FORTIS – BOMBER JKT

img_2618
FORTIS
BOMBER JKT

made in Devon England
material : Polyester 50% , Cotton 50%
color : Olive
size : XS , S
price : 42000yen + tax

2004年イギリスは南西部デボン州に設立されたカントリーカバー社。タイヤ・カーシートなどのファブリック生産部門からスタートし『FORTIS(フォーティス)』を立ち上げます。ブランド名の語源はラテン語で”Strong”を意味します。

img_2606
デザインソースは、第二次世界大戦中のRoyal Air Force (イギリス空軍)に採用されたボマージャケット。スタッフ身長180cm 着用サイズS

img_2624
驚くべきは、しなやかさを持つCOTTON/NYLON混紡リップストップ生地。普段目にするバリバリと張りのあるリップストップに比べて、断然違う着心地の良さ。裏地にはマイクロフリースが貼られ、暖かさと軽さを兼ね備えた一枚です。耐久性の高さは、生地屋ならではの専売特許。

img_2603
ミリタリーウェア特有の剛健なものづくり、ステッチのつくる独特のシルエットをお愉しみください。このカーブが、野暮ったくて服好きの好奇心をそそります。

img_2610

ジッパーを閉じたときに生まれる、ゆとりある首元のシルエットは必見。ジッパーはダブルスライダーを採用し、すべて開け放って羽織るラフさも格好良いと思います。体裁きがしやすい着丈も相まって、使える一枚です。イギリスから届けられたPICK-UP一押し『FORTIS』のボマージャケットを、どうぞ店頭にてお試しください。スタッフ皆が頷く渾身のおすすめです。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

秋の大抽選会!

10月26日~11月7日までの期間中には、たくさんのお客様にご来店頂きありがとうございました。

img_8496

(↑本当にたくさんのおハガキが集まりました。)

おハガキの中から抽選で15名の方にFalkeのあったかソックスを中心に、プレゼントさせて頂きます。

本日オーナーがたくさんのおハガキの中から本当に本当に公平に抽選してくださいました。

img_8501

img_8505

発表はご本人様にこちらからお電話でご連絡させて頂きます。わくわくドキドキお待ちください~!

img_8510

なお、商品はご来店いただきましたお客様から順にお渡しするようになりますので、ご了承ください。

 

また楽しい企画など考えていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Capricorn Mohair Socks

img_2570
Capricorn Mohair Socks
made in UK
material : Mohair 51% , Nylon 49%
color : Red
size : M(8-10)
price : 2500yen + tax

寒さは足元からも攻めてきます。ウールソックスならではの発色の良さに、色違いや買い足しをされるお客様が多いCapricorn Mohair Socks、今年も店頭に揃いました。

img_2563
color : Black
Black カラーは短靴を履いたときに、ソックスと靴が繋がってブーツのようなシルエットを楽しめます。デニムにチノにトラウザーズにもピッタリな万能選手が、BlackカラーやGrayカラーでしょう。

img_2566
color : Red , Blue , Gray , Mustard Thanks sold out

Redは鉄板、Royal BlueとMustardも新鮮ですね。コートで風を切り、足元はウールのソックスでアクセントをお愉しみください。足元の悪い雨の日は、お買いあげ頂いた方にメンバーズカードのポイントを1ポイント進呈!皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

 

SCYE BASICS – ウールカシミヤメルトン バルマカーンコート

img_2160
SCYE BASICS
ウールカシミヤ バルマカーンコート

made in Japan
material : Wool 90% , Cashmere 10%
color : Dark Navy
size : 38
price : 86000yen + tax

img_2162
本日ご紹介するのは、SCYEよりウールカシミヤ  バルマカーンコートを。思い出すのはニューヨークのVillage Vanguard 。時は1月、吹きすさぶ寒風の中、LIVEの当日券目当てに並んだ7th Avenue 。颯爽と目の前を通り過ぎ、会場入りする大人たち。そのコート姿の格好良さといったら!いかにも上質、肌触りの良さそうなウールのコートと手には革のグローブ。着丈はロング。男女ともに、ドレスアップ。まさに紳士淑女の出で立ち。PICKチーム3人の目を奪うには十分でした。

img_2568
SCYEのウールカシミヤコート、その佇まいはニューヨークで見たあのコートと同じ、品の良い風合い。ひと目で、生地の良さが分かるほどです。羽織るとその重さが暖かさに変わり、長年着込んで体に馴染ませていきたい一枚です。

village-vanguard-nyc-2
そうそうVillage VanguardでのLiveチケットは、残念ながらSOLD OUT。履く息の白さを残し、店を後にしようとしたそのとき、目に留まる姿がありました。とびきり細身でアフロヘア-の女性。そそくさと会場へ駆け込んでいきます。きっと、それはEsperanza Spalding !! LIVEに立つ主役、その姿だったと思います。

良いコートとの出逢いは、ぜひ当店で。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

Le Tricotuer – Guernsey Jumpers / ORCIVAL – HOODED SINGLE COAT

img_2558
Le Tricoteur
Guernsey Jumpers

made in England
material : Wool 100%
color : Black / Natural
size : 38 , 40
price : 19800yen + tax

img_2559
働く海の男のための正装”ガンジージャンパーズ”は、イギリス チャネル諸島のひとつ、ガンジー島起源のセーター。その編みは質実剛健そのもので、30%の水分を含んでも湿気を感じさせないと言います。そこはワークウェア、いかに仕事に適した服を生み出すかが重要となります。肌に吸い付くような胸周りのフィット感と着丈の長さは、この地方でつくられるセーター特有のものです。ガンジーセーターへの考察、ご興味ある方はぜひ下記のリンクを一読ください。

ICON OF TRAD VO.5 GUERNSEY SWEATER
山口 淳さん
http://www.newyorker.co.jp/magazine/feature/iconof_trad/vol05/

img_2557
ORCIVAL
HOODED SINGLE COAT

brand from France
made in China
material : Wool 92% , Nylon 8%
color : Dark Navy
size : 3 , 4
price : 42000yen + tax

オーストラリア ジーロン地方の羊から採取された、暖かく柔らかな肌触りを持つORCIVALのコート。取り外しの出来るフードはそのままに、より着心地を増して今季も入荷しました。

img_2556

LE LABOUREUR
DROIT

made in France
material : Cotton 100%
color : Navy
size : 40 , 42 , 44
price : 17800yen + tax

Le Tricoteur & ORCIVALとヨーロッパ産まれの服に組み合わせるとくれば、やはりパンツもフランス製のものでしょう。1950年代前半、フランス中部・ブルゴーニュ地方で伝統的なワークウェアの販売を始めたのがブランドのはじまり。

img_2552
足元は、Blundstoneのサイドゴアブーツも◎。

img_2554
PICK-UPに揃ったコートたち。ぜひ、店頭にてご覧ください。ブーツ&パンツも目白押しの店内で、皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

冬服、揃いました。

img_2541
いつもPICK-UP & BarnSをご贔屓くださる皆さま、ご来店ありがとうございます。本格的な朝夕の冷えに、去年購入したCOMOLIのタイロッケンコートを羽織って、きょうお店に出勤しました。澄み切った青空に頬当たる風が冷たく、アウターを着る悦びとは、まさに今朝のことを言うのでしょう。気持ちの良い朝です。久しぶりに羽織るコートは温かく、去年もたくさん着たせいか良く体に馴染んでいます。

コートを引っ張り出して、思うことは「やっぱり、これ良いな。」

お店には、ハンドフレームで編み上げられたスコットランド製の素朴なニット『macalastair(マカラスター)』や、厳しい北海からの荒波と暴風に耐えうるフィッシャーマンセーターの『le Tricotuer(ル・トリコチュール)』、親から子へと受け継ぐべくイタリアで編まれた畦編みの『ANDERSEN ANDERSEN(アンデルセン・アンデルセン)』、3社のみ現存するというガンジー諸島に伝わる『LE TRICOT DE LA MER(ル・トリコ・ドゥ・ラ・メール)』からハニカム柄のセーターが届きました。私たちの住む日本からも、東北地方で古くから伝わる手横編み機が産む『comm.arch.(コムアーチ)』のタートルが並びます。

アウターだって、まけていません。Barbour のワックスドジャケット、LAVENHAMのキルティング、フードの取り外しが可能なORCIVALのコート。Engineered Garmentsのプリマロフトベスト、COMOLIからはタイロッケン、マッキノウ、フーデッドコートの3種類が揃いました。着ていくほどにその人に馴染むFILSONのウールベストもあります。

時代を生き抜いていく服があります。クローゼットや箪笥から引き出して、着るのが愉しみになる服があります。皆さんの生活に、暖かさと着る悦びをもたらしてくれる服を揃えて、PICK-UP & BarnSにてお待ちしております。

saKae

PRIVATE WHITE – MOLESKIN BOMBER JKT

img_2515
PRIVATE WHITE
MOLESKIN BOMBER JKT

made in England
material : Cotton 100%
color : Black
size : 2 Thanks sold out , 3 Thanks sold out , 4
price : 45000yen + tax

本日ご紹介するのは、2010年創業ながら糸から縫製技術に至るまでのすべてをmade in Manchesterで手掛けるPRIVATE WHITEより、MOLESKIN BOMBER JKT(モールスキンボマージャケット)を。

sheeptoshop
マイク・ストール/プロダクトディレクター
“SHEEP TO SHOP“のコンセプトは非常にシンプルだ。 素材から、商品が消費者に届くまで、すべてを管理しているということ。生地を織る為の糸がコットンであれ、ウールであれ、なるべくこのファクトリーから近い場所で紡がれている糸を使用している。生地を織るのも、この工場の近くで行っていて、この工場でその生地が製品となり、ロンドンやインターネットのお店を通じて世界中のお客様に届けている。
img_2501
ジェームス・イーデン/オーナー
最も良い側面は、このマンチェスターという土地が培ってきた、品質、歴史、伝統、ヘリテージを織り込んで、クオリティ高いものを提供できること。悪い部分ではどうしても値段が高くなってしまうこと。 でもそれはクオリティの高いクラフトを買うという理解をしてくれると、その真義が分かるはずだと思っている。 最近のファッションは安くて、毎シーズン買っては着て捨てるようなものが多い。プライベート ホワイト V.C.がやっているのは、その反対のことなんだ。 一着買えば10年でも15年でも愛着を持って来てもらうことができるクオリティの高いものは、価値に対する価格として“高い”ものではないと思う。
img_2503

ニック・アシュレイ/デザイナー
デザイナーという仕事で一番よくある間違いが、「自分、自分」になってしまって、ブランド自体が育たない。僕はそうなりたくはなかったので、物を作るんだったら、まずはこのブランドの良き消費者になりたいというのが当時の目標だった。 実際に自分がここの服を着ることによって、いまはプライベート ホワイト V.C.を着る人の気持ち、その人が欲しいものが理解できるようになったと思う。

※すべてPRIVATE WHITE WEBより抜粋
http://www.british-made.jp/special/privatewhite/top.html

img_2540
工場・ブランドオーナー・デザイナーそれぞれが語るその言葉の中に、PRIVATE WHITEの真髄が見えます。原産国を守り、英国製のものづくりを継続させること。古くから続く工場が稼働することで、英国の文化がさらに深みを見せているのです。

img_2505
袖通しの滑らかさは、パターンの良さ。そして英国製の真摯なものづくりの姿勢が見えるのが、ボタンや裏地などのパーツです。同じく英国産のBarbourやLAVENHAM、JOHN SMEDLEYを見てもそうですが、とにかく品質が良い。キルティングはほつれにくく、メリノウール自体のクオリティも高い。ものづくりのルーツは、ミリタリーやワークなど古典的で時代を生き抜いてきたディテイルから取られています。

img_2527
PICK-UPが自信を持ってお勧めするPRIVATE WHITEのMOLESKIN BOMBER JKTを、ぜひ店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくはお電話か、メールにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp
img_2457
Fernand Footwear
ORDER FAIR 2016
10/27(thu)⇒11/7(mon)
at PICK-UP & BarnS

PICK-UP & BarnSでは、オーロラシューズの生みの親 スティーブ・フェルナンド氏が手掛ける『Fernand Footwear』の受注会を開催しています。今回ご注文頂き、皆さまのお手元にお届けするのは2017年6月~7月を予定しています。これほどのラインナップをご覧頂けるのは、受注会ならではのこと。9種類とサンプルの型数も豊富に取り揃えました。いろいろなモデルのサイジングをお試し頂ける、貴重な機会です。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

PICK-UP & BarnS

COMOLI – マッキノウコート

img_2485
COMOLI
マッキノウコート

made in Japan
material : 表地Cotton 75% , Polyester 25% / 裏地Wool 100%
color : Navy
size : 1 , 2
price : 108000yen + tax

img_2493
本日ご紹介するのは、店頭では初めての取り扱いとなるモデル、COMOLIからマッキナウコートを。かの作家アーネスト・ヘミングウェイも愛した一着で、そのようすは服飾評論家であった故山口淳さんの記事を、どうぞご覧ください。出張の際、何度か展示会でお目にかかったことのある山口さん。その洞察力と、優しい眼差しによる文章はぜひ皆さまにご一読頂きたいものです。

BOOK|ヘミングウェイをめぐる「モノ」語り 『ヘミングウェイの流儀 Hemingway’s Favorites』
http://openers.jp/article/8943

img_2490
モデル身長163cm 着用サイズ1 Navy
デザイナーである小森さんの記事もWEBにアップされています。

服の求道者たち ~「É」の系譜〜
第二回:COMOLI デザイナー 小森啓二郎 – page1 – FASHION FEATURE
http://www.houyhnhnm.jp/fashion/feature/comoli.html

記事はWEBで、実際のコートはぜひ店頭にてご覧ください。
皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
pick82@opal.dti.en.jp

img_2460
Fernand Footwear
ORDER FAIR 2016
10/27(thu)⇒11/7(mon)
at PICK-UP & BarnS

PICK-UP & BarnSでは、オーロラシューズの生みの親 スティーブ・フェルナンド氏が手掛ける『Fernand Footwear』の受注会を開催しています。今回ご注文頂き、皆さまのお手元にお届けするのは2017年6月~7月を予定しています。これほどのラインナップをご覧頂けるのは、受注会ならではのこと。9種類とサンプルの型数も豊富に取り揃えました。いろいろなモデルのサイジングをお試し頂ける、貴重な機会です。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

PICK-UP & BarnS

COMOLI – タイロッケンコート

img_2468
COMOLI
タイロッケンコート

made in Japan
material : 表地 Cotton 75% , Nylon 25%/裏地 Wool 100%
size : 1 , 2 Thanks sold out
color : Navy
price : 98000yen + tax

img_2469
本日ご紹介するのは、COMOLIよりタイロッケンコートを。撥水加工を施した表地、裏地にはイタリア トスカーナ地方伝統のアザミの葉でウール表面を掻いて保温性を高めるつくりを再現。現在のトレンチコートを元に、必要と思うディテイルだけクローズアップした結果生まれたのが、このタイロッケンコートです。毎シーズン展開している型ですが、今期は着丈を少し長くして登場しました。(ブランドリリースより抜粋)

『動くと良い服』、店頭にてどうぞ袖を通してみてください。COMOLIが手掛ける真摯なものづくり、服を着る愉しみを存分に味わえる一着です。

皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
くわしくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP : 024-531-6355
mail : pick82@opal.dti.ne.jp

img_2478
Fernand Footwear
ORDER FAIR 2016
10/27(thu)⇒11/7(mon)
at PICK-UP & BarnS

PICK-UP & BarnSでは、オーロラシューズの生みの親 スティーブ・フェルナンド氏が手掛ける『Fernand Footwear』の受注会を開催しています。今回ご注文頂き、皆さまのお手元にお届けするのは2017年6月~7月を予定しています。これほどのラインナップをご覧頂けるのは、受注会ならではのこと。9種類とサンプルの型数も豊富に取り揃えました。いろいろなモデルのサイジングをお試し頂ける、貴重な機会です。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

PICK-UP & BarnS

Fernand Footwear オーダーフェア !!!

img_2454
Fernand Footwear
ORDER FAIR
10/27(thu) ⇀ 11/7(mon)
at PICK-UP & BarnS

PICK-UP(メンズ)とBarnS(レディース)にて、Fernand Footwearのオーダー会を開催します。90年代、アメリカ・ニューヨーク近郊で生まれたオーロラシューズ。それは、服好きの心を虜にするシューメイカー。オーロラシューズは、MJと職人であるスティーブ・フェルナンドのふたりで創設されました。つくりの良さが評判を呼び、彼らの工場はその規模を拡大することとなります。その際、大量生産の煩雑さから距離を置きたかったスティーブは、靴づくりの道を自ら閉じることを選びました。

その後、ミシガン湖近くに工房を構え、少量ながら革小物制作を営んでいた彼。自分の娘のために制作したバッグ『KELLY POUCH』が、バイヤーや靴好きの目に留まります。近年あった数多くのリクエストに応え、また靴作りを再開するに至りました。期間中は、多くのサンプルとサイズを揃えて、足入れをお試し出来ます。オーロラシューズを愛用する方にも、ぜひ足入れをお試し頂きたい一足です。

FERNAND FOOTWEARの代表的なモデル ミドルイングリッシュはもちろん、型は7種類から、革はスムースレザーのブラウンorブラック、スエードから自分好みのものを選んでご注文頂けます。ぜひ、この機会をお見逃しなく。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae