GLARNER TUECHILI – Bandana


GLARNER TUECHLI
Bandana

made in Swizerland
material : Swizerland Cotton
color : Paisley 4color / Marine blue , Safari , Rust , Golden yel Thanks sold out
size : 50×50
price : 2600yen + tax



color : Cowbell 2color / Black , White
size : 50 × 50
price : Thanks sold out



本日ご紹介するのは、1828年創業のテキスタイルメーカーBlumer(ブリュメル社)より届いたBandanaを。スイスは山岳地方ならではの良質な水を活かした染色業が盛んで、17世紀から豊かな水源と水力発電により捺染工場が60以上も存在していたといいます。Blumer社が独自の製法と最高級の品質を守り続け、世に提供するブランドがGLARNER TUECHILI(グラルナー・チューヒリ)。伝統的パターンのペイズリーを中心に、スイスのエーデルワイスやカウベルなど、オリジナルプリントを上質なスイスコットンにプリント。その発色豊かな色彩は、訪れた合同展示会場でもとびきり目を惹いていました。スーツなどにもしっくり馴染む上品な一枚、使い込むごとにより滑らかな表情へと変化していきます。洗う前の糊が付いた状態でも、この柔らかさですから、使っていくのが愉しみです。贈り物にもぴったりでしょう。ぜひ、GLARNER TUECHLIのBandana をお手に取ってご覧ください。バッグへのアクセントにも、カットソーやニットの首元に巻いても、きっと装う人の心持を豊かにしてくれる一枚だと思います。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

GYMPHLEX – COAT


GYMPHLEX
COAT

brand from England
made in China
material : 表地Cotton 67% / Polyester 33%
中綿: Down 90% / Feather 10%
color : Beige
size : M , L
price : 34800yen + tax




本日ご紹介するのは、GYMPHLEXから届いた『COAT』を。ハンガー掛けしているときは、ちょっと控えめな印象さえ受けるこのCOAT。着丈をぐっと長く設けたG-4型に、中綿はダウン90%×フェザー10%をキルティング。鈍い玉虫色を放つ綾織りで、シルエットは注目のビッグシルエット。クラシックなドッグイヤー型の襟元と裾にかけて美しくAラインを描く、動きのある一着です。ぜひ、お手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

クリスマスクラフト / 休日



赤や緑、それにゴールド。街を彩るデコレーションが、12月の賑わいをまとっています。「クラシックな木のスキー板を出そうか、小ぶりなツリーもあるし。」など私たちもその準備をするなか、お店へプレゼントが届きました。毎年ストロー(藁)でクリスマスクラフトをくださるお客様ご夫妻からのビッグサプライズ。今回は大小さまざまな雪の結晶や、星が12個連なる大作。陽の光にさらされて金色に揺らめくオブジェに、スタッフ皆でうっとり。ひとつだけではありません、もう一方は16枚の半透明カイトペーパーで織り上げた星飾りがふたつ。日中も夜も、素朴な光ある店内になりました。もちろん、売ってるのをそのまま飾るのも良いですが、手作りのものには尚一層愛着が湧きますね。大事に飾ります。ありがとうございます。

店内には冬の大本命、ダウンジャケットの『PYRENEX』や、アウトドア業界の異端児『tilak』に加え、新生『AURA』も揃いました。Woolpowerは、袖通ししたそばから暖かい一着です。平日も週末も、皆さまのご来店をお待ちしております。

PICK & BarnS








三連休の中日、お休みを頂き知人結婚式のため東京へ。昼前に吉祥寺『outbound』で開催中の「須田二郎|木の器展」に足を運ぶ。30分くらい吟味するところへ、ほかの来店客。ん?どう見てもあの人。店主小林さんに知人結婚式のため上京したのを、あの人に聞こえるよう大きめの声で言うも届かず。彼はヨーガンレールの服や、MITTANを手に取っている。これ以上、じろじろ見るのも失礼だしと買い物を済ませ、店を後にした。次に向かうは三鷹『甘味処たかね』。昨日、「福島からご紹介のお客様が続いてご来店くださいましたよ。」とたかね店主から連絡があったばかりだし、ここはいっちょ自分もお邪魔して驚かせよう。案の定、空を仰ぎ見、たかねのお二人は驚き喜んでくれた。成功である。と思ったのも束の間、品評会で日本一を勝ち取ったお茶のもてなしを受け、ノックアウト。さすが繁盛店のお二人、やられっぱなしなわけがない。昔ながらのひとつひとつを焼き上げるたい焼きに、職人ひとりで作る団子、うつくしく輝き佇む羊羹を馳走になる。三鷹の人がうらめしい。仕事帰りや休憩に、こんな手の尽くしたお菓子を頂けるのだもの。お土産を買い、表参道へ。かぐれ表参道店で『omoto』の展示「たちどまって、はじめる」へ。店長の矢田さんとomoto智子さんは笑って、康人さんは「青山でパーティ?セレブだねぇ!そして新幹線で来たの!リッチだなぁ笑」と彼等らしく迎えてくれた。別な式ではあったが同じく上京中のヒトトスタッフとも鉢合わせ、なんとも安心するひととき。もう、4時半。肝心のパーティ受付時間だ。かぐれ表参道店から徒歩5分ほどのパーティ会場へ急ぐ。入り口には、思い思いにドレスアップした大人たちが集っていた。グレートギャッツビーさながらタキシード姿の男性、立ち姿に見惚れた着物女性、「シャイ」と書かれたTシャツ姿のナイスガイ。完全に浮つく。これまで服装に困惑したことはあまりないが、今日の招待客は洒落者ばかりだ。長蛇の列で混雑する受付を済ませ、パーティがはじまる。オープニングアクトと乾杯挨拶は、まさかのcero。続いてトリコロールや古川麦トリオの演奏まである。その顔ぶれの豪華さといったら ! ちょっと会場を見渡せば、女優のお顔も。その中で、またひとり光るひと。そう、吉祥寺で昼に見かけたミュージシャン、old days tailorの笹倉さんだった。昼間お見かけしたのを伝えると、『あ、いたいた。買い物してた!夜一緒になるとはねぇ。』と快く応えてくれた。もちろん主役である新郎新婦の顔は、輝かしく喜びに満ち溢れている。優河さん、おめでとう! 最終の新幹線で福島に戻り、片付け中のヒトトで一杯やる。一日が長く、あっという間の心躍る土曜であった。出掛けていくのはいい。

saKae

お見舞いとお知らせ


このたびの西日本を中心とした集中豪雨により、被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。PICK & BarnS店頭にて皆様から頂戴しました義援金14622円を、倉敷市に寄付致しました。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

PICK & BarnS

Woolpower – FULL ZIP JACKET 400


Woolpower
FULL ZIP JACKET 400

made in Sweden
material : Merino Wool 70% , Polyamide 28% , Elastan 2%
color : 4color
size : S , M , L
price :16800yen + tax


color : Pine Green
size : S , M , L Thanks sold out


color : Green
size : S , M , L


color : Grey
size : S , M , L Thanks sold out


color : Black
size : S , M , L Thanks sold out



本日ご紹介するのは、Woolpowerより『FULL ZIP JACKET』を。MADE IN SWEDEN、消防士や空港整備士など過酷な状況で働くプロフェッショナルから愛される防寒着、それがWoolpowerです。お店ではお馴染みとなったミッドレイヤーの『400』に、新色Pine Greenが登場。これまで取り扱いのあるBlack , Grey , Greenとあわせて4色が店頭に揃いました。グローブ替わりにもなるサムループも健在。仕事の際、カーディガンとして羽織っている方も多いのではないでしょうか。衿後ろには、もれなくブランドネーム”Woolpower”があしらわれます。今週末からは大寒波が北日本襲来の予報。寒さ対策にうってつけのWoolpower 『FULL ZIP JACKET』を、ぜひ店頭にてお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Le Tricoteur – Traditional Guernseys / 念願Cherry


Le Tricoteur
Traditional Guernseys

made in The British Channel Island of Guernsey
material : Pure Wool
color : 6color
size : 38 , 40
price : 19800yen + tax


color : Navy Blue
size : 38 , 40
price : Thanks sold out



color : Oatmeal
size : 38 , 40
price : Thanks sold out


color : Jet Black
size : 38 , 40
price : Thanks sold out


color : Cherry
size : 38 , 40 , 50
price : Thanks sold out

本日ご紹介するのは、Le Tricotuerより『Traditional Guernseys』を。イギリスとフランスの丁度真ん中あたりに位置するガンジー諸島。その漁師町で編まれるのが、このガンジーセーター。雨風にさらされる漁のとき、外で道具をメンテナンスする作業時にも、がっしりと編み込まれ、目の詰まったセーターは彼らの必需品でした。動きやすさを考慮した袖付け方法も、このセーター特有のもの。前後を気にせず着れるシンメトリーな形は、早朝から仕事をする漁師のために考えられた仕様だといいます。素朴であるからこそ、味わえるものづくりの確かさ。ぜひ、店頭にてお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp



Photo by 山崎明保

『ベーシックな形なら、色で遊べ。』『形が奇抜、その上色も攻めたらキワキワでしょ。』とは、RESOLUTE林氏の言葉。『買う時はジャストサイズをひとつと、色違いで2サイズ上を。そうすれば、いつもと異なる雰囲気が愉しめる。』その昔、何かで読んだ服屋のスタッフ話。混ぜるな危険!?今回マイサイズに選んだのは<size 50>。7XLだから、よっぽどの冒険か。以前買ったiliann loebとの協業モノは日本製、着やすかったがセーター特有のガシッと感がなくて物足りなかった。今回のは正真正銘ガンジー生まれ、しかも念願の赤。レスキューオレンジ、もとは海難事故の際、緊急事態を示すフラッグ代わりに使われた説もある”Cherry”。その後、無事故を願うゲン担ぎの役割も担うようになったそう。ニットものならではの発色の良さに、グググッとくる。馴染んで、丸みが出てくる頃はもう雪景色か。EGの影響で、赤ばかりが気になる。

saKae

M.I.D.A – Harrington JK


M.I.D.A
Harrington JK

brand from Italy
made in China
material : Face/Polyester 65% , Nylon35%
Padding : Down 80% , Feather 20%
color : Beige
size : 50
price : Hold





color : Khaki
size : 50
price : 49000yen + tax


color : Navy
size : 50
price : Thanks sold out

本日ご紹介するのは、M.I.D.Aより『Harrington JK』を。M.I.D.A.は2018春夏コレクションより、ディレクターに林芳亨を迎え新たにスタートしたブランド。イタリア発のM.I.D.A.のキーワードは「ミリタリーホリック」、「トスカーナリラックス」。そのコンセプトを継承しつつ、林氏の持つ着こなしやライフスタイルに敬意を表し、ものづくりに反映させています。(ブランドリリースより抜粋)

30年以上デニムに向き合い、真摯にものづくりを続ける林芳亨氏。彼がシルエットから生地の風合いにまでこだわり生まれたのが、この『Harrington JK(ハリントンジャケット)』。ピーチスキンのような肌馴染みの良いシェルに、ダウンを内包しならがらもすっきりとしたシルエットをつくる絶妙なライン。進化したG-9 JKと呼べる一着です。RESOLUTEはもちろん、細身のピケなども良いでしょう。ぜひ、お手に取って袖通しをお試しください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

MIS – MESH WAIST BAG


MIS
MESH WAIST BAG

made in U.S.A
material : CODURA NYLON
color : Black
size : 横31.5cm , 縦15cm , マチ11cm
price : Thanks sold out






本日ご紹介するのは、MISより『MESH WAIST BAG』を。まさに質実剛健なものづくり、米軍ミリタリスペック仕様のMIS、メッシュポケット付きのウエストバッグです。メインポケットのほかに、仕切りのある部屋が二つ。キーフックも付属しているので、『あれ、鍵どこだっけ?』現象も見事に解消。荷物をコンパクトにまとめたい方にお勧めのサイズ感です。ぜひ、MISの『MESH WAIST BAG』をお手に取ってご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp


WORKERS展示会の際、傍らにあった本、” 501XXは誰が作ったのか? “。気になりすぐ購入したが、読み始めるまで半年もかかってしまった。ページを開けば、どハマりし1日で読了。謎解き本というより、もはや資料の域。当時の販売広告にはじまり、工員募集のチラシや、リベットボタンの特許申請書まで、事細かに紹介してある。ロサンゼルス大地震でLEVI’S本社と資料室が焼失。『すべての生地のなかで最良グレードのものにXXと名付けた。』など名前の由来も諸説あるが、真相は謎に包まれているLEVI’S。それもビッグブランドならではロマンか。お店に置いてあります、気になる方はぜひお手にとってどうぞ。

saKae

FILSON – MACKINAW WOOL VEST


FILSON
MACKINAW WOOL VEST

made in U.S.A
material : Vergin Wool 100%
color : Chacoal , Forest Green , Navy
size : S
price : 22000yen + tax



color : Forest Green
size : S
price : 22000yen + tax


color : Navy
size : S
price : 22000yen + tax


color : Charcoal
size : S
price : 22000yen + tax


本日ご紹介するのは、FILSONより『MACKINAW WOOL VEST』を。1897年創業FILSONの長い歴史の中でも、初期の頃からラインナップされていたウールベスト。雨風にさらされる過酷な労働者の着用に耐え得る、これぞMade in U.S.Aのタフな面構え。脇下の刳(く)りも深く、ニットの上にはもちろん、着こなしによってはオーバーベストとしてJKの上にも羽織れます。FILSONの『MACKINAW WOOL VEST』数回の試着では、味わえ尽くせないものづくりの存在感が詰まった一着です。ぜひ、お手に取ってご覧ください。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

tilak – SVALBARD JK / 中山ヤスヒトWSとお話し会


tilak
Svalbard JK

made in Czech Republic
material : シェル PERTEX SHIELD+ 2layer/中綿CLIMASHIELD
color : Black
size : XS , S Thanks sold out , M Hold
price : 50000yen + tax




本日ご紹介するのは、tilakより『SVALBARD JK』を。SVALBARD(スバルバード)JK、北極圏のバレンツ海にある極寒の島スバールバル諸島の名を持つ中綿ジャケット。 100g/m2のジャケットにも関わらず600gを切る軽さ。 また、腰にあるマップポケットへと容易に収納できるパッカブル仕様で登場。首元の後ろには隙間を作らないようストレッチファブリックでガードしています。 チェストフラップの裏側にはポケットを持たせ、 さらにベルクロで留められ、ファスナーを使用せず首元を閉じることが出来ます。シェルには防風・撥水の上、 透湿性も備える信頼性の高いPERTEX SHIELD+を採用。中綿の化繊綿CLIMASHIELD® は濡れに強く、保温力を低下させにくいことで知られます。 ダウンと比べ温かさは異なりますが、米軍の極寒地用の防寒ウェアに採用されるほどだそう。化繊綿でもヘタリが少ないことを、Tilakが実際に検証したうえで採用に至っています。(ブランドリリースより抜粋)

ブランドリリースからも、暖かさと着心地への追及が見て取れるtilakの『SVALBARD JK』を、ぜひ店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp





中山ヤスヒトWORK SHOPとお話し会、ご来場頂きました皆さまありがとうございました。自らの手でものをつくる苦しみと悦び。実際、彫刻刀を握ったのは何十年振りだ ! という声がちらほら。お話し会では、『木挽き』『応力』など木にまつわる事柄が、中山さんのわかりやすい解説付きで語られます。お話し会中にも、スプーンづくりの即興WORK SHOPが行われ、その場にいらした皆さんはきっと、彫刻刀片手に掘りたくなってきたことと思います。中山ヤスヒトWORK SHOPとお話し会、またの機会にあらためて企画したいと思います。自ら手を動かすのを知ったあとは、物選びの眼もより深くなるのでしょう。まだまだ、人の手から生み出される物から目が離せませんね。

saKae