2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL

いよいよ始まりましたね、【2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL 2014】。
混戦模様のGROUP C、手に汗握る攻防、どの試合も眼が離せません。

6月15日(日)に行われたコートジボワール戦。前半、本田圭祐選手の
ゴールもありましたが、後半、ドログバ選手投入により立て続けに失点、まさかの敗戦。

とても残念でしたが、まだ2戦残っています!がんばってほしいですね。

PICK-UPでは、6月20日のギリシャ戦(日本時間/7:00)で日本が勝利した場合、
当日のみメンバーズカードのポイント2倍!!を決行致します。

さらに! 6月25日のコロンビア戦(日本時間/5:00)で日本が勝利し、
GROUP Cを突破した場合、当日のみPICK-UP、BarnSともに全品10%オフとさせて頂きます!!

残りの試合、どちらも朝早くからキックオフとなります。

皆で日本代表を応援しましょう!!

world cap 2014

T-shirt

IMG_4163
もともと下着として生まれた「T-Shirt」。現在のように一枚で外に着ることが認められたのは、1950年代だったと言います。映画「乱暴者」のマーロン=ブランドや、お馴染みジェームス=ディーン、そして「陽のあたる場所」のモンゴメリー=クリフトらが、その代表格。

映画の内容もさることながら、労働者役の普段着にぴたりとはまり、世間に反発する若者の象徴としても捉えられてきました。ちょっと首の伸びた、ヤれた雰囲気。いざ、同じようなものを探すとなると、これがなかなかない。探しているときって、ない。

IMG_6269
Engineered Garmentsの昔のLOOK BOOKなどを見ても、良い感じに首回りがヨレていて、シャツとのバランスが絶妙なんです。以前、EGディレクターの鈴木さんと話したとき、この首回りのヨレ感の話になりました。「首の詰まったTシャツ着てるヤツ見ると、知らないひとでもグイっと首伸ばしたくなるんだよね。首伸ばしたくて、思わず手が出そうになる。」って。「だから、撮影のときも一回首回りは、手でグイっとやってる。」と。

そして、コットンの風合いだって、とても大事です。ふっくらとしていながら、スラブっぽく走った糸が見えるのが良い。洗いざらしの雰囲気が想像できて、ネック周りも太くない出来れば数字で2cm幅くらい。プライスだって3800円とかなら、なお良い。
IMG_8896
「felco」
「Engineered Garments」
「Jackman」
「Jung Maven」
「SUNSPEL」
今季のPICK-UPには、無地のTシャツが、とびきり良いのが揃っています。
渾身の無地の一枚、ぜひ選びにいらしてくださいね。

sakae

IMG_1287
皆さまからの「一着持ち寄り」企画。本日ご紹介するのは、佐久間さんのSAINT JAMES。
「あれっ!SAINT JAMESにバッグってあったんだ。」とお思いの方、いいえ違うのです。

独身時代に、大切に着ていたSAINT JAMES。結婚して子供が生まれて、それは何年も気に入って愛用していたそう。色もだいぶ飛んで、そろそろ着るにはどうかしら?もう処分しないと駄目かもと思っていたOUESSANT。それをお子さん用に、バッグに作り直したそうです。裏地には、しっかりと補強のために当て布をあしらって、それは愛らしいシューズ入れに仕立ててあります。

その奥さまお手製のバッグを、お持ち頂いた佐久間さん。古くなっても、愛着が湧いてどうしても捨てられないものってあります。それを、愛情たっぷり手をいれてバッグとして、また新しい用途でお使い頂くこと。お話を伺ったとき、スタッフ皆が本当に嬉しくなりました。愛されてるな、SAINT JAMES、そしてお店。こんな嬉しいお付き合いをお客様とさせて頂くことに、ただ感謝のことばです。

佐久間さん、お持ち下さってありがとうございました。

IMG_1286

フクハナ – 花は市民の手で

IMG_1338

毎週日曜日、Street Garden 前に集まり「フクハナ」にご参加くださる市民のみなさん、いつもありがとうございます。ブラジルではワールドカップがはじまり、いよいよ日本代表戦が明日と迫りました。TV前に陣取り家族で応援もよし、友人と皆でわいわい観戦も良いですね。もちろん、明日の朝15(日)もStreet Gardenは開催します。

時間のご都合が合う皆さま、ぜひ明日もフクハナしましょう♪ もちろん、それぞれにご予定があったり、ご体調のこともあります。無理なく出来るときに愉しく集まる、それがフクハナです。 もちろん、フクハナあとのCoffee Breakと一緒に。

フクハナ -花は市民の手で-

6/15(sun) am8:30 〜am9:30
集合場所 PICK-UP前 雨天中止

SAINT JAMES 7分丈ボートネックシャツ

IMG_1329
SAINT JAMES
08JC 183/1U 7分丈ボートネックシャツ

made in France
material : Cotton 100%
color : Noir
size : T4 , T5
price : 8000yen + tax

IMG_1331
お店での取扱いが、ほぼ20年を超える定番アイテムSAINT JAMES(セントジェームス)。丈夫で洗濯にも耐えうるカットソーの大本命と言えば、このブランドのOUESSANT(ウエッソン)、長袖バスクシャツでしょう。私たちのお店でもファンは多く、皆さん大事に愛用しています。もともと海軍の制服を作ったり、漁師のための作業着をつくっていたメーカーらしく、私たちの普段着にはもってこい。

本日ご紹介するのは、7分丈ボートネックシャツ。OUESSANTよりも薄手で、袖も7分丈だから手元の作業時にバタつかず、身のこなしもしなやかに。そして、首回りの空き具合。これはとっても大事。暑さが厳しくなると、どうしても襟元にさわやかさが欲しくなるものです。そんなとき、ほど良く空いたボートネックは肌にまとわりつかず、あっさりと軽やかな印象を見せてくれます。

洗い上がりのとき、1〜2cmほど着丈と袖丈が縮みます。着込むほどに馴染んでいくのがSAINT JAMES 最大の特徴。どうやら、その生地の良さには、生産される際の糸と水が関係していると聞いたことがあります。you tubeにフランス本国工場のようすがアップされています。普段、愛用しているものが生まれる瞬間を、すこし垣間見れますよ。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=5zJg-3X9jHM

ぜひ、店頭にてSAINT JAMESのカットソーをご覧になってください。まだお持ちでない方にはぜひ。すべてのボーダーの始まりは、このSAINT JAMESからといっても、過言ではありません!そしてしばらく振りの方にも、お薦めしたい一枚です。

saKae

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

皆さまの「一着持ち寄り」から、本日ご紹介するのは千恵子さんのBarbour。
IMG_1268
短大の頃からか、お小遣いをこつこつ貯めては、買い物にお店に寄ってくれたのは覚えています。買う前から欲しいものを何度も何度も確認しながら、これだと思うものを、いつか持ちたい、身に付けたいと思いながら揃えていくことは、買った後のものを大事に扱うことに繋がっていることを、千恵子さんは教えてくれています。
IMG_1269
まさに、ものにとってはこれほどうれしいことはないはず。Barbourがこれほどまでに味が出ているのは、ずーっと外着として着てきた証。お客様の元へと引き取られた商品が、しっくり馴染んでいるのを見るとうれしくなります。
IMG_1267

お客様あってのお店だと感じる瞬間です。千恵子さん、ありがとう。
選 高橋省吾

PICK-UP 32th Anniversary 「一着持ち寄り」

5月30日に32回目の誕生日を迎えたPICK-UP。「一着持ち寄り」企画にご参加くださった皆さま、ありがとうございます。思い入れのある一着を手に、購入した当時の話をお聞きかせ頂いたこと、お店冥利、スタッフ冥利に尽きました。本当に感謝の一言に尽きます。ありがとうございます。

皆さんがお持ちくださった「一着持ち寄り」のなかから、オーナー・スタッフが「これぞ!」と思うものを選ばせて頂きました。どのアイテムも想い入れのあるもので、選ぶのも楽しい時間でした。

では、スタッフそれぞれが選んだ洋服を、選者コメントとあわせてご覧ください。
PICK-UPオーナー高橋省吾が選ぶ一着は、こちら!

IMG_1260
TODD KILLIAN S/S SHIRT 90’s

直くんのトッドキリアンの白いシャツ。90年前後、当時PICK-UPの中では数少ないデザイナーものだったトッドキリアンのシャツ。それまでお店で扱ってきたシャツとは違い、とにかく素材と縫製に加えてデザインが良かったのをおぼえている。価格も決して安くはなく、シャツ好きな私としては、目に留まって扱った商品。もちろん、自分でも何着か買ったものです。

IMG_1259
とくに特徴のあるサイドポケットを選んでくれて、それを大事に持っていてくれたことを、とてもうれしく思います。数は少なくても、ちょっと高いものでも、何年も愛着をもって付き合えるものをこれからも伝えていきたいと、改めて思いました。直くん、ありがとう。

選 高橋省吾

スタッフ田中栄の選んだアイテムは、こちら。
IMG_1280
adidas ROMA made in WEST GERMANY 90’s

千葉さんからの一足。お嬢さんが幼稚園時代に履いていたアディダスの「ROMA」、しかも西ドイツ製のものです。千葉さんはかつて原宿にあった老舗アメカジショップでバイト経験があり、以前も「Willis & Geiger」のジャケットを見せてくださるなど、なにをお持ちになるのか、今回も愉しみにしていたうちのお一人でした。

IMG_1258
そしてお持ち頂いたのが、この「ROMA」!私がお店に入ったばかりの頃、このスニーカーが店頭に並んでいたのを覚えています。当時は、「Kid’sサイズだし、なかなか売れないなー。誰が買うのかなー。」なぁーんて訝しく思っていました。お持ちくださったこの「ROMA」を見てびっくり。西ドイツ製の勤勉なモノづくり、子ども用だからといって雑に作っている様子がまったくないのです。踵を包み込むヒール部分のなんと美しいこと!しなやかで密な革の表情!スニーカーに使う革って、昔はこんなに良かったんだと驚きました。当時は、なにを見ていたのか(笑)!お嬢さんにはお子さんが生まれ、千葉さんはおじいさんになるんだそう。「今度は、孫に履かせようかな。」そう話す千葉さん。トラディッショナルな一足をお持ちくださり、ありがとうございます。こうして引き継がれる一足を見て、つくづくお店っていいなと思いました。

選 田中栄

そして、3人目スタッフ藁谷が選んだ一着がこちら。
IMG_1263
PRO-TUFF SHORTS  2000年

佐藤喜洋くんが持ってきてくれたアメリカ警察・官僚などに向けて生産されているブランド「PRO-TUFFf」のショーツ。私も学生の頃、お店でこのショーツを見て(正確にはこのモデルの後に入荷したディテールの異なるショーツ)、素材のタフさに驚きました。インポートの楽しさを実感出来た瞬間でもあります。

IMG_1318
大切に手元に残しておいて、こうやって見れる機会をあたえてくれた喜洋くん、ありがとう。

選 藁谷郁生

今回選ばせて頂きました洋服をお持ち下さった直くん、千葉さん、喜洋くんにはささやかながら、お店からプレゼントをご用意致しました。「一着持ち寄り」企画にご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございます。皆さまからお持ち頂いた洋服は、これから少しずつこのblogにてご紹介させて頂きます。お持ち下さって、本当にありがとうございました。皆さま、お借りしました洋服をお返し致しますので、お時間にご都合のつくとき、お店にお立ち寄りくださいませ。

そして、33年目を迎えるPICK-UPを今後ともどうぞよろしくお願い致します。

PICK-UP & BarnS スタッフ一同

蒸し暑い梅雨を快適に。

いつもより早い梅雨入り、気温25度を超えるとむしむし。
皆さん快適に過ごすためのご準備はすすんでいますか?
今年は5月に30度越えの日があったり、異常な暑さが続きました。
そのせいか半袖のカットソーの出かたが早くなっています。
夏は8月までと、あと3カ月は半袖のお世話になります。
早めの準備を、というか気に入ったもの揃えるのは今です。
バーンズには、st jamesをはじめOrcival、Pyjama clothing、などのカットソーが揃いました。
他に、夏を快適に過ごすためのサンダルやパンプス、キャンバススニーカー、リネン素材のシャツ、ブラウス、ワンピースなども揃いました。
ご来店お待ちしています。

IMG_9661

The Sandalman

20090702_0604%20copy

The Sandalman
1976年にカリフォルニアNEW PORT BEACHにて
創業された「The Sandalman」。
2人の熟練の職人がオールハンドメイドでmade  in USAにこだわり、仕上げるサンダルです。
厳選された素材の良さは当然の事ながら、熟練の技術、製法により
作り上げられる品質の高さは、世界でもトップレベルです。

もともとは、地元サーファーの仲間内だけのオーダーだったそう。

sandalman1   sandalman2

圧倒的な履き心地の良さの秘密は、硬さの異なる3層のソール。

トップは、使い込むほどに味わいを増すブルハイドレザー、優しく足を包み込みます。
そして、土踏まずのアーチ部分を考慮したクッション性の高いミッドソール、耐久性とグリップ力に
優れるビブラムをアウトソールに使用しています。

sandalman3 sandalman4

シンプルな鼻緒タイプのサンダルは長く付き合えるアイテム。
何より、これからの季節、足元を涼しくしてくれます。本革の存在感、ぜひ体感してみて下さい。

made in U.S.A

size/ 8(26.0cm)、9(27.0cm)

price/ 26780 yen

20090702_0559

 

Pyjama Clothing – V Neck Cardigan

IMG_1222

Pyjama Clothing
V-Neck Cardigan

made in Belgium
material : Cotton 100%
size : S , M
color : Royal , Beige , Navy , Black
price : 8500yen + tax

IMG_1219
暑かった日も、喉元過ぎれば何とやらで、梅雨入りした東北地方はもっぱら「この時期、なに着る?」の話題で持ちきりです。私たちスタッフとお客様の会話も同様に「なに着る?」。やっぱり、いま使えるアイテムと言えば「カーディガン」や薄手の「ジャケット」ということでしょう。

本日ご紹介するのは、made in Belgium のカットソーメーカー「Pyjama Clothing(ピジャマクロージング)」からカーディガンを。「パジャマのような着心地」ブランドからのメッセージ通り、Tシャツと同じ風合いで扱いもラクチン。バッグに丸めて入れておけるし、シワも気にせずガンガン着回し出来ます。

ショーツ&Tシャツでは少し心もとないとき、こんなカーディガンがあれば着こなしもまとまります。色違いで楽しんでくださる方もいる、ファンの多い一枚です。まだお試しでない方、ぜひに。

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

フクハナ-花は市民の手で-

IMG_1207
毎週日曜日、Street Garden 前に集まり「フクハナ」にご参加くださる市民のみなさん、いつもありがとうございます。福島市もいよいよ梅雨入りとなり、恵みの雨が連日Street Gardenを潤しています。

明日、6/8(sun)フクハナは開催します。時間のご都合が合う皆さま、ぜひ明日もフクハナしましょう♪ もちろん、それぞれにご予定があったり、ご体調のこともあります。無理なく出来るときに愉しく集まる、それがフクハナです。 もちろん、フクハナあとのCoffee Breakと一緒に。

フクハナ -花は市民の手で-

6/8(sun) am8:30 〜am9:30
集合場所 PICK-UP前
雨天中止

Jackman / Pocket Tee Shirt

IMG_1157
Jackman
Pocket Tee Shirt

made in Japan
material : Cotton 100%
color : White , Navy , Grey all ! thanks sold out
size : M , L , XL
price : 3800yen +tax
IMG_1158

毎年、数多くのブランドの展示会を巡り、皆さんにご紹介すべき洋服を探しています。そのなかで、毎回頭を悩ませるのがカットソー選び。日々の暮らしのなかで、カットソーは、かならず着るもの。とくに暑さが厳しくなるこれからは、Tシャツ一枚で過ごすことが多くなりそうです。そんなとき出逢ったのが、「felco」と「Jackman」のカットソーでした。

今回、「Jackman」に生産を依頼し出来上がったのが、このTシャツ。

IMG_1186
White , Navy , Greyと 、カラーは3色からお選び頂けます。米綿を彷彿とさせる、ふっくらとした綿の肌触り。首回り、リブ編みの質感は幅広過ぎず、洗いをかけることでしっかりと詰まって、往年のアメリカ製の雰囲気。

IMG_1155
左胸に配されたポケットも、むかしながらのフラシポケット(シガレットポケット)を採用。汗や雨でポケットのなかに入れたタバコが湿らないよう、ポケット底部分が浮いたようにマチが付く仕様!ここまでやってくれるとは。さすがの「Jackman」です。

IMG_1154
モデルは、身長180㎝ サイズLを着用。素肌に一枚で着ても、透けにくいのは嬉しいつくり。暑さが厳しくなるのは、これからです。コットン100%の無地のTシャツ、ぜひ店頭にてご覧ください。
今季、PICK-UPおすすめの一枚です。

通信販売も可能ですので、詳細はスタッフまでメールまたはお電話にてお問合せください。
pick82@opal.dti.ne.jp
024-531-6355

IMG_1180

Jackman とは-

『Jackman (ジャックマン)』はヒットユニオンの前身、田邊莫大小 (タナベメリヤス) 製作所の確かなモノ作り技術とその精神を受け継ぎ誕生しました。”Jack”とは”ホームラン・高く打ち上げる”の意味を持ち、それは創業者が憧れていたアメリカンベースボールに由来しています。

コンセプトは”アメリカンスポーツフリークのワードローブ”。Made in Japan を中心としたこだわりのプロダクツは、熱狂的なアメリカンスポーツの愛好者が愛着を持ってストックし、古いものに新しいものを加えて完成させていく…

そんなワードローブを目指しています。(Jackman ホームページより抜粋)