Fabrica Alentejana de lanificios / Vest

IMG_7828

Fabrica Alentejana de lanificios
Vest

made in Portugal
material : Wool 100%
color : Navy
size : S Thanks sold out , M Thanks sold out
price : 47000yen + tax

2013ポルトガル 006
本日ご紹介させて頂くのは、ポルトガルから届いた、伝統的な織柄のベスト「Fabrica Alentejana lanificios(アレンテージョ地方の毛織物)」です。この織物に出逢った経緯と、ベストになるまでのお話を企画者である、高橋さんからお聞きしました。

それは、ポルトガルのポルトという街を訪れたときのこと。同国の伝統的な手工業を守ろうとするオーナーが開くお店で見た、一冊の写真集。非売品だった最後の一冊をどうにか譲り受け、その中に広がるラグ工房と街の美しさを愉しんでいたそうです。

2013ポルトガル 040
しかしページをめくるうち、織物への想いは募り、この織物工房を探すことがはじまります。ポルトガル大使館、パリにいるスタッフと探しに探したそうです。そうしたところ、昔ながらに織りを続けているところが、アレンテージョ地方に一軒だけ残っていることがわかりました。お土産屋さんに置いてあるような、機械化された輸入物ではない、本物の織物があるというのです。

2013ポルトガル 021
そこから連絡をとるのも、一苦労でした。70過ぎの女性がオーナーで、3人の織り手がいるのですが、mailは知り合いの女性宅に届き、その女性が週に何回か飼っているヤギの世話に行くとき、プリントアウトを届けるといった文通の状態。(Nepenthes とArrow Moccasin のやり取りを思い出します。)彼女も、70年代にオランダから旅行でこの地に来て、このラグにほれ込みそのまま移り住み、工場を継いだ方だというのです。フォークロアやアートに非常に関心が高い方で、高橋さんがそのとき持参したCENTINELA(センチネラ)やORTEGA(オルテガ)の織物にとても興味を持ってくださったそうです。

2013ポルトガル 023
アメリカインディアンの織り物の歴史はここ120年ほどのもの、このアレンテージョ地方の織物は1492年のレコンキスタまでイスラムの文化を受けた、この地ならではの独特の色彩と柄の文様をもつもの。彼女は自分たちがつくる織物の、歴史の深さに自信を持っています。今回ベストには、柄のなかでも一番古い文様のひとつである、水の流れを表すものを選びました。

もちろん、このようなベストは現地では存在しません。歴史と文化を、装うという形のなかに表現した一枚です。(高橋さん談)

※レコンキスタとは
イスラム人に占領されたイベリア半島を、キリスト教徒の手に戻そうと奪回しようとした闘い。この過程でポルトガルとスペイン国家が誕生することとなりました。国土回復運動とも呼ばれます。http://www.weblio.jp/content/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%BF (Weblio より抜粋)

 

IMG_7848
ポルトガルのアレンテージョ地方に残る最後のウールファクトリー。高度な技術を兼ね備えた熟練の女性3名によって一枚、一枚心をこめて織られているものです。

IMG_7846
ヨーロッパで最後の一台と呼ばれる織機、それは中世の時代から使われていたものだそう。工房自体も、ポルトガルの首都から約3時間半かけて、たどりついた場所にあるといいます。くるみボタンも、経年変化がたのしみなリアルレザーを用いています。

IMG_7830
これまでお店では、「ORTEGA’S(オルテガ)」や「CENTINELA(センチネラ)」、「TRUJILLO’S(トルフィリオ)」など、いくつかのラグベストを取り扱ってきました。どの工房も、職人が一枚一枚を手間をかけて織りあげているものです。このアレンテージョのものは、その素朴な風合いに愛すべき情緒があって、まさに人が手でつくりあげる様相が、見て取れます。着ることで伝わります。

IMG_7851
その土地ならではの「もの」に出逢うと、まるでその場所に行ったような気持にもなれて、服の世界旅行とはこのことだなぁ!と産地に想いを馳せるのです。

IMG_7860
わたしがこのラグベストと出逢ったのは、フランクロイドライトが手掛けた目白の建築物、自由学園明日館。その光のなかでした。高橋さんがTシャツにさらりと羽織っていた姿と、敷き詰められた色とりどりの織物に、まさに目を奪われたのです。こうして、ご紹介している間にもSサイズが、お客様のもとに旅立っていきました。

IMG_7873
いま、数少なく残る手仕事。職人の手間をかけたポルトガル伝統の織物、ぜひ店頭にてご覧ください。色違いのベストもご用意出来そうな予感。サイズ欠けしているSも、近くご紹介出来ることを願いつつ。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

IMG_7229
ただ今、PICK-UP & BarnSで贈り物をお選び頂いたお客様には、スペシャルラッピングをさせて頂きます。少しお時間を頂戴しますが、ラッピングの愉しさを、ご一緒に味わえましたらと思います。ギフト選びのお手伝い、ぜひ私たちにお任せください!皆様のご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
お電話かmailにてお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp