Le Tricoteur – Traditional Guernseys / 念願Cherry


Le Tricoteur
Traditional Guernseys

made in The British Channel Island of Guernsey
material : Pure Wool
color : 6color
size : 38 , 40
price : 19800yen + tax


color : Navy Blue
size : 38 , 40
price : 19800yen + tax



color : Oatmeal
size : 38 , 40 Thanks sold out
price : 19800yen +tax


color : Jet Black
size : 38 , 40 Thanks sold out
price : 19800yen + tax


color : Cherry
size : 38 Thanks sold out , 40 Hold , 50 Thanks sold out
price : 19800yen + tax / 21800yen + tax

本日ご紹介するのは、Le Tricotuerより『Traditional Guernseys』を。イギリスとフランスの丁度真ん中あたりに位置するガンジー諸島。その漁師町で編まれるのが、このガンジーセーター。雨風にさらされる漁のとき、外で道具をメンテナンスする作業時にも、がっしりと編み込まれ、目の詰まったセーターは彼らの必需品でした。動きやすさを考慮した袖付け方法も、このセーター特有のもの。前後を気にせず着れるシンメトリーな形は、早朝から仕事をする漁師のために考えられた仕様だといいます。素朴であるからこそ、味わえるものづくりの確かさ。ぜひ、店頭にてお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp



Photo by 山崎明保

『ベーシックな形なら、色で遊べ。』『形が奇抜、その上色も攻めたらキワキワでしょ。』とは、RESOLUTE林氏の言葉。『買う時はジャストサイズをひとつと、色違いで2サイズ上を。そうすれば、いつもと異なる雰囲気が愉しめる。』その昔、何かで読んだ服屋のスタッフ話。混ぜるな危険!?今回マイサイズに選んだのは<size 50>。7XLだから、よっぽどの冒険か。以前買ったiliann loebとの協業モノは日本製、着やすかったがセーター特有のガシッと感がなくて物足りなかった。今回のは正真正銘ガンジー生まれ、しかも念願の赤。レスキューオレンジ、もとは海難事故の際、緊急事態を示すフラッグ代わりに使われた説もある”Cherry”。その後、無事故を願うゲン担ぎの役割も担うようになったそう。ニットものならではの発色の良さに、グググッとくる。馴染んで、丸みが出てくる頃はもう雪景色か。EGの影響で、赤ばかりが気になる。

saKae