カテゴリー : 2015年 12月3日

paraboot – CHAMBORD

IMG_8091
paraboot
CHAMBORD

made in France
material : LIS Leather , PARATEX
color : CAFE
size : 6H Thanks sold out , 7H , 8
price : 65000yen + tax

本日ご紹介するのは、フランスのシューメーカーparaboot(パラブーツ)が生んだ名作CHAMBORDを。

IMG_8092
parabootといえば『CHAMBORD(シャンボード)』です。もちろんMICHAEL(ミカエル)もBLOIS(ブロワ)も捨てがたいところですが、代表的な一足を挙げるとするならば、やはりこのCHAMBORDでしょう。このblogでも幾度となくご紹介させて頂き、回を数えること12回。わたしたちのお店にとっても、CHAMBORDをお持ちの方にとっても、大切な一足であります。

「シュポっ」
ジャストフィットで足入れしたときの、空気が抜ける音はいつ聞いても心地が良いもの。フィット感の目安や、ソールのつくり、履き丈のおすすめについては、ぜひこちらをご覧ください。

・BLOISとソールの形状/革の表面に浮かぶ白い粉(ブルームについて)
http://www.pick82.net/?p=6421

・革靴のサイズ選びと履き丈について
http://www.pick82.net/?p=520

IMG_8093
仕事や遊びなどで、出先の天候を気にせず履きまわせる革靴って、意外と少ないものです。オンもオフも、しっかりと足元を引き締めてくれて、天候までカバーしてくれるparabootは一足は持っていたいもの。

実際のところ耐久性を考慮しても、『一生モノ』という服には、正直なかなか出逢えるものではありません。ソールが目減りしたり、ニットは虫食いにあったりと。それでも、手をくわえたり修繕しながら、付き合える服があります。時代を生き抜いていける服です。

このparabootも履くそのひとの足に馴染み、しっかりと足元を惹き立たせてくれるはずです。気に入った服を身に付けることで、自分自身が快活で嬉しくなる。それを見た周囲のひとまで、喜び立たせるような着こなしが出来れば、それは自分のスタイルが出来たということ。

『どんなスタイルをすれば自分がいちばんひきたつのか、もっともよく知っているのは、なんと言ったって自分自身です。あなたの服装は、あなたが自分でえらびとっている自分自身の生き方にぴったりそったものであるべきなのです。ファッション雑誌の反映になってしまってるなんて、とても生き方とは言えません。(「チープシック/カテリーヌ・ミリオア+キャロル・トロイ著 片岡義男・訳 草思社」著者まえがきより)』

ぜひ、店頭に揃ったparabootのCHAMBORDをぜひお試しください。じっくりと付き合えるあなたの相棒になってくれるはずです。

皆さまのご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。詳しくは、お電話かmailにてご連絡ください。また、天然皮革を使用しているため、靴一点一点の表情に若干の差異があります。フランス靴職人が手掛ける味わいある一足です。どうかご了承ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp