアイテムは独特の雰囲気がありました。made in U.S.Aを感じさせる風合いに、日本の縫製技術の確かさ、インポートものを見てきた人だからこそ作れる生地選びの心憎さ、数こそ多くはありませんでしたが、店頭を彩ってくれたブランドです。

IMG_1277
その独特のセンスから、なかなか福島市では苦戦をした「HOGGS」。山形からわざわざご来店くださったお客様に、喜んでご購入頂いたのが思い出されます。(ほかの人と被らない良さ!皆が敬遠するものを敢えて着こなすこと、これって勇気とセンスがいりますもの!ご購入くださった皆様、ありがとうございます。)そして、そのサイズバランスもなかなかのものでした。着丈は短く身幅はかなり広くゆったり!という、ものづくりする人の個性が出ていて面白かったのです。

かくいう私も、高校を卒業する頃、このジャケットと同素材のペインターパンツを、お店で購入していました。確か、RUSSELLのKnock A Bout Bootなんかとあわせていたなぁ。

今となっては、目にする機会の少なくなった「HOGGS」ですが、そのものづくりの精神は「Needles」や「NEPENTHES PURPLE LABEL」など、今のネペンテスを盛り立てるブランドに面影を見ることが出来ます。青春の一枚をお持ち下さった丹野くん、ありがとうございます。

Engineered Garments / THE DAY ON THE BEACH

IMG_1846
Engineered Garments
Cinch Short – Printed Foulard Navy

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Foulard Navy
size : W32
price : 25000yen + tax

IMG_1837
梅雨明けを前にして、30℃を超える時間が日増しに増えていく福島市。
本日ご紹介するのは、Engineered Garments より「Cinch Short(シンチショーツ)」です。
IMG_1840
その名の通り、腰回りにはシルエット調整が可能なシンチベルトがデザインされています。着こなしがよりシンプルになる夏、自分の後姿にも気をつかいたいもの。このシンチベルトがあることで、腰回りのだぶつきがなくなり、すっきりとした印象に。それに加え今回の見どころは、「Foulard Print」と呼ばれるスカーフのような細やかな柄、そして裾の折り返しのダブル。細身のシルエットに、5cm幅のダブルが膝上のアクセントになり、子供っぽくなりがちなショーツスタイルを、上手に大人っぽくカバーしてくれます。

IMG_1824
THE DAY ON THE BEACH
S/Sleeve Tee Shirt

brand from Japan
made in Egypt
material : Cotton 100%
color : White , Burgundy
size : M , L
price : 4900yen + tax

カルフォルニアで波のサイズが上がって、コンディションのいい日を「THE DAY」と呼びます。ブランドテーマはサーフ・モダン、シンプル&ビーチライフ。世界各地のサーフスポットとビーチカルチャーを背景に、デザイナー自身が「今着たいもの」を具現化したコレクション。昔ながらの素材やシルエットで、リラックスした気分でスタイリングに取り入れられる、大人のビーチスタイルを提案しています。(ブランドWEBより抜粋)

IMG_1836
デザイナーでもある宮下さんは、洋服業界に30年以上かかわっている方。ブランドリリースにもある「昔ながらの素材やシルエット」という言葉、これとっても大事なんです。THE DAYが手掛けるTシャツは、プリント柄によって使うボディー(Tシャツ本体)を変えます。洗濯したての陽の匂いがするようなポケTや、海からあがったときサラッと着れるやわらかい、伸び感あるクルーネックTシャツ。あえてデザインしすぎない。洗って着込んで、やっと自分のものになる服。そんな、イメージ。

IMG_1839
ぜひ、Engineered GarmentsとTHE DAY のTシャツを店頭にてご覧ください。
程よくリラックスした気分を、味わえるはずです。

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

saKae
「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、三浦さんの「Engineered Garments」Down Vest Hoody 60/40。

IMG_1270
三浦さんにご購入頂いたのは2011年の秋冬シーズン。このEGのベストが、当店PICK-UPでのはじめてのお買物だったそう。じっくり商品をご覧頂いて、吟味してご購入くださる三浦さん。いまもその姿勢は変わらず、店頭にてお話しするのが楽しみなお客様のお一人です。本当にありがとうございます。

IMG_1850
このベストは、2009年F/Wに発表されたShawl Collar Down Vest – Nyco Ripstop の後継モデル。前述のShawl Collar Down Vestは、衿部分がコーデュロイ素材で、ボディはリップストップナイロンを採用したダウンベスト。店頭から瞬く間になくなり完売、お客様からの問い合わせの多いアイテムで、スタッフである私も購入出来なかった一枚でした。それから、2年後に発売されたこのHoodyは、以前購入出来なかったお客様の反応もあり、とても評判が良かったのを覚えています。

雰囲気は全然違いますが、ダウンで思い出したのが、アメリカは「Walls」のダウンJKTや、Eddie BauerのスカイライナーJKT。中学生時代、もらったお年玉を貯めて購入したWallsのダウンジャケットと、60/40の素材感、ブロック状に縫製されたシェルの雰囲気が蘇りました。(EGのほうが格段にモノが良いし、Walls やEddieはダウンがスッカスカだった!)

ストールの端にボタンを付けた「Button Shawl」がはじめて発表されたのも、2011年。ミリタリーコートから着想を得た、頭から被るタイプのダウンセーター「Down Body Vest」や、首と肩周りのみを覆う「Shoulder Hoody」など、2011年は面白いモノづくりがなされたシーズンでした。

いまでも、展示会に行くのが楽しみなEngineered Garments。三浦さんに初めてご購入頂いたのがEGの洋服だということも、私たちスタッフにとっては、嬉しい話です。大切な一品をお持ち下さった三浦さん、ありがとうございました。

Gramicci Shorts

IMG_1725

GRAMICCI
GRAMICCI SHORTS

brand from U.S.A
made in China
material : cotton 100%
color : Kelly , Natural , Mustard , Royal , Double Navy
size : S , M
price : 6800yen + tax

IMG_1741
夏のショーツといったら、これ!言わずと知れた、短パン界の雄「GRAMICCI(グラミチ)」。
本日ご紹介するのは、彩りも鮮やかな定番の型GRAMICCI SHORTS。

アメリカもの好きには懐かしい響きのグラミチは、90年代 全盛期を迎えたブランド。当時は、かなり多くの柄モノを発売していました。チェック柄はもちろんのこと、クレイジーパターンや、シアサッカー生地、グァテマラ柄のものまで、豊富なバリエーションがありました。「TEVA(テバ)」のスポーツサンダルや、LCマークに有刺鉄線がデザインされた「LAST CHANCE」、お馴染みの「CHUMS」はハリケーントップと呼ばれるスウェット、民族調の味わいあるパイピングが懐かしい「alf」などが、同時代を飾るブランドでした。

時代の流れで、姿を消してしまったブランドが多い中、グラミチは劇的な復活を遂げます。日本企画によって生まれ変わったのです。細身なシルエットへと生まれ変わった「NN SHORTS」は、今シーズン店頭でも人気の一本です。

そんな中、根強いファンに支えられ人気を誇るのが、このグラミチショーツ。

IMG_1721
180度開脚可能なガゼットクロッチと、片手での操作もしやすいWebbingベルト。

IMG_1730
腿の脇が見どころのひとつ!ほど良くゆとりのあるシルエットは、
昔から愛されるグラミチショーツならでは。
そして、コットン100%の洗いざらしが、気持ちの良い生地感、これぞっ!な一本。

IMG_1728
豊富なカラーバリエーションで、サイズが揃った「GRAMICCI SHORTS」
ぜひ、店頭にてご覧ください。

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

saKae

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、航耀くんの「Basis Broek(バシスブルック)」のカーゴショーツ!

IMG_1292
いまから、4~5年前にご購入頂いたmade in Belgium 「ベーシックなパンツ」というネーミングのもと、ものづくりの丁寧さを感じるブランドBasis Broek 。コットン100%のポプリン素材「Sandy」はショーツだけにとどまらず、ゆとりのあるシルエット・ファティーグパンツも人気でした。

爽やかな色味とシルエットが気に入って愛用してくれた航耀くん、自転車でのアクシデントで生地にダメージが出てしまった後も、自分自身で繕って大切に履き続けていてくれました。これ以外にも、購入したTシャツにこれまた自身で刺繍をいれたり、お気に入りのバッグに缶バッジをつけて遊びをいれたりと、自由な発想で洋服を愉しんでくれています。

購入してくれたあとも大切に愛用してくれる姿、自分自身で手をいれてお気に入りに育てていくようす、私たち洋服を紹介するものにとって、とても嬉しいお客様です。想い入れのつまった一着を持ってきてくれて、ありがとう航耀くん!

BIRKENSTOCK- ZURICH

IMG_4616
BIRKENSTOCK
ZURICH

made in Germany
material : Suede
color : Schwarz (Black Suede)
size : 40 , 41 , 42
price : 17000yen + tax

IMG_9165
本日ご紹介するのは、皆さんお馴染みBIRKENSTOCKから、ブラックスエードが目に新しいZURICH(チューリッヒ)。シーズンごとに店頭には、そのときどきの旬なアイテムが並びます。4月、5月、6月と季節を追うごとに、あたらしい商品が並び、売り場を愉しませ、お買物して頂いています。そんなとき、店内に「ぐぐぐっ」と目を惹きつけるアイテムがあることに気付きます。

決して派手ではないけれど、そのもの、存在自体に力があって、時代を生き残ってきた商品です。ときに、それは定番と呼ばれたり、「一生もの」なんて魅力的な響きを持って、紹介されることが多いようです。

この「ZURICH」も、そんな力のある存在であると思います。誰某が履いているからという単純な理由だけで、試さないのはとっても勿体ないこと。サンダルだって、合わせるひとの個性や趣味によって、見え方はぐっと変わってくるのです。

常々よく思うことは、「〇〇さんだから似合うんだよ!」「お店の人は着こなしが上手いから!」とかっていうのは、本当じゃないと思います。もちろん、まったく趣味趣向の違うものを試着してもらって、売らんかな!で「似合います。」と、わたしたちは言いませんもの。大切なのは、自分のからだを知ること、特徴を知ること。うまく着こなしていると自分が思う人は、やはりサイジングに気遣いを持っている人。ジャストサイズだけにこだわらず、オーバーサイズのものも、うまく自分のものにする着こなし。

やはり、自分を知るというのは大事ですね。どう着こなすか、そしてどう愉しむか。これに尽きます。ここに「ぐぐぐっ」と来るアイテムがプラスされれば、より時代を生き抜いてきた安定感も出ますよ。

ぜひ、この「ZURICH」店頭にてご覧ください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355
「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、横川さんがお持ち下さった「WAY-OUT」のシャツ。

IMG_1290
ご購入頂いたのが、お店PICK-UPが始まったばかりの32年頃前。トラッド色を前面に打ち出したブランドで、シャツのつくりとニットがとくに良かったのだそう。先日、終了を迎えた番組「笑っていいとも」のオープニングにメンバーが着ていたのは、このWAY-OUTのスウェットだったそう。「笑っていいとも」とPICK-UP、はじまりは1982年のおない歳。

どうぞ、これからも皆さま宜しくお願いします。そして、歴史を感じる一枚のスウェットをお持ち下さった横川さん、ありがとうございます。