カテゴリー : 2018年 6月30日

kika NY / 1.25″ S-Belt


kika NY
1.25″ S-Belt

made in NYC
material : Leather , Brass
color : Black
size : W30 , W32
price : Hold


material : Leather , Brass
color : Natural
size : W30 Hold , W32
price : 18000yen + tax





本日ご紹介するのは、アメリカニューヨークから届けられたkika NY より『1.25 ” S-Belt』を。イタリアから原皮を輸入し、ブルックリンで植物なめしと染色を施しています。バックルも、近所のNine Stories Funitureへ特注をかけ仕上げる、徹底したこだわり。師匠は、『BARBARA SHAUM(バーバラ・シャウム)』。この名前を聞いたのは、これで4度目。はじめはJUTTA NEUMANNの師匠として。2度目はかつて青山にあった名店『Le Globe』で彼女の手掛けたサンダルを見たとき。JUTTAよりも無骨で、強い存在感を放つバックル付きのサンダル。プライスもちょうどJUTTAの倍くらいでした。そして、最後はリングベルトに美しいストラップを配したa.b.kのショルダーバッグを扱ったとき。どれも、一見して師匠が分かる洗練された佇まいが魅力のレザークラフト。今回、長らくレザークラフトを見守ってきたバイヤーから紹介されたkika NYのベルトは、必見の仕上がり。日本では簡単に植物なめしの言葉が聞かれますが、海外ではより手間がかかり、法律も変わってきている昨今、なかなかナチュラルな方法でなめされた革は少ないと言います。長い期間、インポートレザークラフトを見てきたバイヤーがたどり着いた、味わいある一本です。『1.25″ S-Belt』デザイナーであるkikaが師匠BARBARAにちなんで名付けた、ブランドを代表するベルトです。ご紹介中にも、Blackのサイズ切れが起きてしまいました。ぜひ、お手に取ってご覧ください。買い付け中、やさぐれてしまった私がこれを見て勇気を取り戻した一本でもあります。世界は、まだ見ぬ逸品にあふれています。皆さまのご来店をお待ちしております。

-Kika NY-
伝説的な女性レザークラフト職人であるBARBARA SHAUMのもとで15年にわたり修行を積んだkika vliegentharが2009年にブルックリンで始めたレザークラフトのブランド。裁断・手染め・手縫いなどBARBARAから受け継がれた伝統的技法を色濃く反映しており、金具もイギリスの家内制手工業のような小さい工場に特別に作らせている。ベルト一つからも彼女の強いまなざしを感じられる逸品。(ブランドリリースより)

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話か、mailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

SUICOKE / TOSSHI-V


SUICOKE
TOSSHI-V

brand from Japan
made in China
material : Nylon Tapes , Vibram Rubber
color : Black
size : 7 , 8 , 9
price : 13000yen + tax







本日ご紹介するのは、Vibram Sole(ビブラムソール社)とタッグを組み生み出されたサンダルSUICOKEからTOSSHI-Vを。Tevaに始まりChacoへと繋がる高級スポーツサンダルが登場してから早20年。皆さんも一度は足入れをしたアイテムだと思います。私も高校時代、Tevaが買えずバイトに打ち込み、ようやく大学生になってGratful Deadロゴの(なぜロゴ付きだったかは定かでない!)スポーツサンダルを手にしたものです。水陸両用、ガシガシ履いて水洗い出来るのがスポーツサンダルの強みでしたが、ネックはその重さ。このSUICOKEが生み出したソールは、そこに着目。Vibram社との共同開発によって柔軟な踏み心地と反発性に加え、軽さを伴ったまるでスニーカーのような履き心地を持つサンダルを誕生させました。見た目のボリュームとは打って変わり、足馴染みの良いその履きやすさに私も一足手に入れたのがこのモデル。ぜひ、その軽さのある心地よい履き心地を、ぜひ店頭でお試しください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp