カテゴリー : 2015年 3月16日

Style

IMG_1792
or slow
60’s DENIM JK

made in Japan
material : Cotton 100%
color : USED
size : 2 Thanks sold out
price : 24800yen + tax

IMG_1796
Engineered Garments
Long Scarf / Floral Print Loan

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color :  Navy Thanks sold out
size : one size
price : 8000yen + tax

IMG_1804
いよいよ重ね着が愉しめる、春の陽気になってきました。シャツにカーディガン、手に取る洋服も軽やかなものになってきます。ご来店くださるお客様から、「Gジャンって、どう組み合わせれば良いのですか?」という質問がありました。ちょうど、ディスプレイにはグレーのプルオーバーパーカにあわせたor slowのG JKT。早速試着してもらうことに。定番的な着こなしで言えば、フランス人がよくやるようにタートルを着てGジャンをシャツ代わりに羽織ります、ボタンはある程度留めてね。そして、その上にはトレンチをもってくる。ちょっといま風にするなら、トレンチではなくステンカラーコートでもありでしょう。


結構、Gジャンって重量感がありますから、中にベストを重ね着するのが億劫になるときありますよね。そんなときは、EGのスカーフを差し色に入れてみるのもおすすめ。野暮ったくなりがちなデニムに、キリッと清々しい印象を与えてくれます。Gジャンの裾から、シャツやカーディガンの動きがみえるのも良いですね。あとは、シルバーグレーのトラウザーズ。中にはドレスシャツをあわせて。足元は、あえてのキャンバススニーカーなんてのも◎ ジャックニコルソンがパーティのときにしていたスタイルが抜群に恰好良かった。ドレスシャツにトラウザーズ、もちろんこれは正装には欠かせないモノ。しかし、足元はコンバース、それに羽織っていたのはミリタリージャケットだったのですって。彼ならではのユーモアとセンスある着こなし。私たちだって、その気概くらいは、見習いたいものです。

IMG_1806
無駄を省いた、シンプルなつくり。一着だけ持っておくなら、or slowの一枚が良いと思います。大切なのは、サイズ感。自分のジャストサイズを選んでおけば、いつの時代にだって難なくあわせることが出来ます。

IMG_1785
お客様が先週ご購入頂いて、この日愛用して頂いている「GI CI PI」のカーディガンのこと。やはり、洗濯後に5cmほど縮んだそうです。店頭でご試着頂く皆さんから、「着丈長いかな?」とご指摘を頂いておりました問題、解決です。ネットに入れて通常モードで洗濯機を回した結果の縮みだそうです。どうぞ、ご購入の参考にして頂ければと思います。

IMG_1798
ふとした質問から、お気に入りの一枚を見つけて下さったお客様、お買い上げありがとうございます。何か着こなしのことで「?」があれば、どうぞ気軽にスタッフに尋ねてみてください。思わぬ出逢いが待っているかもしれません。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

Style

IMG_1768
SLOW SIDE
Loan Shirts

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Indigo
size : M , L
price : 13800yen + tax

IMG_1777
インディゴブルーその色合いの良さで、今春から取扱いがはじまった「SLOW SIDE」のシャツをご紹介します。Linen(リネン)やLoan(ローン)のシャツは、皺で着るのが良いと、僕は思っています。ここは、あのヴァンヂャケットのシャツ生産を請け負っていた会社。母体となる会社の創業年数が1958年というのだから、そのつくりには安定感さえ生まれています。特筆すべきは、やはり、その染めでしょう。
IMG_1762
天然藍で染色された糸は、手染めにより糸中心までじっくりと染め上げている為、時間をかけてゆっくりと退色して行きます。<藍色>⇀<浅葱色(アサギイロ)>⇀<水色>そして、いづれは<藍白>へと徐々に退色変化していく様は「天然藍:NATURAL INDIGO」ならではのものですし、生地が擦り切れても尚、人を魅了するものが有ります。その日まで、じっくりとお付き合い下さい。(ブランドリリースより抜粋)

IMG_1780
見事に、やわらかなインディゴの表情と色合いの深みが、シャツに現れています。腕をまくって、皺をたのしんで。

IMG_1773
GI CI PI
Cardigan

made in Italy
material : Cotton 100%
color : Silver
size : 4, 5
price : 4900yen + tax

IMG_1758
その上に羽織ったのは、「GI CI PI (ジチピ)」のカーディガン。滑らかな肌触りと、その驚くべき価格で店頭でも人気のGICIPI。安定的に供給出来るのは、自社工場をイタリアに構えているから。じっくりと付き合いたい、カットソーメーカーです。

GI CI PI
1948年、ジチピ社はアンダーウェアファクトリーとして、イタリア/パドヴァで設立。ジチピ社では、生地のニッティング、縫製、洗い、出荷まで製造工程を一貫して自社で行っています。設立当時よりジチピ社の商品は生産にこだわり、現在も提供され続けています。

IMG_1733
or slow
FRENCH WORK PANTS

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Ecru
size : 0 , 1 , 2
price : 14800yen + tax

IMG_1770
わたしたちのお店でも定番となった「FRENCH WORK PANTS」のEcru(エクリュ)は、インディゴのシャツにも抜群の相性をみせてくれます。肌なじみの良い柔らかなタッチなので、これから春の季節にこそ活躍してくれますね。

IMG_1751
ヘリンボーン素材の生地の動きを活かして、裾のロールアップはおおきめに。

IMG_1783
久しぶりです、BIRKENSTOCKの「BOSTON」 Taupe色。どうやら、いまの気分は原点回帰。定番のFATIGUE PANTSにもばっちりのBOSTON。ときおり足を投げ出したり出来るのが、サンダルを履くときの嬉しさ。素足だって、ソックスでだって履きまわせる普段使いにはもってこいの一足です。

新作が目白押しの店内、皆さま春の陽気を感じたら、ぜひPICK-UP &BarnSにお越しください。とびきりの洋服をご用意して、お待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp