カテゴリー : 2014年 10月

handson grip / Easy Breezy

IMG_5093 (2)
handson grip
Easy Breezy

made in Japan
material : DURATEX / COWHIDE / PRIMALOFT
color : Black
size : S , M
price : 12000yen + tax

IMG_5097
Made in Japan 今季初登場、PICK-UPにお目見えしたグローブ「handson grip(ハンズオングリップ)」をご紹介します。

IMG_5113
香川の地場産業のひとつに、手袋づくりがあります。野球やゴルフ、フェンシングなどアスリートを支える道具「グローブ」、その多くが香川の職人の手により生まれています。熟練した職人のものづくりをもっと身近に、そして伝統を絶やさぬよう満を持して登場したのが、この「handson grip」なのです。
IMG_5089
グローブで大事なことは、手にフィットする、掴んだものをしっかりと放さないことにあります。そして、それと同じように重要視されることが、手のひらとグローブ自体の密着性なんだそうです。ものを掴むときに、グローブの中で手が滑ってしまうのでは、話になりませんものね。

IMG_5090
手の甲部分には、高密度に編まれたDURATEX生地を用いています。柔軟性を保ちながら、防風性も生み出す素材DURATEX。自転車乗りには、とてもありがたい嬉しい仕様です。

IMG_5091
手のひら部分と動きの多い指先には、外環境での作業にも使いやすく、耐久性を考慮したCOWHIDE LEATHERをあてています。なおかつ、身体のなかで温度に敏感なエリアである手首の静脈付近には、断熱・保温にすぐれるPRIMALOFTを採用するというこだわり。身体のなかで「首」という名称がつくところは、昔から大事な場所として冷やし過ぎないよう言われていますよね。

IMG_5108
そして、革のグローブを長く愛用する秘訣は、毎日の扱いにあります。グローブを脱ぐとき、少しずつ指の一本一本を外していき、大体脱げたところで、親指以外の4本全体を持ってスッと抜くのです。そうすれば、外しやすい上に、革への不必要なダメージが防げます。

IMG_5104
毎年、寒さが増しCANADA GOOSEの出番が多くなるにつれ、「このアウターに見合う、恰好良いグローブはないものか?」と、展示会中もグローブのことを気にしていました。ニット×革、メッシュ仕様のドライビンググローブ、オールレザー、いろんなグローブを扱いますが、CANADA GOOSEのようなハイテクものに合わせるスマートなグローブって、なかなかみつからなかったのです。

IMG_5116
香川が誇るグローブ「handson grip」ぜひ、PICK-UP店頭にてご覧ください。
日本の技術力を味わえる機会です。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp
IMG_5087
-handson grip-
hands on (ハンズ オン)

実地の、の意。実際に手で触れるなどの体験を通じる学習方法。現場で自らが実験、体感することも意味する。 モノは用途に則し、無駄を省くことで美しくうまれ、日々、人々によって使われはじめて、「道具」としてのときがはじまります。 忘れられない瞬間をもとめて、旅する仲間たちの手を、優しく守りたいという職人の思いから、わたしたちのグローブは生まれました。(ブランドリリースより、本文・写真抜粋)

 

FWK – Over Vest

IMG_5012
FWK
Over Vest

made in U.S.A
material : Nyco Reversed Sateen
size : 1 Thanks sold out
color : Navy/Black
price : 38000yen + tax

IMG_5011
本日ご紹介するのは、BarnSにてお取り扱い中のLadies ブランドFWKより「Over Vest」を。Mensではお馴染みとなりつつある、「Over Vest」ひょっとしたら、女性にはあまり馴染みのないアイテムかもしれません。もともとOver Vestは、狩猟やハンティングスポーツのとき、正装するジャケットの上から羽織るものでした。紳士のスポーツであるハンティングのときは、正装が基本。それでは、ポケットに収納出来るものも限られる、では上からベスト着てはどうか?という所から生まれたんですって。

IMG_5009
もちろん、カットソーの上に組み合わせても◎ そしてトライして頂きたいのが、やはりジャケットの上に羽織るパターン。アームホール、脇の開きも十分にとってあるため、重ね着にはもってこい。いつものジャケットにより動きのある表情が作れて、スタイリッシュにきまるはずです。また、女性らしいワンピースに合わせるのも素敵です。薄手のニット×ワンピース、そこにOver Vestでしょう!きりりとヒールのある靴だったり、ブーツだったりをあわせれば、大人の女性の出来上がり。

IMG_4996
そして、こんなミリタリーモチーフのアウターにもインナーとして、使えるんです。そんなとき、首元にもってくるスカーフは上品なJohnstonsなんか、ぴったりだと思います。この一枚のベストで、動きのある表情がつくれてしまうのです。

IMG_5015

ぜひ、BarnS店頭にてFWKの「Over Vest」をご覧ください。
引き続き、ふくラボでも新作のご紹介をしています。あわせてご覧ください。
http://www.fukulabo.net/shop/shop.shtml?s=463&e=1034

皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

Farmers Marke ICELAND / GARDAR

IMG_5064
Farmers Market ICELAND
GRADAR /Scarf

brand from ICELAND
made in Lithuania
material : Merino Wool 50% , Cotton 50%
color : Grey , Rust , Black
size : one size : 180cm×31.5cm
price : 11000yen + tax

IMG_5076
ICELAND から届いた、2005年誕生のブランド「Farmers Market(ファーマーズマーケット)」、本日はスカーフをご紹介します。
IMG_5081
Merino Wool 50%×Cotton 50% 素材の、幾何学模様をあしらったスカーフ。手に取ると最初は少し粗野な印象。いざ首に巻いてみると、Merino Woolの柔らかな素材感が愉しめます。

IMG_5074
アウターの色合い それによって、首元にどんな色味を持ってくるのか。これこそがこれからのシーズンの愉しみ、冬の重ね着の醍醐味です。「Rust」は、色味自体の温かさも手伝い、色濃くなりがちなトップスに明るい印象と柔らかさをプラスしてくれます。
IMG_5078
今回、冬のアウターのイチオシカラーは断然「OLIVE/KHAKI」です。そのオリーブカラーのアウターにピッタリなのが、首元を引き締めてくれるBlackではないでしょうか。少しエグいくらいのインパクトある柄こそ、今季のアウターに抜群にあいます。
IMG_5067
ぜひ、PICK-UP店頭にて個性ある「Farmers Market」のスカーフをご覧ください。キリリと首元を引き締めてくれるスカーフが、見つかるはずです。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

– Farmers Market ICELAND –
2005年、アパレルデザイナーとサックス奏者の2人によって創業したFarmers Market (ファーマーズ マーケット)。伝統的なアイスランドニットや、北欧デザインをベースに、天然素材とクラフトマンシップにこだわりをもって、生産をはじめている。

アイスランドウールは軽くて暖かく油分を多く含んでおり、世界でも最高級の毛糸として有名です。その毛糸を使い、伝統的な幾何学模様のデザインで手編みされた丸ヨークセーター=「ロピーセーター」と呼ばれ、輪針で編むのことで、肩や脇部に継ぎ目が一切なくゴロゴロした感じがありません。高い保温性と軽くて水に強いロピーセーターは、アイスランド漁師たちの必須アイテムとして現在も愛用されております。その伝統的なロピーセーターを現在のデザインに落とし込んだのが、Farmers Marketです。(ブランドリリースより抜粋)

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

FRAIZZOLI & C. SET UP!!!

IMG_5020
FRAIZZOLI & C.
GIACCA 1 PETTO SFODERTA

made in Italy
mataerial : Cotton 97% , その他の繊維3%
color : Navy
size : 46 , 48 Thanks sold out
price : 39000yen + tax

IMG_5057
FRAIZZOLI & C.
DRILL STRETCH PANTALONE

made in Italy
material : Cotton 97% , その他の繊維3%
color : Navy
size : 46 Thanks sold out, 48
price : 24000yen + tax

IMG_5029

IMG_5024

IMG_5049

IMG_5054

IMG_5047

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

SCYE BASICS – COTTON OXFORD B.D SHIRTS

IMG_4889
SCYE BASICS
COTTON OXFORD B.D SHIRTS

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Blue , White
size : 36 , 38 , 40
price : 18000yen + tax

IMG_4914
本日ご紹介するのは、「SCYE BASICS」のボタンダウンシャツです。あのシャツと「このシャツ」は、なぜ値段が違うのか?シャツの見るべきところについて、今日はお話したいと思います。(かなり細かく長い話ですので、忍耐力が必要です!すいません、ご覧頂きました方 ありがとうございます。)

IMG_4904
指に馴染む厚盛りのボタンはゴロッとしていて、留めと外しがしやすく、割れにくいものを採用しています。シンプルなものは、素材が大切。シャツ生地の糸も、甘撚りの無撚糸に近いものを使っているそうです。ボディバランスは、タイトフィット仕様ながら体の動作に無理なくついていくよう、アームホールの動きやすさに注目。洗濯あとの生地の縮率もおよそ3%に計算されて、少し大きめのつくりとなっています。洗い上がりは、「引き締まったオックスフォード」といった表現がピッタリ。
IMG_4893
そして、私たちがシャツの縫製を見るとき、目安にしているところがあります。黄色い丸印をつけた、剣ボロと呼ばれる場所です。
IMG_4897
その剣ボロを裏返したところ、この部分の始末をどのようにつけているか?ここがポイントです。生地を裁ちっぱなしにしているのが、普通のつくり。より丁寧に生地を挟んで縫い込み、仕上げているかどうか。「SCYE BASICS」のシャツは、挟み込んで縫い上げていますね。さすがです。
IMG_4899
また、シャツの裾脇にある、このヒゲのような部分を見たことはありませんか?この部分、空環(からかん)と呼びます。空縫いでロックミシンを走らせた後に、出来るもの。簡単に言ってしまえば、返し縫いで糸の補強が出来なかった時代の名残です。それを、敢えて味として再現しています。よく見ると、空環とガゼットの脇に集中して糸の重なる部分があります。これをかん止めといって、糸がほつれやすい場所の補強にしているのです。かん止めをしているため、空環を切ってもほつれる心配はないのですが、より昔ながらのヴィンテージ感を再現するために、手間をかけているのだそうです。
IMG_4900
日本のシャツ職人が丁寧に縫い上げるシャツ。縫製が綺麗な中にも、空環やかん止めといったヴィンテージ感を匂わす雰囲気をもつのが、「SCYE BASICS」のシャツなんです。シャツをみるときのポイントは、他にもあります。ただ、薀蓄(うんちく)や細かいディテイルばかりに目が向くのも、好ましくありません。袖を通したときの肌触り、ボタンを留めたときのバランス、フォーマルに着るの?カジュアルで使いたいのか、裾にかけての腰回りのカーブはどう?といった全体を見る眼も必要になるからです。見た目のディテイルを重視するあまり、肝心の着心地が良くなかったら、本末転倒ですものね。
IMG_4856
とっても細かい話となりましたが、あのシャツと「このシャツ」の違いのお話、お愉しみ頂けましたでしょうか。つくり手には、仕事の裏側を見せたくない、仕上がった品物のみで価値判断をして欲しいと思うひと、隠すことなくオープンにしてつくりを見せるというひと、それぞれにいろいろな姿勢があります。どちらが粋かは、選ぶ方の自由。ただ、ひたすら真面目にものづくりをしているという点は、共通しています。仕事着にも、遊びにも使える「SCYE BASICS」のボタンダウンシャツを、ぜひBarnSにてご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。オックスフォードシャツ、洗いをかけた後の雰囲気、必見ですよ。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

ANDERSEN ANDERSEN – TURTLE

IMG_4871
ANDERSEN ANDERSEN
TURTLE

brand from Denmark
made in Italy
material : Wool 100%
color : Navy Thanks sold out ,Hunting Green Thanks sold out
size : S
price : 39000yen +tax

IMG_4770
ご来店頂いている皆さんはご存じのことと思います!BarnSに、少しずつメンズのアイテムをご用意致しました。本日ご紹介するのは、お店に揃うや否やすぐに完売となったデンマークのセーター、「ANDERSEN ANDERSEN」です。(前々回、入荷したときのようすはこちらを。Navyを着用しています!http://www.pick82.net/updated/index.php?itemid=1926 )

IMG_4760
2013年に廃番となっていたカラー「Hunting Green」が、今季復活を遂げます。晴れて、お店でもご紹介出来ることとなりました。Engineered Garments のジャケットと同様、トップスに持ってくるオリーブ色がとても新鮮です。身体をがっちりと包み込むような、しっかりとした畦(あぜ)編みの質感は、今年も健在。デザインと実用性を兼ねた「指抜き」が、シンプルなつくりのアクセントになります。

IMG_4763
リブを伸ばし、指抜きを通したようすがこちら。ちょっとしたグローブ変わりにも◎
かくいう私も、2年前にこの「Hunting Green」を展示会後すぐに購入しました。冬のあいだ、よく愛用しています。出張の際など、「それどこの?」と聞かれることも多くあったセーターです。素朴な雰囲気のなかに、しっかりと芯が備わったものづくり。シンプルなかたちだけに、ものづくりに嘘がみえません。上にダウンベストを羽織れば、雪降る中でも十分に、アウターとしての役割を果たしてくれます。Hunting Greenとあわせて、定番のNavyも揃いました。ぜひ、お手に取ってデンマーク生まれのセーターをご覧ください。きっと、長く付き合える相棒となってくれるはずです。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS 024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_4876

-ANDERSEN ANDERSEN-
2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国であるデンマークの人々にとって、大切な道具として古くから愛されてきたセーラーセーター(フィッシャーマンセーター)。現在は大量生産と効率をもとめる潮流に流され、多くの創り手が伝統を手放しています。母国デンマークでさえも、昔ながらの非効率な製法を継承するニッターがほとんどいないのが現実です。 忘れ去られようとしている伝統を、後世にも引き継いでいきたいという思いから、セーラーセーターの原型を研究し、最高の毛糸を求め、手間の掛かる仕様を実現できるニッタ―を探し、そして創りあげたのが、このANDERSEN-ANDERSENのセーラーセーターです。皆さんには是非、長く着込み愛用して頂きたい。そうしてリペアーを繰り返しながら、愛する人に受継がれていく事を願っています。 (ブランドwebより抜粋)

 

The Man with the old bag.

IMG_4635
本日ご紹介するのは、「Brady(ブレディ)」のバッグ7年物です。持ち主は、高校生の頃からよく、お店に通ってくれるお客様のもの。4mmほどのしっかりとした厚みのあるBridle Leather、最初はストラップをバックルに通すのも一苦労のゴツさでした。使い込んで毎日手にしていると、ここまでしなやかに馴染んでいくのですね。

IMG_4633
学生時代、ケルアックの本一冊だけを携え、NYC旅行に出掛けた彼。当時治安の悪かったNewark、空港で2時間 ただただ煙草を吹かし、立ち尽くしたそうです。ようやくバスに乗り込む決心をして、向かった先はマンハッタン。たどり着いたホテルでチェックインを済ませ、ビール片手に見上げるエンパイアステートビル。旅の途中、訪れた博物館で見た民族衣装「IKAT MADRAS」が、目に焼き付いて離れないと言います。ちょうど同じ時期に、EG鈴木さんがblogでIKAT MADRASについて触れていました。鈴木さんと同じものを目にした彼の心持は、いかばかりだったか。大学を卒業し、「いよいよ服屋になります」と話をしてからはや数年。いまは、KAPITALに籍を置く彼。

IMG_4631
ボタンダウンシャツの着心地
パンツの着丈
革靴の合わせ方

「扉を開けると、そこにはたくさん洋服が並んでいました。学生だったあの頃、欲しいものすべてを買うことは出来なかったけれど、自分自身のなかにある洋服選びの基本は、PICK-UPから学んだものでした。洋服のいろは、トラディッションとは何かを教えてくれたのは、PICK-UP。僕のルーツは、PICK-UPにあります。」と話す、良い歳になった男の顔が、そこにありました。

IMG_4722
直接、言葉を交わす。顔と顔を付きあわせて話すこと、それだけが持つちからがあります。地元のお客様、県外から足を運んでいただく方たち、沢山の皆さまに支えられて、お店をオープンしています。

ありがとうございます。

明日もPICK-UP&BarnSは、扉を開けて、皆さまのご来店をお待ちしております。よいものとの出逢い「洋服と、皆さん」。その間に私たちはいつでも立っていたいと思います。

いらっしゃいませ、ようこそ!

saKae

Engineered Garments / B-Tanker Jacket – Poplin

IMG_4685
Engineered Garments
B-1 Tankers Jacket

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Olive
size : S Thanks sold out
price : 52000yen + tax

IMG_4680

IMG_4683

IMG_4693

IMG_4715

IMG_4670

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

RICHMOND KNIT WEAR – ARAN CREW NECK PULLOVER

IMG_4615
RICHMOND KNIT WEAR
ARAN CREW NECK PULLLOVER

made in England
material : Contains not less than 50% British Wool
color : Navy , Charcoal
size : 36 , 38
price : 22000yen + tax

IMG_4612
PICK-UPに存在感十分の、英国生まれのアランニットが揃いました。本日ご紹介するのは、「RICHMOND KNITWEAR(リッチモンドニットウェア)」から、ARAN CREW NECK PULLOVERです。バスケットやロープなど、フィッシャーマンセーターに選ばれるモチーフには不変のものがあります。「Peter Storm(ピーターストーム)」や「INVERALLAN(インバーアラン)」をはじめ、数多くのセーターがこれまでお店を彩ってきました。80年代から90年代にかけてお店を賑わせてきたブランドも、今は昔。無くならないと思っていた多くのニットメーカーが、姿を消していきます。そんな中、展示会を廻っていると一際目をひくセーターがありました。

IMG_4611
それが、このセーターRICHMOND KNITWEAR。縄編みの凹凸と肉厚感は十分、しかもセーターとしての量感があるのに重すぎない。それに加えて今回、サイズバランスが非常に良いことが、みなさんにおすすめしたいポイント。アームホールはもちろんのこと、袖にかけてもすっきりと流れるように体に沿うシルエットになっています。首回りのゴツさも、昔ながらの風合いながら、肩が凝るような息苦しさはありません。素材の良さを活かしながら、とても着やすく仕上がっています。

IMG_4606
「Filson」のマッキーノクルーザーに引けをとらない、このボリューム感!

IMG_4617
色は2色ご用意出来ました。セーターと言えば、まずはNavy。そして、今季のPICK-UP & BarnSが注目するカラーのCharcoalです。

IMG_4622
裾周りのリブ編みも、しっかりとしつつ重ね着した時に丸くならない絶妙な編み具合。

IMG_4628
メンズクラブの切り抜きに登場する、小林泰彦さんのイラスト。そのどれもが品物の特徴を捉えているうえに、親しみがあって魅力的に映ります。長く手入れをしながら(逆に、まったく放っておいても)付き合っていくうちに愛着が湧く洋服っていうのがあるんですね。

IMG_4630
写真は、いまから20年まえの展示会での一枚。UNION SQUAREの企画物でしょうか?あぜ編みで、スエードのエルボーパッチが付いたV-NECK CARDIGANです。ファクトリーものらしく、味わいと力強さのある雰囲気が伝わります。

IMG_4614
皆様、ぜひ「RICHMOND KNIT WEAR」のクルーネックセーターを店頭にてご覧ください。昔ながらの味のある雰囲気をお楽しみ頂けると思います。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP 024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

BORGER – KRUGGER

IMG_4583
BORGER
KRUGGER

made in Argentina
material : Suede Upper & Nylon Mesh /Polyester 70% , Cotton 30%
color : Yellow , Black
size : 41 , 42 , 43
price : 25000yen + tax

IMG_4602
本日ご紹介するのは、Made in アルゼンチンのブランド「BORGER(ボーガー)」トレッキングモデルから、 KRUGGER(クルーガー)と名付けられた一足。国土面積は世界で第8位、広大な自然、アンデス山脈とパタゴニアを擁する国、アルゼンチン。その国で1967年、靴工房からものづくりをスタートさせたBORGER。ステッチの打ち込みや、素材の選定などを見るに、アルゼンチンのものづくりは、素朴で力強い印象を受けました。実際、足入れして思うことは、指の付け根部分の可動が、かなりスムーズだということ。
IMG_4601
そして、もうひとつの特徴が、独特の構造を持つループ&シューレースです。ともにナイロン素材でつくられているため摩擦が少なく、シューレースの調節と、靴の着脱がかなりスムーズに出来るのです。
IMG_4600
不安定な足場をしっかりとサポートするソールは、vibram社のものを採用しています。

IMG_4599
カラーは、Black とYellowをご用意しました。今年、大好評のスエットパンツやリブパンツに負けないボリュームであわせられるBORGERは、普段使いにこそ履きたいもの。ファティーグパンツであわせれば、足元へのアクセントにもなります。天候不順で、さきの読みにくい天候のときにも、活躍してくれるはずです。シーズン問わずにあわせられるオールラウンドなトレッキングシューズのKRUGGERを、ぜひ店頭にてご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp