カテゴリー : 2014年 6月27日

BIRKENSTOCK- ZURICH

IMG_4616
BIRKENSTOCK
ZURICH

made in Germany
material : Suede
color : Schwarz (Black Suede)
size : 40 , 41 , 42
price : 17000yen + tax

IMG_9165
本日ご紹介するのは、皆さんお馴染みBIRKENSTOCKから、ブラックスエードが目に新しいZURICH(チューリッヒ)。シーズンごとに店頭には、そのときどきの旬なアイテムが並びます。4月、5月、6月と季節を追うごとに、あたらしい商品が並び、売り場を愉しませ、お買物して頂いています。そんなとき、店内に「ぐぐぐっ」と目を惹きつけるアイテムがあることに気付きます。

決して派手ではないけれど、そのもの、存在自体に力があって、時代を生き残ってきた商品です。ときに、それは定番と呼ばれたり、「一生もの」なんて魅力的な響きを持って、紹介されることが多いようです。

この「ZURICH」も、そんな力のある存在であると思います。誰某が履いているからという単純な理由だけで、試さないのはとっても勿体ないこと。サンダルだって、合わせるひとの個性や趣味によって、見え方はぐっと変わってくるのです。

常々よく思うことは、「〇〇さんだから似合うんだよ!」「お店の人は着こなしが上手いから!」とかっていうのは、本当じゃないと思います。もちろん、まったく趣味趣向の違うものを試着してもらって、売らんかな!で「似合います。」と、わたしたちは言いませんもの。大切なのは、自分のからだを知ること、特徴を知ること。うまく着こなしていると自分が思う人は、やはりサイジングに気遣いを持っている人。ジャストサイズだけにこだわらず、オーバーサイズのものも、うまく自分のものにする着こなし。

やはり、自分を知るというのは大事ですね。どう着こなすか、そしてどう愉しむか。これに尽きます。ここに「ぐぐぐっ」と来るアイテムがプラスされれば、より時代を生き抜いてきた安定感も出ますよ。

ぜひ、この「ZURICH」店頭にてご覧ください。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメール
またはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355
「一着持ち寄り」企画から本日も、思いのつまった逸品をご紹介します。
本日ご紹介するのは、横川さんがお持ち下さった「WAY-OUT」のシャツ。

IMG_1290
ご購入頂いたのが、お店PICK-UPが始まったばかりの32年頃前。トラッド色を前面に打ち出したブランドで、シャツのつくりとニットがとくに良かったのだそう。先日、終了を迎えた番組「笑っていいとも」のオープニングにメンバーが着ていたのは、このWAY-OUTのスウェットだったそう。「笑っていいとも」とPICK-UP、はじまりは1982年のおない歳。

どうぞ、これからも皆さま宜しくお願いします。そして、歴史を感じる一枚のスウェットをお持ち下さった横川さん、ありがとうございます。