ANDERSEN ANDERSEN – TURTLE

IMG_4871
ANDERSEN ANDERSEN
TURTLE

brand from Denmark
made in Italy
material : Wool 100%
color : Navy Thanks sold out ,Hunting Green Thanks sold out
size : S
price : 39000yen +tax

IMG_4770
ご来店頂いている皆さんはご存じのことと思います!BarnSに、少しずつメンズのアイテムをご用意致しました。本日ご紹介するのは、お店に揃うや否やすぐに完売となったデンマークのセーター、「ANDERSEN ANDERSEN」です。(前々回、入荷したときのようすはこちらを。Navyを着用しています!http://www.pick82.net/updated/index.php?itemid=1926 )

IMG_4760
2013年に廃番となっていたカラー「Hunting Green」が、今季復活を遂げます。晴れて、お店でもご紹介出来ることとなりました。Engineered Garments のジャケットと同様、トップスに持ってくるオリーブ色がとても新鮮です。身体をがっちりと包み込むような、しっかりとした畦(あぜ)編みの質感は、今年も健在。デザインと実用性を兼ねた「指抜き」が、シンプルなつくりのアクセントになります。

IMG_4763
リブを伸ばし、指抜きを通したようすがこちら。ちょっとしたグローブ変わりにも◎
かくいう私も、2年前にこの「Hunting Green」を展示会後すぐに購入しました。冬のあいだ、よく愛用しています。出張の際など、「それどこの?」と聞かれることも多くあったセーターです。素朴な雰囲気のなかに、しっかりと芯が備わったものづくり。シンプルなかたちだけに、ものづくりに嘘がみえません。上にダウンベストを羽織れば、雪降る中でも十分に、アウターとしての役割を果たしてくれます。Hunting Greenとあわせて、定番のNavyも揃いました。ぜひ、お手に取ってデンマーク生まれのセーターをご覧ください。きっと、長く付き合える相棒となってくれるはずです。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS 024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

IMG_4876

-ANDERSEN ANDERSEN-
2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国であるデンマークの人々にとって、大切な道具として古くから愛されてきたセーラーセーター(フィッシャーマンセーター)。現在は大量生産と効率をもとめる潮流に流され、多くの創り手が伝統を手放しています。母国デンマークでさえも、昔ながらの非効率な製法を継承するニッターがほとんどいないのが現実です。 忘れ去られようとしている伝統を、後世にも引き継いでいきたいという思いから、セーラーセーターの原型を研究し、最高の毛糸を求め、手間の掛かる仕様を実現できるニッタ―を探し、そして創りあげたのが、このANDERSEN-ANDERSENのセーラーセーターです。皆さんには是非、長く着込み愛用して頂きたい。そうしてリペアーを繰り返しながら、愛する人に受継がれていく事を願っています。 (ブランドwebより抜粋)

 

The Man with the old bag.

IMG_4635
本日ご紹介するのは、「Brady(ブレディ)」のバッグ7年物です。持ち主は、高校生の頃からよく、お店に通ってくれるお客様のもの。4mmほどのしっかりとした厚みのあるBridle Leather、最初はストラップをバックルに通すのも一苦労のゴツさでした。使い込んで毎日手にしていると、ここまでしなやかに馴染んでいくのですね。

IMG_4633
学生時代、ケルアックの本一冊だけを携え、NYC旅行に出掛けた彼。当時治安の悪かったNewark、空港で2時間 ただただ煙草を吹かし、立ち尽くしたそうです。ようやくバスに乗り込む決心をして、向かった先はマンハッタン。たどり着いたホテルでチェックインを済ませ、ビール片手に見上げるエンパイアステートビル。旅の途中、訪れた博物館で見た民族衣装「IKAT MADRAS」が、目に焼き付いて離れないと言います。ちょうど同じ時期に、EG鈴木さんがblogでIKAT MADRASについて触れていました。鈴木さんと同じものを目にした彼の心持は、いかばかりだったか。大学を卒業し、「いよいよ服屋になります」と話をしてからはや数年。いまは、KAPITALに籍を置く彼。

IMG_4631
ボタンダウンシャツの着心地
パンツの着丈
革靴の合わせ方

「扉を開けると、そこにはたくさん洋服が並んでいました。学生だったあの頃、欲しいものすべてを買うことは出来なかったけれど、自分自身のなかにある洋服選びの基本は、PICK-UPから学んだものでした。洋服のいろは、トラディッションとは何かを教えてくれたのは、PICK-UP。僕のルーツは、PICK-UPにあります。」と話す、良い歳になった男の顔が、そこにありました。

IMG_4722
直接、言葉を交わす。顔と顔を付きあわせて話すこと、それだけが持つちからがあります。地元のお客様、県外から足を運んでいただく方たち、沢山の皆さまに支えられて、お店をオープンしています。

ありがとうございます。

明日もPICK-UP&BarnSは、扉を開けて、皆さまのご来店をお待ちしております。よいものとの出逢い「洋服と、皆さん」。その間に私たちはいつでも立っていたいと思います。

いらっしゃいませ、ようこそ!

saKae

Engineered Garments / B-Tanker Jacket – Poplin

IMG_4685
Engineered Garments
B-1 Tankers Jacket

made in U.S.A
material : Cotton 100%
color : Olive
size : S Thanks sold out
price : 52000yen + tax

IMG_4680

IMG_4683

IMG_4693

IMG_4715

IMG_4670

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

RICHMOND KNIT WEAR – ARAN CREW NECK PULLOVER

IMG_4615
RICHMOND KNIT WEAR
ARAN CREW NECK PULLLOVER

made in England
material : Contains not less than 50% British Wool
color : Navy , Charcoal
size : 36 , 38
price : 22000yen + tax

IMG_4612
PICK-UPに存在感十分の、英国生まれのアランニットが揃いました。本日ご紹介するのは、「RICHMOND KNITWEAR(リッチモンドニットウェア)」から、ARAN CREW NECK PULLOVERです。バスケットやロープなど、フィッシャーマンセーターに選ばれるモチーフには不変のものがあります。「Peter Storm(ピーターストーム)」や「INVERALLAN(インバーアラン)」をはじめ、数多くのセーターがこれまでお店を彩ってきました。80年代から90年代にかけてお店を賑わせてきたブランドも、今は昔。無くならないと思っていた多くのニットメーカーが、姿を消していきます。そんな中、展示会を廻っていると一際目をひくセーターがありました。

IMG_4611
それが、このセーターRICHMOND KNITWEAR。縄編みの凹凸と肉厚感は十分、しかもセーターとしての量感があるのに重すぎない。それに加えて今回、サイズバランスが非常に良いことが、みなさんにおすすめしたいポイント。アームホールはもちろんのこと、袖にかけてもすっきりと流れるように体に沿うシルエットになっています。首回りのゴツさも、昔ながらの風合いながら、肩が凝るような息苦しさはありません。素材の良さを活かしながら、とても着やすく仕上がっています。

IMG_4606
「Filson」のマッキーノクルーザーに引けをとらない、このボリューム感!

IMG_4617
色は2色ご用意出来ました。セーターと言えば、まずはNavy。そして、今季のPICK-UP & BarnSが注目するカラーのCharcoalです。

IMG_4622
裾周りのリブ編みも、しっかりとしつつ重ね着した時に丸くならない絶妙な編み具合。

IMG_4628
メンズクラブの切り抜きに登場する、小林泰彦さんのイラスト。そのどれもが品物の特徴を捉えているうえに、親しみがあって魅力的に映ります。長く手入れをしながら(逆に、まったく放っておいても)付き合っていくうちに愛着が湧く洋服っていうのがあるんですね。

IMG_4630
写真は、いまから20年まえの展示会での一枚。UNION SQUAREの企画物でしょうか?あぜ編みで、スエードのエルボーパッチが付いたV-NECK CARDIGANです。ファクトリーものらしく、味わいと力強さのある雰囲気が伝わります。

IMG_4614
皆様、ぜひ「RICHMOND KNIT WEAR」のクルーネックセーターを店頭にてご覧ください。昔ながらの味のある雰囲気をお楽しみ頂けると思います。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP 024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

BORGER – KRUGGER

IMG_4583
BORGER
KRUGGER

made in Argentina
material : Suede Upper & Nylon Mesh /Polyester 70% , Cotton 30%
color : Yellow , Black
size : 41 , 42 , 43
price : 25000yen + tax

IMG_4602
本日ご紹介するのは、Made in アルゼンチンのブランド「BORGER(ボーガー)」トレッキングモデルから、 KRUGGER(クルーガー)と名付けられた一足。国土面積は世界で第8位、広大な自然、アンデス山脈とパタゴニアを擁する国、アルゼンチン。その国で1967年、靴工房からものづくりをスタートさせたBORGER。ステッチの打ち込みや、素材の選定などを見るに、アルゼンチンのものづくりは、素朴で力強い印象を受けました。実際、足入れして思うことは、指の付け根部分の可動が、かなりスムーズだということ。
IMG_4601
そして、もうひとつの特徴が、独特の構造を持つループ&シューレースです。ともにナイロン素材でつくられているため摩擦が少なく、シューレースの調節と、靴の着脱がかなりスムーズに出来るのです。
IMG_4600
不安定な足場をしっかりとサポートするソールは、vibram社のものを採用しています。

IMG_4599
カラーは、Black とYellowをご用意しました。今年、大好評のスエットパンツやリブパンツに負けないボリュームであわせられるBORGERは、普段使いにこそ履きたいもの。ファティーグパンツであわせれば、足元へのアクセントにもなります。天候不順で、さきの読みにくい天候のときにも、活躍してくれるはずです。シーズン問わずにあわせられるオールラウンドなトレッキングシューズのKRUGGERを、ぜひ店頭にてご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

CANADA GOOSE – CHARLOTTE PARKA & MACKENZIE PARKA

IMG_4436
CANADA GOOSE
CHARLOTTE PARKA

made in Canada
material : ARCTICH TECH Polyester 85% , Cotton 15%
color : Navy , Black
size : M
price : 72000yen + tax

IMG_4437
本日ご紹介するのは、Ladies サイズのCANADA GOOSE ! 先日もアップさせて頂きましたが、より詳しくお伝えしたいと思います。メンズライクなパラシュートボタンが、アクセントになるCHARLOTTE(シャーロット)。収納力のあるポケットが5つ付いて、活動的な女性にぴったり。BarnSであたらしく展開するのが、このカラーNavy。品があり、深い落ち着きのある色味となっています。COLOR:Navy
IMG_4416
アウターのシェルにステッチ跡が見えないこと、それがダウンジャケットをスマートに魅せる秘密。レディースのCANADA GOOSEのなかでも、ダウン量が豊富に入り、暖かさ十分のCHARLOTTE。ウエストまわりはすっきりと、タイトなシルエットにデザインされ、ダウンジャケットにありがちなモコモコと着ぶくれするようなイメージはありません。着丈は、ヒップがかくれる長さ。スカートにあわせて、女性らしく着こなすのも◎ 初めての「CANADA GOOSE」をお考えの方に、おすすめです。
モデル着用サイズS /COLOR : Black
IMG_4427
CANADA GOOSE
MACKENZIE PARKA

made in Canada
material : ARCTIC TECK Polyester 85% , Cotton 15%
color : Navy
size : sold out
price : 78000yen + tax
IMG_4431
以前、3人で訪れたときNYCで見たCANADA GOOSEが、まさにこのイメージ!スタイリッシュな細身のMACKENGIE PARKA(マッケンジー)。後姿さえも、綺麗に美しくスマートに映えるのがこのモデル。

IMG_4399
さきほどご紹介したCHARLOTTEとは、また一味違う大人の印象。ボタンひとつとってみても、MACKENZIEはスナップボタンをあしらっており、ぐっと落ち着いた雰囲気です。ダウンのインナーは薄手のニットだけでOK、しっかりと暖かさが体を包み込んでくれます。

IMG_4395
日本独自の企画から生まれたスマートなシルエット、ぜひBarnS店頭でお試しください。CHARLOTTE & MACKENZIE PARKAともに、これまでの無骨なCANADA GOOSEのイメージとは一転、「女で良かった!」と思わせる素敵な一枚です。メンズから見ても、惚れ惚れする格好よさ!どうぞ、これから訪れる冬に向けて、スタイリッシュなダウンジャケットをご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

JOHN SMEDLEY – ASHMOUNT PULLOVER

IMG_4363
JOHN SMEDLEY
ASHMOUNT

made in England
material : merino wool 100%
color : Navy , Chacoal , Black
size : S
price : 29500yen + tax

IMG_4365
本日ご紹介するのは、「JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)」のニットASHMOUNTです。シャツの上からでも感じる滑らかさは、30ゲージの編みたてならではのもの。Tシャツの上に、カットソーとしてスマートに、そして気軽に合わせることも出来る肌ざわりです。

IMG_4420
JOHN SMEDLEYのニットというと、その価格から「敷居が高い!」というイメージが、どうしても先行しがちです。たとえば皆さん、シャツを選ぶとき、何を購入の参考・助けにしますか?その時々の流行はもちろん、サイジングや柄など見るべきところが、いくつかあります。その中でも重要なポイントとなるのは、やはり「生地」です。袖を通すとき、いかに滑らかにシャツが肌をすべるか。オックスフォードのようなゴワゴワとした素材でも、衿のロールは美しいカーブを見せているか。ラフなものであっても、繊細なものでも、縫製がきちんとしていることは、もはや当たり前のこと。シンプルなものを判断するときには、やはりそのもとになる部分、生地をみるべきです。

IMG_4377
ニットで大切なこと、それもやはり、もとになる素材です。ニュージーランド産 MERINO WOOL (メリノウール)を使うこと、JOHN SMEDLEYは、そこに一番 技術と心を砕いています。そして、編みあげる機械も、古い物を修理し整備しながら、ものづくりをしているのです。人も同じです。世代をつないで工場で働くスタッフもいるそうです。一年に一枚、文字通り「自分へのご褒美」に、JOHN SMEDLEYを購入して下さる方がいます。シャツ、ベストと欲しいところをグッとこらえて「JOHN SMEDLEY」を着てみませんか。自宅での手洗いも出来ます。同じ一着を、長いもので10年は着ている方もいます。ニットの家での取扱方、ぜひスタッフにご相談ください。そして、このニットが似合うのは、やはり年齢を重ねた大人だと思うのです。いろいろなものを見てきたからこそ、その着心地が訴えてくるものがわかるのです。

IMG_4419
JOHNSTONS OF ELGIN
SCARF

made in Scotland
material : Cashmere 100%
color : Charcoal Thanks sold out
price : 30000yen + tax

以前は、組み合わせるという発想がなかった、同じトーンのニットとスカーフ。長い歴史を誇るJOHNSTONSとJOHN SMEDLEY、組み合わせ、相性はバッチリなようです。どうぞ、着ることの愉しさをBarnSにて味わってください。皆さまのご来店をお待ちしております。
http://www.johnsmedley.jp/story/movie/index.html

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

CANADA GOOSE – BRIGHTON

IMG_4323
CANADA GOOSE
BRIGHTON

made in CANADA
material : Arctic Tech Polyester 85% , Cotton 15%
color : NAVY
size : Thanks sold out
price : 58000yen + tax

IMG_4334
CANADA GOOSEから発表された新モデル「BRIGHTON(ブライトン)」をご紹介します。一見、ダウンベストには見えないスマートなアウターのシェル。今回は、上品なカラーNAVYを選んでみました。

IMG_4336
ミリタリースペックのパラシュートボタンですから、強度は万全!しかも、、ボタンの糸足に当たる部分が上下に動くので非常に扱いやすく留めたり外したりが、ストレスなく楽にこなせます。

IMG_4344
顎が触る部分には、毛足の短いフリース素材が当てられています。ハンドウォーマー内もそうなのですが、極力体を冷やさないことへの配慮がしっかりとされていること、東北地方で暮らす私たちには嬉しい配慮です。

IMG_4306
着用して、思うのが「ホールド感が半端ない!」CANADA GOOSEに抱きしめられている感じがあります。取り外し可能なフードは、パーカなどと重ね着するときも◎ 程よく暖かい日はシャツと、寒くなればニットをプラスして。ダウンベストはこれから着出して、春先まで長く使える一枚です。ぜひ、店頭で新作のBRIGHTONをご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

CANADA GOOSE – JASPER

IMG_4249
CANADA GOOSE
JASPER

made in Canada
material : Arctic Tech Polyester 85% , Cotton 15%
color : Black
size : SThanks sold out( 次回の入荷は11月中を予定しています。) , M , L
price : 78000yen + tax

IMG_4255
いよいよ私たちのお店PICK-UP&BarnSにも、「CANADA GOOSE(カナダグース)」が届きました。探検隊へウェアを提供するなど、過酷な状況下で過ごす人達からの信頼は、絶大です。ニュース映像などで、時折現地の特派員が着用しているのを見かけます。プロフェッショナルに愛されている、それが信頼の証。「普段の暮らしには、装備が十分過ぎる?やり過ぎじゃない?」そんな疑問に応えるように、日本独自のサイジングで展開するのが「JASPER」や「WINDSOR」などのモデルです。
IMG_4239
着丈やアームホール、袖丈など日本人の体形にあわせて、バランスを再構築。ダウンの量も、普段の暮らしに見合った量へと調整しています。モデル着用サイズ<M>。
IMG_4257
グローブをしたままでも、取扱いしやすいパラシュートボタンが採用されています。CANADA GOOSE のなかでも、とりわけシンプルなモデル「JASPER」には、大ぶりなボタンが丁度良いアクセントになりますね。
IMG_4260
雨や雪などにも余裕で耐えうる素材「Arctic Tech」、濡れたまま玄関先に干しておけるフード下のフックも、見るからに頑丈そうなつくりです。フード自体にまでストラップが付いています。これなら大雪の日も、傘要らず!そうか、探検家は傘なんて差さないですもんね。

IMG_4249
引き手のダブルジッパーは「YKK」、日本が誇る吉田工業株式会社!YKKの企業理念は、善の循環。“他人の利益を図らずして自らの繁栄はない”という思想に基づくそうです。日本の技術って、あらためて凄い。

IMG_4229
「これ一着あれば、もうどんな冬だって怖くない!大雪だって、へっちゃらです。」昨年、CANADA GOOSEをお買い上げくださったお客様からの言葉。店頭でも大好評で、入荷すぐ瞬く間に完売となってしまった「CANADA GOOSE」のJASPER。サイズをお選び頂けるのは、いまこのタイミングです。ぜひ、店頭にてご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

IMG_4244
通信販売も承ります。サイズ感や色味などの詳細につきましては、
お電話やメールにてどうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

バーンズにもCANADA GOOSEが入荷しました。

ハーフ丈のCharlotteとロング丈のMackenzieの2種類です。

IMG_0348

Charlotte

color  black,navy,

size  S,M,

price  72000yen+税

IMG_0356

Mackenzie

color   navy,

size  S,M,

price   78000yen+税

 

ALLTERRAIN – H.C.S CARDI DOWN H/S

IMG_4219
ALLTERRAIN
H.C.S CARDI DOWN H/S

brand from Japan by DECSENTE
made in China
material : Nylon 100% , Down 90% , Feather 10%
color : GRNV(グレイッシュネイビー)
size : S Thanks sold out , M Thanks sold out , L Thanks sold out
price : 23000yen + tax

IMG_4198
今朝はグッと冷え込みの増した福島市。みなさんがお住まいの地域も、徐々に秋への気配が訪れていることでしょう。本日、満を持してご紹介させて頂くのが、この「ALLTERRAIN(オルテライン)」の半袖カーディガン。

IMG_4221
NEPENTHESの清水さんはmont-bell、EGの鈴木さんはWestern MountaineeringのFlash Vestと、それぞれ愛用のダウンセーターがあるようです。じゃあ、私たちのお店PICK-UPでは何をやろうかな?と思案しているときに出逢ったのが、この「ALLTERRAIN(オルテライン)」。一番の売りは「HCS DOWN(Heat Circulation Structure)」ヒートサーキュレーションストラクチャーダウンという構造。

IMG_4194
スナップボタンの脇、オレンジ色に印を付けた部分を見てください。ナイロンへのステッチを裏表で、ずらして縫い込んでいます。従来のダウンは、ステッチ跡から放熱してしまうそう。ALLTERRAINでは、暖かい空気を内部で循環させるため、ナイロン生地をずらして縫い合わせているのです。そこに、ダウンを手詰めしているだなんて!なんという手間でしょう。DECSENTEがたどり着いた縫製技術、羽織ったそばから暖かさを感じるのは、このためです。

IMG_4187
いままで見ていたダウンセーターは、長袖やベスト型のものがほとんどでした。mont-bellもそうですが、半袖っていうのは画期的!シャツやカットソーとの組み合わせに、バリエーションの広がりが出来るのです。

IMG_4189
左裾にはさり気なく、DECSENTEのマークがあしらってあります。カーディガンという名前の通り、シャツと重ね着したときの着丈のバランスは絶妙。ダウンセーターには珍しく、ポケットの収納が内側にふたつ付属されています。これなら、軽いアウターとしても使い勝手が良さそうですね。

IMG_4210
そして、ダウンセーターの本領を発揮するのが、ジャケットとの組み合わせです。かさばらず、動きやすい。半袖だから袖周りのひっかかりも気になりません。待望のダウンセーターが、PICK-UPに届いています。ぜひ、手に取って体感してみてください。手持ちのジャケットも、このダウンセーターがあることで、より長く楽しめるようになります。あたらしくPICK-UPへとラインナップした、ダウンセーター。ぜひ、ご覧ください。皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。サイズ感や色味などの詳細につきましては、
お電話やメールにてどうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp