MT.RAINEER DESIGN – PEAK DOWN JKT

IMG_6063
MT.RAINEER DESIGN
PEAK DOWN JKT

made in China
material : SHELL/Cotton 60% , Nylon 40%
INSULATION/Down 90% , Feather 10%
color : TAN , NAVY
size : S , M
price : 47000yen + tax

IMG_6094

IMG_6079

IMG_6069

IMG_6072

IMG_6128

IMG_6121

IMG_6138

IMG_6119

IMG_6080

saKae

通信販売も承ります。
お電話かメールにて、お気軽にお問い合わせください。

PICK-UP 024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

DAZZLING LIGHT.

金曜日 6時も過ぎて、お店の営業時間も終盤に差し掛かるころ「田中さん、居ますか?」の声。ちょうど店の裏で、いつものようにblogを更新しているところだった私。ん?と思い、呼ばれるままに店頭へ出ました。そこにはとても懐かしく嬉しい顔が !

そう、彼女は13年ほど前、PICK-UP & BarnSでともに仕事したスタッフだったのです。PICK-UPで働いたのは、確か半年ほど。その頃はオーナーと男性スタッフがBarnSを、わたしと彼女でPICK-UPを切り盛りする体制。男性3人のなかで臆することなく、バリバリ仕事をこなし、接客に愉しそうな笑顔を見せていた彼女。その後、都内のセレクトショップへ勤務し、いま現在も服屋として働いています。

一緒に働いたのは、ごくごく短い間でした。しっかり目標と野心を持って、仕事に臨んでいた姿を覚えています。そして、なによりも嬉しいことは、互いに いまもこうして服屋としていること。

どんな仕事もそうであるように、服屋の仕事も「腰掛け」ぐらいの気持ちでは成り立ちません。PICK-UP & BarnSで働いているスタッフは、客時代を経て、いまは皆さんに服の提案をする側になりました。学生にとっては何をどう着こなすか学べるところ、働く社会人にとっては好きな服を見ながらホッと一息つけるような居場所になるよう、お店に立っています。ただひたすらに、トラディッショナルに服を伝え続ける。服とひとに出逢える店である、それがお店の存在理由であり、町の文化だと思っています。決してこの町からなくなってはならない店だとも思っています。

久しぶりの再会となった彼女の顔を見て、昔を思い出してしんみりしたり、笑顔になったり。また嬉しかったのが、服屋の後輩と一緒にPICK-UPに来てくれたこと。「ここが私にとって、服屋の原点だよ。」と話してくれました。PICK-UPで働くスタッフ、ご来店くださるお客様にとって、これからもそうありたいと思います。めぐる灯台の光。先を目指す者にとっては行く先を照らすlight & line、還るものにとっては見つめ直す原点。

服とひとに出逢いに、どうぞお店にいらしてください。
顔と顔を付きあわせて、服を間にお話しましょ。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

aaa

Le Tricoteur – TRADITIONAL WOOL GUERNSEY SWEATER

IMG_6013
Le Tricoteur
TRADITIONAL WOOL GUERNSEY SWEATER

made in Guernsey Island
material : Wool 100%
color : OATMEAL , NAVY BLUE , ARAN/TRADITIONAL NAVY Thanks sold out, CHERRY , JET BLACK  , ARAN
size : 38 , 40
price : 19800yen + tax

IMG_5984
彩りも豊かに揃ったPICK-UP & BarnSではお馴染みの「Le Tricotuer(ル・トリコチュール)」。お店の定番として、なくてはならないTRADITIONAL WOOL GUERNSEY SWEATER(ガンジーセーター)を、本日ご紹介します。
IMG_5988
漁師の朝は早い。暗闇のなかでも前後の区別なしに、素早く着られることを考えたつくりが、ガンジーセーターのいちばんの特徴。雨風を凌ぐため、きつめに編みたてられたセーターは、夫の帰りを島で待つ女性の手仕事。そのつくりは、母から娘へと伝承される、まさにトラディッショナルなものです。
IMG_5987
伸び止めのために編み減らしをしたデザインは、船のハシゴのイメージから。英国やアイルランドで編まれる数多くのセーターのように、そのモチーフとされるものには、いろいろな由来があります。ロープであったり、船の櫂(かい)だったり。そのひとつひとつに、夫の帰りを待つ島の女性の想いが重なるのでしょうね。
IMG_5994
機械編みでつくられたパーツを、最後にハンドリンキングするのは(人の手によりつなぐ作業のこと)、昔から変わらないこと。タグに手書きで記されるのは、ハンドリンキングをした人の署名なんですって。昔ながらの機械を使いつつ、最後は常に人。脈々と続くセーターづくりには、しっかりと人の手が入っているのでした。
IMG_5974
ARAN/TRADITIONAL NAVYのボーダー、長く続くガンジーセーターのなかでも、定番色です。もともと汚れがつきにくいセーターですが、海で働く男たちが気にせず漁に集中出来るよう、より汚れを目立たせなくする効果もあるようです。一度漁に出るとその航海は長旅になるもの、過酷な労働条件のなかでも洒落を効かせるだなんて、粋な海の男たち。
IMG_5977
ガンジー諸島で編みたてられ、私たちのお店に届いたセーター。着始めは、セーター自体の硬さと重量のため、大きく見えると思います。これが、冬のシーズンを通して着込んでいくことで、その着る人に馴染んでいくのです。
IMG_5981
脇の下の繋いだ部分が柔らかくなる頃には、よき冬の相棒となっていることでしょう。人の手を渡って、しっかりと編みたてられたガンジー諸島のフィッシャーマンセーター、ぜひPICK-UP & BarnSでご覧ください。

皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話かメールにて、お気軽にお問い合わせください。

PICK-UP
024-531-6355

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

RESOLUTE & SOCKS

IMG_5961
RESOLUTE
#710

made in Japan
material : Cotton 100%
color : one wash
size : 店頭までお問い合わせください
price : 22000yen + tax

BarnSに、「RESOLUTE」の#710が揃いました。店頭でも人気のため、サイズ欠けをしているレングスもありましたが、お待たせしました! ウエスト・レングスサイズともに、お試し頂けるようになりました。お店にないサイズは、ぜひスタッフにご相談ください。お時間を頂戴しますが、ご用意させて頂きたいと思います。

IMG_5957
私の愛用する#710は、履き出して1年半ほどが経ちます。ちょうどPICK-UP & BarnSにて「RESOLUTE」を取り扱うときに購入した一本。仕事柄、毎日デニムを履ける環境、日日がっちり履きこんでいました。最初は、トップボタンが閉まらないほどきつかったウエスト。1週間ほど履きこむうちに、手のひらが入るようになり、次第にこなれていくのが分かります。いまでは手のこぶしがグーで入るほどまでに、馴染んできました。洗いは、表のままボタンフライを全部閉め洗濯機へ。もちろん、洗剤も入れます。私の場合、お客様の丈直しや靴のフィッティングをみるとき、膝をつくことが多いので、洗剤をその膝めがけて投げ込んでいました。「白くなれ!」と。洗い上がりを乾燥機にかけ、乾き足りないときは天日干しをします。デザイナーの林さん曰く、「デニムの耳の表側に色溜りが出来るかどうかで、乾燥機にかけたかが分かる」んだそう。うん、ばっちり出ているな、その痕跡。

IMG_5956
ウエストサイズ選びでは、これでもか!というほどタイトな方へサイズを詰めていきます。デニムを履いて椅子に腰かけたとき、腿の内側につまめるほどの余裕を持たせるくらいがジャストサイズの目安。「きついときは、椅子に30分でも腰かけたら、馴染むよ。」ここでも林さん、的確なアドバイス。

IMG_5949
よく、「洗いのタイミング」の質問を受けます。これも、履き込んでくると自然に分かるというから不思議。スッと立ったときに、あれほどタイトだった腿の脇が指でつまめるようになってきます。膝も出てきたら、それは洗いのサイン。迷わず、洗濯機へGO !

IMG_5955
履きはじめのとき、「どうにかならないのか?この毛羽立ち」と思っていたのは、つかの間でした。履きこんだら洗いを繰り返し、気付くと「いつの間に?こんなに自分らしく育っていたの?」と急に距離間を詰めてくるRESOLUTE。まさに毎日付き合う道具として、ふさわしいデニムです。BarnSに揃ったRESOLUTR #710ぜひ店頭でご覧ください。道具として付き合えるデニムの愉しみ を、暮らしのなかで味わえるはずです。自分だけの一本へと、仕上げてください。

IMG_5885
Capricorn Mohair Socks
LOOSE TOPPED SOCK

made in UK
material : Mohair 51% , Nylon 49%
color : Red , Navy , Grey
size : M(8-10)
price : 2200yen + tax

Capricorn Mohair Socks(カプリコーン モヘア ソックス)
イギリス・ノーサンバーランドの「モヘア」にこだわったソックスメーカー。英国育ちのアンゴラヤギの毛を用い、英国国内の提携工場にて紡績、編たて、染色を行う。CREAM 以外の色はすべて製品染め。「モヘア」は繊維が長く、水分をためにくい性質がある為、耐久性があり長時間履いても匂いにくいという特徴があります。(ブランドリリースより抜粋)

PICK-UP スタッフは、オーナーをはじめとしてみんなソックス好き!PICK-UP店頭には「FALKE」や「NEPENTHES」と、素材も織りも様々なソックスが揃っています。本日ご紹介するのは、目にも色鮮やかなCapricorn Mohair Socksです。アウターやパンツが決まってきたら、次の愉しみは そうソックス。

このCapricornのは、モヘア独特の発色の良さが売りなんです。着こなしにビビッドなアクセントをもってきたいとき、赤のソックスはいかがでしょう。薄手なのに暖かく、洗濯してもモヘア×ナイロン素材のため縮みにくいという性質も兼ね備えています。乾きが早いというのも嬉しいところです。お色は、ほかにNavy とGreyをご用意しました。

IMG_5891
数年前に購入したFALKE 色は統一して、左右の柄を変えて楽しんでいます。決して、朝寝坊したわけではありませんよ!洋服を愉しむことは、毎日の暮らしそのものを愉しむこと。どこかへ出掛けたくなったり、逢いたい人に逢いに行きたくなる服が、お店にあります。PICK-UP & BarnSにて、皆様のご来店をお待ちしております。

いらっしゃいませ、ようこそ。店は、街への入り口。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

BarnS
024-533-6553
pick82@opal.dti.ne.jp

CANADA GOOSE JASPER

IMG_5913
CANADA GOOSE
JASPER

made in CANADA
material : ARCTICTECH
color : Navy
size : S Thanks sold out , M
price : 78000yen + tax

IMG_59031
冬の福島、いよいよ「CANADA GOOSE」の出番です。本日ご紹介するのは、そのすっきりとした細身のスタイルが人気の「JASPER(ジャスパー)」新色のネイビーです。

IMG_5911
グローブをしたままでも扱いやすい、大ぶりなパラシュートボタン。それが、JASPERのアイコンです。この手のアウター、ネイビーだといわゆる「ドカジャン」に陥りやすく、着こなしを考えるときハラハラしますが、CANADA GOOSEのネイビーは大丈夫。言うならば、スモーキー。ぐっと色味を抑えた、上品なネイビーなんです。JASPERならではの、スマートなシルエットも手伝って、品よく合わせられます。羽織っての第一印象は、とにかく軽くて暖かいこと。ダウンの分量を減らしたと聞いても、心配ご無用!バランスよく配置されたダウンが、しっかりと暖かさで体を包み込んでくれます。

IMG_5897

そして、JASPERの恰好良さは、そのボリュームあるフード部分にもあらわれています。フード後ろのストラップで、フードの形を調整し、ジッパーを顎下あたりまで上げると、首元に動きのある表情が作り込めるのです。これさえあれば、どんな冬が来ても安心して行動出来ます。ちょっとやそっとの雨にも、負けないCANADA GOOSE 。ときには車を降りて、自転車や徒歩で街を巡ってみませんか。長歩きが愉しくなる、そんなCANADA GOOSE の「JASPER」をぜひ、店頭にてご覧ください。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

THIBAULT VAN DER STRAETE & LAVENHAM

IMG_5591
THIBAULT VAN DER STRAETE
TURTLE

brand from France
made in Peru
material : Alpaca 70% , Wool 30%
color : MIDNIGHT Thanks sold out , LIGHT GREY
size : M , L
price : 17800yen + tax

IMG_5596
陽射しも心地よい月曜日、あたらしい一週間がはじまります。さぁ 本日ご紹介するのは、フランス生まれのブランド「THIBAULT VAN DER STRAETE(ティボー・ヴァン・ダル・ストラット)」です。アルパカ素材に魅了されたTHIBAULT氏が手掛けるタートルネックセーター。エクアドル南部やチリ北部の高山地帯に生息するアルパカは、地元住民にポンチョやブランケット、セーターなどに加工され、そこに暮らす人を守り、その技術が継承されてきました。「現地に根付いて生産し、継続するものづくり」がなされる。そのことを大切にしたい私たちの想いと重なる背景が、THIBAULTにはあるのです。アルパカの柔らかで艶やかな質感を活かしたタートルは、あたたかい空気を逃がしにくいうえに、非常に軽さのある仕上がりとなっています。

IMG_5644

LAVENHAM
WITHERSFIELD

made in England
material : Wool 99% , Polyester 1%
color : MIDNIGHT
size : 38 Thanks sold out
price : 38000yen + tax

IMG_5636
「look mum no hands !」から届いたベストを、THIBAULTのタートルにあわせてみました。やはり、LMNH×LAVENHAM のベストは、着たときのシルエットに遊び心があります。ペダル操作に支障がないよう短く丸くカットされた前合わせ。そこから、ゆるやかに腰回りへ流れるシルエット、それはまるでタキシードのように美しいカーブを描きます。

IMG_5635
ネイビー同士の組み合わせは、色使いを抑えることで、よりまとまった雰囲気に。ナイロンキルティング×サキソニー素材のバックスタイルと、ミディアムゲージセーターの組み合わせは、織りと編みの違いが見えて面白いですね。

IMG_5622

IMG_5657
こちらは、LIGHT GREYのサイズMを着用したようす。行儀よく、きちんと折り返すも良し、無造作にゆるく首元を遊ばせるのもありですね。

IMG_5665
LIGHT GREY × WHITE ここでも、極力 色使いを減らす組み合わせにしてみました。ジャケットの上に羽織るオーバーベスト、はたまたジャケットへのインナーに着るダウンセーターと、着こなしの幅を愉しむなかに、極めてシンプルなスタイルを取り入れる。それもまた、服を着こなす面白さですよね。

ジャケットの中に、タートルを組み合わせるのも、久しぶりに良いかなと思う週のはじまり。
ぜひ、PICK-UP店頭にてTHIBAULT のタートルをご覧ください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

Barbour – SL LINNER WOOL

IMG_5740
Barbour
SL LINNER WOOL

brand from England
made in Vietnum
material : Nylon(表地) , Wool(裏地) , Polyester(中綿) 各100%
color : Blue/Navy , Red/Black
size : 36 , 38 , 40
price : 19000yen + tax

IMG_5691
John Barbour が1894年 英国 サウスシールズ港で創業したワークウェア、その名も「Barbour(バブアー)」。お店でもファンの多いオイルドジャケットのLINNERが、PICK-UPに入荷しました。ライナーとしての機能はもちろんですが、単体で着るベストとしてお薦めなんです。着回しが効く、実に使える一枚です。
IMG_5674
表はNavy のナイロンキルティング、裏地はWool 100%の色鮮やかなBlueのリバーシブル仕様。ジッパーを開けて着ると、しっくりまとまります。

IMG_5688
ジッパーには、さり気なくBarbour の刻印があります。このジッパーの構造がまた、凄い!

IMG_5701 (2)
これは、リバーシブルスライダーというもの。一枚の引手が回転レールに沿って移動でき、表裏いずれからも開閉できるオートマチックスライダーなんです。やはり、ここでも採用されるのはYKKのジッパー!日本の技術って、あらためて凄い。(YKK Webより抜粋)
IMG_5699
カッティングは後ろ着丈を長く設定して、シャツとの組み合わせにも対応出来るよう、スマートにデザインしています。ライナーだけの使い途じゃ、もったいない。
IMG_5695
エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子 3人のロイヤルワラントが、ちょうど首の後ろほどに見えます。サイズ表示タグさえカットすれば、両側で楽しめるベストです。上にジャケットを羽織る際には、まず見えることはありませんから、ご安心を。
IMG_5759
色違いでご用意させて頂くのが、このRed/Black。「数年前に、お店で展開していたMACKINTOSHのスタンドカラーを思い起こしますね!」とスタッフ同士で朝、懐かしく話しておりました。ビビッドな配色は、ジャケットのインナーに持ってくるのに最適です。
IMG_5707
スタッフ36サイズ着用です。薄手のSt.Jamesの上から着て、若干余裕があります。ニットやシャツなどと組み合わせるのには、バッチリ!
IMG_5780
Barbour INTERNATIONAL に、本来の用途であるライナーとして取り付けてみました。
IMG_5779
SL(スリムフィット)モデルは、ジッパーにてライナーの取り付けを行います。ここでも、YKKのジッパーの多面性が実証されることになります。ここ肝心なところなんですが、説明が凄く長くなるのでお店で話しましょう(涙)。よく、考えていますYKK !
IMG_5785
ジャケットに付いてるこのストラップ、「そうか!ライナーを留めるためのものだったんですね」と、あとから納得。
IMG_5768
ライナーとしてはもちろんのこと、ベストとしても活用出来るBarbour のSL LINNERを、ぜひ店頭にてご覧ください。きっと、説明が長くなりますが、(端折ることもします!)うまいことやるなーと感心のベスト、必見です。皆様のご来店をお待ちしております。

IMG_5748

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

tilak – Femund / VETRA COVERALL

IMG_5524
tilak
Femund

made in Czech Republic
material : Polyester 100%
color : Black
size : S Thanks sold out , M , L Thanks sold out
price  :25000yen + tax

IMG_5559
一枚でも羽織れて、なおかつジャケットのインナーにまで合わせられてしまう!そんな便利なパーカがtilakより届きました。名前を「Femund(フェムンド)」と言います。以前から取扱いしていたモデルの継続品、今シーズンも店頭に揃いました。

IMG_5579
4方向に伸縮可能な「POLARTEC(ポーラーテック)」のPOWER STRETCH ®PROが採用され、防風性もしっかりと備えています。袖口には、指抜きが施されており、そこに指を通せばアウターの脱ぎ着がとてもラクチン、また手を温める簡単なグローブとしても機能する優れもの。

IMG_5581
PICK-UPスタッフはふたりとも色違いで、この「Femund」を愛用しています。ご購入頂いたお客様との会話でも、「着心地がとても良いから、着たそのままで寝てしまう!」とか、「勿体ないと思いつつ、あまりにラクチンだから部屋着として大活躍!」との言葉を頂いています。なんとも贅沢な話ですが、その通り!しなやかに体にフィットするんです。

PICK-UPスタッフも愛用するtilak の「Femund」ぜひ、店頭にてご覧ください。

-tilak-

Tilak 社は世界有数のクライマーを輩出する東欧のチェコ共和国に所在する。50名程のスタッフで一貫した自社工場での生産管理を行い、クオリティーを保つため全てチェコで仕上げる。欧米大手ブランドのように大量生産は出来ないが世界最高レベルの生地を用い世界最高クラスの縫製技術とデザインで、1点1 点最高の機能と外観を作るのがTilak の特徴。(ブランドリリースより掲載)

IMG_5548
VETRA
COVERALL

brand from France
made in China
color : Navy
size : 38 , 40 , 42 Thanks sold out
price : 26800yen + tax

前回ご紹介した様子は、こちらを。
http://www.pick82.net/?p=2126

フランスの老舗ワークウェアブランド「VETRA」のカバーオールが、店頭に揃っています。WOOLもののアウターは風を通しやすい?冬を越せるかな? と思われる方、ぜひtilakとあわせてみてください。風を防いでくれる上に、スポーティーな印象もプラスされて、いつものアウターがより新鮮に見えるはずです。

IMG_5528
Velour
ADAN

brand from Sweden
made in Turkey
color : Navy
size : W29 , W30 , W31 , W32 , W33
price : 18800yen + tax

前回ご紹介したようすは、こちらを。
http://www.pick82.net/?p=2274

今秋、初上陸となる「Velour」わたしも、愛用しております。細身のパンツは、全体のシルエットはもちろんのこと、膝下の流れが大切。いかに弓なりにカーブし、ふくらはぎを綺麗に見せてくれるか。この「Velour」は、BarnSにて取り扱っております。自分にあったパンツをお探しの方、ぜひBarnSでお試しください。

IMG_5573

tilak×VETRA そして、Velourの組み合わせ。いかがでしたでしょうか。よりアウターの充実しているPICK-UP、ぜひ店頭でご覧になってください。皆様のご来店をお待ちしております。

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp

もう一つのANDERSEN ANDERSEN

昔、スキ―セーターという物がありました。

競技スキーをやっていた方はご存じかも知れませんが、このニットが目が詰まっていて、

しっかりしていて実にいいセーターでした。

それが、今回ご紹介すクルーネックのANDERSEN ANDERSENに、とても似ていて驚きました。

前回ブログでもご紹介した畦のタートルは、ANDERSEN ANDERSENを代表するものですが、

このセーターも、手触りのいいメリノウールを使い、実に着やすく丈夫な作りになっています。

クルーネックと言っても、ちょっと衿の開きが大きく、中にシャツを着ても首が楽なのがポイント。

IMG_0494IMG_0495IMG_0501IMG_0503

左が昔買ったフランス製のニット、右がANDERSEN ANDERSEN、ゲージ数も目の詰まり具合も似てる。

 

そして、いっしょにご紹介するのは、Scye Basicsのドリズラ―。

ちょっと厚みのあるボンディング素材で、この時期にピッタリ。

ミディアムゲージのニットなら着膨れしないし、ラグランスリーブで動きもスムーズ。

最近、ショート丈のアウターが新鮮なこともあって、とても重宝する一着となるでしょう。

ボトムは、RESOLUTE #710 足元は、SANDERS  Hi Top Chukkaとくれば、

今のファッションアイコンでもあるSteve McQueenの気分です。

バーンズで、是非ご覧ください。お待ちしています。

IMG_0530IMG_0506IMG_0520IMG_0518

 

look mum no hands ! × LAVENHAM

IMG_5491
look mum no hands ! × LAVENHAM
HORRINGER

made in England
material : Wool 99% , Polyurethane 1%
color : Navy
size36 Thanks sold out,  38 Thanks sold out
price : 49000yen + tax

??????????????????????

本日ご紹介するのは、世界的な自転車ブームを牽引するサイクルカフェ&ショップ「look mum no hands !」と、日本上陸20周年を迎えるLAVENHAMがタッグを組んで仕上げた一枚、「HORRINGER」キルティングジャケットです。http://www.lookmumnohands.com/(画像の一部は、ホームページより抜粋)

IMG_5415

IMG_5419

ネイビーの上品なフランネルで、颯爽と風を切って!LMNH(look mum no hands !)は、英国にお店を構えるサイクルカフェ。自転車と珈琲が、とびきり大好き!自分たち自転車好きにとって、スペシャルなものづくりをしたいと、ロンドンではじまったお店です。
IMG_5492

「ママ! 見て、手放しで乗れたよ!」
最初の一歩は誰でも不安ですが、漕ぎ出して行けば、きっと上手くなる。そんなワクワクするようなネーミングを持つお店が手掛けた一枚のジャケット。

IMG_5468

ハンドルを握ったときに、スムーズな乗車姿勢が保てるラグランスリーブと裾のリブ使い。

IMG_5503

自転車を漕ぐときに荷物が邪魔にならなバックポケットや、前身頃のカッティング。そのどれもが、自転車乗りのために考えられた仕様。
IMG_5518

キルティング生地は、LAVENHAM社が自社工場で縫製から仕上げまでを、自負を持って手掛けています。スナップボタンへの刻印も、よりシンプルとなったLAVENHAM。以前の記念モデルでは、馬をあしらったデザインのものもありましたよね。

nicky

以前、LAVENHAMオーナーのNickyさんとお話をしたことがありました。彼女は、乗馬の例えで会社運営やブランディングの話をしてくれました。「毎日、馬に乗ること。一足飛びに急に上達することはないよ、日々着実に歩みを進める。会社は家族と思って仕事をしています。だから、ひとつひとつの服作りをしっかりと情熱を持って続けて行きたいのです。もちろん、長年に渡ってLAVENHAMを育ててくれた日本の皆さんには、特別な愛情を持っていますよ。ありがとう。そして、きっと福島にも寄るからね!」そう言ってくれた彼女。その、数か月後 Nickyさんは福島の幼稚園を訪れ、キルティングバッグを園児たちにプレゼントしていたのです。

こちらこそ、ありがとうNicky !

IMG_5471

袖丈は、ハンドルを握った時にちょうどピッタリとなるバランス。LAVENHAMの象徴でもある自社工場で縫製されるキルティングは前身頃にあしらわれ、背面はウールフランネルで突っ張り感を軽減するようデザインされています。そして、自転車を降りたときのシルエットも、スタイリッシュ!カッティングの面白さが光ります。

LA1_9196

IMG_5431

実直にものづくりをするLAVENHAM。ぜひ、LMNHとの愉しいコラボレーションで生まれたキルティングジャケットを、店頭でお試しください。あなたにとってのワクワクが、きっと見つかることでしょう。「look mum no hands !」

saKae

通信販売も承ります。
お電話やメールにて、どうぞお気軽にご連絡ください。

PICK-UP
024-531-6355
pick82@opal.dti.ne.jp