St.James – OUESSANT

IMG_3557
St.James
OUESSANT

made in France
material : Cotton 100%
color : Neige(White) , Noir(Black)
size : T4 , T5
price : 10000yen + tax

FullSizeRender
本日ご紹介するのは、お店の顔。20年以上PICK-UPの看板商品となる、フランスのカットソーSt.Jamesを。フランス海軍制服に採用された、ピカソが着ていた等さまざまな逸話を持つのは、創業120年を超えるブランドならではのこと。

IMG_3560
Engineered Garmentsの品番に出てくる場合、Horizontal Stripeと表記されることから、ボーダーはどうやら横縞を指す言葉ではないみたい。映画でも見られるように、囚人服や海軍であれば下っ端水兵が着ていた服で、ボーダーラインという言葉通り、普通の人とそれ以外を区別するための意匠(デザイン)なのだそう。定番OUESSANTは島名に由来し、イギリスとフランスの間ガンジー諸島からはるか南西に位置しています。グーグルマップでPIRIAC島との位置関係を比べてみるのも面白いですね。

ボーダーの起源はそのくらいにして、皆さん「大人になって、はじめて買ったボーダーがSt.James」という方も多いのではないでしょうか。私も、高校生の頃バイトして購入したのはNeige/Gitaneカラー。当時PICKで働いていたスタッフ太田さんが、ドゥニーム66モデルにnew balance576レザーの赤と合わせていたのを見て、それに憧れ購入しました。あぁ、もう20数年も昔のことだなんて!

St.Jamesは、「生地が良い。」それに付きます。生地は糸へと還ります。初めの数回は洗濯での縮みがありますが、2~3cm縮んだ後では糊も取れて体に馴染み、長く付き合える一枚となります。3~4年着回せるだなんて序の口で、頻度は減れど10年以上愛用する方もいらっしゃるほど。インポート素材の糸は、文字通りその土地から生まれるものですから、長くフランス生産を守ってほしいブランドです。

無地のほかにも、ボーダーも揃いました。ぜひ、店頭で春を感じるSt.Jamesをお愉しみください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_3269
「いやー、どうもどうも。」明るくにこやかな笑顔で、扉を開ける男性。もうかれこれ20年程お店に通ってくださるお客様。私が店で働きだした頃、格好良いけど手が届かず、ご購入されるお客様を羨望の眼差しで見ていた一着がありました。そう、Moncler のプルオーバーリバーシブルジャケット。「あ、これ覚えてます?田中さん、前にblogで書いてたでしょ。」あーっ、言われてようやく気付きます。

IMG_3267
私のイメージに強く残っていたのは、ナイロン側の方でした(笑)ひっくり返して、着直して頂きます。覚えてます、覚えています。このしなやかで高級感あるナイロンの質感、フラップ付きのポケット。

IMG_3270
そして、品のある緩めのカフ!いやぁ、懐かしい一枚です。お客様曰く、「ナイロン地が裏に来る方が滑りが良くて、着易いんです。フリースの素朴なかんじも良いでしょ。」はい、めちゃくちゃ良いです、忘れてました。あらためて見ると、フリース側のポケットは、両サイドジッパー付きのカンガルーポケット。しかも、ririジップ。もはや、忘れてました。こうして15~6年振りに愛用されるジャケットを見ることが出来るだなんて、本当に嬉しい瞬間。しかも、大切に着ていらっしゃるから、ほぼノーダメージって、素晴らしい。本日ご紹介したSt.Jamesにちなむフランスつながりで起きた、嬉しいご来店でした。

本当、服屋冥利に尽きることばかりですね、日日感謝です。

saKae