Engineered Garments – Shoulder Pouch / 父の日ギフト


Engineered Garments
Shoulder Pouch – Pack Cloth

made in U.S.A
material : Nylon 100%
color : Yellow , Royal , Red , Navy
size : 30cm×28.5cm / Strap 95cm(調整可)
price : 8000yen + tax





本日ご紹介するのは、Engineered Garmentsより『Shoulder Pouch』を。90年代を思わせる発色の良いPack Clothで登場したShoulder Pouch。もともとはミリタリーのガスマスク入れだったとか。財布、携帯、読み物をすっぽり収納出来る優れもの。半年前のオーダーシートを見返すと、そのときどきの情報が自筆で裏に殴り書きしてあった。NY 展で反応が良かったのは、ビビッドな色味の中でもGREEN、ナイロンではROYAL ! コーデュラ混のウールトロは人気、オープンカラーのCamp Shirtは久しぶりに調子が良い- など。店頭に商品が出揃い、前評判と実力の差というか、実際のお客さんの反応が比較出来て、なるほど面白い。今季、PICK-UPでは色は小物で取り入れよう ! がテーマ。スポーティーなお父さんにもお勧めのギフトです。この夏はビビッドなカラーリングで、Shoulder Pouchをお使いくださいませ。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp


店休日、utsuwa.galleryあんざいで開催中の25周年企画展へ。夕闇の中たゆたう、松原竜馬さんと角田淳さんのうつわたち。しっかりと芯を据えながら、見る者を深い食の世界へ誘うスリップウェア。そして、凛として佇む淳さんの陶。暮らしのなかに立ち上がるうつわの光、私もひとつ購入しました。ギャラリーにはフローリスト平井かずみさんによる、那須の無農薬で育てられた花が活けてあります。WSのようすを、ギャラリー店主の久子さんが話してくれました。『剣山で刺すのは可哀そうでしょ、自然に咲く花は絡み合っています。だから活けるときも、そのように同じように。風が吹くように、軽やかに。(本人談を久子さんから)』花を活ける、考えてしたことのなかった私にとって、それは新鮮な所作。

あす、明後日のギャラリーでは私たちとも親交の深い東京・福島混合チームがお客様の来場を待っています。潤い滴る雨上がりの庭を愉しむには、絶好の週末。お勧めの展です。ギャラリー帰りには、ぜひPICK & BarnSへもお立ち寄りください。ひょっとしたら、例のDeadstockものがお店に届いているかもしれません。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae