Engineered Garments / Copley Shirt & Cambridge Shorts

IMG_3129
Engineered Garments
Copley Shirt – Multi Color Stripe

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Red
size : S Thanks Sold Out
price : 25000yen + tax

IMG_3137
本日ご紹介するのは、数シーズンまえにも展開のあった「Copley Shirts」からMulti Color のRedを。

IMG_3136
裾のすべてにトリミングがつく、変わり仕様の半袖シャツです。前立てや巻縫いを簡略している分、とても羽織り心地が軽いのが特徴です。トリミングがステッチによって、波打っており着こなしに表情が出ますね。

IMG_3128
足元は、Bass のBlackでキリリと締めて。

IMG_3132
Engineered Garments
Cambridge Shorts – High Count Twill

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Khaki
size : W30 , W32 , W34
price : 26000yen + tax

2014年、PICK-UPオーナーが選ぶ「今夏イチバンつかえたショーツ」が、このCambridge Shortsです。生地は、Baker & Bedford そしてChealsea Jacketに採用されたHigh Count Twillです。織りの間隔が詰まった、俗にいう「打ち込みの良い生地」で、コットンならではのふくらみと、綾織りの光沢感が味のある雰囲気をつくっています。

製品後に洗いがかけられているから、購入したその日からすぐに体へ馴染んでいきます。洋服を選ぶ上で、生地の風合いが大切だということを、実感させてくれるHigh Count Twill、今季わたしたちもイチオシの素材です。

そして、裾のダブル幅の処理が上手いんです。ダブル幅はほぼ5cm! アイビーたちのきまりでは、3.5~4cmが通例だったところに、このダブル幅ときましたか。丈は膝頭が出るほど短めですが、このダブル幅によって動きやすさと、品のあるまとまりが生まれています。

無地のショーツだからと言って、侮るなかれ!今季イチオシのKhakiカラーのCambridge Shorts、ぜひ店頭にてお試しください。革靴との相性も、ばっちりですから。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

FRAIZZOLI & C / BERMUDA STRECH SHORTS

IMG_2894
FRAIZZOLI & C
BERMUDA STRECH SHORTS
made in Italy
material : Cotton 97% , Other 3%
color : Dark Navy
size : 44 , 46 , 48
Thanks Sold Out
price : 18500yen + tax

IMG_3116
INDIVIDUALIZED SHIRT
NARROW WIDE COLLAR SHIRT
made in U.S.A
material : End on End /
Cotton 100%
size : S , M , L
color : Sax
price : 21000yen + tax

IMG_2892

IMG_2891

saKae

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにて、ご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@oal.dti.ne.jp

MOCEAN / BARRIER & J-POCKET SHORTS

IMG_3061
MOCEAN
BARRIER SHORTS
made in U.S.A
material : Supplex ®nylon w/Teflon HT®shell
color : Spruce Thanks Sold Out
size : M
price : 13800yen + tax

IMG_3075
color : Olive , Grey , Red Thanks Sold Out
size : Olive – M , L /Other – M

今年もPICK-UPに揃った、MOCEAN の「BARRIER SHORTS (バリアショーツ)」。お馴染みのOlive & Redに加え、今回初めてのラインナップとなるのがGrey色。そして、これぞmade in U.S.A !と言えるカラーがSpruce色でしょう。昔ながらのアメカジを連想させる色合い、いぶし銀の抑え目カラーで登場しました。
IMG_3072
color : Camo , Black , Navy
size : Navy – M, L / Other – M

もちろん、外せないのはNavy & Camo柄。昨年、お客様が恰好良く履きこなしていたBlackも、店頭に初登場です。SUPPLEXナイロンの履き心地は、まさに快適そのもの!もう他のショーツに手が伸びなくなるのでは、と思うほどの軽さなんです。速乾性に優れており、夏場に履きまわすにはもってこいの素材。一年ごとに、「今年は、これ!」と色違いで購入される方もいらっしゃいます。ポケット自体にも、ジッパー付の収納×2を装備。鍵束やかさ張る小物は、ジッパー付のポケットへいれておけば、ひと安心。

IMG_3059
今年のキーカラーである「Khaki」色との相性もばっちり。そして、MOCEANのショーツをお勧めするのには、もうひとつ理由があります。それは、徹底して機能を追求した「制服」を作り込んでいるということ。カリフォルニア州の警察官や救急隊員、消防隊のユニフォーム生産を請け負っていることからも、その信頼の厚さがうかがえます。特に、このブランドのアイコンとも言えるマウンテンバイクを使用したバイクパトロール向けに、制服供給をしているという点です。ベルトループの頑強さは、トランシーバーを取り付けるためのもの。素材には軽量で速乾性がありテフロン加工をしたSupplex nylonが採用され、撥水性にも優れています。まさに、質実剛健。皆さんもご存じのPatagoniaやSiera Designのものづくりもしていた経験があるそうです。

IMG_3064
DOEK OXFORD made in KURUME JAPAN
material : Cotton/Rubber
color : White
size : 25.0cm , 26.0cm , 27.0cm
price : 12000yen + tax

足元には、軽快なDOEK のOXFORD WHITE をあわせて。足元もスマートにいきたいものです。

IMG_3047
MOCEAN J-POCKER SHORTS
made in U.S.A
material : Supplex® nylon w/Teflon HT® shell
color : Navy/Red , LT.Blue/Yellow
size : S , M , L
price : 12800yen + tax

IMG_3077
こちらが、今回店頭初お目見えとなる同ブランドの「J-POCKET SHORTS」です。日本代理店からのオファーで実現したJ-POCKET SHORTS、形はベーシックなFATIGUE SHORTSとなります。フロントポケットは大胆な切り替えのパターン、バックポケットには両側ともにMOCEAN ならではの、ジッパー付きのポケットが配置されます。

IMG_3045
ストレートな色の組み合わせながら、結構インパクトのある主張をしてきますねNavy/Red。ほかとは違う遊びあるショーツを持ってきたいなら、ぜひお試し頂きたいカラーリングです。

PICK-UPに揃った、何枚でも欲しい使い勝手の良いMOCEANのふたつのショーツ。ぜひ、自分好みの色を探しにいらしてください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

VELOUR – THE ADAN & James Mortimer – Linen Shirt

IMG_2899
VELOUR
THE ADAN

made in TURKEY
material : Cotton 96% , Elantane 4%
color : Beige
size : W28 , W29 Thanks Sold Out , W30 , W31 , W32 , W33
price : 18800yen + tax

IMG_2897
昨年からPICK-UPのラインナップに加わった、VELOUR のパンツ「THE ADAN」。履き回しが効いて、膝が出にくいのが嬉しいストレッチ素材。シルエットは、極端に細すぎず膝から裾にかけて、弓なりに美しいカーブを描きます。「RESOLUTE」同様に、履き丈はすっきりと短めにあわせてみました。着るものが減ってよりシンプルになるのが、これからの季節。着丈や履き丈など、全体とのバランス、シルエットに気を使うと、うまく着こなしがまとまると思います。

IMG_2960
color : Soft Navy
size : W28 Thanks Sold Out , W29 Thanks Sold Out , W30
W31 Thanks Sold Out , W32 , W33
price : 18800yen + tax

IMG_2975
春の色といえば、やはり筆頭にあがるのが「Navy」色ではないでしょうか。今回、お店に並んだ「Soft Blue」は革靴との相性がとても良く、発色も鮮やかな色目となっています。とくに黒のスリッポンとの組み合わせがおすすめ。

IMG_2970
SANDERS
MEDALION SLIPPER SHOE – Army Grain with Single Leather Sole

made in England
material : Army Grain Leather
color : Black
size  : 6 , 6H , 7 , 7H
price : 48000yen + tax

IMG_2981
James Mortimer
Long Sleeve Regular Collar

made in Ireland
material : Irish Linen 100%
color : Blue
size : 36 , 38
price : 20000yen + tax

IMG_2968
すっきりと細身のパンツをお探しの皆さま、ぜひVELOURの「THE ADAN」をお試しください。原点回帰とも言える、シンプルなパンツです。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

注目のブルー系。Ladies

IMG_1485 IMG_1481

COMOLI                                                        ORCIVAL

IMG_1476IMG_1478

STANDART AT HAND                               st james

IMG_1528IMG_1532

COMOLI                                                         SLOW SIDE

IMG_1529IMG_1530

commono reproducts                              DELICIOUS

IMG_1535IMG_1480

needles                                                          Charpentier de Vaisseau

Engineered Gaments / Shawl Collar Jacket – French Twill

IMG_2885
Engineered Garments
Shawl Collar Jacket – French Twill

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Khaki
size : S , M
price : 31000yen + tax

IMG_2886
今季のテーマ「Travel & Safari」をいちばん体現しているのが、本日ご紹介するカラー「Khaki」色ではないでしょうか?ミリタリーなどでも多く採用されるKhaki色、デニムのブルーでは普通過ぎるし、Oliveグリーンではミリタリーカラー全開で、ちょっと引きそう。そんなとき、品よくあわせられるのが、「ホワイトジーンズ」であると思います。サイズ切れをしていたメンズサイズ〈1〉と〈2〉が店頭に揃いました。ホワイトジーンズが一本あると、ぐぐぐっと着こなしのバリエーションが増えること、間違いなし。ぜひともお試し頂きたい、一着なんです。
IMG_2857

そして、インナーには「サマーニット」がおすすめです。French Twillの柔らかな質感に組み合わせるなら、袖通し軽やかなTHIBAULT VAN DER STRAETE のボーダーが良いと思います。もちろん、シャツだってカットソーだってあわせやすいのですが、普段とは違う遊び心を持ってきても良いでしょう。愛でる桜や、旬の味わいを愉しむ食事と同様に、洋服の着こなしだって、存分に愉しもうではありませんか。

IMG_2865
Engineered Garments
Long Scarf

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Flower/Stripes
size : 125cm×45cm
price : 10000yen + tax

そして、もうひとつ。着こなしに、幅を持たせてくれるのが、スカーフです。ベストを羽織るように、ジャケットのなかからチラリと覗く柄物。重くなりがちなミリタリーものに、軽やかさと動きが出るはずです。

IMG_2867
or slow
IVY FIT JEANS 107

made in Japan
material : Cotton 100%
color : White
size : Mens 1 , Mens 2
price : 12800yen + tax

IMG_2882

使い勝手の良いショート丈のShawl Collar Jacket 細身のパンツにはもちろんのこと、ゆとりのある太めのFatigue Pantsにだって抜群の相性を見せてくれることと思います。ポケットの数量を増やしながら、生地には軽さがあります。洗いをかけてパッカリングしたステッチと生地の風合いを、ぜひ店頭でご覧ください。シャツとジャケットのあいだのような生地と風合いです。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくはお電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

 

Gymphlex / Linen Shirt

IMG_2854
PICK-UP & BarnSには、春を愉しむ洋服がぞくぞくと揃ってきております。そのなかでも、種類多く取り揃えたのが『Shirt』です。シャツがなくては始まらない!と言わんばかりに、オックスフォードにリネン、マドラスチェックと色の花が店内を賑わせています。その中から、本日ご紹介するのは、Gymphlex のリネンシャツ。

IMG_2828
これぞ、The Shirt !と言えるごくごくシンプルなかたち。洗いざらしの表情が愉しめる「FLANDERS LINEN」を採用したシャツです。

IMG_2834
衿元は、ワイドスプレッド仕様。第一ボタンをあけたときに美しく整って、首元がすっきりします。

IMG_2842
そして、肌に触れたときに、かすかに感じる日の匂い。羽織るだけで、背筋が伸びるような気がするのは、シャツ好きの方には共感してもらえる感覚ですよね。

IMG_2829
イギリス生まれのブランド「Gymphlex」は、ジャージ素材を得意とした1908年創業のブランド。1900年代半ばは、国民兵役が義務であり、政府は運動を積極的に推奨。そのため学校では、体育が最重要科目だったそうです。その当時に、ものづくりを担っていたのがこのGymphlexでした。すべてのイギリス人がGymphlexで育ったと言っても過言ではないほど、イギリスの国民的なブランドであるそうなんです。(ブランドリリースより抜粋)

そのGymphlexの雰囲気を十二分に生かし、メイド イン ジャパンで仕上げられたのが、今回のリネンシャツです。裾脇にさり気なく施された刺繍がアクセントになります。

IMG_2840
白シャツは、何枚持っていても良いもの。特にサイズ感は、わたしたちにぴったりだから、シャツをお探しの方にはぜひともおすすめしたい一枚です。そして、白シャツはボトムになにを持ってきても、怖いモノなしの優等生!軍パンのオリーブグリーンは、抜群にはまります。春先にあわせたいのは、ネイビーのパンツ。光沢感のある綿ポリ素材、COMMONOreproductのペインターなんかぴったりでしょう。足元は、もちろんキャンバスのスニーカーをあわせて。清潔感のある白と、きりっとしたハリのあるパンツを、新鮮な気持ちで愉しんでみたいと思っています。

ぜひ店頭にて、たくさんのシャツをお試しください。お気に入りの一枚が、きっと見つかると思います。店頭にてお待ちしております。

saKae

通信販売も承っております。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

St.James – OUESSANT Melange

IMG_2767
St.James
OUESSANT Melange

made in France
material : Cotton 100%
color : Melange Noir and more
size : T4 , T5
price : 11000yen + tax

IMG_2768
本日ご紹介するのは、皆さんお馴染みフランス生まれのカットソーSt.James から「OUESSANT (ウェッソン)」のメランジ素材を。メランジとは、フランス語で「混ぜ合わせ」という意味。この素材を目にするのは、もう何年振りのことでしょうか? わたしがお店に入った当時ですから、もう14〜5年は間違いなく経っていることでしょう。そのとき見たのは、代官山の旗艦店でのこと。当時、この素材は旗艦店の販売のみで、お店で取り扱うことは叶いませんでした。同じように懐かしい素材と言えば、パイル地なんかありましたよね。赤とかオレンジ、白のパイル地は、私も当時購入していました!

IMG_2729
もちろん、ほかのOUESSANT同様に、洗濯後の縮みがあります。通常のOUESSANT生地だと袖丈のみ1.5cm 〜2cmほど縮みますが、このメランジ素材は身幅も少し、縮むようです。特徴のひとつは、その柔らかな素材感。糊は、いつものOUESSANTより効いておらず、袖通しのはじめから、滑らかな着心地が愉しめます。

多くの皆さんに愛されるSt.JamesのOUESSANT、わたしもPICK-UPで22年前に購入したNEIGE/MARINE色は、大事に取ってあります。当時、世間は渋カジブームの待っただ中。ブーツカットにリングブーツ、ゴローズのコンチョを付けたメディスンバッグが巷で大流行。それと同時に流れを覆すように次のブームとなったのが、「キレカジ」と呼ばれるムーブメント。BIRKENSTOCKの『RAMSES』と、Herve Chapelierの『舟型トート』、そしてこのSt.James 『OUESSANT』が新三種の神器だったのです。(わたしにとっての、かな?)BarnSはもちろんなくて、レディースもPICK-UPに並んでいた頃です。PICCADILLYのパンツなんかも、懐かしいですね。

そのときから、生産国を変えることなく流行りに踊らされず、派手さはなくても必ず店頭にあり続けるSt.James。なんと心強いことでしょう。時代にすり減らされない服って、こういうブランドのことを指すのでしょうね。時代の流れで、プライスには多少の上下はありますとも!しかしながら、ブランドが生まれたその国で作られているということ、やはり大切なことです。

久しぶりにこの名前を聞く方、そしてお持ちでない方はもちろん、ぜひとも店頭にてご覧ください!長く付き合える、味わいのある一着になること、間違いなしですから。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくはお電話か、mailにてお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

 

Style

きょう、こちら福島市は雨模様。水たまりのそこかしこに、散った花びらが浮かんでいます。満開の桜が花散らすようすは、それはそれで美しいものですね。あたらしい芽吹きだって、はじまっています。きょうは、洋服の組み合わせで重要となる「サイズ遊び」と「小物使い」について、お話します。

IMG_2757
わたしが着用しているのは、Engineered Garments 「Chelsea Jacket」のサイズS。いつもなら、XSサイズを選ぶのですが今季のChelsea Jacketは、ひとサイズうえのものにしてみました。ナポレオンジャケットや、19世紀初期のライディングジャケットのようにも見える、ちょっと変わったデザインの一枚。中にあわせたのは、同じくEGのTシャツで、Lサイズ。ジャケットの下からTシャツの裾がゆらゆらと揺れるような遊びを持たせたかったのです。服のなかで体が泳ぐようなかんじですね。ボタンを留めずに着れば、サイドに裾が流れて動きのあるシルエットが愉しめます。サイズ感で遊ぶのは、COMOLIの影響が大きいでしょうね、私の場合。

IMG_2746
『手に取る服の組み合わせが、いつも同じになってしまう』ことや、『好みの色ばかり、揃えてしまう。』ことが、私にはよくあります。いわゆる、安心感からくるマンネリ。そんなとき、普段の着こなしに新鮮さを加えてくれるのが、スカーフなどの小物使い。ベストを羽織るように、一本首から提げてみる。巻物は、冬だけのもの、寒さをしのぐためだけのものでは、もったいなと思うのです。なかなかジャケットやシャツに派手なものをもってくるのは勇気がいるけれど、スカーフならストライプだって花柄だって、なんでもありでしょう。表に出る分量が少ないから、怖気づくことはないのです。

IMG_2762
Engineered Garments
Long Scarf – Multi Color Stripe

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Yellow
size : 125cm×45cm
price : 9000yen + tax

いつもの着こなしに、遊びをもたせたいなら「Scarf」はおすすめですよ。挑戦したことのないものへは、なかなか目が馴染まなくて、はじめは照れるのも当然ですよね。ただ、それを乗り越えて目に飛び込んでくる小物や洋服って、存在するのです。それに出逢うのが、お店だと思います。

自分のからだにジャストフィットのものを選ぶ、これは基本中の基本です。でも、洋服のサイズってだいたい3サイズくらいしかないから、そのなかから自分が入るものを選ぶわけですよね、当然。はじめから馴染んでぴったり、というものばかりではないはず。用途をもってデザインされたワークウェアやミリタリーものの袖が太いのを、愉しんで着るやり方だってあるでしょう。

自分のサイズを知ること。ジャストサイズと、敢てのオーバーサイズ。そのどちらも愉しめたら、服を着る自由度もあがりますよね。着こなしに悩んだら、一緒に話合おうではありませんか!お店でお話をしましょう。あたらしい自分に出逢わせてくれる服が、きっとあるはずですから。

皆さまのご来店を、いつもお待ちしております。

saKae

皆さん快適に過ごしていますか?

季節の先取りはいいけれど、我慢してまでは?

 

本日ご紹介するのは、ノースフェースGORE TEXのアウターです。

IMG_1501

とにかく使える一着です。

このところの春の季節にはピッタリ。

冬並の寒さになったり、汗ばむ陽気になったりする今の季節には、

GORE TEXの機能性が発揮します。

まず雨、侵入を完全に防ぎます。

IMG_1498

雨は通さず、蒸気は外へ。

GORE TEXの最大の長所は、蒸れないこと。

そして、触った時に冷たさがなく、サラサラした肌ざわりが、

ナイロンやコツトンのアウターとまったく違うところです。

IMG_1503

ジッパーからの侵入も止水ジッパーでシャットアウト。

IMG_1502

大きなフードが、不意の風や雨にもサッと被れば傘いらず。

IMG_1500

つまり、寒くても、暖かくても、快適さを一定に保ってくれるということ。

 

そして、一番お伝えしたいのは、いつ買えばいいのかということ。

それは、秋です。この手のアウターが一番揃っている秋がおすすめです。

今、バーンズにはノースフェースの他に、TILAKも御座います。

ぜひ、店頭でご覧下さい。お待ちしています。