Rough & Tumble / Shirt Jacket

IMG_2285
Rough & Tumble
Shirt Jacket

made in N.Y.C
material : Cotton 100%
color : Marble Print
size : M
price : 21000yen + tax

IMG_2295
本日ご紹介するのは、New Yorkより届いた「Rough & Tumble」のShirt Jacket。まずは、Marble Printから。古い洋書を開くと目に留まる、美しい本の見返し。目を奪うその鮮やかな彩りに、本の内容になかなか目が進まない!なんてことさえありますものね。繊細で美しい色彩「Marble Print(マーブル紙)」とは、その名の通り、大理石模様のことだそう。この技法の始まりは9世紀の日本、「墨流し」に着想を得ているとされています。日本からトルコに渡り、ドイツやイタリアなどヨーロッパを席巻、巡り巡ってアメリカを経て、また日本に戻ってきたMarble Print そう思ってみると、なんだか感慨深くなりますね。

IMG_2288
今回、Marble Printで「Rough & Tumble」が仕上げてきたのはシャツ素材を使ったジャケット。袖先はシャツのように、カフとボタンがつけられ、捲り上げやすいように仕立てられています。中にあわせるのは、カットソーが良いでしょう。ジャケットが本の見開き、中に着たカットソーが本の内容だと考えると、なかなか面白いかもしれません。ページを開けるように、ジャケットのボタンを外す、とかね。

IMG_2314
Rough & Tumble
Shirt Jacket

made in N.Y.C
material : Cotton 100%
color : Polka Dot
size : M
price : 21000yen + tax

IMG_2305
「Rough & Tumble」のタグには、「untraditional shirtmakers」とあります。NYCマンハッタン島のなかでEngineered Garmentsのものづくりがなされるのは、Garment Districtと呼ばれる地域。EGのNYC店も、同地区にあります。その地域には、古くから稼働する縫製工場と生地屋がビルの中にひしめき合っていて、いろいろな生地が集められるのだとか。NEPENTHES AMERICA.のスタッフやEGディレクター鈴木氏が、ここに目を付けないはずはありません。彼らの自由な発想と、独創的な生地 & それを可能にする縫製背景。それらが結びついて、Rough & Tumble は産声をあげたのです。
IMG_2310
シャツ袖を捲り上げることで、見えるにじんだプリント跡。袖先に表情もつけられて、なおかつアクセントにもなります。前を留めるボタンも、従来のシャツに備え付ける小ぶりなボタンが選ばれています。ジャケットの顔をした、一枚のシャツというわけです。

IMG_2300
Rough & Tumble
Shirt Jacket

made in N.Y.C
material : Cotton 100%
color : Navy
size : M , L Thanks Sold Out
price : 20000yen + tax

IMG_2281
もちろん、Solid Colorもご用意しております。なにかと遊びのある柄物を着たいとき、いちばん上に羽織るジャケットには落ち着きのあるネイビーが◎。羽織ることで、すべての色合いを穏やかにまとめあげるネイビーの洋服は、春先に一枚 持っていたいもの。
IMG_2276
柄物も、ソリッドカラーも着こなせたら、洋服の幅がぐぐぐっと広がりますね。ぜひ、使い勝手の良い「Rough & Tumble」のShirt Jacketを店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp