カテゴリー : 2015年 7月2日

or slow – FRENCH WORK PANTS BLACK new color !!!

IMG_4635
or slow
FRENCH WORK PANTS

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Black
size : 0 , 1 , 2
price : 14800yen + tax

IMG_4630
本日ご紹介するのは、or slowから『FRENCH WORK PANTS』の新色BLACKを。洗いざらしの表情で、よりヘリンボーンの畝感を愉しめるFRENCH WORK PANTS。いくら暑いからと言って、いつでもどこでも短パンというわけにはいかなそう。そんなとき、使い勝手が良いのが、このパンツ。ほど良いゆとりは風通しの良さを生み出し、ユニセックスで履けるというのも人気の秘訣。

IMG_4639
今春はじめ頃、展示会廻りをしていて、とにかく気になったのが『Black』色。ニットやパンツはとくに。並ぶ洋服だけではなく、会場に集まるバイヤーの着こなしも参考になります。「そう来たか!」そう思わせる着こなしは、見ているだけで愉しいものです。ブームと言っては寂しいけれど、世の中はアメカジ・トラッドブームの再来!90年代に一世風靡したブランドの復活や丸首スエットなどが取り上げられたのは、雑誌「POPEYE」を見ても明らかでした。まさに『正統派への着こなし回帰』だったと思います。カラフルなものが食傷気味になり、シンプルな色彩が新鮮に映るというのも自然な流れでしょう。(ステレオタイプかなー?逆もあるしね。)

そんな中、ANDERSEN ANDERSENの畦のタートルで気になったのがBlackでした。INDIVIDUALIZED SHIRTSや、GITMANN Brosの展示会で目にしたのもBeige やOlive など、落ち着いたトーンのシャツでした。昨年から、白いパンツがそれぞれの着こなしに「あたらしさ」を届けてくれたことも、関係があると思います。挑戦してみたら、以外に使える!合わせる色の幅が広がった!そんな声がお店では聞こえていましたから。

あわせる色数は3色以内。

単純で、もっとも難しいけれど、着こなしを愉しむルールのひとつ。白いパンツが履きこなせるようになって、『Black』が近づいてきたのかしらと思います。

IMG_4619
color : Ecru
size : 0 , 1 , 2
price : 14800yen + tax

もちろん、継続品番のカラーEcruも揃いました。清潔感のあるEcruは、着こなし自体にも軽やかさが出ます。

IMG_4648
color : Blue
size : 0 , 1 , 2
price : 14800yen

昔ながらのフレンチツイルを思わせる、発色の良さが魅力のカラーBlueも入荷しています。これから迎える夏を心地よく過ごすのに、ぴったりのor slow FRENCH WORK PANTSを、ぜひ店頭にてご覧ください。新色の『Black』は、もちろんお薦めです。PICK-UP & BarnSにて、皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP/024-531-6355
BarnS/024-533-6553

pick82@opal.dti.ne.jp