カテゴリー : 2017年 7月22日

Engineered Garments – Shoulder Pouch / Hummingbird

IMG_6175
Engineered Garments
Shoulder Pouch – Hummingbird

made in U.S.A
material : Shell-Cotton 65% , Polyester 35% / Strap-Polyester 100%
color : one Thanks sold out
size : 29cm×27cm
price : 9000yen + tax

IMG_6167
最高気温37℃なんて、もはや日常。7月も海の日を過ぎれば、店頭には次シーズンの新作が並びます。本日ご紹介するのは、Engineered Garmentsより届いた『Shoulder Pouch Hummingbird』を。

IMG_6172
ゴブラン織りの起源は、それを興した職人の名前(Jean Goblin)から。主にフランスやベルギー、ヨーロッパの聖堂や城内と個人宅を装飾するタペストリーに使われたそうです。ジャケット内側に斜め掛けして、もうひとつポケットを増やすような使い方がおすすめ。ジャケットのインナーに忍ばせて、柄がちらりと見えるだなんて粋。ぜひ店頭にてご覧ください。ひとつ取り入れるだけで、普段の着こなしに変化をもたらす遊びある織柄です。数ある柄物の中でもスタッフ一押しの『Hummingbird』。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_6177
最近修理から戻ってきた10年愛用のJUTTA NEUMANNと、ここ4~5年履くBIRKENSTOCKのサンダル。その両方のゴムソールには、お馴染みの刻印が付く。普段の暮らしにはもちろんのこと、出張のときもよく汗を吸い取り快適な履き心地を約束してくれる。このスエードライナーとコルクソールは修理交換が可能だ。これほどまで長く付き合え、修理まで請け負ってくれるサンダルを他に知らない。大体のものが、履きっぱなしでその寿命を終えるばかりだから。

シーズンごとに箱にしまい、また次の出番を待ついくつかの相棒たち。道具としての役割と、心躍らせ季節を彩る新作というように、服は2種類に分けられる。店頭に新作が並ぶごとに勢いに任せてこのblogでも紹介しているが、普段使うものこそつくりの変わらないものが良い。長年かけてその機能美にたどり着き、さらに熟練の職人たちによって手掛けられるもの。定番も新作も、店頭には等しく並ぶ。いまこの時期も、服屋が面白いのはその点だ。定番として普段使いに見合うものが、しっかり揃っているかどうか。新作とあわせて、わたしたちのおすすめする定番もお手に取って見て頂きたい。時代を経て流行を掻い潜り、生き残ってきた一品に出逢えるはずです。

saKae