L.L.Bean – Solid Boat & Tote


L.L.Bean
Solid Boat & Tote

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Natural
size & price  : S / 7590yen , M / 8690yen / included tax




color : Black
size & price : S / 7590yen , M / 8690yen / included tax

本日ご紹介するのは、L.L.Beanより届いた『Solid Boat & Tote』を。「L.L.ビーンこそトート・バッグの元祖 ヘビィデューティさは完璧」アメリカ人は子どもの頃からL.L.ビーンのバッグと共に育つ。あらゆる場合を想定した細かいこだわりのバッグがL.L.ビーンらしい。(モノ・マガジン1991 No.199「特集 L.L.ビーン読本」より抜粋)

ビーンと言ったら、これ!というのがこのキャンバス地のトートバッグ。お馴染みのネイビー、レッド、グリーンのライン入りはもちろんですが、無地のSolidも見逃せません。いまの気分はナチュラル。床に直接置くこともあるのでボトムの汚れは気になるところですが、キャンバス好きとしては、ナチュラルは外せません。今季から、サイズSも登場しました。お弁当用としても十分容量を持ち、普段使いにもってこいのサイズ。Made in U.S.Aを頑なに貫いている点も、L.L.Beanの顔といわれる由縁ですね。ぜひお手にとって、L.L.Beanの『Solid Boat & Tote』をご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。


学生時代に使っていたバッグやお気に入りだったスニーカーたち、これって皆さんそれぞれに思い入れがあるはず。かくいう私も、中2のとき友人たちと一緒にL.L.Beanのメールオーダーシステムで、買い物をしていました。もちろん、L.L.Beanの存在を知ったのはピックアップのおかげですが! 高校生になると、周りの友人たちも服への関心が高まりだし、それは競って「俺はBeanだ。いや、OUTOOR PRODUCTSが良いでしょ! グレゴリーってものあるな、ん? OVERLANDが新しいんじゃない」などと話したものです。当時は、反射板の付いたL.L.Beanのブックパックが流行っていて、我先にと他と被らない色を探して買っていたのがいました。私はと言えば、欲しいのはDULTH PACKオリーブのブックパックでしたが、後輩と被るのが嫌でFATIEGUの3WAYを使っていました。その後、中身を入れないで背負うスカスカのDANA designなんかが流行りましたね。モノ・マガジンの1991年『特集 L.L.Bean読本』を見返していたら、オーナー私物のクッションと同じものが掲載されていました。『バッグ・ピロー。ベッド・ルームの枕とかわらない大きさの枕がコンパクトなケースに収まってしまう。軽く寝心地も快適。8.95ドル』とあります。しかし、実際の使い心地をオーナーに聞くと、「クッションがペナペナで、アウトドアでなんか使えないよ!クッションに頭乗っけたら、そのまま地面だもの」と笑う始末。この辺なんかも、長く愛されるアメリカものの味わいでしょうか。L.L.Beanのトートバッグ、高校時代はわたしGreen / Naturalを使ってました。押し入れを探したら、きっとどこかにあるな。

saKae