JOHN SMEDLEY – A4343 SWEATER CREW NECK LS


JOHN SMEDLEY
A4343 SWEATER CREW NECK LS

made in England
material : Merino Wool 100% / 30G
color : Midnight , Contour Red
size : S
price : 34000yen + tax



モデル身長167㎝ 着用サイズS

本日ご紹介するのは、JOHN SMEDLEYの『A4343 SWEATER CREW NECK LS』を。今期のスメドレーは、すこしゆったりフィットのシルエット。腰に流れるスリットの美しさは、さすがのパターン。すっきりとした腕周りに、アクセントをもたらすゆとりある身幅は、しなやかなラインを生み出します。ぜひ、今季一押しのJOHN SMEDLEYの『A4343 SWEATER CREW NECK LS』をお手に取ってご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かメールにてご連絡ください。

pickandbarns : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

ENGINEERED GARMENTS ×Barbour – COWEN WAX

ENGINEERED GARMENTS×Barbour
COWEN WAX

made in England
material : cotton 100%
color : Navy
size : S , M
price : Thanks sold out


モデル身長182cm 体重69kg / 着用サイズ<M>


モデル身長165cm / モデル着用サイズ<S>


本日ご紹介するのは、Engineered Gaments ×Barbourの『COWEN WAX』を。「HOKKA」、「Danner」、「Tricker’s」、「John Smedley」など、実現したものとそうでないものも含め、錚々たる顔ぶれとのコラボレーションが続くEngineered Garments。 今回は、もとからあるBarbour/COWEN COMMAND JKをベースに仕上げた一枚。コマンドジャケットの由来通り、第二次世界大戦のときイギリス海兵隊に採用されたもの。ナイフポケットや、ホイッスルポケットなど、ディテイルは継承しつつシルエットも含め再構築。通常、家紋などその家の象徴となるチェック柄をライナーに使いますが、今回ディレクターである鈴木さんが採用したのは、無地のブラックツイル。表地のネイビーワックスとブラックツイルのグラデーションが渋い一枚。着込むことによってあらわれるワックス地の経年変化を、どうぞお楽しみください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

http://www.nepenthes.co.jp/feature/83/f83.html

unfil – milano ribbed knit jacket


unfil
milano ribbed knit jacket

made in Japan
material : fine alpaca
color : black
size : 4 , 5 Thanks sold out
price : 48000yen + tax


本日ご紹介するのは、unfilより届いた『fine alpaca milano ribbed knit jacket』を。横畝の編み地に特徴があり、伸びにくいという特性を持つミラノリブ。通常のミラノリブは固いものが多いですが、今回のジャケットはヌメリと柔らかさを併せ持つアルパカを採用。ジャケットというよりは、カーディガンの着心地と軽やかさに近い印象です。もちろん、unfilならではの空気をまとうようなゆとりあるシルエットは健在。ぜひ、店頭にてunfilの『fine alpaca milano ribbed knit jacekt』をお試しください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かメールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

unfil – bluefaced leicester warmer


unfil
bluefaced leicester neck warmer

made in Japan
material : british wool 100%
color : off white
size : one size
price : Thanks sold out




本日ご紹介するのは、今季より取扱いがスタートしたunfil(アンフィル)より、『bluefaced leicester neck warmer』を。

重ね着の愉しみを、じっくりと味わえる季節となりました。ブルーフェイスレスターという羊の原毛を100%贅沢に使用したインナーベストが入荷しました。英国羊毛の中で、最も繊維が細く長い特徴を持つ素材。モヘアのような質感が心地良く、その肌触りはぜひ店頭にてお試し頂きたい一枚。カットソーに、ブラウスに、重ね着するにはもってこいのベストです。ぜひ、あたらしく店頭にて取り扱うunfil、必見です。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

30年ひと昔



『店でストックしてたパンツが出てきた。』オーナーの手には、沢山のパンツやスカート。おそらくほぼ30年は経つであろう、リネンやコーデュロイの洋服たち。PICK-UPとBarnSふたつの店をひとつにする過程で出てきたデッドストック品。『BARRY BRICKEN』や『RUFF HEWN』は、当時の値札もそのまま付いている。そのとき高校生だった私は、おいそれと手が出なかったアイテム。記憶では、店内にはあるものの『青二才、触るべからず』的なオーラを放っていた代物。( 売場6坪の店にも、神聖なコーナーがあった!) 雑誌『FINE BOYS』だったか『Hot Dog PRESS』の隅っこに確かに載っていた注目の記事。全国紙に載る服が、目の前にあって手に取れる。そのこと自体に興奮した。いま、オーナーに聞けば『ラルフローレンのパンツをつくるファクトリーだというので、当時は仕入れて売ってたなあ。』とのこと。生地、織りネーム、ステッチ。made in U.S.Aならではのおおらかさが、そこかしこに見える。『BARRY BRICKEN』のリネン素材なんか、いまこの生地で作ったらいくらするのかという、しっとりと重みのあるぜいたくな質感。

ひとつ前のblogで紹介した『RICHFIELD』のパンツと重ねたのが上の写真である。ウエスト、ワタリは同じくらいだが、裾への絞り方が全然違う。プリーツ(タック)の取り方にも、インタックとアウトタックの二通りがあり、英国式とアメリカ式による区別だと先生(Google)は言う。ついで調べてみれば、プリーツ付きトラウザーズの原型は、1920年代のオックスフォード大学にまで遡る。当時、学生たちの間で大流行したゴルフ、そのウェアはニッカーボッカーが主流だった。ニッカーボッカーの着用を禁じた大学に対抗するように、その上から履いたオーバーパンツがプリーツ付きの起源だという。ウエストはジャストに、腰回りはゆとりを持たせたワタリと、よく考えられたシルエット。オックスフォードシューズ(レースアップブーツ着用が校則だった時代、それを切って短靴にして履いたという逸話。)にしろ、このプリーツ付きパンツの起源にしても、伝統的なものに対する10代ならではの当時の学生の反骨心、それは見事というしかない。

-A rolling stone gathers no moss.-(転がる石に苔は生えない)
英国式に、アメリカ式。ところ変われば、意味も変わる。バブルがはじけたその時、まわりの大人たちが履いていたのが2タックパンツだった。30年ひと昔、あれほど嫌っていたプリーツ入りパンツを、いま自分の手で売っているのだから、時代は廻るものである。積み上げた時間がつくる味わいと、それを打ち破る天邪鬼な反骨心。ジャストサイズの兆しも、そろそろか。

saKae

RICHFIELD – C3 / DANTON – Inner Down JK


RICHFIELD
C-3

made in Japan
mateiral : Cotton 100%
color : OFF WHITE
size : W29 , W31
price : 25000yen + tax


color : OLIVE
size : W29 , W31
price : 25000yen + tax



DANTON
Inner Down JK

brand from France
made in China
color : Black
size : 40 , 42
price : 15800yen + tax

本日ご紹介するのは、RICHFIELDより届いた『C-3』を。今季より型をリニューアルし、あらたに腰脇にふたつのストラップを備えたベルトレス、2プリーツのトラウザーズが登場。綿の選別も機械ではなく人の手で行う非常に手間のかかるスーピマコットン(オーガニックコットン)を採用しました。艶を持った上品な肌触りと、ワタリから裾にかけてゆるやかに美しいカーブを描く、細身のシルエット。裾はダブルでくるぶしが見えるくらい、ぐっと短く履きまわしたい一本です。色は、往年の名品BARRY BRICKENを思わせるOFF WHITEとOLIVEをご用意しました。

あわせたのは、例年大活躍のDANTON 『Inner Down JK』。RICHFIELDのパンツとあわせれば、さりげない品を持ち合わせた大人のコーディネイトに仕上がります。ぜひ、RICHFIELDの『C-3』とDANTON『Inner Down JK』をお手に取ってご覧ください。

皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-521-2188
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Handvaerk – Kangaloo Pocket L/S Sweat



handvaerk
Kangaroo Pocket L/S Sweat

brand from NYC
made in Peru
material : Cotton 95% , Polyurethane 5%
color: Black
size : S , M , L
price : 14000yen + tax

本日ご紹介するのは、Handvaerkより『Kangaroo Pocket L/S Sweat』を。昨年から取り扱いがはじまったHandvaerk、肌触りの心地よさに加え、毎回新作の登場が愉しみなブランド。今季は、往年のチャンピオンを彷彿とさせるカンガルーポケットをアクセントに効かせた一枚。先日のCOMOLIチェスターコートにラフに合わせるのもありでしょう。サイズも揃って入荷しております。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

mail : pick82@opal.dti.ne.jp
tel : 024-521-2188

COMOLI – ナイロンシルク中綿チェスターコート


COMOLI
ナイロンシルク中綿チェスターコート

made in Japan
material : 表地 ナイロン63% 絹37%、裏地 綿 70% 絹30%
color : NAVY
size : 1 , 2
price : Thanks sold out




本日ご紹介するのは、COMOLIより届いた『ナイロンシルク中綿チェスターコート』を。シルクがもつ独特のネップと光沢感が愉しめる羽織り。旅先でも、普段使いにも軽さのある中綿アウターは、これから重宝する一枚です。

『うちの服は、最初のクリーンなイメージが根強く残っているようです。新品のときそのままの、キレイな状態で服が在ることは、そうはありません。リペアは好きだけれど、普段のケアが苦手な人。自分も含めて、少なからずいるでしょう。自分としては、二次的な加工は好きではないし、着て馴染んでいく過程に服を愉しむ醍醐味があると思っています。着ている人だけわかるような、味わい。買う人にとっては、冒険かもしれませんが、着込んで育ててを楽しんで欲しい。』

『旅の途中、ジャージなどをセットアップで着ている現地の人に惹かれます。これって、わたしたちのような洋服屋には出来ない着こなしかもしれません。語弊があるかもしれませんが、限られたものを着ることでしか出ない味わい。わたしたちは、常にあたらしいものを着ることが出来るから、服が身体の一部にまでなり得ていない。ボロボロなんだけれど、妙にその人になっている服。まるで肌そのものなような服。』

展示会での小森さんとの会話は、共感とものづくりの視線の元、そして先にあるものへの気付きに溢れています。逢うたび思うのは「向き合うもの、ことに対して誠実」である点。ぜひ、COMOLIのナイロンシルク中綿チェスターコートをお手に取ってご覧ください。

皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

mail : pick82@opal.dti.ne.jp
tel : 024-521-2188
毎週火曜定休

今シーズンのテーマや、いま気になること。

ちょっとゆったりシルエットに、シックな色や素材感を大事にした、落ち着きのあるスタイルが中心です。以前から、Rug、Basket、Iron worksなど、土地に根付いた生活雑貨に興味がありました。最近特にRugやBasketを目にする機会が増えたように思います。インドのカンタや、ベニワレン、メキシコのオトミ刺繍などが気になります。アメリカンキルトや、インディアンラグ、人間のルーツと言われるアフリカのものたち。生活に根付いたものには、力強さがあり現代のスピードで作り消費されるものにはない魅力があります。ずっとそばにあって、大事に出来て後世にも使い続けられるものだと思います。

そんな思いで、洋服や雑貨たちも選んでお客様に提案していきたいと思っています。これからのpickandbarnsに並ぶ秋冬物も、どうぞお楽しみに。

shogo

pickandbarns


8月末、宮下町で25年営業していたBarnSを無事クローズすることが出来ました。わたしたちの後は、book & cafe コトウ店主が、大事にあの建物を引き継いでくれます。着々と一階部分にカウンターと棚も増設。今月末のリニューアルオープンを目指しているそう。

そして、BarnSは先に大町にて移転オープンしていたPICK-UPと一緒になり、男女の区別なく、一人でも家族でも楽しめるお店『pickandbarns』としてあらたにスタートをきりました。世界中からその土地ならではの洋服と雑貨を集め、驚きと刺激のある空間づくりを、スタッフ皆で務めて参ります。吹く風も心地よく、それは秋の香りをまとう空気になってきました。店頭には、handvaerkをはじめSt.Jamesの新色やblurhms、alvana、COMOLIのカットソーが揃っています。圧巻は、久しぶりの取り扱いとなるCAMBERのCHILL BUSTER フーデッドパーカ。裏地はサーマル仕様で、これぞMade in U.S.Aな肉厚感たっぷりの一枚です。これからのpickandbarnsに、どうぞご期待ください。

saKae