カテゴリー : 2020年 9月13日

LE TRAVAILLEUR GALLICE – LA VESTE(TRADITIONAL WORKER JKT)


LE TRAVAILLEUR GALLICE
LA VESTE (TRADITIONAL WORKER JKT)

made in France
material : Mole Skin / Cotton 100%
color : Ancien Bleu Fonce , Noir Fonce
size : 2 , 3
price : 16800yen + tax


color : Blue Fonce
size : 2 , 3


color : Noir Fonce
size : 2 , 3 Hold
price : 16800yen + tax


本日ご紹介するのは、LE TRAVAILLEUR GALLICEより『LA VESTE(TRADITIONAL WORK JKT)』を。近年、フレンチワークのデッドストックものが枯渇しているのだそう。40年代、50年代と年代を問わずブラックはほとんど見つからず、市場価値もあがっています。そんな中、私たちの店で扱うべきフレンチワークは何か、モールスキンは何かという話題になり、挙がったのがこのGALLICE(ガリス)でした。

フランスにおける本格的なワークウェアの歴史は18世紀の産業革命と共に始まります。それまで農業や手工業に従事していた人々が産業分野に爆発的に流入した結果、けがや事故等の発生件数も飛躍的に増加。それが社会問題として大きくなっていた時代でした。ワークウェアの歴史は、それら多くの危険から人々を守るための戦いの歴史でもあったわけです。人々が丈夫で安全性の高い作業着の登場を待ちわびる中、ある製鉄所でひとつの生地が作業着として用いられます。かすかな光沢を伴い、密度高く織り込まれたその生地は、見た目がモグラの皮に似ていたことからMOLESKINE(モールスキン)と呼ばれます。₋ ブランドリリースより抜粋 ‐

いま現在でも、昔ながらの古い機械を動かし、一枚一枚縫い上げるフランス製のワークウェア。体にしっくりと馴染む服を自らの手で育てること。自分好みのデニムを作るように、5年、10年と着込んで育てる一着です。ぜひ、LE TRAVAILLEUR GALLICE の『LA VESTE (TRADITIONAL WORK JKT)』をお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Brady – MINI CARRYALL CHECK


Brady
CARRYALL CHECK

made in England
material : Wool 100%(表側) , Cotton 100%(裏側)
color : Yellow Check
size : 幅20cm × 高さ20cm × マチ7cm × 持ち手32cm
price : 19800yen + tax


本日ご紹介するのは、Bradyが手掛ける『MINI CARRYALL CHECK』を。1887年、釣りや狩猟などハンティングにまつわるレザーケースづくりからその歴史をはじめたメイカー。その日の気分や着る服で、持ちたいバッグは決まるもの。ちょっとしたお出掛けにも、サブバッグとしても活躍するのがこのサイズ。そして、英国製のものづくりの特徴といえば、用いられるパーツの質の高さ。馬具にも使われるブライドルレザー、ある程度の撥水性を持ち合わせた品の良いファブリック、次第に鈍い光を放つ真鍮の留め具。それらすべてを加味し、熟練した職人の手で一点一点つくりあげられます。風はもう、秋の匂い。ぜひ、お手に取ってBradyの『MINI CARRYALL CHECK』をご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp