カテゴリー : 2021年 5月27日

エフスタイル





塚本誠二郎
2021.5/15sat – 5/31mon
F/style Niigata
11:00-18:00
(会期中無休)

「道場に入るときのような、凜とした緊張感があるんですよね。多分、道ってつくのかもしれないな。武道や剣道みたいな、エフスタイル道っていうのがあって、彼女たちに逢うと門下生のような気分になる」

それは、10年前。国立の藤川エハガキからの帰り道、青木隼人さんが話してくれたこと。自分たちの看板を掲げて20年、その周年を記念した展示がいま新潟で開催中だ。大学を卒業し、ものづくりをすることになった彼女たちの道標であり、出発点『塚本誠二郎』。エフスタイルの二人が自らのうちであたため、かたちを為した展は今月末まで。エフスタイルは言う「生活するために作っていないんです。お父さん(塚本さん)の手から生まれるものは、すべて家族のためのもの。自然にあるがままのように、お父さんは作れるんです」「数多く作って定番としてしまう、その乱暴さ。世の中に余計なものを作ってしまったのじゃないかという不安も、時折あります。でも、道具として生まれたからには、それを全うさせたい」「エフスタイルは場があってこそ。次から次へとあたらしいものをご紹介するのは、私たちではない。私たちが知りうる少しずつのものを、私たちの信頼する方たちへと繋げる。私たちの好きな方たちが、それをそれぞれに受け取ってくださったなら。その場がエフスタイルかな。あ、12月の『わだときわ』さんの展示も、栄さんきっとお好きですよ」

抜かりないなあ。pituのお菓子は、頬張る度に味が変わっていく。エフが言うには、「ワインのあてに。すぐなくなっちゃいますよ、お酒もお菓子も」期間中、売切れ御免で販売中とのこと。

ご時世もあります。気になる方は体と心を整えて、ぜひに。7月末には、私たちのお店pickandbarnsにて『エフスタイル展』を開催予定です。エフの二人もいらっしゃる算段。お楽しみに。

saKae