ORCIVAL – CREW NECK RIB KNIT

orr0

『ANDERSEN ANDERSEN』に引き続き、畦(あぜ)編みのニット 本命が揃いました。
本日ご紹介するのは、フランス『ORCIVAL(オーシバル)』からの一枚。

 

orr1

フランス海軍の制服を手掛けていたこともあるORCIVALは、1930年代にはじまりました。
海にまつわる制服を作るブランドとしては、セントジェームスも皆さんご存知ですよね。
この二つは、ボーダーと言えば思い浮かぶ名前の代表格だと思います。
orr3

コマンドセーターにも見られるきつめの編立てではなく、この畦のニットは
肌触りもしなやかで、ラクチンな着心地。セーターのチクチク感が苦手な方は、
中にシャツを一枚着込んで重ね着すると、克服できるかも?!

orr2

蜜蜂のロゴマークも、さりげなく。
その昔、15〜16年前は、当たり前にあった畦編みのセーター。スエードのエルボーパッチが
付いていたり、両肩にナイロンの肩当てがつくものがたくさんありました。

年を重ねるごとに、当たり前にあった洋服たちが、どんどん身の回りから姿を消していきます。
けっして派手さはないけれど、着るその人に馴染んで、味わい深くなるもの。

そのひとつに畦編みのニットがあります。ダウンベストやオイルドジャケットのインナーに、
もってこいの一枚。クラシカルな雰囲気も、このニットが一枚あることで、十分に楽しめます。

ぜひ、店頭でご覧ください。

orr4

 

ORCIVAL
CREW NECK RIB KNIT

brand from France
made in Japan
material : Wool 100%
color : Navy
size : 4 , 5
price : 18900yen