カテゴリー : 2019年 8月9日

お盆営業時間のお知らせ


お盆 営業時間のお知らせ

PICK-UP
8月10(土)、11(日)、12(月)
Open 10:30 – Close 19:30
お盆休みの振り替え休業日
8月13(火)、14(水)、15(木)

BarnS
8月10(土)、11(日)
お盆休みの振り替え休業日
8月12(月)-8月いっぱい休業

レディースの商品も、大町PICK-UPでご覧頂けます。一人でも、家族でも楽しめるpickandbarnsを、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

PICK-UP/BarnS

出張





2020年SPRING & SUMMER、来シーズンの展示会がはじまる。オーナー&スタッフ、それぞれに毎週渋谷原宿、青山方面を廻っている。注目は、ダークマドラス。今季、無地ものが店頭を席巻したこともあり、次の春夏は柄物が来そうだ。

50年代、戦勝国となったアメリカの景気はうなぎ登り。まさにゴールデンエイジ、景気に湧くアメリカ国民たちはこぞってリゾートへと繰り出した。そのとき、異国の地で織られたインディアンマドラスやバティック柄が目に留まる。洒落ものたちは、落ち着いた色合いと素朴な風合いにぞっこんとなった。彼等は我先にとこぞってダークマドラスにバティックやペイズリーを、ジャケットやショーツに取り入れ、柄物の一大ムーブメントを引き起こした。

自分自身、久しくチェック柄とは疎遠だった。その私がぐっと来てしまったのだから、元来のチェック好きには堪らない一枚となるだろう。それは、来春店頭にお目見えするEngineered Garmentsの19th BD SHIRTだ。そして、パンツ。色味はKhakiがダントツで新鮮。語源はペルシャ語の『khāk(ほこり)』にあるというKhaki。ウディ・アレンさながら、クタクタよれよれだが、その人自身に馴染むシャツとパンツ。これ以上の小慣れ感はない。もちろん、シャツの裾はパンツの中にinである。COMOLIの展示会中、訪れたバイヤーの中に際立って格好の良い男性がいた。足元はオールデン茶のローファー。ダークマドラスのチェックシャツにKhakiのトラウザーズの出で立ち。長い髪を脇に無造作に撫でつけている。歳は50前半というとこだろうか。小森さん曰く、ドレステリア時代の先輩だという。

買ったばかりのピッカピカ、大事なお気に入りはもちろん良いが、やはり自分が惹かれるのは洗い込まれ、着るその人の肌の一部となるような味のある服だ。人は歳を重ねるのだから、服もそうであって欲しい。来季のpickandbarnsに、乞うご期待を。いま仕込んでいるところですから。

saKae