カテゴリー : 2017年 9月8日

St.James – OUESSANT / neesha amrish – ORGANIC SILK SCARF

St.James
OUESSANT

made in France
material : Cotton 100%
color : Marine/Jeans
size : T4 , T5
price : 10000yen + tax

IMG_7267
本日ご紹介するのは、長年愛着を持って着続けられる「これぞ!カットソー」と呼べるSt.Jamesを。洗いを繰り返し、着ること5~6年。付き合いの長いものでは、10年ほど着込んでるのもあるくらい、お店には欠かせないブランドのSt.James。最初に感じる糊とごわつきも、毎日の洗濯で程よく取れ、次第に着るその人に馴染んでいきます。今回揃ったのは新色ボーダーとSOLIDカラー。久しぶりの登場となるTOURBE(オリーブグリーン)は押さえておきたいカラーリング。その着心地を味わったことのない方には、ぜひともお試し頂きたい店自慢のカットソーです。

IMG_7289
aeshsane
by neesha amrish

made in India
material : Organic Silk
color : assort Thanks sold out
size :  90cm×90cm
price : 11000yen + tax

普段のカットソーを引き立てる小物遣いでお勧めなのがスカーフ。「ちょっと気恥ずかしい」だなんて声も聞こえてきますが、なんてことはありません。シャツを着たときに効かせる柄物のTシャツと同じですから。さっと巻けば、着こなしの幅が格段に広がります。ウッドブロック(木版)で手刷りされるオーガニックシルク。肌触りに格別のものがあり扱いに慣れたら、手放せない一枚となります。ポイントは柄on柄のとき、「柄の大小に気を配る」こと。大きめのドット柄なら、合わせるのは純無地と呼べるような抑え目の小さな柄が良いと思います。インナーにはNeige/Marine(ホワイト/ネイビー)のSt.Jamesをチョイス。

IMG_7292
LABOUREURE
COVERALL JACKET

made in France
material : Cotton 100
color : Blue
size : 2 Thanks sold out
price : 18800yen + tax

そして、ここ数年気にしているのがフランス製のCOVERALL。それは、出張の際に見かけるバイヤーの着こなしからくるものでした。かなり着込んで色も白み、裾もダメージ有くらいのが良いんです。オーナーとも話をするのですが、やはり「服は育てるもの」。着込んで、ようやく自分のものとなるのです。一から育てるCOVERALLは、ご覧頂きたい羽織りものです。

IMG_7274
新作が盛りだくさんの店頭にて、皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

800px-Vegetable_lamb_(Lee,_1887)
– バロメッツ/Barometz – Vegetable lamb of Tartary –

1350年、ジョン・マンデヴィルは今となっては奇妙な話だが、「(インドには)枝先に小さな子羊がなる素晴らしい木が生えている。枝はとてもしなやかで、子羊が空腹になると枝が屈んで草を食むことができる」と書き記した。この考え方はヨーロッパ各地の言語での木綿の呼称に痕跡を残している。例えばドイツ語では木綿を Baumwolle と呼ぶがこれは「木のウール」の意である。16世紀末までに、綿花はアジアおよびアメリカ州の暖かい地方全域で栽培されるようになった。この伝説が生まれたのは、実はヨーロッパ人の誤解からであった。本当はこの木に生るのは(というより実際この木は)、木綿だったのだが、当時ヨーロッパ人は木綿を知らなかったため、それをウールと間違えて、この伝説が産まれたと思われる。(以上、Wikipediaより抜粋)

服の歴史はつくづく興味深いもので、とくに綿の歴史は人類の足跡。起源を調べていくと枝葉がたくさん茂り、「元は何調べるんだっけ?」と道に迷うばかり。木綿栽培の起源は7000年前のインダス文明に端を発し、1865年のアメリカ南北戦争やイギリス産業革命に関わってくるそう。大国の植民地であったインドとアフリカが、綿とそれを栽培する奴隷供給両方の役割を負わされたというわけ。最近、店頭にはミリタリーのDeadstockが並びは消えを繰り返しているけれど、ものづくりの陰には日進月歩の技術革新がある。時代を超え、流行りを生き抜いてきたものたち。新作と定番を等しく、ときにDeadstockを交えてこれからも店頭を賑わせる服に乞うご期待!

saKae