カテゴリー : 2017年 7月

フジカワデッサン‐大切な何かをその場で素描します。‐

画家の藤川孝之さんと、ギター演奏家の青木隼人さんをお迎えし開催する『なつのひらすみ2017』。7月26日(水曜日)から30日(日曜日)の会期中、藤川孝之さんによるフジカワデッサンを行います。‐大切な何かをその場で素描します。-タイトルその通りに、40分ほどの時間で藤川さんが絵を描いてくださいます。ご家族で来られる方、ウェディングボード掲載のためにご夫婦で、息子さんが使っているキャッチャーグローブを持参する方など、思い思いの何かを持ってその場にのぞんでくださいます。4年前の開催のときは、忙しさもあってフジカワデッサンを体験する機会を逸しました。今回は、父と一緒に藤川さんにデッサンをお願いするつもりです。

遠藤周作や河合隼雄の表紙も手掛ける藤川さん。今月末の5日間、藤川さんが来福し在展する貴重な機会です。皆さまからのご予約をお待ちしております。お電話かメールにてお気軽にご連絡ください。

saKae

fujikawa dessin4

フジカワデッサン
大切な何かをその場で描画します。

会場 : books & cafe コトウ
時間 : 会期中の11時/13時/14時/15時/16時
*事前にお電話にてご予約をお願い致します。
BarnS 024-533-6553/mail : pick82@opal.dti.ne.jp
デッサン基本料金 : 3500円
〇動物や画像、写真はご遠慮ください。
〇人数が増えた場合や大きい画用紙に描く場合、割り増しがあります。
〇デッサンには40分ほど時間がかかります。
〇デッサンの時間に、ある程度じっとしていられるようお願いします。
〇描画が困難と判断した場合、お断りする場合があります。

or slow US NAVY UTILITY PANTS / EG FLIP FLOP

IMG_6012
or slow
US NAVY UTILITY PANTS

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Denim one wash
size : 1 , 2 Thanks sold out
price : 16800yen + tax

IMG_6021
夏でもデニムが穿きたい!軽やかな生地感ならば、なお良し。本日ご紹介するのは、暦の上(服屋カレンダー)ではもう秋物!? or slowから届いた『US NAVY UTILITY PANTS』を。

IMG_6020
両側に並んだヒップポケットがトレードマークの一本。昔ながらの織機で仕上げた、ところどころに現れるネップ状の白糸。これは50年代の生地にみられる雰囲気だそう。当時の面影を残しつつ、あくまで自然にさりげなく。奇をてらうことなく、穿きこむほどに味わい深めるものづくり。

IMG_6009
「服好きは、耳好き」とは、COMOLIデザイナーの言葉。このパンツのボタンフライ部分にも、生地端である耳(セルビッジ)が見えます。LEVI’Sによると、『他の生地と選別するため耳付きをコーンミルズ社が納品していた』とのこと。同じくロットナンバー『501』にまつわる話も多種ありますが、100年前のサンフランシスコ大地震によりLEVI’S本社とアーカイブルームが消失してしまったため、真実は謎のままだと言います。

IMG_6026
Engineered Garments
FLIP FLOP

made in U.S.A
material : STRAP/Cotton 100% , SOLE/EVA RUBBER
COW HIDE LEATHER TOP LAYER
color : Stripe
size : 8 , 9 , 10
price : 15000yen + tax

IMG_6016
夏はこれから、足元も軽快に。ネガティブ履きをそのままサンダルで再現したEngineered GarmentsのFLIP FLOP。ん?FLIP FLOPって何?調べてみると双子のアイドルなどではなく、ビーチサンダルのペタンペタンという繰り返される擬音のこと。「ボーダーというのは境界線のことで、横縞を指す言葉ではない。横縞はHORIZONTAL STRIPEである。」みたいに、とかく英語はややこしいものです。

IMG_6017
店頭にて、皆さまのご来店をお待ちしております。
通信販売も承ります。詳しくは、お電話かメールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

FullSizeRender
雨の休日、豪雨の会津行きを見送り向かうは山形市。d design travel 山形号に寄稿させて頂いたこともあるのに、肝心なときに本が手元にない私。これは、困った3人旅。いくつか行先は浮かぶが、今回は趣味趣向も異なる面子。旧友にさっそくSOSを送り、帰ってきた答えが『羽前屋で蕎麦を食え。』満足この上なし!(とんとんラーメン、栄屋本店はいつか行きます!)

FullSizeRender (1)
TONGARIビルや文翔館を巡り、Jin Coffee Shopで雨宿り。お店の方が非常に良くしてくださり、その気持ちとおもてなしに男3人震える。そして、旅の最終目的地である上山の共同浴場へ。いまは無き旅館清山を思わせる休憩室に、蔵王御釜と城址を称えた迫力の銭湯絵。インパクトあり過ぎる常連客vs番台パートさんのやり取りが熾烈を極めた旅の沸点、下大湯共同浴場恐るべし。お近くの方は、ぜひに。

saKae