St.James – OUESSANT


St.James
OUESSANT

made in France
material : Cotton 100%
color : Ecru/Marine , Gris (Grey) , Choco (Brown)
Ecru (Natural) , Noir (BLACK)
size : T1 , T3 , T4 , T5 , T6 / Choco T1 , T3 ,T4 Thanks sold out
price : 10800yen + tax

本日ご紹介するのは、St.Jamesより『OUESSANT』を。今年、創業130周年を迎えたSt.James。日本に紹介され約40年、わたしたちのお店では92年頃から取扱いがスタートしました。はじまりは、オーナーの省吾さんが、原宿ビームスに並ぶ一枚のボーダーを見たこと。白地に鮮やかなブルーのラインが走る長袖カットソーに目を奪われ、奥様のために買い求めたのがきっかけでした。そのときの素材は、夏用の半袖と同じものだったといいます。わたしが高校時代「飯行こうか!」とお店の常連さんたちに声掛けられ、夜ご飯を食べに行ったときのこと。席につこうと、上着を脱いだら皆で大笑い。全員がSt.Jamesのボーダーだったなんてことも。 中華料理店の方も、笑ってましたね。シャネルも、ピカソもブリジット・バルドーも、ここのボーダーを着ていました。すべてのボーダーはSt.Jamesから始まったといっても、過言ではありません。

同ブランドの現CEOリュック・レセネカル氏のインタヴューを。- 素材は厚手の綿を使い、ボーダーシャツ1枚で11行程あります。縫製も地元の工場で行い、そこで働く約300人の工員は全員が地元のフランス人です。歴史が長いからか、「特別なノウハウは何か」とよく聞かれます。でも本当に何もありません。強いて言えば、「われわれ一人一人の手の中」。例えば、襟首のステッチは手縫いですが、職人でも完全にできるようになるまで18か月もかかるのです。- (FASHION HAN-BAI 2019.9より抜粋)

ほぼひとつの型で、これだけ多くの人に愛され認知されるブランドは、なかなか類を見ません。使い勝手の良い定番ボーダーECRU/MARINE に加え、無地が4色。サイズが揃っての入荷です。聞くところによると、無地は船長、ボーダーは船員用だなんて話もあるようです。ぜひ、わたしたちのお店にも欠かせない存在となったSt.Jamesの『OUESSANT』をお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp