カテゴリー : 2016年 11月3日

冬服、揃いました。

img_2541
いつもPICK-UP & BarnSをご贔屓くださる皆さま、ご来店ありがとうございます。本格的な朝夕の冷えに、去年購入したCOMOLIのタイロッケンコートを羽織って、きょうお店に出勤しました。澄み切った青空に頬当たる風が冷たく、アウターを着る悦びとは、まさに今朝のことを言うのでしょう。気持ちの良い朝です。久しぶりに羽織るコートは温かく、去年もたくさん着たせいか良く体に馴染んでいます。

コートを引っ張り出して、思うことは「やっぱり、これ良いな。」

お店には、ハンドフレームで編み上げられたスコットランド製の素朴なニット『macalastair(マカラスター)』や、厳しい北海からの荒波と暴風に耐えうるフィッシャーマンセーターの『le Tricotuer(ル・トリコチュール)』、親から子へと受け継ぐべくイタリアで編まれた畦編みの『ANDERSEN ANDERSEN(アンデルセン・アンデルセン)』、3社のみ現存するというガンジー諸島に伝わる『LE TRICOT DE LA MER(ル・トリコ・ドゥ・ラ・メール)』からハニカム柄のセーターが届きました。私たちの住む日本からも、東北地方で古くから伝わる手横編み機が産む『comm.arch.(コムアーチ)』のタートルが並びます。

アウターだって、まけていません。Barbour のワックスドジャケット、LAVENHAMのキルティング、フードの取り外しが可能なORCIVALのコート。Engineered Garmentsのプリマロフトベスト、COMOLIからはタイロッケン、マッキノウ、フーデッドコートの3種類が揃いました。着ていくほどにその人に馴染むFILSONのウールベストもあります。

時代を生き抜いていく服があります。クローゼットや箪笥から引き出して、着るのが愉しみになる服があります。皆さんの生活に、暖かさと着る悦びをもたらしてくれる服を揃えて、PICK-UP & BarnSにてお待ちしております。

saKae

PRIVATE WHITE – MOLESKIN BOMBER JKT

img_2515
PRIVATE WHITE
MOLESKIN BOMBER JKT

made in England
material : Cotton 100%
color : Black
size : 2 Thanks sold out , 3 Thanks sold out , 4 Thanks sold out
price : 45000yen + tax

本日ご紹介するのは、2010年創業ながら糸から縫製技術に至るまでのすべてをmade in Manchesterで手掛けるPRIVATE WHITEより、MOLESKIN BOMBER JKT(モールスキンボマージャケット)を。

sheeptoshop
マイク・ストール/プロダクトディレクター
“SHEEP TO SHOP“のコンセプトは非常にシンプルだ。 素材から、商品が消費者に届くまで、すべてを管理しているということ。生地を織る為の糸がコットンであれ、ウールであれ、なるべくこのファクトリーから近い場所で紡がれている糸を使用している。生地を織るのも、この工場の近くで行っていて、この工場でその生地が製品となり、ロンドンやインターネットのお店を通じて世界中のお客様に届けている。
img_2501
ジェームス・イーデン/オーナー
最も良い側面は、このマンチェスターという土地が培ってきた、品質、歴史、伝統、ヘリテージを織り込んで、クオリティ高いものを提供できること。悪い部分ではどうしても値段が高くなってしまうこと。 でもそれはクオリティの高いクラフトを買うという理解をしてくれると、その真義が分かるはずだと思っている。 最近のファッションは安くて、毎シーズン買っては着て捨てるようなものが多い。プライベート ホワイト V.C.がやっているのは、その反対のことなんだ。 一着買えば10年でも15年でも愛着を持って来てもらうことができるクオリティの高いものは、価値に対する価格として“高い”ものではないと思う。
img_2503

ニック・アシュレイ/デザイナー
デザイナーという仕事で一番よくある間違いが、「自分、自分」になってしまって、ブランド自体が育たない。僕はそうなりたくはなかったので、物を作るんだったら、まずはこのブランドの良き消費者になりたいというのが当時の目標だった。 実際に自分がここの服を着ることによって、いまはプライベート ホワイト V.C.を着る人の気持ち、その人が欲しいものが理解できるようになったと思う。

※すべてPRIVATE WHITE WEBより抜粋
http://www.british-made.jp/special/privatewhite/top.html

img_2540
工場・ブランドオーナー・デザイナーそれぞれが語るその言葉の中に、PRIVATE WHITEの真髄が見えます。原産国を守り、英国製のものづくりを継続させること。古くから続く工場が稼働することで、英国の文化がさらに深みを見せているのです。

img_2505
袖通しの滑らかさは、パターンの良さ。そして英国製の真摯なものづくりの姿勢が見えるのが、ボタンや裏地などのパーツです。同じく英国産のBarbourやLAVENHAM、JOHN SMEDLEYを見てもそうですが、とにかく品質が良い。キルティングはほつれにくく、メリノウール自体のクオリティも高い。ものづくりのルーツは、ミリタリーやワークなど古典的で時代を生き抜いてきたディテイルから取られています。

img_2527
PICK-UPが自信を持ってお勧めするPRIVATE WHITEのMOLESKIN BOMBER JKTを、ぜひ店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話か、メールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp
img_2457
Fernand Footwear
ORDER FAIR 2016
10/27(thu)⇒11/7(mon)
at PICK-UP & BarnS

PICK-UP & BarnSでは、オーロラシューズの生みの親 スティーブ・フェルナンド氏が手掛ける『Fernand Footwear』の受注会を開催しています。今回ご注文頂き、皆さまのお手元にお届けするのは2017年6月~7月を予定しています。これほどのラインナップをご覧頂けるのは、受注会ならではのこと。9種類とサンプルの型数も豊富に取り揃えました。いろいろなモデルのサイジングをお試し頂ける、貴重な機会です。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

PICK-UP & BarnS