カテゴリー : 2016年 6月9日

Street Garden

毎週日曜あさ8:30に皆で集まっています。合言葉は「花は市民の手で」、暮らす町の通りを手入れする『フクハナ』です。場所はPICK-UP前、13号線から県庁通りにかけての両脇200メートル。「Street Garden」と呼ばれる通りは、立ち並ぶ美容室や寝具店の方はもちろんのこと、地元の高校生が手掛けた区画もあります。バス停前、bloomさんが手入れした植物たちも立派に育ちました。冬を超え、店先をローズマリーの香りで華やかに満たしてくれます。最近では、Bird Houseが登場。今は無きアメカジの元祖!インポートブームの先駆けだった伝説的なお店”PROPELLER”(プロペラ)の親会社からオーナーが買い求めたものです。

DSC_2714
(撮影 中山ヤスヒト)
あれ!Bird Houseの入り口付近に、何か見えますね。

DSC_2704
(撮影 中山 ヤスヒト)
と、そのとき捉えたのはシジュウカラが飛び立つ瞬間。口にくわえているのは雛鳥のフンで、卵座を清潔に保つための行動。餌を探してきては、行ったり来たり。それをつがいで繰り返し、とても忙しそう。「あと1週間くらいで、きっと雛が巣立つな。ちっちゃいのが飛び立つ練習するの、見れるかもよ。」木工職人の中山さんが教えてくれます。ピィピィと甲高く可愛らしい声が聞こえるBird Houseの下で、しばし観覧。近所の子供たちも寄ってきます。まさか店の目と鼻の先でバードウォッチングが出来るだなんて。そうこうしているうちに、その瞬間が訪れます。ちっちゃいのが一羽、ぼけーーーーっとBird House入り口からこちらを見ているではありませんか!

13221613_905853519538088_8367860110859388041_n
羽ばたきすらしっかりと見える弱々しい飛び方。ヨタヨタと店の前の腰掛に飛び移り、こちらを見ています。まったく警戒心がない(笑) 雛とスタッフ藁谷君との距離は30㎝ほど!近いって。(撮影 藁谷)

7~8羽ほどの雛たちの危なっかしい羽ばたきを見送って、彼らは巣立って行きました。寂しいなと思っていたのも束の間、新しいシジュウカラのつがいがやって来たではありませんか。今度は、オーナー手作りのBird Houseに。

IMG_0860
あと2週間ほどは、シジュウカラとのおだやかな時間が愉しめそうです。

IMG_0866
店先のJune Berryも真っ赤な実を結び、それを鳥たちがついばみに来ています。Street Gardenを愉しみに、ぜひ足をお運びください。運が良ければ、雛たちの旅立ちにも立ち会えるかもしれません。

「花は市民の手で」フクハナ
http://lifeku.jp/fukuhana/index.html

saKae