カテゴリー : 2014年 6月

Gramicci Shorts

IMG_1725

GRAMICCI
GRAMICCI SHORTS

brand from U.S.A
made in China
material : cotton 100%
color : Kelly , Natural , Mustard , Royal , Double Navy
size : S , M
price : 6800yen + tax

IMG_1741
夏のショーツといったら、これ!言わずと知れた、短パン界の雄「GRAMICCI(グラミチ)」。
本日ご紹介するのは、彩りも鮮やかな定番の型GRAMICCI SHORTS。

アメリカもの好きには懐かしい響きのグラミチは、90年代 全盛期を迎えたブランド。当時は、かなり多くの柄モノを発売していました。チェック柄はもちろんのこと、クレイジーパターンや、シアサッカー生地、グァテマラ柄のものまで、豊富なバリエーションがありました。「TEVA(テバ)」のスポーツサンダルや、LCマークに有刺鉄線がデザインされた「LAST CHANCE」、お馴染みの「CHUMS」はハリケーントップと呼ばれるスウェット、民族調の味わいあるパイピングが懐かしい「alf」などが、同時代を飾るブランドでした。

時代の流れで、姿を消してしまったブランドが多い中、グラミチは劇的な復活を遂げます。日本企画によって生まれ変わったのです。細身なシルエットへと生まれ変わった「NN SHORTS」は、今シーズン店頭でも人気の一本です。

そんな中、根強いファンに支えられ人気を誇るのが、このグラミチショーツ。

IMG_1721
180度開脚可能なガゼットクロッチと、片手での操作もしやすいWebbingベルト。

IMG_1730
腿の脇が見どころのひとつ!ほど良くゆとりのあるシルエットは、
昔から愛されるグラミチショーツならでは。
そして、コットン100%の洗いざらしが、気持ちの良い生地感、これぞっ!な一本。

IMG_1728
豊富なカラーバリエーションで、サイズが揃った「GRAMICCI SHORTS」
ぜひ、店頭にてご覧ください。

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

saKae

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、航耀くんの「Basis Broek(バシスブルック)」のカーゴショーツ!

IMG_1292
いまから、4~5年前にご購入頂いたmade in Belgium 「ベーシックなパンツ」というネーミングのもと、ものづくりの丁寧さを感じるブランドBasis Broek 。コットン100%のポプリン素材「Sandy」はショーツだけにとどまらず、ゆとりのあるシルエット・ファティーグパンツも人気でした。

爽やかな色味とシルエットが気に入って愛用してくれた航耀くん、自転車でのアクシデントで生地にダメージが出てしまった後も、自分自身で繕って大切に履き続けていてくれました。これ以外にも、購入したTシャツにこれまた自身で刺繍をいれたり、お気に入りのバッグに缶バッジをつけて遊びをいれたりと、自由な発想で洋服を愉しんでくれています。

購入してくれたあとも大切に愛用してくれる姿、自分自身で手をいれてお気に入りに育てていくようす、私たち洋服を紹介するものにとって、とても嬉しいお客様です。想い入れのつまった一着を持ってきてくれて、ありがとう航耀くん!

BIRKENSTOCK- ZURICH

IMG_4616
BIRKENSTOCK
ZURICH

made in Germany
material : Suede
color : Schwarz (Black Suede)
size : 40 , 41 , 42
price : 17000yen + tax

IMG_9165
本日ご紹介するのは、皆さんお馴染みBIRKENSTOCKから、ブラックスエードが目に新しいZURICH(チューリッヒ)。シーズンごとに店頭には、そのときどきの旬なアイテムが並びます。4月、5月、6月と季節を追うごとに、あたらしい商品が並び、売り場を愉しませ、お買物して頂いています。そんなとき、店内に「ぐぐぐっ」と目を惹きつけるアイテムがあることに気付きます。

決して派手ではないけれど、そのもの、存在自体に力があって、時代を生き残ってきた商品です。ときに、それは定番と呼ばれたり、「一生もの」なんて魅力的な響きを持って、紹介されることが多いようです。

この「ZURICH」も、そんな力のある存在であると思います。誰某が履いているからという単純な理由だけで、試さないのはとっても勿体ないこと。サンダルだって、合わせるひとの個性や趣味によって、見え方はぐっと変わってくるのです。

常々よく思うことは、「〇〇さんだから似合うんだよ!」「お店の人は着こなしが上手いから!」とかっていうのは、本当じゃないと思います。もちろん、まったく趣味趣向の違うものを試着してもらって、売らんかな!で「似合います。」と、わたしたちは言いませんもの。大切なのは、自分のからだを知ること、特徴を知ること。うまく着こなしていると自分が思う人は、やはりサイジングに気遣いを持っている人。ジャストサイズだけにこだわらず、オーバーサイズのものも、うまく自分のものにする着こなし。

やはり、自分を知るというのは大事ですね。どう着こなすか、そしてどう愉しむか。これに尽きます。ここに「ぐぐぐっ」と来るアイテムがプラスされれば、より時代を生き抜いてきた安定感も出ますよ。

ぜひ、この「ZURICH」店頭にてご覧ください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355
「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、横川さんがお持ち下さった「WAY-OUT」のシャツ。

IMG_1290
ご購入頂いたのが、お店PICK-UPが始まったばかりの32年頃前。トラッド色を前面に打ち出したブランドで、シャツのつくりとニットがとくに良かったのだそう。先日、終了を迎えた番組「笑っていいとも」のオープニングにメンバーが着ていたのは、このWAY-OUTのスウェットだったそう。「笑っていいとも」とPICK-UP、はじまりは1982年のおない歳。

どうぞ、これからも皆さま宜しくお願いします。そして、歴史を感じる一枚のスウェットをお持ち下さった横川さん、ありがとうございます。

 

Garden Picnicのお知らせ。

「花は市民の手で」をスローガンに、
毎週日曜日開催の、花のお手入れ作業にご参加頂きありがとうございます。

今度の日曜日は、ガーデンピクニックと称して、Street Gardenから県庁前通りをゴミ拾いをしながら、大町YABUUCHIビルまで行き、その後ビル前のGardenでCoffee Breakの予定です。
多くのご参加よろしくお願いします。

日時・・・6月29日(日) 8:30~9:30まで
集合場所・・・万世町PICK-UP前
持参するもの・・・軍手、 
   *作業後9:30よりYABUUCHIビル前のGardenでCoffee Break
雅さんのアイスコーヒーとサンドイッチをご用意します。
   *雨天中止
IMG_9745

IL BISONTE ‐ Bracelet

IMG_5266
IL BISONTE
Bracelet

made in Italy
material : Real Leather
size : Men’s one size
color : ヤキヌメ , ヌメ , こげ茶
price : 3000yen + tax 〜

本日ご紹介するのは、イタリアの「IL BISONTE(イル ビゾンテ)」からブレスレットを2種類。
”雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、あなたが日焼けすれば、バッグも日に焼けます。あなたのイル ビゾンテはあなたの一部になるのです。(IL BISONTE WEBより抜粋)”

目に見えて味わい深くなる、革のエイジングが特徴のIL BISONTEは、創業1945年。ブランドとしては、決して古い部類に入るわけではありませんが、素朴な革の質感と、丁寧なものづくりに私たちのお店でもファンの多い工房です。

ブレスレットなどの小物は手頃な価格も手伝ってか、贈り物にはもちろんのこと、夏のアクセントにもピッタリ。さり気なくポイントを作りたいときに、お薦めのアイテムです。ぜひ、店頭でご覧になってください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまで
メール またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

IMG_1284

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、大河原くんのバッグ「BBC」。

購入して頂いたのは、彼がまだ学生だった’96~’97年。このバッグを見て、懐かしさがこみあげてきた方、きっと多いことでしょう。小ぶりなポーチをはじめ、赤や黄色のド派手なコーデュラナイロン素材を採用したバッグブランド。買いやすい手頃な価格に、Made in U.S.Aのタフなつくり。NYC生まれのMELOのバッグ(ジッパーによって3つに仕切られたポケット、小ぶりなショルダーバッグ!)や、時を同じくして産声を上げたManhattan Portageのメッセンジャーバッグ、EAST PACKやOUTDOOR , ORなんて懐かしいブランドもたくさんありました。

IMG_1281
「Overland」や「GREGORY」を背負えば、Blooklyn派。一方PICK-UP派を気取るなら、「FATIGUE」か「DULTH PACK」なんて思ってた学生時代が懐かしい!その後、BBCの流れは一世を風靡したブランド「wraps(ラップス)」あたりへと繋がっていくのでしょう。学生時代のバッグを大事にいまでも取っておいてくれたこと、大河原くんありがとうございます!

Engineered Garments D-Ring Belt Webbing

IMG_1385

Engineered Garments
D-Ring Belt Webbing

made in U.S.A
material : Cotton / Real Leather
color : Kelly , Yellow
size : M
price : 10000 yen + tax

IMG_1384
Engineered Garments からご紹介するのは、鮮やかなカラーが目に飛び込むWebbing Belt。シャツやショーツと同柄でウェービングベルトを作ってしまうあたり、さすがです。バックルもD-Ringを採用しており、道具としてのつくりも文句なし。とくにWebbing 本体の織がしっかりとしているから、軽さがあるのに見ていて頼もしいつくりなんです。

よりシンプルな服装になるこれから、シャツの隙間からちらりと覗くベルトが、こんな色鮮やかな遊びのある一本だと気持ちもあがりますよね。ぜひ、店頭にてご覧ください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp 024-531-6355

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、吉之くんの「Engineered Garments Cinch Vest」。

IMG_1297
このベストをご購入頂いたのは、2008年の春夏シーズン。仕事柄、普段はスーツで過ごすことが多い吉之くん。これまで、休日にシャツを着ることはほとんどなかったと言います。しかし、このCinch Vestの購入がきっかけで、休日のシャツ着用率が格段にあがったそうです。いまでは、ワードローブの約8割がシャツ!だそう。彼の着こなしのなかに加わった想い入れのある一枚。

IMG_1296
売り出した当時は、このベストはWaist Coat with Cinch Buckle(or Belt ?)というような名前だったと思います。でもスタッフや展示会でバイヤーが「Cinch Vest」と略して呼んでいたので、現在ではその呼び名がそのまま商品名となってしまったようです。「イギリス人が着るように、恰好良く”Waist Coat”ってはじめは呼んでたんだけれど、いまとなってはどうでもいいや。」と笑ってディレクターの鈴木さんが、話してくれたことがありました。

ほかにも、「Bedford Jacket」など洋服の呼び名は、「当時暮らしていた街の公園や通りからとって名付けている」と伺いました。他のブランドを見ても洋服に名前が付いてるって、よくよく考えるとあんまりない。でも名前がつくことで、愛着も湧いて自分だけの一着になったような気がして、なんだか嬉しいもの。

吉之くん、大事な一着をお持ち下さって、ありがとうございました。

South2 West8 – 18oz Funny Pack Hunter Green

IMG_1636
South2 West8
18oz Funny Pack Hunter Green

made in U.S.A
material : Cotton & Cowhide Leather
size : one size
color : Hunter Green thanks sold out
price : 9000yen + tax

Sunforger Funny Pack

made in U.S.A
material : Cotton & Cowhide Leather
size : one size
color : Suntan
price : 10000yen + tax

IMG_1628
昨日の雨降りから打って変わって、ジリジリと力強い太陽が差し込む福島市。
本日ご紹介するのは、北海道の「LL.Bean」とも言える「South2 West8(サウスツーウエストエイト)」から、 小物の収納に便利なショルダーバッグをご紹介します。

IMG_1621
普段は斜め掛けして、ぴったり体にフィット。
ものの出し入れをするときは、ストラップをかけたまま、本体をぐるりと下に滑らせれば、簡単に荷物を取り出せます。
IMG_1611
愛すべきこの縫製は、アメリカ製ならでは。曲がっていたり、外れていたり。 きっと、made in Japanでは、縫製不良としてはじかれてしまうかも。しかしながら頑丈なものづくりは、折り紙つきってわけです!18oz のキャンバス素材は、使い込んでアタリが出てきた頃合いが◎
擦れたり、丸みがでたり。自分ならではの使い込んだ特徴が、キャンバスを通してあらわれます。
ショーツ&カットソーの薄着になるこれからは、小ぶりなバッグが必需品。

IMG_1640

オーニング(Awning日除け)素材に使われるサンフォージャークロスを採用した、
「South2 West8」お馴染みのカラーリングも揃いました。

IMG_1642

バッグももちろん衣替え。夏のバッグをお探しの方、「South2 West8」のFunny Pack 必見です。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp 024-531-6355

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、知絵ちゃんのデニム「Americana(アメリカーナ)」。
IMG_1295
男性が手掛けるユニセックスブランドの「Americana」。知絵ちゃんがPICK-UPで初めて、購入してくれた一本。遊びの効いたステッチ、そして他にはないシルバーグレーのデニムの色が気に入って、購入を決めてくださったそう!さぞ大事に履いていてくれたのでしょう。ひざ裏のダメージ以外は、とても良い状態です。購入して下さった時期も、いまから10年以上前の、2002年です。

IMG_1294

Americanaの仕入れには、当時 自分が行っていたのでわたしにとっても、このブランドには想い入れがあります。作り手は、男性。その商品を選ぶのも男性であるわたし。展示会場にいた女性スタッフに試着してもらって感想を求めたり、他社の女性バイヤーの意見を参考にしたり。当時、独立したてだったデザイナーを応援したくもあり、オーダーの数量こそ少ないものの、お店でも力をいれて取り扱っていた記憶があります。ほぼ同時に展開していたブランドで、Mar(メーア)というのもありました。原宿のUNITED ARROWSで商談したのは、懐かしい思い出。ここのタブロイド紙を模したLOOK BOOKは、かなり恰好良かったし、いまでも参考にする出来栄えです。

自分では試着することの出来ないレディースの服を、いかにセレクトして、お客様にお伝えすることが出来るのか。2002年と言えば、ひとりで仕入れに動かせてもらった頃です。私にとっても初心を思い出させる一本が、このAmericanaのデニム。

知絵ちゃん、大切なデニムお持ち下さって、ありがとうございました。

フクハナ – 花は市民の手で –

IMG_1372
毎週日曜日、Street Garden 前に集まり「フクハナ」にご参加くださる市民のみなさん、いつもありがとうございます。もちろん、明日の朝21(日)もStreet Gardenは開催します。

時間のご都合が合う皆さま、ぜひ明日もフクハナしましょう♪ もちろん、それぞれにご予定があったり、ご体調のこともあります。無理なく出来るときに愉しく集まる、それがフクハナです。 もちろん、フクハナあとのCoffee Breakと一緒に。

フクハナ -花は市民の手で-

6/21(sun) am8:30 〜am9:30
集合場所 PICK-UP前 雨天中止

EBBETS FIELD FLANNELS – Baseball Cap

IMG_1504

EBBETS FIELD FLANNELS
Baseball Cap

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Navy Anchor , Navy SFC
size: one size thanks sold out
price : 7500yen + tax

IMG_1501
コットンベースが嬉しいEBBETS FIELD のベースボールキャップ、追加入荷のお知らせです。今回は、「Anchor(いかり)」マークと、「SFC(San Francisco)」の2種類をご用意出来ました。サイズも、レザーベルトで調節可能。帽子をかぶり慣れない方も、あわせていくうちに目が慣れて、しっくり馴染んでいきますよ。

IMG_1499
WOOL × フェルトバージョンがお馴染みのキャップですが、追加でご用意出来たEBBETS FIELDのベースボールキャップ コットンベース!ぜひ店頭にてご覧ください。売り切れ御免ですよ。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp 024-531-6355

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、新国くんのDULTH PACK(ダルスパック)。

IMG_1289
購入したのは4~5年前。毎日使って、この味わいに!新国くんはお店に通って頂いて、もう20年ほどになるかと思います。数々のアイテムを一本釣りのように、的確に仕留めていく男(わたしには、そう見えます!)。定番ものをしっかりと自分のものにして、上手く着こなしています。誰かと被るからとかは、まったく関係がない。自分で使い込むことによって、味わいを出す。そんな姿を見せて頂けることは、売り子冥利に尽きるんです。

IMG_1288
PICK-UPが、ネペンテスと取引きを始めたのはこの「DULTH PACK」と「ARROW MOCCASIN」がきっかけ。それは、Child Packというアメリカの子ども達が、教科書をいれていたリュック。わたしも高校時代、PICK-UPに並んでいたのを覚えています。一歳下の後輩がナチュラルのChild Packを雰囲気よく背負っていたから、悔しいわたしは購入をあきらめ「FATIGUE」の3WAYを使っていました。うん、懐かしい。

私たちにとっても、このブランドDULTH PACKは、感慨深いものがある一品。32年の時間のなかで、店頭に置けなかったりする時期もありますが、お店には欠かせないバッグです。

しかも、今回は新国くん福島市まで持っていけないからと、郵送で送ってくれました。なんと嬉しい一着持ち寄り!味わいのあるバッグを送ってくれたこと、本当に嬉しかったです。ありがとうございます、新国くん!

GRAMICCI – JAQUARD MUFFLER TOWL

IMG_1489

GRAMICCI
JAQUARD MUFFLER TOWL

made in Imabari Japan
material : Cotton 100%
size : 20cm ×110cm
color : Green , Navy , Brown all !! thanks sold out
price : 1800yen + tax

IMG_1466
Green

本日、「GRAMICCI」からご紹介するのは、昨年も大好評だったタオル。スポーツを楽しむときはもちろんのこと、暑さが厳しくなるこれからは、首にかけても絵になるものが嬉しいですよね。

IMG_1494
日本の今治タオルとの協業で、肌触りはふんわり。そして、ぐいぐい水を吸います。洗ってからも、その吸水性と柔らかさが保ち続ける、今治タオル×GRAMICCIの一本。

IMG_1468
Navy

IMG_1496

IMG_1467
Brown

今年は「冷夏」ともっぱらの話ですが、今日のように蒸し蒸しすると、やっぱり暑いのです。普段の暮らしも楽しく、そんな気持ちにさせてくれる肌触り抜群のタオル、ぜひ、店頭にてお好きな一本をお選びください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、楠さんの財布。
IMG_1309
8~9年前にPICK-UPでご購入頂いた「ESSENTIAL DESIGNS × PORTER」のお財布。当時、代官山にて行列の出来る人気店だった「closet」が手掛けていたブランド「ESSENTIAL DESIGNS」。無駄をそぎ落としたシンプルなデザインに、Tシャツやニット、デニムという構成でPICK-UPではお取り扱いをしていました。その中でも、アメコミキャラクターの「mighty mouse(マイティーマウス)」とのコラボは、入荷と同時に売り切れ、もしくはお店の電話が鳴りっぱなしというほどの人気。沢山の皆さまに愛してもらったブランドだと思います。

IMG_1308
このモノグラムは、そのマイティーマウスの前年に売り出されたときのお財布で、これも大人気のモデルでした。状態もとても良く、ほぼ10年経っているとは思えない綺麗さ。「ESSENTIAL DESIGNS」のオーダーを決めるとき、出張帰りの新幹線で大いに悩んだ記憶が、思い出されます。どのくらいの数量をつけるか、いやいやそれは悩んだものです!

楠さんも、お店に通い始めのころにご購入頂いた逸品です。楠さん、大切にお使い頂いていた「ESSENTIAL DESIGNS」のお財布をお持ちくださって、ありがとうございました。

BIRKENSTOCK – MADRID EVA

IMG_1391

BIRKENSTOCK
MADRID EVA

made in Germany
material : EVA
color : Black
size : 39 , 40 , 41 all ! thanks sold out
price : 3500yen + tax

IMG_1454
みなさんお馴染みのBIRKENSTOCKよりご紹介するのは、「EVA」素材を採用した” 洗えるサンダル ”のMadrid(マドリッド)。BIRKENSTOCKサンダルのなかでも、最初に発売されたというのがこのMadrid。

「マドリッドは、1963年にBIRKENSTOCKが開発したサンダルの第一号モデル。ワンストラップで足をホールドする部分が少ないため、蹴り出すたびにかかとがフットベッドから離れ、足指は伸びて地面をつかもうとします。これら一連の動作はふくらはぎの筋力トレーニングとなり、足や脚部を自然に鍛えることができる。」と紹介されています。(BIRKENSTOCK HPより抜粋)

IMG_1448
しかも、EVA素材という軽量化と弾力性に特化した利点を活かして、ビーチサンダル代わりにも使えるし、水場での作業にもへっちゃらな一足なんです。ぜひ、店頭にてこの遊びのある一足をご覧ください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

お客様が想い入れのある逸品をご紹介する「一着持ち寄り」企画、本日ご紹介するのはパールさんのスウェットシャツ。その名も「BIKE」!
IMG_1274
時代は折しも、スウェットブームに沸く25年ほど昔。当時専門学生だったパールさんが、PICK-UPで購入したのがこの一枚。数あるブランドの中から、「BIKE」を選んだのは、やはりその独特のネーミングが気に入って。そして、「当時バイク乗ってたから―」と笑うパールさん。

IMG_1457
袖口には、イニシャルマークの「B」が誇らしげ!にプリントされています。アメリカ製の自己主張の強さ、この辺がたまらなく好きなんです。そうそう、私も高校時代にお店にあった「RUSSELL(ラッセル)」のスウェットを買ってました!当時、確か8800円位だったから安くはないですよね。BIKEのように、ボディー裾あたりに「R」ロゴが刺繍されていて、アームホールもドカンっとでかいし、もちろん太い。「あいつがDISCUS着てるから、おれはRUSSELLで。」とか言ってたのが懐かしい記憶。つくりはリバースウィーブでとにかく頑丈。よくぞ、いままでお持ち下さったと、驚きました。PICK-UPオーナーも「これウチで買ったの?」と笑ってましたもの。

アメリカ製のタフさを見せつけ、時代を感じさせる「BIKE」のスウェットをお持ちくださったパールさん、本当にありがとうございます。