カテゴリー : 2015年 3月19日

UTILITY canvas  

BarnSに「UTILITY canvas」の商品が多数入荷致しました。

IMG_1249

「UTILITY canvas」とは、キャンバス素材を使ったバックや小物で人気のNYのライフスタイルブランドです。

商品のなかから、いくつかご紹介します。

IMG_1251

UTILITY canvas バケットトート(タン)

price  17000円+税

マチがたっぷりで収納力に優れ、使えば使うほどに味わい深さを増すキャンバス地のトートバック。

着脱可能なショルダーストラップ装備です。

 

IMG_1264

UTILITY canvas  ブランケット、フロアマット

ブランケット  21000円+税

フロアマット  8800円+税

 

 

キャンバスならではの耐久性は衰えることなく、キルト加工で保温性もあります。

ベットやソファで使うのはもちろん、ピクニックやビーチなどアウトドアでも使えるユーティリティーなブランケットです。

フロアマットは赤ちゃんのおむつ替えマットや、半分に折ってバスマットにするなんていう使い方もアリです!!

 

こちらの他にもトートバックやポーチ、タブレットケースなど、たくさん入荷いたしました。

IMG_1259IMG_1254

 

プリント柄はすべてちがいますので、気に入った柄があればお早めのご購入がオススメです!!

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

suda

 

 

 

 

 

 

 

RAILROAD SOCK – 3PSOCKS

IMG_1928
RAILROAD  SOCK
3PSOCKS

made in U.S.A
material : Cotton 100%
size : one size
color : BLACK , GREY , WHITE
price : 1500yen + tax

IMG_1931
ありそうで、どんどん市場から消えて行ってしまうもの。そのひとつに、「MADE IN USA」のものづくりがあります。粗いキャンバス地のダブルニーのワークパンツしかり、往年のバスケットシューズしかり。そのなかでも、根強く「MADE IN USA」を貫くソックスメーカーがありました。

– RAILROAD SOCKS –

1901年設立、アメリカはミズーリ州の老舗ソックスメーカー「レイルロードソック」。文字通り鉄道作業員ソックスの生産からスタートしたブランドで、現在も作業用ソックスを中心に、比較的安価なカジュアルソックスを展開。米国製を頑なに貫いており、ブランド背景や、その歴史を肌で感じられるロゴ&パッケージデザインも魅力。MADE IN USA.(ブランドリリースより抜粋)

白いソックスっていうと、私のなかのイメージではワークブーツの履き口に、ダルッと弛ませて履くものでした。GalibierとかRED WINGとかのゴツイやつに。スエットパンツの裾をソックスの中に入れたりしてね。90年代頭のころ、街にやってきたファッションスナップ撮影に、意気込んで出掛けて行ったあの時代。

白いソックスにオックスフォードの革靴って、私はどうも苦手です。決して否定ではなく、きっと世代のこともあるからでしょう。でもね、new blanceやキャンバススニーカーになら、白いソックスをあわせても良いじゃないか、って思うのです。白いソックスに革靴が許されるのは、世界にただ一人みたいだから。それは誰かって?皆さんご存知の「KING OF POP」そう、あのひと。

非常に何でもない、思わずスルーしてしまいそうな白いソックス「RAILROAD SOCK」を、ぜひ店頭でご覧ください。「いつでもありそう。」と思って、見逃していると無くなってしまうものって、意外に身近にあるものですから!MADE IN USAの粗野な味わいと、その魅力。手に取ってご覧くださいね。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae
通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにて、お問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp