MIS – MINI TOTE BAG / 『うつわ祥見展』utsuwa.gallery あんざい


MIS
MINI TOTE BAG

made in California
material : 1000D CODURA Nylon
color : Olive Drab
size : 横39.5cm×高さ23cm×幅15cm
price : 9800yen + tax


color : Black
price : 9800yen+tax



本日ご紹介するのは、MISより『MINI TOTE BAG』を。ものづくりのコンセプトは”Make It Simple”、2014年Los Angelsにて創業したブランド。アメリカ国防省が定めたミルスペック(軍用基準)をクリアし、あらゆる極地で強靭な耐久性を誇るものづくり。一見したそのまま、タフさが持ち味のトートバッグ。バッグ開口部分にジッパーを設け、中が見える心配無用のトートバッグ。しっかりマチも取ってあり、お弁当プラス財布 & 携帯もばっちり収納出来る、普段使いにもってこいのサイズ。ぜひ、店頭にてMISの『MINI TOTE BAG』をご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp


休日、庭坂で開催中の『うつわ祥見展』へ。utsuwa.galleryあんざい25周年企画、鎌倉に居を構える祥見知生さんが選ぶうつわたち。「詩人が詩を書き、走る人が走り、描く人が描く。そうせずにはいられないからなのだと思う。-中略- せずにはいられない仕事をした作り手は凄みが違いますよ、それは一目でわかる。(うつわと一日/著 祥見知生 本文より抜粋)」借りた本を読み、鎌倉のお店にも一度足を運び、開催を愉しみにしていた展。同時開催のお話し会と食事会には、30名ほどの客が集っている。「昔、作家もののうつわは殿様のものでした。いまは違います。私たちが暮らしの中で、日々使うものです。ときおり、お買い上げ頂き、お客様が使われているうつわを拝見する機会があるのですが、使われ愛でられたうつわを見て、つい買い戻したくなるものもあります。うつわは使うことで、育つのです。」そう話す祥見さんの言葉は、私たちが常々服を扱う上で共感することばかり。「仕事は仕事でかえす」その言葉にも、祥見さんのうつわに、職人に対峙する真摯さが垣間見えました。展は11月4日(日)まで。utsuwa.galleryあんざい25周年企画です。地元に愛する店があるのは、誇らしいこと。皆さま、ぜひに。

saKae

『うつわ祥見展』
utsuwa.gallery あんざい

日時 10月30日(火曜) ~ 11月4日(日曜)
AM 11:00~ PM 5:00
福島市町庭坂字原ノ内14
024 591 1064