カテゴリー : 2019年 9月20日

30年ひと昔



『店でストックしてたパンツが出てきた。』オーナーの手には、沢山のパンツやスカート。おそらくほぼ30年は経つであろう、リネンやコーデュロイの洋服たち。PICK-UPとBarnSふたつの店をひとつにする過程で出てきたデッドストック品。『BARRY BRICKEN』や『RUFF HEWN』は、当時の値札もそのまま付いている。そのとき高校生だった私は、おいそれと手が出なかったアイテム。記憶では、店内にはあるものの『青二才、触るべからず』的なオーラを放っていた代物。( 売場6坪の店にも、神聖なコーナーがあった!) 雑誌『FINE BOYS』だったか『Hot Dog PRESS』の隅っこに確かに載っていた注目の記事。全国紙に載る服が、目の前にあって手に取れる。そのこと自体に興奮した。いま、オーナーに聞けば『ラルフローレンのパンツをつくるファクトリーだというので、当時は仕入れて売ってたなあ。』とのこと。生地、織りネーム、ステッチ。made in U.S.Aならではのおおらかさが、そこかしこに見える。『BARRY BRICKEN』のリネン素材なんか、いまこの生地で作ったらいくらするのかという、しっとりと重みのあるぜいたくな質感。

ひとつ前のblogで紹介した『RICHFIELD』のパンツと重ねたのが上の写真である。ウエスト、ワタリは同じくらいだが、裾への絞り方が全然違う。プリーツ(タック)の取り方にも、インタックとアウトタックの二通りがあり、英国式とアメリカ式による区別だと先生(Google)は言う。ついで調べてみれば、プリーツ付きトラウザーズの原型は、1920年代のオックスフォード大学にまで遡る。当時、学生たちの間で大流行したゴルフ、そのウェアはニッカーボッカーが主流だった。ニッカーボッカーの着用を禁じた大学に対抗するように、その上から履いたオーバーパンツがプリーツ付きの起源だという。ウエストはジャストに、腰回りはゆとりを持たせたワタリと、よく考えられたシルエット。オックスフォードシューズ(レースアップブーツ着用が校則だった時代、それを切って短靴にして履いたという逸話。)にしろ、このプリーツ付きパンツの起源にしても、伝統的なものに対する10代ならではの当時の学生の反骨心、それは見事というしかない。

-A rolling stone gathers no moss.-(転がる石に苔は生えない)
英国式に、アメリカ式。ところ変われば、意味も変わる。バブルがはじけたその時、まわりの大人たちが履いていたのが2タックパンツだった。30年ひと昔、あれほど嫌っていたプリーツ入りパンツを、いま自分の手で売っているのだから、時代は廻るものである。積み上げた時間がつくる味わいと、それを打ち破る天邪鬼な反骨心。ジャストサイズの兆しも、そろそろか。

saKae

RICHFIELD – C3 / DANTON – Inner Down JK


RICHFIELD
C-3

made in Japan
mateiral : Cotton 100%
color : OFF WHITE
size : W29 , W31
price : 25000yen + tax


color : OLIVE
size : W29 , W31
price : 25000yen + tax



DANTON
Inner Down JK

brand from France
made in China
color : Black
size : 40 , 42
price : 15800yen + tax

本日ご紹介するのは、RICHFIELDより届いた『C-3』を。今季より型をリニューアルし、あらたに腰脇にふたつのストラップを備えたベルトレス、2プリーツのトラウザーズが登場。綿の選別も機械ではなく人の手で行う非常に手間のかかるスーピマコットン(オーガニックコットン)を採用しました。艶を持った上品な肌触りと、ワタリから裾にかけてゆるやかに美しいカーブを描く、細身のシルエット。裾はダブルでくるぶしが見えるくらい、ぐっと短く履きまわしたい一本です。色は、往年の名品BARRY BRICKENを思わせるOFF WHITEとOLIVEをご用意しました。

あわせたのは、例年大活躍のDANTON 『Inner Down JK』。RICHFIELDのパンツとあわせれば、さりげない品を持ち合わせた大人のコーディネイトに仕上がります。ぜひ、RICHFIELDの『C-3』とDANTON『Inner Down JK』をお手に取ってご覧ください。

皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp