Soda Ko 100bags 2017 at BarnS/100 books

SH0_0150A
Soda Ko 100bags 2017
3/10(金)⇀13(月)
11:00-19:30 at BarnS
福島市宮下町18-30
※3/11(土)は曽田耕さんが在展します。

「その日は、福島に身をおいておきたい。」
曽田耕さんの『Soda Ko 100bags2017』展が3月10(金)より4日間、BarnSで開催されます。会場はBarnS1階、曽田さんのたずさえた100個のバッグたちで埋め尽くされます。3/11(土)は曽田耕さんも在展し、作り手ご本人とお話が出来る貴重な機会です。皆さまのご来店をお待ちしております。

曽田耕ホームページはこちら。
http://www.sodako.com/

saKae

17200938_1196817387103056_8355769038984652995_n
『100Books』

小島雄次がセレクトした本 100冊の販売。 絵本や写真集、雑誌、漫画、小説などなど。 比較的、絵本が多めになるかと思います。 全て古本で、全て販売します。 いろいろ楽しい本を用意しますので、是非、お越しくださいませ!

◎日時
3月10日(金)〜13日(月)
11時〜19時30分

◎場所
BarnS 2階
(福島市宮下町18-30)

◉◉◉◉◉◉
この企画は、同日時にBarnSで開催される、 曽田耕サンの『100bags』 に合わせて企画させていただきました。
ステキなバックや財布などがズラリと並びますので、こちらこそ是非!

小島雄次

皆さまのご来店を、スタッフ一同お待ちしております。
PICK-UP & BarnS

 

 

COMOLI – ドローストリングパンツ

IMG_3934
COMOLI
ドローストリングパンツ/コットンツイル

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Chambray
size : 1 Thanks sold out
price : 32000yen + tax

IMG_3933
本日ご紹介するのは、COMOLIから届いた「ドローストリングパンツ/コットンツイル」を。

IMG_3935
固さと厚みがありながら、触ると形状記憶のようなシワが強く残るようにつくられた一本(ブランドリリースより抜粋)。テーブルに平置き計測で、ウエスト実寸42cm(×2)サイズ変換すると33インチほどですが、履いてみればそのまとまりある太さに納得して頂けるパンツです。ウエストはドローコードで調節可能。

IMG_3924
太さを持って履ける、春夏を愉しめるパンツとなっています。ぜひ、その素材感の妙を店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Engineered Garment – Lt Parka / 食堂ヒトト「FOLKLORE」演奏会

IMG_3906
Engineered Garments
Lt Parka-PC Poplin

made in U.S.A
material : Cotton / Nylon
color : Dk.Navy
size : S Thanks Sold Out
price : 48000yen + tax

IMG_3902

アップする間もなく、完売となってしまったEngineered Garments のLt.Parka。ナイロン素材とそれを留めるスナップボタンがおりなす皺とうねり、袖口をまとめるギャザーに特徴がある一枚。裏地なしの軽快な羽織りは、シーズン通して使えるアウターです。日を追うごとに、着実に春の光が色を増しています。ぜひ、店頭賑わす春の新作をPICK-UPにてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

FullSizeRender
FOLKLORE
AOKI,hayato / haruka nakamura / Uchida Akira
はじまりの音
福島 食堂ヒトト
2017年2月23日(木曜日)

ビル老朽化により、一度その幕を閉じた吉祥寺 食堂ヒトト。ビル自体の取り壊し期日が迫る中、その建物へ音を沁み込ます演奏があったと聞きます。それは、わたしが行くことは叶わなかったLIVE『FOLKLORE(フォークロア)』。奥津オーナーは話します。「吉祥寺のあの場所、最後を締めくくったのは彼らの演奏でした。そして、店を閉めて、一年一ヵ月が経ちます。あたらしく福島で店を構え、はじめる音があるならば、その演奏は彼らにと決めていました。この食堂ヒトトでFOLKLOREの演奏を聴くこと、ようやく今日叶えることが出来ました。皆さんと一緒に、この福島の地で。」

FullSizeRender (1)
他人の美しい仕事や、手を尽くした料理、からだ揺さぶる演奏を聴くと必ず、自身の仕事のことを思い返します。ちょっと、おこがましいときもあるけれど。「あすは何しようか、あのお客さんは何を喜ぶか?迎え入れるウィンドウは綺麗にしてあるか。」しかし、この日のFOLKLOREでは、そんな自分の意地をまったく感じさせぬ演奏がありました。風がビル揺らす音も、信号のアナウンスも、通りを行きかうバスのブレーキ音も、すべてが同じ流れの中で無理強いなく、そのままそこにある。詰めることではなく、空気に余白を残す演奏。「自分たちの想いだけをガチガチに縛り込んだ場所にしたくない。その場で出逢った人たちが自由に空気を作り出す、余白のあるお店にしたい。」エフスタイルの二人が、そう話していたことを演奏を聴き思い出します。

食堂ヒトトへは、自分を喜ばすためだけに行こうと決めています。採点表を持たずにね。彼と彼女たちがお店をオープンしてから、まだ5か月しか経っていません。でも、それを感じさせないくらい安らぎある場所に、お店も彼女たちも育っています。エフとヒトトは、わたしにとって替えるべくなき出逢いです。それはこの町にとっても同じこと。ひとつの飲食店が町に出来ることで、変わっていく景色。それが、30年以上続いたら本物と呼ばれるのでしょう。それを、われわれは服でやっていきたいと、あらためて感じる夜でした。ありがとう御座いますFOLKLORE、そしてその場で出逢えた皆さま。

saKae

Style

IMG_3894
COMOLI
バンドカラーシャツ

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Navy
size : 1 Thanks sold out , 2 Thanks sold out
price : 22000yen + tax

or slow
Baseball Shirts

made in Japan
material : Wool 60% / Linen 40%
color : Black
size : 2 Thanks sold out
price : 18900yen + tax

-Styling by Waragaya-

IMG_3895
店頭ディスプレイを飾るのは、春のNavy×Blackのワントーン。2017FW展示会でor slowデザイナーの中津さんが着用していたのが、このシャツ。程よく着こんで洗いこまれたWool/Linenの風合いは、着るその人に馴染んでとびきり恰好良かったです。マックィーンなど昔のハリウッドスターの衣装は、その人に採寸をあわせて全て仕立て直してあったそう。デザイナー自身が手掛けた服なら、なおさら格好良いはずです。

ぜひ、店頭にてワントーンの着こなしをお愉しみください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_3874
休日前の月曜夜、仕事終わりに自宅へ届いた音源3枚。PICK-UPでかかる音楽は、スタッフ私物かお客さまにお借りしたものです。よく聴くGrechen Parlato(グレッチェン・パーラト)のベース弾き、Mark Guiliana(マークジュリアナ)。その彼が新たに立ち上げたバンド「Halo Orbit(ハイロー・オービット)」、これがすこぶる格好良いのです。その話を、私にとっての音楽の師匠であるAs Soon Asマスターに告げます。返ってきたのは、『明日、雄一郎のLIVEあるから、来たらいいのに。』との連絡。

IMG_3887
福島市出身のサックスプレーヤー加藤雄一郎さん。学生時代かなり聞き込んだバンドcalmの演奏は彼によるもの。しかも地元高校の先輩にあたると聞いたときは、鳥肌が立ちました。その加藤さんと「風景を描くように歌い、弦を弾く。 」SSWクマガイマコトさんのツアーがAs Soon Asで開催。翌日お二人は、PICKに寄ってくださり洋服談義を。このクマガイさん、かなりの靴マニア!これまで履いてきた靴から、磨き方までその愛情は尋常ならざるもの。ぜひ、演奏の記録と合わせてクマガイさんのblogをご覧ください。

クマガイマコト
http://blog.livedoor.jp/kumagaimakoto1972/archives/52056497.html

そして、加藤雄一郎さんの演奏は、こちらから。故郷の町を流れる川に由来した曲「Abukuma」と、「Flycatcher」を聴くことが出来ます。

加藤雄一郎
http://katoyuichiro.com/sound.html

すべての出逢いに感謝の夜でした。

saKae

COMOLI – コモリシャツ/ベルテッド デニムパンツ

FullSizeRender (1)1
COMOLI
コモリシャツ

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Navy
size : 1 Thanks sold out , 2 Thanks Sold Out
price : 22000yen +tax

IMG_3871
COMOLI
ベルテッド デニムパンツ

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Black
size : 1 Thanks Sold Out , 2 Hold
price : 28000yen + tax

本日ご紹介するのは、COMOLIより「ベルテッド デニムパンツ」を。ミリタリーのオーバーパンツから生まれたモチーフ。今回、PICK-UPで選んだのはBLAKC DENIM。腰回りでクロスするベルトに、シルエットはワタリたっぷりにゆとりを持たせた太めのライン。裾は大きく弛ませても良し、ロールアップしてすっきりまとめても良しの、独特のシルエットを持つ一本。

組み合わせたのは、「コモリシャツ」のネイビー。今季は、ブラックとネイビーを混ぜたかのような色合いが、どのブランドを見ても多いようです。ぜひ、店頭にて「ベルテッド デニムパンツ」と「コモリシャツ」をお試しください。皆さまのご来店をお待ちしております。

sakae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.mne.jp

Engineered Garments / NA2 Jacket – PC Poplin

FullSizeRender
Engineered Garments
NA2 JK – PC Poplin

made in U.S.A
material : Polyester 65% / Cotton 35%
color : Dk Navy
size : S Thanks Sold Out , M Thanks sold out
price : 52000yen + tax

着用サイズ<M>、スタッフ身長180cm体重65kg

IMG_3853
本日ご紹介するのは、Engineered Garmentsより届いたアウターの大本命「NA2 Jacket」を。

IMG_3869
春先に着廻しの効くショート丈。シェラのマウンパ登場により、流行りに乗り切れなかった80’sの置き土産「65/35(Polyester&Cotton)」素材が採用されています。放っておけば廃れてしまう生地を、敢えて取り上げるディレクター鈴木さんの天邪鬼さ、それが素材選びにもあらわれています。完成しない美しさってありますよね。

IMG_3868
今回も鈴木さん独自の解釈によるミリタリーとワークウェア要素が、ディテイルのあちこちに散りばめられています。ダイヤ型のエルボーパッチ、ジッパー&スナップの風防、カンヌキによるペンホルダーなど。着込んでいくほどに、その人の味わいに育っていくJacketは、まさに手放すことの出来ない一着になることでしょう。

IMG_3858
PICK-UP一押しのアウター、Engineered Garments 「NA2 Jacket」をぜひ店頭にてお試しください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

COMOLI – バンドカラー&コモリシャツ

IMG_3816
COMOLI
バンドカラーシャツ

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Sax/End on End
size : Thanks Sold Out
price : 22000yen + tax

IMG_3815
本日ご紹介するのは、COMOLIより届けられたシャツを。ブランドアイコンとしても、人気高い2型「バンドカラーシャツ」と「コモリシャツ」が店頭に揃いました。着丈の長い、独特のシルエットでシーズン問わず着回し出来るバンドカラーシャツ。今季は、発色を抑えたハケ目素材が登場。

IMG_3825 - コピー
縦の重ね着で生まれる服地の連なり。よりそれを愉しむには、ゆとりあるシルエットのパンツが良いでしょう。今回は細身のパンツを合わせていますが、シルエットに強弱をつけるなど、極端な動きがある方が遊び甲斐があるというもの。極太のミリタリー良し、色落ちしたデニム良し、夏場であれば履き丈短めのショーツもありだと思います。組み合わせの面白さを愉しめるバンドカラーシャツです。

IMG_3810
COMOLI
コモリシャツ

made in Japan
material : Cotton 100%
color : Sax/End on End
size : Thanks sold out
price : 22000yen + tax

IMG_3813
体の動きの後に、服が遅れてついてくる感覚。この着心地と揺れのあるシルエットは、COMOLIならではの着用感です。COMOLIのホームページも、今季のLOOKに更新されています。どうぞ、あわせてご覧ください。

http://www.comoli.jp/

他にも、PICK-UP初お披露目となるカットソーブランドの新作が店頭に届いております。そして、いよいよ「F/style展 at BarnS」も明日2/19(日)が最終日となっております。皆さまのご来店をPICK & BarnSでお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

DANTON – HOODED COAT/ 森岡書店

FullSizeRender2
DANTON
HOODED COAT

brand from France
made in Japan
material : Cotton 100%
color : Beige
price : 19800yen + tax

本日ご紹介するのは、フランス生まれのワークウェア『DANTON(ダントン)』から、HOODED COATを。クラシックな大ぶりのボタンにチンストラップ、春を愉しむコートが入荷しました。まず、ご紹介するのはフード付きのタイプ。カラーバリエーションは2色。こちらのベージュとネイビーをご用意しました。
IMG_3808
DANTON
ステンカラーコート

brand from France
made in Japan
material : Cotton 100%
color : Navy
size : 40 , 42 Thanks Sold Out
price : 18800yen +tax

裏地なしの一枚ものだから、中にダウンを着たり、肌寒さ感じる日にはセーターを合わせたりと、便利な一着。春一番が吹いたような、今日の暖かさにはまさにピッタリなフーデッドコート & ステンカラー。ぜひ、店頭にて、軽さある春の一枚をご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

IMG_3819

通信販売も承ります。
詳しくはお電話か、メールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

BarnSでは、エフスタイル展が絶賛開催中です。普段の取り揃えより数多くご覧頂ける、貴重な機会です。PICK-UPとあわせて、どうぞ足をお運びください。

IMG_3730
先日の東京出張で、帰るぎりぎり足伸ばしたのは『一週間、一冊の本だけを売る本屋』森岡書店。普段の展示会巡りでは、なかなか訪れない銀座。立ち寄ったのは、店のコンセプトが一見突飛でありながら、自分にとってしっくりといき、なおかつ扱う本が手にしたいものばかりだったから。沖潤子の『PUNK』しかり、展開催中の作家しかり。展開催の一週間は、その本にまつわるものが併せて展示されます。それは、写真のオリジナルプリントだったり、器だったり。私が訪れたとき現れたのは、本が校正される1ページに8枚の写真が展開されたもの。それが、天井から吊るされています。

FullSizeRender1

以前、フジカワアトリエにお邪魔したとき、出してもらったぐい飲み。たいそう深いが、柔らかい色合いの手と口先にしっくりとくるぐい飲み。藤川さんにどなたのものか尋ねると、秋田の「まど枠」で買い求めた『鹿児島睦(かごしままこと)』さんのだと教えて頂きます。ほうぼう探しましたが終ぞ、その器にたどり着くことは出来ませんでした。加えて、初期Needlesのコレクションと合わせて制作されたLOOK BOOKの舞台は、神保町「一誠堂書店」。森岡さんが8年間働いた場所だそう。繋がりが重なり、森岡書店で展が開催されると聞き、道理で足がそこに向かうわけです。「Makoto Kagoshima Ceramics / Chariots on Fire 」そのページを開くのは、これから。

森岡書店、気になる方はぜひに。
http://dotplace.jp/archives/18720

saKae

Engineered Garments / Aviator JK-Flight Sateen

IMG_4464
Engineered Garments
Aviator JK

made in U.S.A
material : Flight Sateen/Nylon 100%
color : Navy
size : S Thanks sold out
price : 45000yen + tax

IMG_4466
吹きすさぶ風の強さは相変わらず2月のそれですが、店頭にはぞくぞくと新作のアイテムが揃ってきています。時折射す日差しに、春が待ち遠しくなるばかりです。本日ご紹介するのは、Engineered GarmentsよりAviator JKを。

IMG_4465
L-2BやMA-1を彷彿とさせるEngineered Garmentsが手掛けるフライトジャケット。アームホールと中綿なしのすっきりとしたシルエットは、細身のパンツにもボリュームある軍パンにも相性は◎

IMG_4469
今回、or slowのDouble Knee PTと組み合わせましたが、すっきりとしたトラウザーズもありでしょう。足元は軽く、キャンバススニーカーがもってこい。着こなしの幅を広げるAviator JK、ぜひ店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくはお電話か、メールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_4462
写真は、Engineered Garments展示会二日目のようす。東京出張・展示会へはPICKチーム3人で伺います。翌日の私は居残り、引き続き展示会を廻ることに。EGで先シーズン大好評だったCotton Double Clothに、新色が加わりました。展示会前に取扱い店へ届く、シーズンイメージと着こなしをまとめたLOOK BOOK。その中に、『〇〇 for EG』と銘打った別注のブーツが数多くありました。Tricker’sやDr.Martins以外にも、Danner、Hersey、TimberlandにTrippenとあらたなラインナップが増えています。残念ながら、このシリーズのほとんどがアメリカのみでの販売だとか。別注へと至るその経緯を、鈴木さんに聞いてみます。

-革靴でやるべきものが少ないから、別注したのですか?-
『いや、そうでもなくてね。うちからお願いしたものって、ほとんどないかなぁ。昔の取引先とか、オーナーとの兼ね合いで声を掛けてもらい、やることが多いね。ブーツはもちろんだし、スメドレーもそう。LOOK BOOKには載せたけれど、品物は間に合いそうになくて。スメドレー?うん、年に数回は着るかな。今日のは違うけど。Cotton Double Clothもそうだけど、あんまり急いだりはしない。まぁ、気長にやるよ。』

-LOOK BOOKには、久しぶりにARIK ROPERが出てましたよね。ほかのモデルは、どんな方なんですか?-
『そう、ARIK ! 久しぶりだったけれど、良い歳重ねてたでしょ。あとの二人は帽子屋だね。うち一人はARIK同様にアーティスト兼ミュージシャン。やっぱり、店での繋がりで知り合った人達。自分の人生で、いまも付き合いある友人のほとんどが店で出逢った人間。やはり、店は自分にとってかけがえのないものだね。』
-いまも、鈴木さん自身お店に立つこともあるのですか?-
『いや、俺いたら面倒くさいでしょ。オヤジが店に立ってたら、邪魔だからね。(笑)』と、気さくにお話くださいます。

IMG_3719
展示会を後にし、Yさんに挨拶がてらネペンテス東京へと向かいます。Yさんとは、朝一番EGの展示会場でご一緒させて頂きました。『またー、今日も件数多いんじゃないの!田中君。高橋さん、律儀だから取引先全部廻ってるでしょ!よろしく言っといてね。』と笑顔でお声かけくださいます。20年以上、うちの担当としていろいろ相談に乗って下さったYさん。『80年代に流行った生地でね、このフランネルの感じ、やらなきゃ駄目でしょ。』『あの乾いたかんじのコーデュロイ、もうアメリカで作ってくれるとこなくてね。そうそう、ドクターマーチンはやったの?え、やってない、駄目じゃないか!』と終始笑顔で、私たちを叱咤激励くださいます。

-Cotton Double Clothは、どっちの色でしょうかね?-
『そうだねぇ、黒はNYCっぽいけれど、鉄板はネイビーかな。黒はうまくテカリを活かしたいよね。そうだ、店に寄るとは良い心掛けだ。お店用にお土産でこれ、持ってきな。』いつも温かく迎えてくれるYさん。お客さんとお店用に頂いたこのPOPは、もうすぐに品切れ。店用に一枚ありますから、今季春夏の雰囲気を愉しみたい方はぜひご覧ください。

IMG_3729
『助けたい、包みたい』がモットーの按田餃子でお昼を。友人の勧めもあって、ラゲーライス&水餃子を頂きます。

IMG_3720
そして、夕方からフリーの時間にさせてもらいます。行きたかった場所のひとつ『西洋民芸の店グランピエ』へ。見せて貰ったのは、ペルシャ地方の絨毯ギャベ。遊牧民であるカシュガイ族のものは、100年程経つ一枚。自分たちで飼う羊の毛を刈り、自分たちのためだけに織った作為のないギャベ。その紋様は結界を意味するものなど、さまざまあるそうです。移動の多い暮らしでは、女ひとりで畳める大きさが基本。時折見かける座布団サイズのものは、傷んだり破れたギャベをリサイズしたものなんだそう。家で代々継ぐギャベ、値段もある程度張るものでしたが、いつか手にしたいと思います。そして、その説明をしてくださるバイヤーの熱意が素晴らしかった。展示会を廻る出張の際、メーカーやデザイナーに『いま行くべき東京のお店』をよく尋ねます。もちろん、足を運んでみないと分からないことは多いのですが、やはり参考になるのは個店。作り手と使い手を繋ぐ『伝え手』のいるお店こそ、私たちが魅力感じる場所なのだと、あらためて実感しました。

すべてのはじまりがお店であること、PICK & BarnSもそうであるように!皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

F/style展 at BarnS

IMG_3759
F/style展 at BarnS
2/11(土・祝)-2/19(日)
11:00-19:30
※2/11(土・祝)は、エフスタイルのお二人が在店します。

さきほど新潟より、エフスタイルのお二人が福島に到着しました。初お披露目となる品物も、今回はご用意してくださるそうです。そして、明日2/11(土・祝)は、お二人が店頭に立ってくださる貴重な機会です。ぜひ、エフスタイルに逢いにお店にいらしてください。BarnSにてお待ちしております。

IMG_3764

-エフスタイルとは-

「製造以外で商品が流通するまでに必要なことはすべてやってみること」をモットーに、デザイン提案から販路の開拓まで一貫して請け負うエフスタイルのお二人、五十嵐恵美さんと星野若菜さん。地場産業と伝統技術を活かし作り出されるエフスタイルの商品は、いつの時代でも自然と受け入れられるような定番品となっています。普段取り扱いのないものも多数ございます。多くのご来店をお待ちしております。

IMG_3760
Continues COFFEE
2/11(土・祝)
11:00-18:00
at BarnS 2階

『コーヒーを好きで居続けたい。』そんなシンプルな想いで淹れる一杯の珈琲。この日は、Continues COFFEE店主が厳選した深煎りと浅煎り、2種の豆をご用意して皆さまをお迎えします。おだやかな光溢れるBarnS 2階で、ほっと一息。エフスタイル展の合間に、皆さまのご来店をお待ちしております。※Continues COFFEEのオープンは、2/11(土・祝)1日のみの営業となります。どうぞ、ぜひ足をお運びください。

saKae